今回の名曲レビューは”ジャパハリネット”の2004年発表のメジャー1st Single『哀愁交差点』を紹介します。

R-6087253-1410725115-5067_jpeg

”ジャパハリネット”はVoの”城戸けんじろ”、Bの”鹿島公行”、Gの”中田衛樹”、Drの”りょういち”の4人組パンクロックバンドですね。元々は松山大学のサークルで結成されたようですけど、地元ではインディーズながら、大人気を博し、「四国地方最強のロックバンド」の称号を得て、メジャーデビューを果たすんですよね。

”ORANGE RANGE”がブレイクを果たした時期ではありますが、一方で人気の大物アーティストが地固めしていったこともあって、パンクバンドってそんなに注目されなかったので、”ジャパハリネット”のストレートなパンクロックは新鮮でしたね。

しかもVoの”城戸けんじろ”さんの時代錯誤的なビジュアルも当時はインパクト抜群でしたね。

abc84f1e

彼らが本作でオリコン10位、更に1st Album「現実逃走記」でも同じくオリコン10位、2nd Album「東京ウォール」がオリコン8位と躍進していったのは意外でしたね。絶対売れないでしょって思ってましたもんね。

彼らのシンプルでストレートなロックンロールが受けたのは嬉しかったですね。

それこそ”The Blue Hearts”以上に気恥ずかしくなるようなストレートな歌詞で、少しばかり「めんたいロック」っぽいテイストを加えたパンクロックは魅力的でしたねえ。

ブレイク後も松山を拠点として活動し、徐々にチャートアクションも落ち込んでいき、2007年にはあっさり解散しちゃうんですよね。一時期は中古で「東京ウォール」が投げ売り状態になっていたりと寂しい思いをしましたけど、この『哀愁交差点』ってメチャクチャ良い曲なんですよねえ。





カッコイイよね。

個人的に音楽は洗練されたメロディ、構成美に魅力を感じるのですが、彼らの独特の垢抜けない感じ、泥臭さが結構好きなんですよねえ。

ハマると抜けられない麻薬的な魅力もあると思いますね。

約10年に亘り、ソロや個々の活動が展開されていましたが、2015年に突然の再結成を発表するんですね。

”鹿島公行”さん 公式ブログ
http://profile.ameba.jp/kashimashicom/

再結成の理由は「ジャパハリネットがジャパハリネットを楽しむ」ことのようですが、是非、楽しんでもらって、魅力ある楽曲をリリースして欲しいね。

シンプルでストレートだけど、普遍的・・・たまにはこういう楽曲も良いよね。

天国ベスト~BEST FIRE OF HEAVEN
ジャパハリネット
トイズファクトリー
2007-12-05


現実逃走記
ジャパハリネット
トイズファクトリー
2004-02-18


東京ウォール
ジャパハリネット
トイズファクトリー
2005-04-20