【感想】 「元祖!大食い王決定戦~開幕!2017爆食女王戦」

大食い王決定戦~開幕!2017爆食女王戦

遅くなりましたが、ようやく予選から見終えましたので、今回も感想を書きたいと思います。

【過去の「大食い」関連記事】

【感想】 元祖!大食い王決定戦 ~新絶対王者襲名戦~

【感想】 大食い世界一決定戦

【感想】 元祖 大食い王決定戦~爆食女王 新時代突入戦~

【感想】 「マツコの知らない世界 2時間スペシャル」

【感想】 元祖!大食い王決定戦 ~世界をつかめ! 炎の決戦~

二連覇中の女王”もえのあずき”に過去最高レベルの新人にレジェンドの刺客も参戦となかなか楽しそうです。

”もえあず”自体は圧倒的な強さがある訳ではないですが、三連覇を阻止するために結構気合が入っている感じですねえ。しかし、今年の新人は凄い記録を引っ提げていて、好勝負が期待できそうだね。
 
”正司”さんはどうなんですかねえ。実力者だし、決勝にも何度も出ているし、優勝経験もあるけど、スピードのある選手ではないしねえ。ブランクも心配です。

どうせなら、おととしの「世界戦」にも出場し、「水曜日のダウンタウン」の「スシ食いねえ」企画でもお見かけする「魔女」菅原を見たかったなあ・・・なんてね。

1回戦、2回戦も面白かったね。東京予選トップ通過の新人”池田ママ”は本当に残念でしたね。実力者の”ちなりちゃん”、”仁井田”さんも次回に期待しましょう。

いやいや楽しみです。

しかしハワイ良いなあ・・・。

”女王もえあず”、”元女王 正司”、「新人王」”如月さくら”、”花蓮ちゃん”、”ガッツ中島”

”梨花”のハワイのグルメ紹介は必要だったかな?

準々決勝 ハワイグルメ5種 マラソン勝負(パンケーキ、ステーキ、ポキ丼、チキン、トウモロコシ:合計6㎏)

”花蓮ちゃん”がトップ通過でしたね。続くのは「新人王」”如月さくら”ですね。少し空いて”元女王 正司”、”ガッツ中島”と完全優勝宣言のまさかの”もえあず”が最下位です。食材は「アゴ力」が求められるものが多かったね。こちらは制限時間内でのクリアは全員通過なので、良いんですけど、三連覇に暗雲が立ち込めた感じですね。

さあひと時の休息を挟み、準決勝ですね。

女王VS元女王の対決を煽る演出がなかなか良いですね。

準決勝(チリドッグプレート)下位2名が脱落と大一番ですね。

”さくらちゃん”が猛スピードで飛ばします。”佳代ネェ”も続きます。6分で5皿完食のハイペースです。”正司さん”はマイペースで後半追い込み作戦でしょうか? ご飯ものは後半キツイですからね。”もえあず”も無理して飛ばさない感じです。とはいえ、皿数自体はそこまで差がないですけどね。

地元の声援も受け、”さくらちゃん”がトップを快走です。”正司さん”もペースを上げてきました。なかなかスリリングな展開です。”もえあず”も巻き返してきました。

14皿で4名が並びました。”花蓮ちゃん”は厳しそうですが、ここで誰が脱落するんでしょうか?

残り10分で”さくらちゃん”トップは変わりませんが、二位に”正司さん”、そして”佳代ネェ”と”もえあず”ヤバイです。

”正司さん”が残り5分でトップです。流石!ですね、実力者の元女王です。カッコいいねえ。

誰も止まりません。結果的には”正司さん”がトップで”もえあず”が二位、”さくらちゃん”が三位でした。

いよいよ決勝戦です。勿論、ラーメンです。

僕がレビューもしていて大好きな牛骨ラーメンの”香味徳”ですねえ。熱いからなあ。大丈夫でしょうか? 特大チャーシューも重いね。

【ひとこと】 香味徳 銀座店
http://burning.doorblog.jp/archives/48613526.html

5分で3杯のハイペースで”もえあず”と”さくらちゃん”が飛ばします。”正司さん”も1杯差で追いかけます。気が付けば”もえあず”がペースを上げ、あっという間に”正司さん”と3杯差になりました。

残り20分で”もえあず”が15杯です。”さくらちゃん”13杯、”正司さん”12杯とここからが死闘です。

残り5分です。”もえあず”も一瞬止まりそうでしたが、止まりません。残り2分で”さくらちゃん”が同数に追いつきました。計量勝負でしょうか? 

”さくらちゃん”が泣いています。”もえあず”が18杯に辿り着きました。これは決まりかな・・・。

”もえあず”が三連覇達成です!!! ”正司さん”の「やっぱり強い」ってコメントも良かったね。”さくらちゃん”は次世代女王候補の筆頭になったね。

”もえあず”もいろんな挫折があっての、最後の踏ん張りだったんじゃないかな・・・本当に強い女王になったね。しかし、やっぱり面白かったね。

次回は王者戦かな。こっちも激戦だね。”さくらちゃん”クラスの新人の登場にも期待したいね。

大食い最高!





【名曲】 キマグレン 『LIFE』

今回の名曲レビューは”キマグレン”の2008年発表の2nd Single『LIFE』を紹介します。

キマグレン 『LIFE』

しかし、暑いですねえ。

昨日は土曜日でしたが仕事があって、会社に行っていたんですけど、とにかく暑くてねえ。

すっかり初夏の雰囲気でしたねえ。日差しも強くて、「夏の香り」が感じられるような感じでしたね。

梅雨も経過していないですけどね。いよいよ盛り上がる季節に入ってきましたね。

僕は夏生まれで暑いのは大歓迎ですが、そろそろ夏に向け、セットアップスーツでも買いに行こうかな・・・。ってやること山ほどあるんでなかなかゆっくりできないんですけどね。

提案書にコンサルティング準備にと、今日も一日家にこもる感じですねえ。

今回の名曲レビューは夏を先取りする感じで「J-Pop」の夏の名曲をチョイスしました。



”キマグレン”は”ISEKI”さんと”KUREI”さんの二人組音楽ユニットで2015年に解散されています。

「海の家」を経営されていて、二足のわらじだったのも有名ですよね。

僕が彼らの名前を知ったのは”RYTHEM”とのコラボシングルだったと思います。



当時は”RYTHEM”にメチャクチャハマっていた時期でしたねえ。

既に”RYTHEM”については名曲レビューの記念すべき第1回でレビューしていますけど、本当に大好きで全ての音源を集めたもんなあ。

【名曲】 RYTHEM 『ホウキ雲』
http://burning.doorblog.jp/archives/44000970.html


本当に才能のある女性ユニットで復活に期待したいなあ。豊かな音楽性に裏付けられ、芳醇なメロディに様々なバリエーションを持つ楽曲と大好きだったんですけどねえ。

”RYTHEM”は是非、聴いてほしいな。人生に残る名曲といくつも出会えると思いますよ。オススメ!

って、”キマグレン”の『LIFE』について書かなきゃね。

夏っぽいキラキラしたポップソングでメロディ構成もなかなか優れていて、良い曲です。オリコン最高位こそ14位で年間チャートでも100位以内に入っていなかったりするんですけど、当時の着うたではミリオンセールスを記録しており、新逗子駅の駅メロにも採用され、年末の「紅白歌合戦」にも出場と勢いもありましたけどねえ。

残念ながら、この一曲だけで終わっちゃいましたね。いわゆる一発屋でしたね。何曲か聴いた気もするけど、記憶にないなあ。

しかしこの作曲されている”GIRA MUNDO”さんってすごいね。ブラジリアンミュージックを程よくブレンドされているセンスも良いですよねえ。

まさしく夏に聴きたい曲の一つじゃないかな?

僕は夏は好きなんだけど、泳ぎに行ったり、マリンスポーツを楽しんだりすることはほぼないんですけど、やっぱりギラギラした日差しを浴びて、汗をかくのは非常に気持ちいいですよね。

そんな中で『LIFE』はアガるねえ。

まあ、夏休みは別にせよ、夏も東京都内で蒸し返すような中でスーツ着てって、キツイし、死にそうになっているんだけどね。

”キマグレン”の『LIFE』を脳内再生して、気合入れて今年の夏も楽しみたいね!

P.S.ここ最近(って言ってももう9年前の曲なんだね)の「J-Pop」の夏曲としてはかなり良い出来だと思ってます。オススメの夏曲セットリストでも紹介しようかな?

LIFE
Universal Music LLC
2008-05-14







LAST SUMMER DAYS~きまぐれBEST~(初回限定盤)(DVD付)
キマグレン
ユニバーサル ミュージック
2015-07-01


ON THE BEACH~きまぐれBEST~(初回限定盤)
キマグレン
ユニバーサル シグマ
2012-07-11


【名曲】 どうぶつビスケッツ×PPP 『ようこそジャパリパークへ』

今回の名曲レビューは”どうぶつビスケッツ×PPP”の2017年発表のSingle『ようこそジャパリパークへ』を紹介します。

どうぶつビスケッツ×PPP

先日、たまたまテレビをザッピングしていたら、「アニステ~Anisong★Station」って番組をやっていて、観てたんですけどねえ。その楽曲制作におけるルールだったり、曲の構成なんかについての分析が面白くて、結構真剣に見てました。

「アニステ~Anisong★Station」公式HP
http://anisong-station.jp/

なかなか面白かったなあ。その後も「関ジャム」とかでもアニメソングが取り上げられていたりと、すっかり「アニソン」は市民権を獲得していますね。

実際、オリコンチャートでも、アニソン、声優さんなどがかなりのウエイトを占めていますからね。

海外でも評価が高いし、日本の一つの文化として、外貨獲得にも繋がっている訳ですから、本当に素晴らしいことです。

とはいえ、僕はアニメは”どメジャー”な作品、話題作以外はほぼ見てないので、いわゆる「アニソン」に触れる機会も著しく少ないので、チャート系の番組でチラッと聴いたり程度なんですけどね。

「アニステ~Anisong★Station」も分析コーナーは面白かったし、”小坂大魔王”さんの音楽に対する造詣の深さも楽しめたけど、それ以外のゲストの曲とかは僕には甚だ受け入れられるものではなかったし、定期的にチェックするまではいかないかもなあ~なんてね。

とはいえ、「アニソン」系のレビューもそれなりの数になってきましたね。

【過去のアニソンのレビュー記事】

※アニメ主題歌に採用されているもので抜けている曲もあると思いますが、アニソンのイメージが強い曲に限定しています。

【名曲】 ランカ・リー=中島愛 『星間飛行』

【名曲】 放課後ティータイム 『天使にふれたよ!』

【名曲】 涼宮ハルヒ 『God knows...』

【名曲】 グッドモーニングアメリカ 『拝啓、ツラツストラ』

【名曲】 Mao 『夢をかなえてドラえもん』

【名曲】 LAGOON 『君の待つ世界』

【名曲】 ヒャダイン 『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』

【名曲】 May'n/中島愛 『ライオン』
http://burning.doorblog.jp/archives/48267227.html

やっぱりキャッチーで掴みも良いんだけど、それでいて長く楽しめる楽曲っていうのは本当に凄いですよねえ。上記の曲なんかはその意味でも相当レベル高いと思いますね。正直、「けいおん」、「マクロス」、「ガンダム」関連は普通に良い曲が多いので、他にも沢山紹介したい曲がありますけどね。

今回はその「アニステ~Anisong★Station」でも取り上げられていた”どうぶつビスケッツ×PPP”の『ようこそジャパリパークへ』なんですが、実際に「CDTV」なんかでチラッと聴いていて、なかなかメロディが強いな・・・なんて少しチェックしていたんですけどね。



アニメの「けものフレンズ」のOPテーマらしいですが、アニメは見たことないです。ひたすらキャッチーなフレーズだらけで構成されていて、サビの大洪水というんでしょうか、非常に贅沢な音作りになってますねえ。

こういう強烈な構成の楽曲というのは本当に新たな音楽的な発明と言っても良いんじゃないかな?

アニ声自体、僕は苦手だし、いかにもって感じのセリフもあるし、ちょっとアレンジがうるさすぎる感じもあるんだけど、これだけ振り切ってくれていると気持ちいいね。

僕もレビューで取り上げるので初めて「You Tube」とかでチェックしたんだけど、”藤原さくら”さんのカバーバージョンなんかもあって、驚いたなあ。彼女なのかスタッフかは分からないけど、選曲のセンスがいいねえ。(”スピッツ”の『春の歌』とかね)



作曲者の”大石昌良”さんは「アニソン」界では有名な作曲家みたいですけど、37歳ということで、そこまで若いクリエーターでもないのも驚いたな。これだけのキャリアを持つからこその革新性なんだね。アニソンは様々な制作上の制約があって、その中でこれだけクリエイティブな仕事をしちゃうっていうのはやっぱりキャリアがいるんでしょうねえ。

尚、”大石昌良”さん、ご本人のセルフカバーバージョンも「You Tube」にありましたので、興味のある方は是非、こちらもチェックを。(こちらもなかなか良いね)



コード進行、リズムパターンも出尽くした・・・既に今の音楽は過去の焼き直しである・・・いろんなことを批評家が言ってますが、良い曲、新しい曲はどんどん生まれてきている訳ですからね。肩肘張らず、楽しんだモノ勝ちなんじゃないかな?

音楽は「音を楽しむ」って意味もある訳だし、僕は存分に楽しみたいね。

P.S.毎回書いているけど、アニソン詳しい人、オススメ曲を教えてほしいな。

ようこそジャパリパークへ(通常盤)
どうぶつビスケッツ×PPP
ビクターエンタテインメント
2017-02-08


ようこそジャパリパークへ(初回限定盤)
どうぶつビスケッツ×PPP
ビクターエンタテインメント
2017-02-08


【早期購入特典あり】ようこそジャパリパークへ(初回盤)(CD+GOODS)(特典A3ポスター付き)
どうぶつビスケッツ×PPP
ビクターエンタテインメント
2017-02-08


【早期購入特典あり】ようこそジャパリパークへ(通常盤)(CD)(特典A3ポスター付き)
どうぶつビスケッツ×PPP
ビクターエンタテインメント
2017-02-08


最新コメント
最新トラックバック
メンズスタイル
DMM.com
バイク
Amazonライブリンク
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ