mm151012-0035520899-1024x576

先日の「欅って書けない?」の放送で重大発表がありました。

一つは母親の反対により最終審査を辞退せざるを得なくなった”長濱ねる”さんの新加入でした。

長濱ねるの高校とプロフィールは?01

”長濱ねる”さんはセンター候補になり得るレベルの可愛い娘で、加入は大歓迎って感じなのですが、驚いたのは最終審査をクリアしていないので、「けやき坂46」で活動をスタートさせるという話です。(”乃木坂46”の4th Singleの選抜発表時の”秋元真夏”さんの時も可愛いなあと思ったけど、”ねる”ちゃんはそれ以上かも・・・)

「欅坂46」のネーム、ロゴなどの商標登録の際に、ひらがな表記の「けやき坂46」の商標登録もあって、難しい漢字表記ではなく、ひらがなでデビューするのかなあ・・・なんて観測も出てましたけど、実質的に姉妹グループの”乃木坂46”のアンダーのような位置づけになるというのですから、驚きです。(このあたりは運営の正式なコメントを待ちたいところでもありますが・・・)

そもそも「鳥居坂46」の商標登録をも済ませていた運営なので、それを”乃木坂46”のアンダーで活用するのではないか・・・とこのサイトでも予測をしていましたが、これは想定外だったなあ。

いろいろと考えたのですが、ここまで全てが運営のシナリオなんでしょうかね? 

”乃木坂46”の例を見れば、アンダーの商品価値は想定以上に高く、アンダーメンバーが雑誌の表紙を飾る、単独でイベントもできる、更には武道館ライブまで出来るということが分かったので、当初からアンダーメンバーを売り出す計画があったのは間違いないと思います。(史上最強のアンダーと言われた”乃木坂46”だからこそ出来たとは思いますが・・・どうですかね?)

ですので、事前に「けやき坂46」という”ひらがな”表記のグループ名も商標登録しておいたのでしょう。

”長濱ねる”さんの件はどうでしょうか? これは流石に運営のシナリオではないと思います。最初から両親に協力してもらい、後から加入??? あり得ませんね。ただでさえコンプライアンス面での対応に苦労しているのに”やらせ”、”出来レース”なんかを疑われることには敏感でしょう。

炎上マーケティングなんて手法もありますけど、天下の「SONY」ですからね。

”乃木坂46”のライブに家族を招待したのは、アイドル活動への理解を得るためのまっとうな対応なんだと思います。

通常の企業の就職活動においても、親の反対により、内定を辞退されることが多い業界があります。そういった業界では親御さんのための会社説明会や、面談、書面を送付したりなんていう対応は当たり前になってきています。

仮にライブを観てもらっても親の意思が変わることはないかもしれません。でもその気持ちを揺るがすことが出来るのは実際の本物のアイドルを観てもらうのが一番じゃないかというのは妥当な判断だと思います。運営が説明するより、実際に観てもらうほうが感じるところは大きいと思います。ライブを観てもらっても、少なくとも悪いイメージを与えることもないだろうし、ファンになってもらえる、運営の誠実さが伝わる可能性もあります。それでも父親から何とかならないかという相談があった段階で、運営は加入させるための最善のシナリオを書いた、書き加えた可能性も捨てきれませんけどね。

いくらなんでも、母親の反対までシナリオなんてことはないですよ。

運営はタイミングを見計らい、隠し球的に”長濱ねる”さんを使って、話題にしようと考えたのでしょうけどね。辞退者が出て、その火消しというと言葉は良くありませんが、違う話題に切り替えたかったので、その隠し球投入が想定以上に早いタイミングになったということが、もしかすると運営の誤算だったかもしれません。

”AKB48”、”NGT48”の”柏木由紀”のスキャンダル発覚後の”松井玲奈”の卒業発表での火消しパターンに近いモノを感じちゃいましたね。

アンダーのハコ「けやき坂46」は当初のシナリオにあったので、いきなり正式メンバーはダメなので、都合の良いハコに入れておこうか、それはそれで人気が出るかもしれないし・・・想定より早いけど、オーディションもやる方向で動き出すかって感じなんだと推察します。

実際に「けやき坂46」の募集要項などは、まだ発表されていませんので、下手すると昨年の「鳥居坂46オーディション」のように今回の発表から半年後とかになるかもしれません。間違いなく言えるのは、3月リリースのデビューシングルは一人アンダーの”長濱ねる”さんを含む、21名で争う形になります。これは”長濱ねる”さんにとっては間違いなく、追い風のような気がしますし、嫌でも人気が出そうな感じがします。まあ、流石にいきなり選抜抜擢はないかな。(僕が運営だったら、間違いなく選抜に入れるけどなあ)

何名の選抜にするのかも分かりませんが、「欅坂46」、「けやき坂46」のハコを使っていくのが「SONY」のメイン戦略になると思います。”乃木坂46”での経験値を元に、かなり入念にシナリオを描いている感じがします。

番組作り、特にメンバーの個性の引き出し方など、かなり練り込んで企画を組んでいる節があります。

先週の放送以降、ネットでいろんな声、観測が上がっていたので、僕なりの見解を書いてみました。

いずれにせよ、僕自身は楽しみだなあと思ってますけどね。ファンイベントも「お見立て会」のみですからね。自分の推しが選抜から落ちちゃうとか、メンバーの雰囲気が悪くなるとか、悪影響ってそんなもんでしょ。仲良しグループでまとまっちゃうのは一番面白くないですからね、いろんな葛藤があってこそ、グループとしての成長があるんだと思います。少なくとも、ファンにとってはそんなに悪い話ではないんじゃないですかね。(まあ、ネットで悪口を書き込みたいだけの人も一杯いますからね。)

僕は引き続き応援してますよ。

P.S.やっぱり「お見立て会」行きたかったなあ~。最近は”菅井”お嬢様と”ベリサ”が気になってます。なんか良いよね。