今回の名曲レビューは”JUJU”の2009年発表の9th Single『やさしさで溢れるように』を紹介します。

JUJU 『やさしさで溢れるように』

”Flower”のカバーシングル『やさしさで溢れるように』がなかなか好調なチャートアクションをしていますね。



話題になっている映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」の主題歌ということもあるんでしょうけど、曲の良さが再評価されているのは素晴らしいことですね。

”三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE”の”岩田剛典”さんと”高畑充希”さんという旬な組み合わせもあって、人気みたいですけどね・・・。

いわゆるLDH系のアーティストって、カバーシングルを結構リリースしているんですけどね。(下記はアルバム収録、カップリングも含む)

”EXILE”:『Choo Choo TRAIN』(ZOO)、『銀河鉄道999』(ゴダイゴ)、『真夏の果実』(サザンオールスターズ)、『WON’T BE LONG』(バブルガム・ブラザーズ)、『Last Cristmas』(Wham!)・・・。

”e-girls”:『THE NEVER ENDING STORY』(リマール)、『おどるポンポコリン』(B.B.クイーンズ)、『RYDEEN』(The Yellow Magic Orchestra)・・・。

”Flower”は”松任谷由実”さんの名曲『恋人はサンタクロース』のカバーもシングルでリリースしてますけどね。

うーん、何故にこんなにヒット曲のカバーをするんでしょうか? オリジナルも十分に素晴らしい楽曲があるのにねえ。”Flower”だったら『白雪姫』なんて素晴らしいけどねえ。僕は結構”Flower”は好きだし、メインボーカルの”鷲尾伶菜”さんは、上手いし、安定感もあるし、メンバーのダンスパフォーマンスも素晴らしいけど、ヘンにカバーで売れちゃうと、”Flower”としては長い目で見たら、損な気がするけどね。



【名曲】 EXILE 『We Will~あの場所で~』
http://burning.doorblog.jp/archives/44234062.html

【名曲】 e-girls 『Mr.Snowman』
http://burning.doorblog.jp/archives/44987608.html

まあ若い音楽ファンにとってはオリジナルをそもそも知らなくて、新曲として素晴らしい曲と巡り会えるというメリットもあるんでしょうけどねえ。でも7年前の曲だし、彼女の代表曲で音楽特番でも間違いなくセットリストに入っている曲だからねえ。

今回は是非、オリジナルの良さを皆さんに知ってもらいたいなということで、ずっと前からレビュー候補だった”JUJU”の『やさしさで溢れるように』を取り上げることにしました。

ちなみに僕が”JUJU”を知ったのは3rd Single『奇跡を望むなら...』ですね。



感動的なMVが話題にもなりましたねえ。2007年の「USEN」年間チャートで1位を獲得しているんですけど、オリコン最高位は85位だったりするんですよね。”JUJU”はデビュー直後は全然売れてなかったですけど、それにしてもねえ。まあ、配信のほうが売れるアーティストだからねえ。

ブレイクを果たした”JUJU”が”亀田誠治”さんをプロデューサーに迎え、現在も「Sony」の専属作家である”小倉しんこう”さんと共作し、トップアーティストとしての地位を確立した大名曲が『やさしさで溢れるように』ですね。





いやー本当に素晴らしいです。「J-Pop」の歴史上でも白眉の出来のバラードだと思いますね。”JUJU”の悲哀に満ちた声、歌唱が胸に沁みます。

ちなみにブレイクを果たした後とはいえ、『やさしさで溢れるように』はオリコン最高位11位止まりなんですよね。本当にこのチャート成績は意外としか言いようがないですね。配信でのセールスは凄いけど、それにしてもね。

本当に素晴らしい曲で、”JUJU”と言えばこの曲と言っていいと思いますが、レビュー候補だった他の曲は『桜雨』、『ただいま』ですね。





”JUJU”は洋楽のスタンダードナンバーを中心にカバーもいろいろとしてますけど、彼女のカバーは本当に秀逸なんですよね。完全に”JUJU”の曲になっているのは凄いです。



上記の”My Little Lover"の名曲『Hello, Again ~昔からある場所~』も素晴らしいけど、”GLAY”の『BELOVED』、”山下達郎”さんの『クリスマスイブ』など、アレンジこそ、パターン化しているけど、なかなか聴き応えがあって良いですよ。

カバーってさあ、アーティストのオリジナルに対する愛やリスペクトを感じられないと単なる金儲けっぽくなっちゃうよね。その意味で”JUJU”によるカバーソングは僕は好印象だけどね。(人それぞれにいろんな感じ方はあるだろうけどね)

”JUJU”は最近、『PLAYBACK』とか『What You Want』などのちょっと70~80年代を意識したディスコサウンドの新機軸の曲をリリースしたりしてますけど、普通に身体がノッてくるし、悪くないよね。

新たなチャレンジもしているし、トップアーティストの一人として、益々の活躍を期待したいし、そろそろ、新たな彼女の極上バラードにも期待したいね。

P.S.”JUJU”は意外に男性の音楽ファンが聴いてないような気がするんだよね。素晴らしい曲が多いので、ベストで一度チェックしてみて欲しいですね。





Request
JUJU
SMAR
2010-09-29


Request II
JUJU
SMAR
2014-12-03


TIMELESS
JUJU
SMAR
2016-03-09