『ぐるぐるカーテン』に引き続き、全曲レビューの2回目です。

2nd Single『おいでシャンプー』(2012年)

おいしゃん4枚

『おいでシャンプー』(表題曲)

「★★★★★」。これは”乃木坂46”の代表曲のひとつと言っても良いでしょう。文句なしで最高点ですね。シンガーソングライターでCM楽曲なんかも手掛けられている”小田切大”さんの作品ですね。一聴すると普通のアイドルソングっぽいのですが、秀逸なメロディで心地よい彼女達のハーモニーが聴け、しっかりとした音楽作品になっていると思います。「シャンプー」という言葉を上手く音楽で表現しているというか、”秋元康”さんが後から曲に詞を入れたんでしょうけど、さすがですよね。PVにはシングル同日発売のライバル、1位様”指原莉乃”が先生役でチョコッと出演してます。ストーリー性があって、なかなか良いPVです。

『心の薬』(全タイプ収録)

「★★★」。泣きのメロディが良い感じで効いている佳曲。アニメ関係の作曲を手掛けられている”MIKOTO”さんのペンによる曲ですね。普通に良い曲なんですが、彼女達の楽曲の中では普通の出来かな。

『偶然を言い訳にして』(Type-A収録)

「★★★★」。”白石麻衣”、”高山一実”、”橋本奈々未”、”松村沙友理”のユニット曲ですね。ポップでキラキラしているのですが、なかなか良いメロディがあって、ファンからも人気がありますね。彼女達のVoの表情の違いもフックになってますね。なかなかの力作ですね。作曲は”坂部大介”さんですが、詳細は分かりません。PVもお洒落な仕上がりでなかなか良いですよ。

『水玉模様』(Type-B収録)

「★★★★★」。”生駒里奈”のソロ曲ですね。これは凄い良い曲です。AKB48グループ関連の作品が多い”若田部誠”さんの作品ですね。僕はこの曲をきっかけにして”乃木坂46”の楽曲の凄さにハマって行ったので、思い入れが強いのかもしれませんが・・・。バラードの名曲だと思います。残念ながら、歌詞が小っ恥ずかしいのと、生駒さんの表現力が・・・。こういう曲こそ、上手い歌手にカバーして聴き直したいですね。埋もれてしまうのが勿体ない曲ですね。PVの出来も良いです。PVでの”生駒里奈”の存在感、透明感は凄いですよ。

『狼に口笛を』(Type-C収録)

「★★★」。最新作『今、話したい誰かがいる』で表題曲を作曲し、ノリに乗っている感がある”Akira Sunset”さんの初の収録作ですね。初のアンダー楽曲ですが、軽快なロックっぽい曲でなかなか良いメロディが楽しめます。明るくなりきれない、彼女達の持つ”月”の魅力がうまく表現されているように思います。こういうレベルの曲がアンダーメンバー用に制作されるというのが凄いことだと思います。

『ハウス!』(通常盤収録)

「★★★★」。彼女達の楽曲の中では典型的なアイドルソングと言える楽曲だと思います。Liveではアンコールで披露されることも多い、盛り上がり必至の曲ですね。でもメロディ構成はかなりしっかりしていて、単なるアイドルソングとは一線を画しているように思います。”y@suo ohtani”さんの作品ですね。以前にレビューした”Every Little Thing”の『Unspeakable』の編曲もされています。ファンの人気投票でも上位に入りそうなんですけどね。残念ながら、「透明な色」のカップリング人気投票では20位でした。

捨て曲なんて一曲もありません。全て平均点以上のクオリティです。1stに比べるとソロ、ユニット曲もあり、楽曲のバラエティも広がってますね。まあ、表題曲『おいでシャンプー』と『水玉模様』は聴いておくべき名曲だと思います。

個人PVはさすがに観ていて恥ずかしいものが多かったですね。家族の前ではじっくり観れない・・・。

おいでシャンプー(Type-A)(DVD付) (乃木坂46)
乃木坂46
ソニー・ミュージックレコーズ
2012-05-02


おいでシャンプー(Type-B)(DVD付) (乃木坂46)
乃木坂46
ソニー・ミュージックレコーズ
2012-05-02


おいでシャンプー(Type-C)(DVD付)
乃木坂46
ソニー・ミュージックレコーズ
2012-05-02


おいでシャンプー
乃木坂46
ソニー・ミュージックレコーズ
2012-05-02