【櫻坂46】 2nd Single フォーメーション発表

【櫻坂46】 2nd Single フォーメーション発表

「そこ曲がったら、櫻坂?」にて、2nd Singleのフォーメーション発表が行われました。

「櫻エイト」のシステムは継続で、「櫻エイト」メンバーの入れ替わりもなく、センターも”森田”、”藤吉”、”山﨑”のトリプル体制でした。

ちょっとはイジってくるんじゃないかなと予想してましたが、こうなると世間認知が進む3rdまではこれで維持するんでしょうね。その後はどうなるのか見えませんけどね・・・。

まず表題曲を歌う「森田組」です。

<3列目>

”大園” ”井上” ”松田” ”守屋麗” ”梨加” ”土生”

<2列目>

”田村” ”山﨑” ”小池” ”藤吉” ”菅井”

<1列目>

”小林” ”森田” ”理佐”

3列目は3名が入れ替わりですね。”大園”、”松田”、”土生”が継続、前作で「藤吉組」だった”井上”、”梨加”、「山﨑組」だった”守屋麗”がINですね。

この3列目は新二期枠が1名増えているのがポイントかもしれませんね。”守屋麗”は推しているメンバーなので、嬉しいけど、表題曲3列目というのは、歌番組は出れるけど、そこまで良ポジでもないとは思うけどね・・・。

ビジュアルメンである”梨加”、ライブでもパフォーマンスに惹かれる”井上”が入ったのには、納得している自分がいます。

そして「藤吉組」です。

<3列目>

”尾関” ”関” ”原田” ”上村” ”武元”

<2列目>

”田村” ”山崎” ”小池” ”森田” ”菅井”

<1列目>

”小林” ”藤吉” ”理佐”

3列目は”関”、”原田”が継続、前作「森田組」の”尾関”、”武元”、「山﨑組」の”上村”がINです。

最後に「山﨑組」です。

<3列目>

”大沼” ”幸阪” ”齋藤” ”増本” ”守屋茜” ”遠藤”

<2列目>

”田村” ”森田” ”小池” ”藤吉” ”菅井”

<1列目>

”小林” ”山崎” ”理佐”

こちらも3列目が”大沼”、”齋藤”、”遠藤”が継続で、前作「森田組」の”守屋茜”、「藤吉組」の”幸阪”、”増本”がINとなっています。

結局のところ、「櫻エイト」体制っていうのは、”乃木坂46”の「生生星」+福神制の進化系なんですよね。

表題曲は、「生生星」のようにセンター”森田”、フロントに”小林”、”理佐”という体制を維持して、グループを認知、浸透させていく戦略なんでしょう。

3名のセンターを”小林”、”理佐”のエースを挟む並びについては、昔、”乃木坂46”で新センターを”白石麻衣”さん、”橋本奈々未”さん(もしくは”西野七瀬”さん)の両エースで挟んだパターンに近いと思います。

福神制の進化系である「櫻エイト」をいつ動かしてくるかは、今後のポイントでしょうね。個人的には2ndから動かしてくるんじゃないかと思ってましたが、立ち位置の変更こそあれ、メンバーの入れ替えなしというのは驚きました。

あと、個人的には”櫻坂46”を歌番組で観ても、やや物足りない印象もあるんだよね~。

人数も割と少ないし、3列目メンバーは、ほんのちょっとしか映らないし、基本はフロントを中心に「櫻エイト」が抜かれるけど、二列目のエースポジションであるメンバーに物足りなさを感じちゃっているのかもしれません。

”田村”、”菅井”、”小池”も十分に魅力的なんだけどね。

パフォーマンスなのか、表現力なのか、ビジュアルなのか、その物足りなさを自分でも明確に分析出来ていないんだけど、「坂道シリーズ」の強みであるメンバーの層の厚さを上手くアピールできていないのが残念なのかもしれません。(カメラワークも大きいかもね)

楽曲には引き続き、期待できそうですね。

シングルの表題曲は勿論1曲なのですが、センター3名のそれぞれのメイントラックがあり、表題曲並みに予算を掛けるであろうMVも制作されると思われ、本作も期待できると思います。

1stの『Nobody's fault』、『なぜ恋』、『Buddies』はそれぞれ印象的な楽曲になりましたね。(個人的には「森田組」は『ブルームーンキス』をメイントラックにしたほうが良かった気もするけど、改名という状況を考えると『Nobody's fault』が無難だったのかもしれませんね。)

現時点での2nd Singleのリリース情報も書いておきますね。

『BAN』
発売日:2021年4月14日

初回仕様限定盤 TYPE-A
初回仕様限定盤 TYPE-B
初回仕様限定盤 TYPE-C
初回仕様限定盤 TYPE-D
通常盤
 
1st Single同様に5タイプのリリースですね。

『BAN』というタイトルはロックっぽいイメージありますが、どんな曲になるんでしょうか? 楽しみです。

ま、始まったばっかりですし、見守るしかないのかな。

P.S.全握ライブの代わりの配信ライブを見るには1枚買えば十分なんだけど、映像作品も観たいので、全て買っちゃうんだろうな~。シリアルコードの使い道に悩むな~。

↓ この本を買うか、悩み中・・・。

櫻坂46 ~櫻色の未来へ
阿部 慎二
太陽出版
2021-01-25


【名曲】 Daft Punk 『One More Time』

今回の名曲レビューは”Daft Punk”の2001年発表の2nd Album「Discovery」収録の『One More Time』を紹介します。

Daft Punk 『One More Time』

”Daft Punk”が解散ですか・・・。

時代の流れを感じちゃいますね~。

まあ、僕自身の音楽的な嗜好とは合わないけど、聴いたことは勿論、あります。

「フレンチハウス」とか「エレクトロ」なんて言われても、全然ピンと来ませんが、グラミー受賞というのは、とりあえずチェックしてみようかという対象にはなります。

まあ、それ以上に、僕にとっては”Perfume”の衝撃が大きくて、”中田ヤスタカ”氏にドハマりしちゃって、そこから後追い的に”Daft Punk”にたどり着いたような感じです。

【名曲】 Perfume 『エレクトロ・ワールド』
http://burning.doorblog.jp/archives/44836639.html

【名盤】 Perfume 『GAME』
【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」⑦
http://burning.doorblog.jp/archives/54562100.html

⇒『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル』を紹介

”Perfume”は僕が2000年代後半は、全ての作品を買い、かなり熱心に聴いてたのは、以前にもレビューで書いている通りです。

『ポリリズム』のブレイク前に”Perfume"を知っていたこともあって、アルバム「GAME」がオリコン1位を獲った時は、自分のことのように喜んでました。

でも、僕にとっての”Perfume"の魅力のほとんどは”中田ヤスタカ”氏の作る曲、サウンドなんですよね。(彼女たちのダンスパフォーマンス、個の魅力も勿論ありますが)

ですので、”中田ヤスタカ”氏の系譜を探る形で、”Daft Punk”の音楽に行きついているんですよね~。

最初に聴いたのは、”Pharrell Williams”が参加し、大ヒットした『Get Lucky』だったと思います。



32ヶ国以上でチャート1位、全世界で930万枚のビッグセールスを記録し、2014年の第56回グラミー賞で「最優秀レコード賞」と「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」を獲得した象徴的な曲ですけどね。

ポップで悪くないけど、僕には微妙な感じでした。

”Pharrell”なら『Happy』のほうが断然、素晴らしいよね。(ジャンル違うけどさ)



【名曲】 Pharrell Williams 『Happy』
http://burning.doorblog.jp/archives/54293932.html

その後、『One More Time』を聴き、この曲聴いたことあるな~って、気に入って、聴き込むごとにその音作りの面白さにも気づかされましたけどね。



そこまで熱心に聴いている訳ではないけど、音作り、Vocalエフェクトの多用等、”中田ヤスタカ”氏が”Daft Punk”に大きな影響を受けたのは良く理解できました。

だからといって、”中田ヤスタカ”氏をパクリだなんて、切り捨てることもないし、音自体の魅力で言うと僕は”中田ヤスタカ”氏のほうがお気に入りです。

サウンドの先駆者はどの世界にもいますし、それはそれで凄い偉業ですが、フォロワーを攻撃するリスナーがいるのは意味が分かりません。自分はルーツを知っているんだよ~というマニアならではの思想で、僕もそれに近い部分はありますし、僕も露骨すぎるのは苦手ですが、オリジナルにこだわり過ぎるのは、偏屈な印象を持ってしまいます・・・。それこそ「Rock 'n' Roll」は”Little Richard”、”Chuck Berry”が創始者であり、それ以外はパクリって言っているようなモノですからね。

音楽ですから、普通に楽しめば、良いのになと思いますけどね。

脱線したので、戻しますが、『One More Time』はメインのメロディ自体はかなりキャッチーですし、身体に響いてくる攻撃的な音も好きです。

本作のMVは漫画家の”松本零士”さんが手掛けられ、日本でも30万枚のスマッシュヒットを記録したようですね。

『One More Time』はタマに聴きますし、好きですね。

しかし、こんなVTRでバンドの最期を表すのも、凄いセンスですね。



こういう時代を上手くつかめるバンドが解散というのは残念です。

P.S.まあ、新たな音、曲を出してくれるのであれば、それはそれで良いのかもしれませんけどね。

Discovery
Daft Punk
Labels
2012-12-17


Discovery
Parlophone (France)
2005-01-24


One More Time
Parlophone (France)
2005-01-24

 

【乃木坂46】 「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」

9th YEAR BIRTHDAY LIVE

早速、セトリとレポ行きましょう!

影ナレ:真夏・堀・梅澤・田村

「新生リスペクト軍団」? 緊張感無く、相変わらずのワチャワチャ感が良いですね。

00.Overture

01.ぐるぐるカーテン(センター:飛鳥)

~MC1~

”Overture”のVTRはバスラの名場面を中心にしたものでした。

そして、まさかの前夜祭に続いて、二日連続での披露となる『ぐるカー』スタートです。一期生、二期生、三期生、四期生と順番に登場します。

AR演出でいきなり花火が上がってます!

MCを回すのは”真夏”です。”生田”の「10年なんてあっという間だよ」に笑いつつ、その後は”飛鳥”が回していきます。「配信なので全曲披露ではない」という発言にガックリしちゃいましたが・・・。

”遠藤”、”梅澤”、”新内”、”高山”と意気込みを語っていきます。

また、配信ライブならではの演出で「とある動物」が出て来るそうです。何でしょうか?

そして、コールアンドレスポンスから改めてライブ再開です。

02.インフルエンサー(センター:与田・山下)
03.シンクロニシティ(センター:梅澤)
04.何度目の青空か?
05.帰り道は遠回りしたくなる(センター:遠藤)
06.君の名は希望(センター:飛鳥)

~MC2~

ここのパートは2チームに分かれて代表曲メドレーでしたね。オリジナルとは違うメンバーがポジションに入っているのは新鮮です。しかし、”梅澤”は迫力あったし、キメ顔も割とサマになってましたね。

MCは”松村”が回して、一期生と二期生のトークです。

”山崎”、”高山”、”蘭世”、”秋元”、和田”、”星野”がコメントしたのかな?

”星野”がサイリュウムがないのが寂しいなんて言ってましたね。

<期別コーナー>

06.夜明けまで強がらなくていい(四期生)
07.キスの手裏剣(四期生)
08.out of the blue(四期生)
09.逃げ水(三期生)
10.トキトキメキメキ(三期生)
11.毎日がBrand new day(三期生)
12.バレッタ(二期生)
13.アナスターシャ(二期生)
14.ライブ神(二期生)
15.制服のマネキン(一期生)※センター:生田・星野
16.サヨナラの意味(一期生)※センター:飛鳥
17.狼に口笛を(一期生&狼)※センター:樋口

~MC3~

最近のライブの定番と言える「期別コーナー」ですが、それぞれ3曲ずつで見応えありましたね。一期生による『狼に口笛を』はグッときましたね。狼はそんなにいらなかった気がしましたけどね。(”マンウィズ”っぽい)

ここでのMCでは三期と四期のトークで”向井”が回します。”早川”、”弓木”、”中村”、”阪口”と振っていきましたね。

<後半戦>

VTR~2020年2、3月:8thバスラ最終日~二期生ライブ中止⇒配信へ、白石卒コン白紙、25th Singleリリース

18.しあわせの保護色(センター:大園)
19.ゆっくりと咲く花(二期生)

VTR~2020年4、5月:『世界中の隣人よ』MV発表

20.世界中の隣人よ(センター:飛鳥)

VTR~2020年6、7月:活動再開、オンライン近況報告会、『ゆっくりと咲く花』MV撮影、映像研、ミーグリなどの映像が流れます

21.Route246
22.明日がある理由
23.ファンタスティック3色パン

VTR~2020年12月:「四期生ライブ2020」

24.I see...

VTR~2020年12月:「アンダーライブ2020」

25.口ほどにもないKISS
26.自惚れビーチ
27.日常

VTR~「荒野行動」

28.Wilderness world

~MC4~

ここでは2020年を振り返るVTRが流れ、それにちなんだ曲が披露されるという進行です。活動がままならなかった2020年の苦悩と活動再開に向けての流れが、素晴らしい楽曲と相まって非常に良い演出だったと思います。

『世界中の隣人よ』は「シブヤノオト」の演出に近い感じでしたが、曲間で”飛鳥”の医療従事者への感謝を伝えるスピーチがあったり、私服っぽい衣装で、フルサイズ披露で感動しました。

25~27の一気に「アンダーライブ」の空気に変えた流れも最高でした。

MCは”秋元”から”松村”に振り、その後、”樋口”にバトンタッチして、”みり愛”、”佐藤楓”、”理々杏”に振ってましたね。主にはミーグリや外仕事、ライブの話でしたね。

<終盤戦>

29.いつかできるから今日できる(センター:与田・飛鳥?)
30.おいでシャンプー(センター:遠藤)
31.Sing Out!

~MC5~

『いつかできるから今日できる』は”与田”、”山下”と登場してきましたが、ポジション自体は”飛鳥”と”与田”のダブルセンターぽかったですね。

『おいシャン』はフロント全員卒業しちゃってますが、”生駒”ポジに”遠藤”、”中田”ポジに”大園”、”桜井”ポジに”真夏”というフロントでした。なかなか良いじゃん。

ここのMCは”山下”がバスラが出来ることへの感謝や改めてセンターに選ばれた心境や意気込みを話してましたね。

32.僕は僕を好きになる

フルサイズ披露です。全員のファンへの感謝のメッセージが書かれた紙を掲げていると、紙吹雪? 桜吹雪?のような感じで、スタッフ一同からメンバーへのサプライズメッセージも出てきましたね。

まさに大団円ですね。”真夏”がそのサプライズメッセージに泣き、挨拶をして本編終了です。 

アンコールに期待ですが、ここでは先ほどのメンバー全員のファンへのメッセージがハード型に飾られ、それを読み込む感じです。(BGMは『マネキン』と『希望』のインスト)

<アンコール>

ER01.そんなバカな・・・
ER02.ダンケシェーン

~MC6~

ER03.乃木坂の詩

アンコールは”堀”の卒コンっぽい雰囲気です。”白石”の卒コンのように”堀”がメンバー全員と肩を組んだりしている演出ですね。

『ダンケ』も替え歌で想定内ですが、キャプテン”秋元”が最後の締めを大失敗し、やり直す羽目に・・・。

その後のMCで”飛鳥”に「台無し」なんて言われてましたが、この雰囲気でもいけちゃうのが”乃木坂46”らしさかもしれませんね。”堀”の全員でのライブは今日が最後というコメントとお母さんの話をした後、泣いちゃいましたね。 

そして、ここで期生ライブのサプライズ告知です。

3/28 二期生ライブ
3/29 一期生ライブ

”日向坂46”の配信ライブが3/26、27とあるので、坂道ファンは忙しいね。

しかし、”秋元”は『乃木坂の詩』の前にも、皆さんサイリュウム準備良いですか? ない方は醤油の瓶を、棒っぽいものをって、なんだかな~。

尚、『乃木坂の詩』は”山下”、”久保”、”梅澤”の26th Singleのフロントがそのまま務めてましたね。

”秋元”がラストメッセージを伝え、配信は終了です。

<アフター配信>

今回は「期別対抗イントロクイズ」で司会は古参ファンにはお馴染みの”高橋大輔”さんが務めます。

勝利のご褒美は好きな曲をラストに披露できるとのことで、各期の歌いたい曲が下記の通りです。

一期生:会いたかったかもしれない
二期生:サイコキネシスの可能性
三期生:想い出ファースト
四期生:4番目の光

超イントロ~超超イントロ~超超超イントロと後半はかなりの難易度でしたね。 

1回戦 秋元 純奈 〇久保 遠藤 『夏のFree & Easy』
2回戦 生田 北野 〇向井 賀喜 『太陽に口説かれて』
3回戦 松村 新内 〇梅澤 掛橋 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』
4回戦 〇星野 絢音 佐藤楓 金川 『偶然を言い訳にして』
5回戦 〇飛鳥 蘭世 阪口 北川 『転がった鐘を鳴らせ!』
6回戦 樋口 堀 大園 〇柴田 『初恋の人を今でも』

三期生が快調に正解を連発しましたが、一期生も巻き返します。”飛鳥”のヤマを張った発言や”北川”の「ムーブメント」発言に笑っちゃいました。

ここから超超イントロです。

7回戦 〇高山 山崎 与田 清宮 『ハルジオンが咲く頃』
8回戦 和田 〇みり愛 理々杏 田村 『やさしさなら間に合っている』
9回戦 秋元 純奈 〇山下 筒井 『自分じゃない感じ』 これは”山下”ラッキー!
10回戦 〇生田 北野 吉田 早川 『低体温のキス』 これは”生田”ラッキー!
11回戦 松村 〇新内 中村 佐藤璃 『今、話したい誰かがいる』
12回戦 〇星野 絢音 岩本 松尾 『ロマンスのスタート』

ここから超超超イントロです。聴き分けるのがかなり困難なレベルです。

13回戦 〇飛鳥 蘭世 久保 黒見 『私、起きる。』
14回戦 樋口 堀 〇向井 弓木 『ボーダー』
15回戦 高山 山崎 〇梅澤 矢久保 『僕の衝動』
16回戦 和田 みり愛 佐藤楓 〇林 『ありがちな恋愛』

ラスト問題まで三期生と一期生が60点で同点でしたが、最後の問題は”みり愛”が”真夏”にお願いし、1万点となり、回答した四期生が1万10点で優勝!

01.4番目の光

アフター配信にしては、メチャクチャ楽しめたように思います。

最後に総括です。

バスラのコンセプトとも言える全曲披露でなさそうなのは残念ですが、配信ですし、致し方なしでしょうか。これからの期生ライブで多くの曲が聴けることを期待してますけどね。

後半戦の1年間の振り返りVTRからの楽曲披露は、まさしく「バスラ」の雰囲気で感動しましたね。

またアンコールは”堀”のプチ卒コンの様相でしたが、二期生ライブはよりその色彩が強まるでしょうね。楽しみです。
 
グループにとってもベスト選曲の色彩が強く、現時点では最高レベルのライブをやってくれたように思います。

会場は幕張メッセのようですが、3つくらいのステージを上手く使いながらで、工夫は見られましたが、これだけ配信ライブを見てくると、流石に既視感も出てきますね。

純粋に良い曲を聴かせてくれれば、個人的には十分なんですけどね。

どうせなら、「8th Year Birthday Live」以降の新曲は全部やって欲しかったな~。(特に『サヨナラ Stay with me』)

でも、なんだかんだ言って、最高の配信ライブでしたね。

「やっぱ、乃木坂だな!」

さあ、リピート配信、観よっと!
最新コメント
メンズスタイル
DMM.com
バイク
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ