”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第二弾です。

ロマいか

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』
http://burning.doorblog.jp/archives/48314491.html

昨日の「4th Year Birthday Live」の初日でも後半で披露され、会場が大盛り上がりとなった『ロマンティックいか焼き』を取り上げたいと思います。

【乃木坂46】 「4th Year Birthday Live」①
http://burning.doorblog.jp/archives/48327142.html

『ロマンティックいか焼き』は典型的なアイドルソングと呼べる曲だとは思うのですが、非常に優れたメロディ展開が素晴らし過ぎます。では過去のレビューも踏まえ、見ていきましょう。

【乃木坂46】 全曲レビュー
http://burning.doorblog.jp/archives/cat_1274139.html

【乃木坂46】 全曲レビュー⑤~『君の名は希望』
http://burning.doorblog.jp/archives/45346467.html

僕はアイドルソングのいかにもって感じの曲はそんなに好きじゃないんですよね。具体的に言うと”おニャン子クラブ”の『セーラー服を脱がさないで』とか、”松田聖子”さんの『夏の扉』とかね。ノリも良いし、キャッチーだし、ライブなんかでも盛り上がるし、良いんだけど、僕の好みではないですね。





キャッチーでストレートで盛り上がるけど、ストレート過ぎてメロディ展開に面白味に欠き、何回も聴くとすぐに飽きちゃう感じがあるんで食指が伸びないです。

でも曲によって評価は変わりますね。

例えば”モーニング娘。”の『LOVEマシーン』は典型的なアイドルソングの代表格でしょうけど、かなりリズムアレンジが凝っていて、個性的なダンスもメンバーの歌割りも非常に秀逸で素晴らしい曲だと思います。でもメロディ派の僕が選ぶなら、爽やかで芳醇なメロディが効いている『真夏の光線』のような曲を選んじゃいますね。

【名曲】 モーニング娘。 『真夏の光線』
http://burning.doorblog.jp/archives/45286428.html





*********************

<全曲レビューコメント>

『ロマンティックいか焼き』(Type-A収録)

「★★★★★」。

個人的には“乃木坂46”のカップリングの中のベストだと思ってます。メロディも良いし、メンバーそれぞれの個性のある歌唱も良いです。タイトルはちょっとお遊びが過ぎるかなと思ってましたけど、なかなか良い恋愛の描写なんですよね。”AKB48”の『桜の木になろう』やユニット曲でドラゴンボールの主題歌にもなった『心の羽根』を作られている”横健介”さんの作品ですね。いやあ、”横健介”さんの作るメロディは僕にとってはツボを押されまくりです。やっぱり何度聴いても名曲だなあ。なんで「透明な色」のカップリングのベスト10に入らなかったのかが不思議でしょうがない大名曲です。凄いね。

*********************

「ソニー・ミュージックパブリッシング」所属の作曲家”横健介”さんの作られたメロディの素晴らしさに尽きますね。”AKB48”の『桜の木になろう』は名曲ひしめく”48グループ”の楽曲の中でもメロディの扇情力では上位じゃない? 『心の羽根』も淡泊だけど、沁みてくる感じが良いよね。





歌詞も良いんだよね。要は恋をしていると「いか焼き」ですら輝いて見えるっていうちょっと飛んだ形容なんですけど、良くわかるなあ。ベタなんだけど、表現力の勝利って言うんでしょうか。

各パートの歌割りもなかなか良いし、彼女たちの可愛らしい歌声が詞に出てくる女性のイメージとうまく合っているのも良いんだよね。

「ソニー・ミュージックエンタテインメント」傘下の「CPファクトリー」に所属されている”重永亮介”さんのアレンジですけど、上手いですよねえ。ふわふわとした恋の浮揚感とかシンセのリフも素晴らしいね。”乃木坂46”の選抜発表でも一部利用されていたパートだけど、テンション上がるわ~。

そうか『急斜面』のアレンジも”重永亮介”さんなんですよね。僕はもしかすると”重永亮介”さんのアレンジにハマっているのかもしれませんね。

一般の音楽ファンにもしっかりと聴いてもらいたいなあ。僕もそうでしたけど、最初の1~2回は恥ずかしくなる感じもありましたが、3回、4回と聴くごとにハマって来て、これこそスルメソングの典型のような曲だと思いますね。

今日のライブでの披露は期待薄だけど、毎回ライブでやって欲しい曲だよね。振り付けも良いし、盛り上がるんだよねえ。

君の名は希望(DVD付A)
乃木坂46
SMR
2013-03-13