”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第四弾です。

何も出来ずにそばにいる

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』
http://burning.doorblog.jp/archives/48314491.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』
http://burning.doorblog.jp/archives/48328248.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』
http://burning.doorblog.jp/archives/48378115.html

僕は”乃木坂46”というグループそのものも、メンバーも好きですが、やっぱりその至極の楽曲の素晴らしさがあってこそだと思っています。アイドルソングの領域で語るにはあまりに勿体ない、そのクオリティの高い楽曲の魅力を全曲レビューなどで伝えてきているのですが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思い、”乃木坂46”の「名曲アルバム」シリーズの記事を書いております。

今年の神宮での「4th Year Birthday Live」において、最も印象的なシーンの一つであろう『何もできずにそばにいる』を取り上げてみたいと思います。

【乃木坂46】 「4th Year Birthday Live」①
http://burning.doorblog.jp/archives/48327142.html

【乃木坂46】 「4th Year Birthday Live」②
http://burning.doorblog.jp/archives/48333892.html

【乃木坂46】 「4th Year Birthday Live」③
http://burning.doorblog.jp/archives/48343401.html

【乃木坂46】 全曲レビュー⑨~『夏のFree&Easy』
http://burning.doorblog.jp/archives/45386536.html

*********************

<全曲レビューコメント>

『何もできずにそばにいる』(全タイプ収録)

「★★★★★」。

これは大名曲ですね。いやあ、凄い曲ですよ。メロディ良し、歌詞も良いし、非のつけどころがない完璧な楽曲ですね。ウダウダ語るのもアホらしく感じてしまう名曲なので、とにかく聴いて欲しいですね。ミドルテンポでとことんもの悲しいメロディが最高に僕のツボを突きまくります。『扇風機』の作曲も手掛けられた”角野寿和”さんの作品ですね。編曲は”京田誠一”さんですが、曲のイメージに合ったアレンジで好感が持てます。”乃木坂46”の楽曲アレンジでも重宝されてますね。いやーしかし、良いメロディですね。

*********************

やっぱり名曲というのは最初のイントロだけで勝負できちゃうんだよねえ。感動的な美しいピアノの旋律のイントロから既に胸を鷲掴みにされちゃいます。しかも後半の微妙にリズムをズラしているところが抜群のフックになっているように思います。

Aメロ、Bメロ・・・いずれももの悲しいメロディが支配していますが、ドラムの音の入れ方など、相当計算されているんでしょうけど、ドラマティックに展開していきます。そしてBメロの扇情力はなかなかのもので、そこから激情的なサビで一気に感情が爆発する流れは何度聴いても本当に素晴らしいです。

2番に入ると、1番ではピアノ独奏に近いAメロはギターをうまく使いながら、音を重ね、スピード感を出していっているんですけどねえ、憎らしいほど上手いねえ。やっぱり”京田誠一”さんは凄いドラマティックなアレンジをされますよねえ。曲の魅力を存分に引き出しておられていて、凄い仕事だと思いますね。

素晴らしいギターソロも良いですねえ。感情を搔きむしるような感じでシンプルですけど、過不足なく盛り上げてくれていますね。ブリッジではピアノ独奏の中でコーラスを少し入れたかと思ったら、またギターを乗せ、ストリングスを乗せ、最後にまた爆発させる流れを作っていて、緊張感が常にキープされているだけでなく、ラストに向け、更にもう一段盛り上げていく感じなんですよねえ。

これだけ丁寧に畳み掛けられて、最高の高揚感が得られる曲って、ホントに貴重ですよ。しかも聴く度に良さが更に増幅する感じは凄いですよねえ。

歌詞も良いんだよねえ。泣いている友達(彼氏?)に対して、そばにいることしかできない、神様どうすればいいの?と悩み果てるという内省的な歌詞なんですけどね。状況的には何もできてないし、何も変わってないんだろうけど、葛藤しながらも、「悩み」が力になりたいという「強い意思」に変わる心の中の変化を描いているんですけど、結構来るねえ。

ラストの「それでも力になりたい」は強烈だねえ。

「アンダーライブ at 武道館」では”れなち”センターで披露されたのを見て、現場で大感動したけど、やっぱり本作は”西野七瀬”のための歌だよね。歌唱も相当フューチャーされているし、同シングル収録の『無口なライオン』も”西野七瀬”に向けたメッセージソングだけど、9th Singleは”西野七瀬”という素材に対して、”秋元康”さんが興味を持ち、本気で格闘して歌詞を書いた感じがするなあ。

MVもないし、タイアップもないけど、「Rの法則」では本作の歌詞を掘り下げてインタビューしたりもしてたねえ。(最近は「Rの法則」でシングルリリース時の乃木回がないのが寂しい)

誰が何と言おうが問答無用の名曲なのでとにかく聴いて欲しいです。アイドルソングではないけどね。

神宮での土砂降の雨の中での『何もできずにそばにいる』はひたすら美しかったねえ。今回こそは早期の映像化に期待したいですね。

P.S.NHKの「紅白スペシャル」特番でインタビュワーの”桜井”、”若月”が”れなち”に今日はセンターで何歌うの?って聴いて、『何もできずにそばにいる』って回答した時に、「おっ、名曲」って発言もありましたけど、メンバー内でも名曲ってイメージが強いんでしょうね。こういう曲がゴロゴロあるのが凄いねえ。

夏のFree&Easy(DVD付A)
乃木坂46
SMR
2014-07-09


夏のFree&Easy(DVD付B)
乃木坂46
SMR
2014-07-09


夏のFree&Easy(DVD付C)
乃木坂46
SMR
2014-07-09


夏のFree&Easy Type-D(通常盤)
Sony Music Labels Inc.
2014-07-09