babymetal_cdimage

やったね! 凄いね。アメリカ市場での「HM/HR」自体の不振もあって、そんなにチャートアクションには期待してなかったんですけどね。やりましたね。いやー本当に凄いよ。

随分前に”ONE OK ROCK”の記事を書いた際にBillboard Chartでの日本人アーティストの成績や全米制覇への夢を書いたんですけど、アルバムでのチャートインは凄いですよ。

【名曲】 ONE OK ROCK 『Deeper Deeper』
http://burning.doorblog.jp/archives/44278543.html

Yahoo!ニュース等でも”坂本九”のアルバム以来の快挙って書いてますけど、「Sukiyaki and Other Japanese Hits」は14位を記録していますが、シングル『Sukiyaki(上を向いて歩こう)』が「Hot 100」で1位を獲得しての成績ですからね。”BABYMETAL”はシングルリリースもしてませんからね。(イギリスで『ギミチョコ!!』を配信限定シングルでリリースしてたくらい?)単純に比較は難しいですよね。

「HM/HR」でアメリカ、ヨーロッパでも知名度の高い”LOUDNESS”でもアルバムでは2枚チャートインさせていますが、最高は「Lightning Strikes」の64位ですからね。

特に2000年代以降は厳しくて、”UTADA(宇多田ヒカル)”の『This Is The One』が69位くらいですからね。

いやー本当に凄いね。前作「BABYMETAL」も良かったけど、今回のアルバムも同じ路線ですけど、前半5曲の流れが凄くて、感動しました。発売日に買って以来、愛聴してますけど、既に”BABYMETAL”はレビュー済なので、特集記事としてレビューしたいと思いますね。

【名曲】 BABYMETAL 『ヘドバンギャー!!』
http://burning.doorblog.jp/archives/44772286.html

01.『Road of Resistance』 ★★★★★

”Dragonforce”の”Sam Totman”と”Herman Li”が参加したことでも知られるスピードメタル曲ですね。正直、”BABYMETAL”はアイドルとHMの融合がテーマのバンドであり、『ヘドバンギャー!!』はその最高峰の楽曲だと思い、レビューしたんですけどね。

パロディ要素はあるものの、『メギツネ』のような「HM/HR」のフィールドで語られるべき曲は”BABYMETAL”にとっては本流ではないと思ってましたが、『Road of Resistance』のカッコ良さには参りましたね。

スピード感なども”Dragonforce”っぽいよね。でもメロディもキャッチーで”SU-METAL”の歌唱は”Michael Kiske”のような余裕すら感じますね。本当にこの歌唱力は凄いね。

ここ数年で聴いた海外を含む、スピードメタル、メロディックパワーメタルの数多の楽曲の中でもトップクラスの大名曲ですね。文句なしです。

【名曲】 Dragonforce 『Through The Fire And Flames』
http://burning.doorblog.jp/archives/45530311.html

02.『KARATE』 ★★★★

露骨に海外戦略を意識した曲ですね。あんまり印象が良くなかったのですが、「イヤイヤ」・・・メチャクチャ良い曲ですよ。かなり重めのリフとリズムなんですけど、サビはキャッチーで曲の展開も良い感じで構成されていて、本当に素晴らしいですよ。どうせならシングルカットして、「Billboard Hot 100」でもチャートインして欲しいね。海外のファンがこの振り付けしながら「そいやー」とか言ってたら、感動するだろうなあ。「★★★★★」評価でも良かったかも・・・。

03.『あわだまフィーバー』 ★★★★

僕のイメージする”BABYMETAL”らしい曲ですね。『ギミチョコ!!』を思い出しますね。クレジットを見たら、案の定、『ギミチョコ!!』の作曲者で”The Mad Capsule Markets”の”上田剛士”さんの作曲でしたね。ポップさとのバランスが素晴らしいですね。僕がメタル耳なのかもしれませんが、この音像で、これだけキャッチーに仕上げているのは本当に凄いですよね。これも「★★★★★」評価でも良かったかも・・・。

【名曲】 The Mad Capsule Markets 『Scary -Delete Streamin' Freq. From Fear Side-』
http://burning.doorblog.jp/archives/46284825.html

04.『ヤバッ!』 ★★★★

これも”BABYMETAL”らしい曲ですね。「パリラ~パリラ~」・・・解説するのもバカらしくなるくらい、ノリの良いキャッチーさが爆発してますね。これだけ最初から畳み掛けられるアルバムってそんなにないよ! 本当に凄いね。

05.『Amore - 蒼星 -』 ★★★★★

”SU-METAL”のソロ曲ですね。バラードっぽい始まりでその後、その哀愁漂うメロディが疾走していき、スピードメタルに展開していきますが、この曲は個人的には『Road of Resistance』より好みかも・・・。とにかくメロディが最高です。ギターもメロディアスなフレーズが炸裂しまくってますね。(どこかで聴いたことのあるフレーズなんですけど、思い出せない・・・)

まあ、文句なしで「★★★★★」で良いでしょう。しかし、”SU-METAL”の歌唱はエグイね。過去の歴代女性HM/HRボーカリストの中でもトップクラスに扇情的ですね。

06.『META!メタ太郎』 ★★

完全に「ウルトラマン」のテーマを意識したスタートで軍歌っぽいフレーズで混沌とした曲ですね。バックの「Metal」のコーラスが笑いを誘います。まあ、01~05の流れが強烈だったので、少し休憩って感じもしましたけどね。僕にはそんなにピンと来なかったな。ネタというか、お遊びっぽい曲だし、マジメに解説するのがバカらしいね。

07.『シンコペーション』 ★

やや大仰でスケールの大きい壮大なメロディが浮遊する感じですね。最初はデジタルポップっぽい無機質な歌い方ですが、徐々に感情が乗ってきますが、あまり盛り上がらずに終わっちゃいましたね。ちょっとツマンナイかな。別に収録しなくても良かったんじゃない?

08.『GJ!』 ★

”YUIMETAL”と”MOAMETAL”のラップっぽいメタルナンバー。まさにアイドルって感じの声が可愛いですけどね。うーん、サビで少し盛り返しますけど、個人的には眠いです。3分弱と短いのが救いです。

09.『Sis. Anger』 ★★

”Metallica”から文句も出そうな大胆なタイトルですね。こちらも『GJ!』同様に”YUIMETAL”と”MOAMETAL”のユニット曲ですね。僕は「St.Anger」から”Metallica”に興味を失いつつあったんですけどね・・・。バックの演奏がカッコイイので、「★★」にしましたけどね。

まあ、ラーズやジェイムズはゲラゲラ笑ってそうだけどね。どうせなら、”Metallica”の前座とかでライブすりゃあ良いのにね。

10.『NO RAIN, NO RAINBOW』 ★★★★

”SU-METAL”のソロです。出だしはややフォークの要素が入った「J-Pop」っぽいバラードかなと思ってましたけど、サビあたりから「HM/HR」のパワーバラードっぽい展開になりましたけど、意識しているのは初期の”Judas Priest”あたりのバラードナンバーかな? もの悲しさをうまく表現しているのは良いよね。ツインギターソロが超絶カッコイイね。01~05までのテンションが少し復活しましたね。こういう曲では、もう少し表現力が欲しい感じもしましたけどね。

11.『Tales of The Destinies』 ★★★

かなりプログレッシブな曲です。複雑な展開で予定調和感が全く無いメロディ、リズムとかなりヘンな曲なんですけど、サビに入ると一気に普通のスピードメタルになります。なかなかカッコイイですけど、アレンジ含め、かなり混沌とした印象ですね。慣れてくると、そこがフックになってくるのかもしれませんが、今の段階ではヘンテコって印象のほうが強くて、ちょっとやり過ぎじゃないってイメージです。でも面白い曲ですし、そんなに嫌いじゃないです。

しかし、ライブでこんな曲、演奏できるのかな?

12.『THE ONE』 ★★

スペーシーな雰囲気のあるミディアムテンポの楽曲。ラストに相応しい感じの曲ですけど、メロディがツマンナイですね。うーん、個人的にはテンションが下がっちゃったな。

個人的には前半5曲で終了してくれたら、最高でしたけどね。06以降はどんどんテンションが落ちちゃったな。

先輩の”Dragonforce”じゃないけど、考えすぎずに”BABYMETAL”独自の「HM/HR」を貫いて欲しいですね。まあ、「HM/HR」の枠に収まっていて欲しいという僕の勝手な想いを飛び越しちゃっているのかもしれませんけどね。

ファンはどうなんでしょうかね。高評価が多いようで、僕の意見は少数派っぽいね。個人的には「まだこんなもんじゃないでしょ」って思うので、まだまだ伸び続けて、想像も出来ないステージまで駆け上がって欲しいね。

しかし日本の音楽界、「HM/HR」界においても久しぶりに良いニュースだね。

P.S.”欅坂46”の『サイレントマジョリティー』のヒットもそうだけど、2016年はニュースターが「J-Pop」の歴史を揺るがしてくれそうだね。後は”清竜人”の本格ブレイクと”星野源”の次作にも期待したいね。日本の音楽シーンが面白くなってきたし、時代が変わりそうだね。



METAL RESISTANCE(初回生産限定盤)(DVD付)
BABYMETAL
トイズファクトリー
2016-04-01






Album「METAL RESISTANCE」- THE ONE LIMITED EDITION -
BABYMETAL
株式会社トイズファクトリー
2016