”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第十弾です。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』
http://burning.doorblog.jp/archives/48314491.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』
http://burning.doorblog.jp/archives/48328248.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』
http://burning.doorblog.jp/archives/48378115.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』
http://burning.doorblog.jp/archives/48423785.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑤ 『私のために 誰かのために』
http://burning.doorblog.jp/archives/48465934.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑥ 『今、話したい誰かがいる』
http://burning.doorblog.jp/archives/48533321.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑦ 『無表情』
http://burning.doorblog.jp/archives/48646496.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑧ 『水玉模様』
http://burning.doorblog.jp/archives/48750838.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑨ 『環状六号線』
http://burning.doorblog.jp/archives/48872799.html

僕は”乃木坂46”というグループそのものも、メンバーも好きですが、やっぱりその至極の楽曲の素晴らしさがあってこそだと思っています。アイドルソングの領域で語るにはあまりに勿体ない、そのクオリティの高い楽曲の魅力を全曲レビューなどで伝えてきているのですが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思い、”乃木坂46”の「名曲アルバム」シリーズの記事を書いております。

今年の”乃木坂46”を振り返ると年始早々に「聖母」”深川麻衣”の電撃的な卒業発表がありましたね。そして、2016年問題に伴う「Birthday Live」の延期、その代替としての「46時間TV」が2回にわたり放送されたのも既に懐かしい記憶です。次世代エース筆頭の”齋藤飛鳥”のセンター抜擢に、2nd Album「それぞれの椅子」リリース。そして台風直撃の最中に強行開催された「4th Years Birthday Live」。そして16th『サヨナラの意味』のセンターにようやく選出された”橋本奈々未”の卒業&芸能界引退。この話題は単なるアイドル界で収まらず、社会問題としてニュースにも取り上げられ、16thは初の出荷ミリオンを記録。そして姉妹グループ同時での「紅白歌合戦」出場決定、異例の武道館での三期生お披露目と・・・振り返ってみると怒涛の一年でしたね。

既に”秋元真夏”が「2017年は坂道シリーズの年にしたい」なんて公言をしていますが、期待はまだまだ膨らみますが、坂の頂点はどこになるんでしょうか? その意味でも2017年は『サヨナラの意味』の歌詞にも示唆されているように主力メンバーの卒業も想定されますが、二期生の本格化と逸材揃いの三期生の台頭・・・2017年も”乃木坂46”はアイドル界を牽引していきそうですね。

そんな状況で僕が大好きな”深川麻衣”、”橋本奈々未”が参加したユニット曲を今年の「名曲アルバム」の締めくくりとして取り上げてみたいと思います。

【乃木坂46】 全曲レビュー
http://burning.doorblog.jp/archives/cat_1274139.html

【乃木坂46】 全曲レビュー⑤~『君の名は希望』
http://burning.doorblog.jp/archives/45346467.html

『でこぴん』(Type-C収録)





*********************

<全曲レビューコメント>

「★★★★★」。

”白石麻衣”、”高山一実”、”橋本奈々未”、”深川麻衣”、”松村沙友理”のユニット曲ですね。これは素晴らしいですよ。メロディも良いし、ややお洒落なアレンジで、可愛さと大人の感じが同居していて、非常に魅力的な仕上がりになってますね。”Remark Spirits”の”中土智博”さんの作曲・編曲ですね。”乃木坂46”では他に『僕が行かなきゃ誰が行くんだ?』、『ボーダー』も手掛けられています。こんなレベルの曲がカップリングなんですから、やっぱり”乃木坂46”の選曲に携わっているスタッフは相当レベルが高いと思います。今野さんの力なのかな?

*********************

シングル『君の名は希望』からは2曲目のセレクトになりますね。

歌詞について触れておくと僕は恋愛系の歌詞って、そんなにピンと来ないことが多いんですけど、これは『ロマンティックいか焼き』と並んで、自分の体験と結構シンクロするんですよね。

恋愛がスタートする前のキラキラした感じっていうのかな。大学時代のグループ恋愛(古いか・・・)の一場面を思い出すような感じが良いんだよねえ。やっぱり”秋元康”さんは凄いですね。(”秋元”さんのちょっと変なタイトルの楽曲って、外さないんだよね)

その時のドキドキ感というのかな。そういうムードとウキウキ感が見事に詰まったメロディラインも素晴らしくて、一発で好きになったんですよね。

”Remark Spirits”の”中土智博”さんの作るメロディは本当に素晴らしいです。”乃木坂46”では『ボーダー』以降、提供曲がないのが残念ですけどねえ。

”橋本奈々未”、”深川麻衣”についてはセンター曲も、ソロ曲もあるし、いずれも秀逸な作品ですが、僕にとってはこの二人の卒業ということで頭に浮かんでくる曲は『でこぴん』ですね。

MVもお洒落で良いんだよね。

「お姉さん系=セクシー」というアイドル界の不文律を覆した「綺麗なお姉さん」というコンセプトは間違いなかったし、この雰囲気、空気感を出せるのも「坂道シリーズ」の魅力だし、グループコンセプトの一つにもなっていると思うんですよね。その意味で初期の手探り状態だった中でのカップリング曲はいろんなチャレンジが見受けられるんですよね。その意味でも『偶然を言い訳にして』でのチャレンジでの手応えを更に強化した『でこぴん』は初期の”乃木坂46”楽曲の中でも重要な一曲だと思います。

僕は大好きです。

P.S.そろそろ選抜予想記事も書かなきゃな・・・。悩む。