今回の名曲レビューはアイドルとメタルの融合プロジェクト”BABYMETAL”の2nd Single『ヘドバンギャー!!』を紹介します。

678

まずは”BABYMETAL”について、語る必要があると思いますが、正直、アイドルグループの”さくら学院”に興味もありませんでしたし、アイドルとメタルの融合というだけで、メタルファンとして、反発せざるを得ない立ち位置でもありましたので、きちんと聴いたのは、遅かったと思います。

でも気になる存在だったのは間違いないです。チャートインした『イジメ、ダメ、ゼッタイ』とかはピンと来なかったんですが、メタル雑誌(そう呼んでよいのかは疑問もありますが・・・)『ヘドバン』を買っていて、やたらめったら”BABYMETAL”を取り上げているのがチェックするきっかけだったのかな。

とりあえずということで、Albumを入手して聴いたのですが、なかなか面白いなあと思いました。例えるなら、一昔前の”アニメタル”シリーズとか、”Sex Machine Guns”のような感じですかね。ニヤリとさせられるリフやフレーズ、アレンジとか典型的ではあるんですが、バカにしているというよりは「メタル愛」が伝わり、微笑ましく感じたんですね。『メギツネ』なんかは完全に”X-Japan”をオマージュしてますしね。少し好感を持ちました。そして、本作『ヘドバンギャー!!』を聴いたときには完全にファンになってしまいました。

「い~ちごの夜を・・・」とか歌詞は微妙ですけど、バックの演奏がやたらカッコイイんですよね。ドラムはデスメタルバンド”Soilwork”の”Dirk Verbeuren”のMIDIデータを使っているようで、ブラスト部分や疾走するパートはなかなかです。

ギターソロも聴かせてくれますし、”Metallica”の『Battery』をオマージュした”アニメタル”の更なるオマージュのようなドラムも聴けますし、”アニメタル”でも演っていた『鋼鉄ジーグのうた』の「バンバンババン」とかもそれっぽいですね。

でも、オマージュ云々よりも曲のメロディが気に入りました。”Su-METAL”のVoも良いですが、Voメロディがなかなか秀逸で痺れます。

Live映像で観るとより良いですね。バックバンドの演奏は正確無比でテクニカルで迫力抜群ですし、彼女達の佇まいや振り付けは完全にアイドルなのですが、”Su-METAL”の凄まじいVoは破壊力抜群です。過去の女性メタルVocalistと比べるのはちょっと違う気がしますが、ここまで歌えるのは凄いですね。バックの演奏が食われてます。会場の盛り上がりもなかなかで、Live行きたいなあと思いました。

お気に入りは『メギツネ』とか『いいね』とか、”DragonForce”と共演した『Road of Resistance』とかですかね。面白いコンセプトですし、海外でもウケているのは凄いです。”Lady GAGA”の前座に選ばれるだけでも凄いことですからね。ますます活躍して欲しいですね。

願わくば、もう少しメロディを工夫してくれると最高ですね。

P.S.本作の作曲を手掛けている”NARAMETAL”はメタル系の人かなと思ったら、元々はハードコア系なんですね。ももクロの『ピンキー・ジョーンズ』や『Zの誓い』なんかも作ってるんですね。

BABYMETAL(通常盤)
BABYMETAL
トイズファクトリー
2014-02-26