今回の名曲レビューは”Shin Seung Hun”の2003年発表の『I Believe』を紹介します。

419FD0KAY8L

”Shin Seung Hun”(シン・スンフン)は韓国では「国民的歌手」、「バラードの皇帝」との称号を持つ、スーパーシンガーです。

彼は1990年に1st Album「微笑みに映った君」でデビューを果たし、いきなり140万枚のビッグセールスを記録し、一気にブレイクを果たします。



1992年には『見えない愛』が韓国の音楽ヒットチャートで14週連続No.1を記録し、韓国ギネスブックにも認定される快挙を果たします。



1994年には『僕より少し高いところに君がいるだけ』が247万枚のビッグセールスを記録とその勢いはとどまるところを知りません。1998年にはトータルセールスで1,000万枚を超え、アジアで最短でのセールス記録を作ったと・・・なんと「Billboard誌」の表紙を飾ったんですね。これは本当に凄いですね。



当然のように2002年のサッカー日韓ワールドカップ開催記念アルバム「PROJECT 2002 The Monsters」にも参加してます。”TUBE”と共演しているんですよね。その後もライブに参加したりと、親交はあるようですね。

【名曲】 TUBE 『夏だね』
http://burning.doorblog.jp/archives/44781628.html

【特集】 BEST of TUBEst ~All Time Best~
http://burning.doorblog.jp/archives/44811631.html

そして僕が”Shin Seung Hun”を知るきっかけになる、2003年公開の大ヒット映画「猟奇的な彼女」の主題歌『I Believe』をリリースするのです。





これは本当に感動しましたね。映画自体も素晴らしかったですけど、この絶品バラード『I Believe』があったからこそ、後半の本当に好きな人とのすれ違いによる悲しみを最大限に表現しきったのではないでしょうか。

続編の「僕の彼女を紹介します」は少し下記のレビューで触れてますね。

【名曲】 X-Japan 『Blue Blood』
http://burning.doorblog.jp/archives/45123391.html

まあ、典型的な”AOR”系バラードなんですけど、やっぱりアジア圏ならではの演歌っぽい(褒め言葉なんですけどね)哀愁タップリのメロディセンスが堪りませんね。

こういうメロディは欧米では暗くて受けないと思うんですけど、僕は大好きだなあ。

その後、彼は日本でもレコード契約を獲得し、『I Believe』は29万枚のヒットを記録、日本編集盤のアルバムもリリースし、ツアーも成功させます。

今年4月に久々の来日で”Billboard Live Tokyo”で二日間のプレミアムライブを開催されるみたいですね。生であの歌声を聴けるのは凄いことですよね。

末永く頑張って欲しいですね。

とにもかくにも『I Believe』は永久不滅の名バラードなので音楽ファンは必ずチェックして欲しいですね。



Special Edition
シン・スンフン
エイベックス・エンタテインメント
2008-03-26


20th ANNIVERSARY JAPANESE BEST
シン・スンフン
avex trax
2011-06-01


I Believe
シン・スンフン
EMIミュージック・ジャパン
2005-07-06


THE Shin Seung Hun SHOW-Christmas Miracle in Japan [DVD]
シン・スンフン
エイベックス・エンタテインメント
2008-03-26