【ひとこと】 槇原敬之 覚醒剤取締法違反容疑で逮捕

槇原敬之

二度目です。

一度目の逮捕から20年経つんですけど、やっぱりクスリを断ち切るのは難しいんですかね。

でも言いたいな~。

「マッキー、何やってんだよ~。」

 記念すべき30周年でいろんなイベントも控えていたのに、全部パーですもんね。

稀代のメロディメーカー”マッキー”には期待してたんだけどね・・・。

ちょっと「井上陽水トリビュート」の『夢の中へ』は考え過ぎで煮詰まっているような感じもしたけどさ。

【特集】 「井上陽水トリビュート」
http://burning.doorblog.jp/archives/54110532.html

過去にも2曲ほどレビューで取り上げてますが、メロディーメーカーとしてはホントに凄い人ですよ。

『どんなときも。』



『もう恋なんてしない』



『北風~君にとどきますように~』



『冬がはじまるよ』



『SPY』



『Hungry Spider』



『二つの願い』



レビューしているのは下記の2曲ですね。



【名曲】 槇原敬之 『ズル休み』



【名曲】 浜田雅功と槇原敬之 『チキンライス』
http://burning.doorblog.jp/archives/44731132.html

90年代の彼の音楽はホントに凄かったですね。

それ以降となると一番有名なのは”SMAP”に提供した『世界に一つだけの花』なんでしょうけどね。

個人的にはさほど好きじゃないので、先述の『チキンライス』と隠れた名曲、”Early Morning”の『かみさまでもえらべない。』あたりですかね~。



音楽とドラッグ、薬の関係というのは昔からあるし、とんでもないプレッシャーを抱えながらだと思うんだけど、やっぱりダメなものはダメだよね。

しかも2回目だしね~。

これだけ万人に愛されるポップソングを書く人にはポップに生きて欲しいです。

煌びやかなショービズ界が抱える「闇」。

「闇」があるから光輝く・・・なんて、いうのは言い訳にならないでしょうね。

残念だけど、「J-Pop」の歴史に燦然と輝くメロディーメーカーであるのは間違いないので、機会があるならば、また良い歌を、良いメロディを作って欲しいな。

しかし、残念です。

【日向坂46】 井口眞緒 卒業発表!

井口眞緒

”井口”、マジか~。

********************
【井口眞緒に関しまして】 2020.2.12

現在活動自粛中の井口眞緒ですが、この度グループから卒業することになりました。
卒業の時期に関しましては、具体的な日程が決まり次第改めてご案内いたします。

尚、振り替えが発生している井口眞緒の個別握手会参加券をお持ちの方におかれましては、追ってご案内をさせて頂きます。

それまでは個別握手会参加券をお持ちになって、お待ち頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

Seed & Flower合同会社
********************

本人からのブログコメントも出てます。

********************
【いつも応援して下さっているみなさまへ】 2020.2.12

井口眞緒です。

何度もたくさんのご迷惑とご心配をおかけしてしまいすみません。

自分の心の弱さでたくさんの人を裏切ってしまったこと後悔しています。

本当に申し訳ありませんでした。
言葉でどんなに謝っても足りないです。

活動自粛期間中に外から日向坂46を見ながら自分のことを考えて

私はアイドルとしての活動に区切りをつけて次の道に進もうと思いました。

私は日向坂46を卒業します。

アイドルとしての目標だった個別握手会全完売させていただきありがとうございました。
全完売を知ったときすごく嬉しかったです。
本当に本当にありがとうございました。
ひらがな推しでスナック眞緒のコーナーをさせていただき嬉しかったです。
オードリーさんとお仕事できて嬉しかったです。
日向坂で会いましょう大好きでした。
SHOWROOMで色んなことをしてファンのみなさんと交流できて楽しかったです。
SHOWROOMでたくさん応援してくれてありがとうございました。
SHOWROOM大好きでした。
日向坂46のみんなと一緒に活動できて本当に楽しかったです。
アイドルになって日向坂46で活動できてよかったです。

ファンのみなさんと出会えて、周りの方々に恵まれて、たくさんのことを乗り越えて、アイドルになる前の私とは、価値観や考え方が変わりました。
アイドルとして過ごした時間は、私にとって貴重な経験でした。

本当に本当にありがとうございました。
たくさんのごめんなさいとありがとうでいっぱいです。

いつも応援してくださったおひさまのみなさん、日向坂46のメンバーのみんな、スタッフの方々、
がっかりさせてばっかりでごめんなさい。

卒業後は、企業で働こうと思っています。その中で、あれもやりたい、これもやりたいと色々考えています。

みんなのことが大好きな気持ちに嘘はありませんでした。
みんなのことが今でも大好きだし、一緒に過ごした思い出は一生の宝物です。
本当にありがとうございました。
********************

とりあえずは3rd Singleの個握の活動は残ってるんだね。

うん? 企業で働く???

芸能界絡みの企業で働くんでしょうか?

芸能界引退で芸能活動はしないってことですかね?

これだけのコメディエンヌはなかなか探しても見つからないのにな~。

大喜利力も高かったし、ほとぼりが冷めたときに、シレっと戻ってきてほしかったな~。

まあ、彼女のアイドルとしての可能性というのは限定的だろうし、ライブでのパフォーマンスで辟易したこともあるけど、憎めない存在だっただけに勿体ないな~。

”ひよたん”が戻ってきただけに・・・残念だな。

運営には、良い形で彼女の最後の場を作って欲しいですね。

P.S.「スナック眞緒」は「ひなましょう」でもレギュラー化して欲しかったな。
最後にもう1回やりません?

【名曲】 倖田來未 『Moon Crying』

今回の名曲レビューは”倖田來未”の2008年発表の40th Single『Moon』収録の『Moon Crying』を紹介します。

倖田來未 『Moon Crying』

「ノムさん」こと、”野村克也”さんが84歳で「虚血性心不全」のため、お亡くなりになりました。

選手として、また監督として、日本野球界への貢献、功績は歴史上トップレベルだと思います。

選手としては・・・

三冠王達成(同シーズンで打率、打点、ホームランの3部門で1位を獲得すること、過去7名が記録、最近では2004年の”松中信彦”氏以降出てません)

通算本塁打数 657本(歴代2位、1位は”王貞治”氏です)

通算安打数 2,901本(歴代2位、1位は”張本勲”氏です)

通算打点数 1,988点(歴代2位、1位は”王貞治”氏です)

出場試合数 3,017試合(歴代2位、 ”谷繁元信”氏に抜かれるまで1位でした)

これだけでも凄い記録ですが、”ノムさん”はキャッチャーですからね。守りの要であり、ピッチャーの配球や精神面のサポートをしながら、ゲーム全体の司令塔的な立場も担うわけですから、負担は非常に大きく、これだけの成績を残すキャッチャーは今後もまず出てこないのではないでしょうか?

監督としては・・・

監督出場試合数 3,204試合(歴代2位)

通算成績 1,565勝1,563敗76分(勝利数は5位、敗戦数はトップ)

監督と選手の両方で3,000試合を果たしているのは長い日本プロ野球界の歴史で野村監督のみ、兼任期間に選手として出場の973試合を引いても、選手と監督で合計5,248試合に出場しています

監督としては万年最下位の厳しいチームを率いたこともあって、監督としての成績は十分伸ばせなかったですが、データ重視で勝つ「ID(Important Data)野球」や他チームから放出された選手を蘇らせる「野村再生工場」といった独自の手法を展開し、ヤクルトを日本一を成し遂げた手腕は伝説的ですね。

尚、僕自身が”ノムさん”を知ったのは「プロ野球選手名鑑」の中の過去の成績データの中でのスター選手として紹介されたページを見たのが最初だったと思います。

当時は現役でもなかったので、選手としての”ノムさん”を観たことはないかもしれません。

どちらかと言えば、監督、ぼやき節で有名な解説者としての”ノムさん”の記憶が強いですね。

コンサルの仕事をしていて、”ノムさん”のリーダーシップ論とか、組織論は非常に使いやすくて、良く引用させてもらったのが印象的です。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

これは”ノムさん”の言葉だと僕も思ってましたが、”松浦静山”の剣術書『剣談』からの引用らしいです。

「負けるときには、何の理由もなく負けるわけではなく、その試合中に何か負ける要素がある。勝ったときでも、何か負けに繋がる要素があった場合がある」という意味で、試合に勝つためには、負ける要素が何だったか、どうしたらその要素を消せるかを考えて行く必要がある。

これは、マネジメントにおけるPDCAサイクルの重要性ですね。不思議な勝ち、目標達成してるなら別にほっといても良いけど、負け、目標未達成についてはその原因をすべて洗い出し、潰さねばいけないということをこの言葉を重ねてお話することが良くありますね。

「三流は無視、二流は称賛、一流は批難」

プロの世界だから、競争は非常に厳しいですね。「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」なんかを見てもわかると思います。

だから三流選手は、プロとして残るならば、死に物狂いで努力するしかない、もしくは、早いところ、転職した方がいい。その選手に、褒め言葉は、むしろマイナスになる。だから「無視」する。

二流の選手は、褒めて褒めて、気分良くして、使う。褒められることが一番、選手を伸ばす。

しかし一流選手は、褒めてはいけない。一流は子供のころから褒められることに慣れている。褒めると図に乗る。だから批判して、発奮させる。そのために、的確に非難する。一流選手は、その非難に耐え、乗り越えて、超一流となる。

深いんですよね~その言葉が。特に「三流は~」の考え方は非常に共感しますね。

そんな”ノムさん”を追悼する曲を考えに考えたんですが、全然浮かばず・・・。

「自分をこれまで支えてきたのは王や長嶋がいてくれたからだと思う。彼らは常に人の目の前で華々しい野球をやり、こっちは人の目のふれない場所で寂しくやってきた。悔しい思いもしたが花の中にだってひまわりもあれば人目につかない所でひっそりと咲く月見草もある」

そう、この有名な「月見草」から「月」をモチーフにした曲を選んでみることにしました。

でも過去に月にまつわる曲のレビューも結構書いているんだよね~。



【名曲】 エレファントカシマシ 『今宵の月のように』
http://burning.doorblog.jp/archives/45493559.html



【名曲】 くず 『ムーンライト』

有名どころだと”絢香”の『三日月』もあるけど、僕はチョイスしないな~。



 イタリアンメタルの”Labyrinth”の超名曲『Moonlight』もあるね。



【名曲】 Labyrinth 『Moonlight』

・・・と、悩んだ末に”倖田來未”さんの『Moon Crying』にしました。



”倖田來未”さんの楽曲は結構クオリティが高くて、長く楽しめる曲が多いよ~。(”浜崎あゆみ”さんもそうだけどね)

ピアノとストリングス中心のシンプルな演奏ですが、このメロディはかなり極上の展開ですね。

カラオケで女の子がしっかり歌ってたら、惚れちゃいそうだね。

”miwa furuse”による作曲ですが、”EXILE”の代表曲『道』、『Someday』なども彼の作品です。流石の「avex」クオリティですね。

過去にはレビューで『Poppin' love cocktail feat.TEEDA』を取り上げてますね。



【名曲】 倖田來未 『Poppin' love cocktail feat.TEEDA』
http://burning.doorblog.jp/archives/45222608.html

他にも『愛のうた』



『Butterfly』



過去の人みたいに思わず、是非、聴いて試して欲しいですね。

しかし、”ノムさん”のいない球界は寂しいな~。唯我独尊、我が道を行く、こんなに凄い「月見草」とは二度と会えないと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。






MOON(DVD付)
倖田來未
エイベックス・エンタテインメント
2008-06-11






最新コメント
メンズスタイル
DMM.com
バイク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ