今回は”Barbee Boys”の1987年発表の4th Album「Listen!」を紹介します。

yjimageU8XKW3O4

”Barbee Boys”は当時のJ-Popシーンにおいては、圧倒的に個性のあるバンドでした。

”KONTA”と”杏子”の男女混合のツインボーカル、演奏力のあるリズム隊、”イマサ”の独特なギターと完成度の高いポップな楽曲は当時のバンドブームの中でも”異彩”を放ちまくってました。

”BOΦWY”にハマっていた自分としては何となく敬遠気味だったバンドなのですが、「3rd Break」をレンタル屋で借りて、結構気に入って聴いてたんですが、それを聴いていた弟が大ファンになったんですね。

それからは弟がCDを購入し、それを借りて聴くという流れになったのですが、「Listen!」は揺るぎないJ-Popの名盤ですね。リレコーディングベストの「Black List」も名曲満載で大好きなんですけど、Albumの出来を考慮し、今回は「Listen!」を取り上げたいと思います。

1曲目『はちあわせのメッカ 』。オープニングに相応しい、疾走感のある曲です。リズム隊の演奏から、”イマサ”の独創的なギターソロが活躍し、ボーカルの発する怪しいメロディが堪らない、一筋縄ではいかない、クセになる楽曲です。

2曲目はタイトルトラックと言える『泣いたままでlisten to me』。これは個人的大名曲です。”Barbee Boys”の数ある名曲の中でもトップに位置づけしています。いやあ、構成力というんでしょうか、サックスの入り方、Voの感情の出し方、”イマサ”のギター、いずれも完璧なポイントで心にグサグサ刺さってくる感じの気持ちの良さがあります。こういう曲をストレートにリスナーに伝えるところが”Barbee Boys”の凄さだと思います。

続いて、『Dear わがままエイリアン』。ミディアムテンポで”杏子”の柔らかな表現が利いた佳曲です。

そして疾走感溢れる『ごめんなさい』。彼らにしてはストレートな部類に入る楽曲でしょうが、悪くないです。

ブレイクのきっかけにもなったSingle曲『女ぎつねon the Run』。そこまで思い入れはありませんが、良い曲ですし、”Barbee Boys”の魅力が十分に詰まった、「つかみ」としては優秀な楽曲だと思います。

レコード言うところのB面に入ります。6曲目『わぁい わぁい わい』は”イマサ”のギターが大活躍のロックソングですね。複雑な構成なのにスカッと聴かせるナンバーになっています。

7曲目は『涙で綴るパパへの手紙』。”KONTA”作詞作曲の曲ですが、ストレートなロックナンバーですね。弟がこの曲、好きだったなあ。決して悪い曲ではありませんが、彼らにすると普通の出来かなあと。

続く、『-夜の街-』は”Barbee Boys”らしい”夜”のイメージ漂うセクシーな楽曲。”氣志團”とか”ゴールデンボンバー”とかが「夜の店」イメージで楽曲を出してたりしますが、それとは違う「夜」な曲です。良い曲ですね。

『Noisy』は”杏子”のソロナンバー。実際は”PSY・S”に提供した『サイレントソング』の歌詞を変え、アレンジし直したセルフカバーです。変わったメロディなんですけどね、聴かせます。

ミドルテンポというか、シャッフルのような変速ビートの10曲目『くちにチャック』。でもやっぱり変な曲です。

最後は名盤を締めくくるに相応しい、もの悲しいメロディ満載のパワーバラード『ナイーブ』。余韻残しで終わる構成もなかなか良いですね。

今の時代に聴いても、古さを感じることは一切ありません。それどころか、”イマサ”のギター、”KONTA”と”杏子”のツインボーカル、しっかりとしたリズム隊の紡ぎ出す楽曲群は発表から30年近く経った今でも、「異彩」を放ちまくっています。

”イマサ”の音楽的才能が十分に発揮されていないのはJ-Popにおいては、もの凄い損失だと思います。彼がソングライターとしてTOPを取れなかったのが、当時のJ-Popの未成熟さを映し出しているとさえ、思います。

復活して欲しいですし、LIVE映像をもっとリリースして欲しいですね。LIVEもカッコイイんですよね。

LISTEN!BARBEE BOYS4
バービーボーイズ
ソニー・ミュージックダイレクト
2009-05-27


蔵出し・蜂大全 - BARBEE BOYS LIVE STAGE ANTHOLOGY - 上巻 [DVD]
BARBEE BOYS
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(D)
2009-11-25



蔵出し・蜂大全 - BARBEE BOYS LIVE STAGE ANTHOLOGY - 下巻 [DVD]
BARBEE BOYS
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(D)
2009-11-25