今回の名曲レビューは”Perfume”の2006年発表の3rd Single『エレクトロ・ワールド』を紹介します。

71Wu-Vs7dxL__SX355_

”Perfume”は何がきっかけで聴いたんだったかな? あ~思い出した。「BUBKA」に連載されていたライムスター宇多丸のアイドルソング批評だったっけ。その後、単行本も買い直しましたね。

ライムスターは”Crazy Ken Band”つながりで知っていましたが、音楽的には苦手な分野だったので、たまたま買った「BUBKA」でアイドルソングの連載やっていて、そこで絶賛していたのかな。そして『Perfume ~Complete Best』をネットで買ったのかな。

CDで聴いて、ビビリましたね。アイドルもダンスミュージックも興味の対象外の自分としては「???」でしたね。曲は素晴らしいし、リズムを主にアレンジは凄いわで完全にハマってしまいましたね。毎日のように聴いてましたし、過去のSingleを入手し、果てはDVDまで買っちゃいましたね。

61gIOyxaKgL__SL1500_

これ『Fan Service~Bitter』。家族の前でアイドルのDVDを観ることになるとは思いませんでしたけど、家族みんなハマリましたね。(リップシンクは仕方ないとして)ダンスは凄まじいし、ある種の芸術の域に達しているなあと思いましたね。その後はSingle『ポリリズム』でブレイクし、Album『GAME』ではオリコンNo.1を獲得と、その後はヒットチャートの常連となりましたね。

個人的には初期のアイドルっぽい曲も好きなんですよ。『おいしいレシピ』とかね。でも”中田ヤスタカ氏”がアイドル曲のフォーマットから完全に逸脱して、好き放題し出してからの楽曲のほうが魅力ありますね。当時で言えば『リニアモーターガール』なんてアイドルが出す曲じゃないし、衝撃的です。『Game』とか『Love the World』なんかのブンブン唸るBassなんかの音作りは面白いです。何十年と音楽を聴いていると、頭で考え、音楽を聴くクセがついているんですが、文句なしにその音に、音圧に圧倒されましたね。いやあ、凄い才能ですよ、

『GAME』は凄いアルバムでしたね。この頃には完全にファンになってましたね。彼女達には歌手とてダンサーとしての魅力も凄くありますが、やっぱり”中田ヤスタカ”の魅力のほうが個人的には大きかったですね。

”中田ヤスタカ”の音源は全て入手したいという感じで”Capsule”やプロデュースした”鈴木亜美”、”Liar Game”のサントラまで集めてましたね。最近でも”Perfume”、”きゃりーぱみゅぱみゅ”なんかの楽曲も相変わらずクオリティがやたら高いですが、個人的にはそこまでハマれなくなってきました。

”音”のクオリティは相変わらず世界基準で素晴らしく高いのですが、メロディかな。すいません。何はなくてもメロディ派の自分にとっては、クオリティだけでは駄目なんですね。

でも間違いなく、『Perfume ~Complete Best』には充実したメロディが楽しめる楽曲が沢山収録されています。その中でも最も好きなのが『エレクトロ・ワールド』ですね。未来の世界を描いた”世界観”に合わせた曲、詞、歌唱、音、全てが完璧な曲じゃないですかね。

本アルバムだと『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル』、『コンピューターシティ』とかも好きかな。シングルB面曲の『Seventh Heaven』も好きだったな。それ以降だと先述の『Love the World』、『マカロニ』、『Dream Fighter』・・・挙げてくとキリがないですね。

”中田ヤスタカ”氏、”Perfume”いずれも世界で闘える”武器”を持っているのでこれからの活躍に期待したいですね。引き続き、世界最高水準の”音”を楽しませてもらいます。たまには痺れるメロディにも期待してますよ!

Perfume 〜Complete Best〜 (DVD付)
Perfume
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2007-02-14


FAN SERVICE~BITTER~ Normal Edition [DVD]
Perfume
Tokuma Japan Communications CO.,LTD(TK)(M)
2008-02-13