”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第五弾です。

私のために

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』
http://burning.doorblog.jp/archives/48314491.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』
http://burning.doorblog.jp/archives/48328248.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』
http://burning.doorblog.jp/archives/48378115.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』
http://burning.doorblog.jp/archives/48423785.html

僕は”乃木坂46”というグループそのものも、メンバーも好きですが、やっぱりその至極の楽曲の素晴らしさがあってこそだと思っています。アイドルソングの領域で語るにはあまりに勿体ない、そのクオリティの高い楽曲の魅力を全曲レビューなどで伝えてきているのですが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思い、”乃木坂46”の「名曲アルバム」シリーズの記事を書いております。

”乃木坂46”には素晴らしいバラードナンバーがいくつもあるのですが、その中でも出色の完成度を誇る、名バラード『私のために 誰かのために』を取り上げてみたいと思います。

【乃木坂46】 全曲レビュー⑦~『バレッタ』
http://burning.doorblog.jp/archives/45367207.html

*********************

<全曲レビューコメント>

『私のために 誰かのために』(Type-A収録)

「★★★★★」。

”衛藤美彩”、”川村真洋”、”桜井玲香”、”白石麻衣”、”高山一実”のユニット曲ですね。ミドルテンポのバラードですが、これは素晴らしいですね。”杉山勝彦”さんの作曲ですね。本当に素晴らしいメロディが満載で、歌唱もCDで聴く限りは良いですね。まあ、歌の上手いメンバーが多いので、安心感はありますよね。「透明な色」のカップリング投票でも上位でしたね。本来の”乃木坂46”らしいバラードって、こういうミドルテンポの楽曲なんだと思いますね。歌詞も最初は曲に比べると類型的でつまんないなと思っていたんですけど、聴き込んでいくとその歌詞の良さに気づかされましたね。流石です。

*********************

二期生の”堀未央奈”がセンターに大抜擢された衝撃作『バレッタ』に本作は収録されているんですけど、『バレッタ』のシングルって、バラードが3曲も収録されていて、不思議な構成になっているんですよね。

今更ながらこのシングルを分析すると、表題曲の『バレッタ』が独特のラテンっぽい音階でリズムトラックも生っぽいスリリングな仕上がりで、最もチャレンジングで実験的な曲だったりします。逆にカップリングにはアイドルポップの王道的な『月の大きさ』、『そんなバカな・・・』、そしてタイプの違うバラードが3曲と未だに謎が多いラインアップですね。

でも僕は、この3曲のバラードはどれも好きです。

『初恋の人を今でも』は当時のアンダーメンバーによるバラードで”星野みなみ”がセンターを務めている、暗めのバラードなんですけど、メロディも良いし、アレンジも過不足なくて、本当に良い曲だと思いますし、最初に聴いた時は一番好きだったな。詞の世界観を含め、少女の彼への想いが綴られていて、グッと来ます。少女の持つ母性というんでしょうか、とにかく一途でまっすぐで「惚れてまるやろ!」って感じで、僕は大好きです。酒を呑みながら聴いていて、涙が思わず出たこともあります。



『やさしさとは』は過去オール福神でフロントポジションを何度も務めている”橋本奈々未”の唯一のセンター曲ですが、「泣き」という意味では最も強烈な扇情力のあるバラードだと思います。全曲レビューでは「★★★」にしてしまったことを後悔しているくらい、今では大好きなバラードです。昨年の「Merry X'mas Show 2015 at 武道館」での「高山一実 presents Xmas Love Story」で生で聴いたのもあって、トップクラスで好きになったバラードです。良いなあ。



悩むけど、曲の出来、クオリティを考慮すると、『私のために 誰かのために』かなあ。

僕は本来、「青空」系(明るいメロディ)のバラードより、暗めの悲壮感漂うような「泣き」のバラードのほうが大好物なんですけどねえ。

これぞ「AOR」って感じの非常に普遍的で誰でも好きになりそうな、クセのないバラードナンバーですけど、完成度が半端ないですよねえ。これだけ隙がないバラードが書けるアーティストって、国内では相当限られるような気がします。

彼女たちの歌唱も素晴らしいよね。アレンジもシンプルで正統的なバラードに仕上がっているんですけど、ちょっとづつ歌唱メンバーの声の成分の違いを楽めるようになっているのが嬉しいね。

でも主役は「天才メロディーメーカー」”杉山勝彦”さんですよねえ。

『制服のマネキン』、『君の名は希望』が取り上げられがちで、どちらも凄い名曲で曲調の振り幅でも評価されているような感じがありますけど、僕が”杉山勝彦”さんを評価しているのはやはり際立つメロディの良さとその曲構成なんですよね。

その魅力を存分に楽しめる『私のために 誰かのために』は一般の音楽ファンに是非、試して欲しい「AOR」曲ですね。

しかし、3曲のバラードいずれもアイドルのバラードとしては破格の出来だよねえ。本当に凄いです。

P.S.このシリーズはいつまで続くんでしょうか・・・それだけ名曲が多いということなんですけどね。

バレッタ【CD+DVD盤】Type-A
乃木坂46
SMR
2013-11-27