【名曲】 松田聖子 『瑠璃色の地球』

今回の名曲レビューは”松田聖子” の1986年発表の13th Album「SUPREME」収録の『瑠璃色の地球』を紹介します。

 松田聖子 『瑠璃色の地球』

先日テレビを見ていたら、ふと流れてくるメロディに耳が止まったんですけどね。

「この曲、カバーだな、アレッ、誰の曲だっけ?」って、一瞬考えてしまったんですが・・・。

それがこの曲です。



薩摩酒造の「白波」のCMソングで2月から放送されているらしいんですけどね。僕はTV番組はほぼ録画でCM部分はスキップして見ていることが多くて、たまたま耳に、目にしただけで遅かったんですね。
 
ジブリで有名な”手嶌葵”さんによるカバーですけど、またこの楽曲の新たな魅力を引き出していると思いますけど、 これは良いよね。

僕は以前に永遠のライバル”中森明菜”さんはレビューで取り上げているんですけど、”聖子”さんは初めてですね。

【名曲】 中森明菜 『LIAR』

何かのきっかけがあれば紹介しようとは思ってたんですけどね。いやー、ホントに”聖子”さんのライブラリには凄い楽曲が揃っていて、「J-Pop」のレベルアップに相当貢献していると思いますね。

当時のCBSソニーは相当気合入れて、楽曲制作に取り組んでいたのは間違いありません。

名作詞家の”松本隆”さんは勿論ですが、作曲に関わった人だけで「J-Pop」の歴史が紐解けそうです。

”大瀧詠一”さん 『風立ちぬ』(”大瀧詠一”さんのセルフカバーは最高だね)



”細野晴臣”さん 『ガラスの林檎』、『天国のキッス』、『ピンクのモーツアルト』

”財津和夫”さん(チューリップ) 『白いパラソル』、『野ばらのエチュード』

”松任谷由美”さん(クレジットは”呉田軽穂”)『赤いスイートピー』、『渚のバルコニー』、『小麦色のマーメイド』、『制服』、『ロックンルージュ』、『瞳はダイアモンド』、『蒼いフォトグラフ』、『時間の国のアリス』

『赤いスイートピー』は僕が言うまでもなく「J-Pop」の歴史的名曲だし、『制服』、『蒼いフォトグラフ』も最高だね。僕は初期の曲が大好き!







”佐野元春”さん(クレジットは”Holland Rose”)『ハートのイヤリング』

”尾崎亜美”さん 『天使のウィンク』、『ボーイの季節』

アルバムだと”鈴木茂”さん(”はっぴいえんど”繋がりですね)、”来生たかお”さん、”原田真二”さん、”大村雅朗”さん、”矢野顕子”さん、”杉真理”さん、”林哲司”さん、”NOBODY”と、本ブログでも取り上げているアーティスト、作曲家が多数登場してきますね。

本当は名曲だらけのベストアルバム「Bible」(これは問答無用の「J-Pop」の歴史的、金字塔的な作品だよね)を紹介しても良かったんだけどね。(ちょっと後悔)

今日はその「Bible」にも勿論収録されていて、ファンにも人気の『瑠璃色の地球』を紹介しますね。


 
いやー良い曲だね。名バラードだよね。かの”David Foster”による『抱いて…』、『Sweet Memories』なども素晴らしいけどね。





やっぱりバラードに絞っても選べないくらいの名曲だらけだね。僕のお気に入りの中では『風は秋色』も候補だったね。



しかし、これだけの楽曲を当時は彼女の「アイドル」、「ぶりっ子」っぽさが災いして、僕はテレビの音楽番組以外で熱心に聴くことがなかったんだよね。

当時は感覚的に、生理的に受け付けなかったって感じですね。

たまたま付き合った女の子が”松田聖子”さんの大ファンで「Bible」をオススメされて、仕方なく聴いたんだけど、それがビビるほど、良くてねえ。特にシングルしか知らなかった僕にとっては『風は秋色』や『蒼いフォトグラフ』にグッと来て、彼女にいろいろとアルバムを借りたんだよね。

その意味でもアイドルだからって、毛嫌いすることに意味がないことが分かったし、制作陣を見て、更に「スゲー」ってなるんですけどね。

最近はトップアイドルほど、巨額の制作予算が付き、良い楽曲が集まるので、逆に聴かないと、って思考になってきていますけどね。

その意味で今の「坂道シリーズ」なんかは本当に凄いクオリティの楽曲を制作してますし、僕好みの曲も多いんだよね。

”松田聖子”さんも一時期は海外進出を含め、アーティストとしてのポジションを確立しようとしていたけど、いい感じで一生アイドル道を貫いていて、素晴らしい生き方をされているなと思います。

若い音楽ファンは必ず”松田聖子”さんの至極の楽曲をチェックして欲しいね。アレンジこそ、時代を感じるところもあるけど、当時の「J-Pop」の最高峰の楽曲、メロディが楽しめますよ。

BIBLE
松田聖子
ソニー・ミュージックレコーズ
1991-12-01




25th Anniversary Seiko Matsuda PREMIUM DVD BOX
松田聖子
ソニー・ミュージックレコーズ
2005-08-24


【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑬ 『嫉妬の権利』

”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第十三弾です。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑤ 『私のために 誰かのために』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑥ 『今、話したい誰かがいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑦ 『無表情』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑧ 『水玉模様』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑨ 『環状六号線』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑩ 『でこぴん』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑪ 『やさしさとは』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑫ 『生まれたままで』
http://burning.doorblog.jp/archives/49637675.html

僕は”乃木坂46”というグループそのものも、メンバーも好きですが、やっぱりその至極の楽曲の素晴らしさがあってこそだと思っています。アイドルソングの領域で語るにはあまりに勿体ない、そのクオリティの高い楽曲の魅力を全曲レビューなどで伝えてきているのですが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思い、”乃木坂46”の「名曲アルバム」シリーズの記事を書いております。

昨日は「アンダーライブ」関東シリーズの千秋楽でした。”みり愛”のセンター然とした堂々としたパフォーマンスに”れなち”、”絢音”も台頭してきて、存分に楽しめたんですけどね。そんな感動の余韻を引きづり、今日も朝からずっとアンダー楽曲を聴いたり、スカパーの昨年のクリライ映像なんかを見ております。

【乃木坂46】 「アンダーライブ」関東シリーズ③
http://burning.doorblog.jp/archives/49912239.html

今日は久々に「名曲アルバム」でアンダー楽曲の名曲を取り上げてみたいと思います。アンダー楽曲の「名曲アルバム」での紹介は『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』、『生まれたままで』に続く3曲目ですね。

【乃木坂46】 全曲レビュー

【乃木坂46】 全曲レビュー⑮~『今、話したい誰かがいる』
http://burning.doorblog.jp/archives/45844777.html
 
*********************

<全曲レビューコメント>

『嫉妬の権利』(全タイプ収録)

 

「★★★★」。

アンダー楽曲ですね。”中元日芽香”・”堀未央奈”がダブルセンターを務めています。

これも良い曲なんだよなあ。正直、「★★★★★」にするか、迷いましたが、アンダー楽曲で同タイプの『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』に比べるとちょっとメロディの質が落ちるかなあ・・・。歌詞の世界観も大好きなんですけど、「ウザイ」って言葉は使わないで欲しかったなあ。「ウザイ」って言葉だけでちょっと興冷めしちゃうんですよね。でも十分名曲認定できる曲ですよね。

「乃木坂工事中」、「乃木坂46 Show!」での本作のパフォーマンスも良かったね。しっかし、”ひめたん”ってこんな美人だったっけ??? 髪型変えただけじゃないよね。凄いスッキリした顔になって、いやあ、センター経験者の”堀未央奈”と比べても、負けてないよね。個握の完売も納得ですね。いやあー、凄いね。

作・編曲は元”HΛL”の”丸山真由子”さんですね。アイドル系への楽曲提供が多い方みたいですね。彼女の手掛けた曲はほとんど聴いたことないなあ。

MVは結構好きです。

*********************

なんでしょうね。元々、このカッコよくて、哀愁のあるメロディが好きで最初に聴いた時から良いなと思った曲でした。ですので、「★★★★★」の満点評価をつけても良かったんですけどね。
 
上記の文章を見ても『咄嗟』との比較や歌詞のちょっとした言葉だけで減点しちゃってますけど、やっぱりライブでの盛り上がりが最高だし、いつも真っ赤なサイリュウムで会場が染まるのも良いんだよね。

”中元日芽香”・”堀未央奈”によるダブルセンター曲だけど、その後、二人が選抜に戻ってもアンダーライブは勿論、全体ライブでもかなりポイントになる強力なチューンですよね。

ノリやすくて、緩急のつけ方が良いんだよね。イントロのツカミも良いし、スピード感溢れる出だしに耳が惹き込まれるし、それでいてVocalメロディが入ると少し速度が落ち、更にBメロでは更に哀愁が出る感じでゆったりとした展開になり、サビでスピード感が戻り、爆発するような感じが良いんだよね。

元”HΛL”の”丸山真由子”さんの曲作りも良いけど、編曲が凄くて、曲を相当レベルアップさせているように思いますね。

MVも素晴らしいんですよね。「百合」ぽい雰囲気があって、各メンバーの様々な嫉妬の表現も面白いし、”絢音”ちゃんの不思議ちゃんキャラを活かした、何とも言えない気持ち悪さも良いんだよね。(しかし、”絢音”ちゃんも随分キャラが変わって、成長したよねえ、”琴子”も頑張って追いついて欲しいね)
 
このレベルの楽曲がアンダーメンバーのための曲なんだからねえ。恐るべしだね。 

ホントに”乃木坂46”(坂道シリーズ)の曲は様々な職業作曲家を使いながらも、高水準を維持していて、音源だけでも十分楽しめるし、こういったライブ向けの曲がライブで映えたりするから、レビューしづらいんだよね。音源では楽しめないけど、ライブでは凄まじい盛り上がりになったり、3割マシくらいで良い曲になったりするからねえ。その意味でもやっぱりレベル高いです。

本シングルでは『今、話したい誰かがいる』を「★★★★★」の満点評価をつけたから、少し落としにいった感じがあるんだけど、アンダー楽曲の隠れた代表曲の一つじゃないかな。

12人バージョンの『嫉妬の権利』もなかなか良かったしね。

しかし、そろそろ運営様・・・映像作品リリースしてほしいな。”乃木坂46”ファンはアルバム特典のDVD画質じゃ、満足できないんですよ。ライブが良いだけに本当にもったいない・・・。 

【乃木坂46】 「アンダーライブ」関東シリーズ③

アンダーライブ関東シリーズ

昨日の”乃木坂46”「アンダーライブ」関東シリーズの千秋楽に参戦してきました。

まずは昼公演のセットリストです。

影ナレ:かりん・純奈

00.Overture
01.風船は生きている
02.シークレット・グラフィティー
03.春のメロディー
04.13日の金曜日
05.ブランコ

<ファンタスティック3>
06.狼に口笛を(センター:和田)
07.自由の彼方(センター:和田)
08.ここにいる理由(センター:和田)
09.生まれたままで(センター:純奈)
10.左胸の勇気(センター:純奈)
11.扇風機(センター:純奈)
12.君は僕と会わないほうが良かったのかな(センター:相楽)
13.初恋の人を今でも(センター:相楽)
14.涙がまだ悲しみだった頃(センター:相楽)

15.気づいたら片想い(センター:和田)
16.何度目の青空か?(センター:純奈)
17.おいでシャンプー(センター:相楽)
18.夏のFree & Easy(センター:相楽)

19.別れ際、もっと好きになる
20.嫉妬の権利
21.不等号
22.あの日、僕は咄嗟に嘘をついた
23.インフルエンサー

<EN>

01.ロマンスのスタート
02.ハウス!
03.風船は生きている

”相楽”の歌唱力が高く評価されていたみたいですねえ。また三期生や”蘭世”の観戦情報、また”イジリー”さんも来てたみたいですね。・・・って、そんな情報をアッサリと確認し、東京体育館にやってきました。

小寒い感じの気候でやや曇っていて、天気が崩れそうな感じで雨もポツポツしてきました。

物販に行くとネットの情報通り、既に推しメンマフラータオルは全部売り切れでした。しょうがないので、「アンダーライブ関東シリーズ」のタオルを買い、入場です。

席はモバイル二次でしたので、見事なほどの天空席でした。北ブロックの3F席です。でも結構見やすい感じです。30分前くらいに入場した時は空席もありましたが、綺麗に席が埋まってきます。

さて、影ナレです。千秋楽は”能條”と”ちはる”です。

影ナレ:能條・ちはる

ファンの声援が凄いです。過去最高レベルじゃないかな?

さて、VTRからライブがスタートです。”みり愛”の最少人数で最弱と言われた「アンダーライブ」にかける熱い想い、筆で書いた「全曲全霊」の言葉が響いてきます。

オープニングの『Overture』からお祭り騒ぎです。声援が強烈です!

~VTR①~

00.Overture
01.風船は生きている
02.シークレット・グラフィティー
03.春のメロディー
04.13日の金曜日
05.ブランコ

『風船は生きている』の後は全員が巻物でメッセージを紹介し、その後は一気にアンダー曲連発です。ほぼノンストップで大盛り上がりです。

~MC①~VTR②~

MCでは”絢音”ちゃんが頑張ってたなあ。VTRは本日のファンタスティック3のメンバー紹介で今回のアンダーライブを引っ張る座長”みり愛”の紹介でさらにヒートアップです。

<ファンタスティック3>
06.狼に口笛を(センター:みり愛)
07.自由の彼方(センター:みり愛)
08.ここにいる理由(センター:みり愛)
09.生まれたままで(センター:川後)
10.左胸の勇気(センター:川後)
11.扇風機(センター:川後)
12.君は僕と会わないほうが良かったのかな(センター:能條)
13.初恋の人を今でも(センター:能條)
14.涙がまだ悲しみだった頃(センター:能條)

『狼に口笛を』の”みり愛”の最初の入りのVocalがヨレヨレだったのが残念だったけど、全体的には堂々とした良いパフォーマンスでしたね。『自由の彼方』はアレンジも凝っていて、かなりカッコよかったなあ。空中から降りてくるジャケットを羽織りながら、”郷ひろみ”さんのようなジャケットプレイもありましたね。綺麗に”みり愛”カラー(緑と黄)に会場が染まっているのは凄いね。

”川後”のパフォーマンスも安定してましたね。 彼女もサマになるなあ。『扇風機』での「あ~」も凄い揃ってましたね。

でも今回のファンタスティック3での個人的ハイライトは”じょーさん”だな。 『君は僕と会わないほうが良かったのかな』は鳥肌モノの歌唱だったな。オレンジ色のサイリュウムで会場が染まったのも綺麗で、素晴らしいね。『初恋の人を今でも』も引き続き素晴らしい歌が聴けましたね。こうなるとコールがウザいです。じっくり聴きたかったな。今日のベストパフォーマンスは”じょーさん”でいいんじゃない?

~VTR③~

15.制服のマネキン(センター:みり愛)
16.今、話したい誰かがいる(センター:川後)
17.バレッタ(センター:能條)
18.ぐるぐるカーテン(センター:能條)

VTRを挟み、ファンタスティック3の表題曲パートです。まずはイントロから大盛り上がりのキラーチューン『制服のマネキン』です。和装で番傘を持ったメンバーがパフォーマンスするんですけど、なかなか面白い世界観だったな。”みり愛”のパフォーマンスは本当にセンター然としていて、カッコいい。

そして、”川後”センターの『今、話したい誰かがいる』です。やっぱり名曲だねえ。

”じょーさん”の『バレッタ』も良かったな。最後はデビュー曲の『ぐるぐるカーテン』で締めですね。大団円って感じでしたねえ。

~MC②~VTR④~

19.別れ際、もっと好きになる
20.嫉妬の権利
21.不等号
22.あの日、僕は咄嗟に嘘をついた

~MC③~
 
23.インフルエンサー

MCはファンタスティック3のメンバーをフューチャーし、各メンバーが撮ってきた写真を2つのテーマで紹介する企画でした。面白かったけどね。会場の熱気も凄くて、既にTシャツ1枚で汗だく状態だったのもあって、少し疲労感も出たかな。

そして「アンダーライブ」関東シリーズについてのVTRが流れ、ラストスパートです。メンバーが円陣を組み、「努力! 感謝! 笑顔! ウチらは乃木坂、上り坂、46!」のお馴染みのコールが・・・。何気に嬉しいよね。

そしてアンダー楽曲の名曲が連発です。『別れ際』は青に、『嫉妬』は赤に、綺麗に会場が染まっていきます。そしてやっぱり大名曲『あの日、僕は咄嗟に嘘をついた』はいつ聴いても素晴らしいです。2月のバスラ2日目のオープニングを思い出しちゃいました。そして座長”みり愛”の感動的な挨拶があり、最新シングル『インフルエンサー』で締めです。僕はライブ初体験だけど、この曲のコール難しいな。しかし独特のノリで盛り上がるねえ。

メンバーが退場し、すぐにアンコールの大合唱です。

<EN①>

01.ロマンスのスタート
02.ハウス!

~MC④~
 
03.風船は生きている

トロッコに載ったメンバーがアリーナを回りながら、盛り上がり必至の『ロマスタ』、『ハウス!』でさらに会場はヒートアップしていきます。

そして、”みり愛”をはじめ、本日のファンタスティック3を務めた”能條”、”川後”、更にフロントを務めた”山崎”など、結構感動的なスピーチが多くて、近くでは男泣きしている人もいましたね。

アンコールの最後は天井から大量の風船が落ちてくる演出もあったフルサイズでの『風船は生きている』です。やっぱり良い曲だね。

さて、こうなると勿論Wアンコールに期待ですよねえ。千秋楽ですからねえ。分かっているファンも多く、アンコールの声が更に大きくなります。 

<EN②>
 
01.ダンケシェーン

これは嫌でも盛り上がるよなあ。コールも完璧だね。いやーファンが素晴らしいね。全員で生声挨拶で終了と・・・え、ファンがまだアンコールを求めます。いやいや、もうないでしょ? 一旦サイリュウムをしまいかけようとしますが、メンバーが戻ってきて、まさかのトリプルアンコールです。

<EN③>

01.ガールズルール

会場はさらにお祭り騒ぎです。帰ろうとしていたファンも出口前で声援を送っています。やっぱり『ガールズルール』の盛り上がりは強烈です。

あ、一応、「トリプルアンコール」ではなく、”みり愛”曰く「ダブルダブルアンコール」なので、そこのところを宜しく。流石に”みり愛”もこれが最後だよ! 三回目の挨拶だよ!って笑いながらの締めになったけど、彼女らしい感じだったね。いやー最高。

悪ノリでまだアンコールを求めそうな感じもしたけど、なかったですね。礼儀正しい、節度を持ったファンが多くて、拍手と声援が鳴り止まらないのが感動的だったなあ。

退場すると雨が結構降っていましたね。そのまま、地下鉄を経由し、帰宅しました。

全体的な感想としては十分に存分に楽しめました。アンダー曲中心のセットリストでしたが、やっぱり良い曲が多いね。アンダーメンバーでアンダー楽曲主体でこれだけのライブが出来るのはやっぱり凄いです。全体的にMCはやや低調だったけど、ラストのスピーチは感動的だったね。まあ、クリライの”蘭世”まではいかないけど、21名の大人数選抜に三期生の台頭など、複雑な想いの中で本音が聴けたのは大きいし、グッと来たね。彼女たちの益々の成長、大きなステージでの活躍を祈願したいね。

”みり愛”のセンター適性はなかなかだし、フロントを務めた”山崎”、”絢音”も期待大だね。そろそろ18thの選抜予想も考えないといけないけど、この3名は選抜入りしても全然不思議じゃないね。

ファンの素晴らしさもあっての素晴らしいライブでしたね。やっぱりアンダーライブは外さないね。

やっぱ、乃木坂だな!

P.S.「覚醒宣言」の”琴子”にも期待してたけど、いつも通りって感じでしたね。彼女らしいな。 
最新コメント
最新トラックバック
メンズスタイル
DMM.com
バイク
Amazonライブリンク
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ