250px-欅坂ロゴ

【欅坂46】 1st Single 選抜発表について
http://burning.doorblog.jp/archives/46958601.html

【欅坂46】 ひらがなけやき メンバー決定&2nd Single 選抜予想

【欅坂46】 3rd Single 選抜予想

【欅坂46】 4th Single 選抜予想
 
【欅坂46】 5th Single 選抜予想
http://burning.doorblog.jp/archives/50167414.html

お姉さんグループの”乃木坂46”の選抜予想記事も書いたので、こちらも書かないとね。(忘れてたけど、ブログ友達の方の記事の予想を見て書こうと思いました)

デビューした2016年は3枚のシングルをリリースするも、2017年はアルバム1枚のリリースはあったものの、シングルは2枚のリリースにとどまったのが印象的ですね。

特に2017年は初の全国ツアーに各種イベント、フェスへの参戦もあって、後半は満身創痍って感じもしましたので、仕方ないですね。それでも幕張ファイナルでのあの『不協和音』のパフォーマンスですからねえ。やっぱり凄い仕事をしてきてますよね。

尚、”欅坂46”のシングルリリースはお姉さんグループの2週後くらいが目安になります。この流れは今年変わるのかな。メンバーの体調などを考えると今年も順調にリリースが進むかは不安ですけどね。アルバム、ライブを中心に活動して、無理にシングルを年3枚出さなくても良いけどね。

そんな状況で2018年の予想も極めて難しいのですが、グループコンセプトになってきている「全員選抜」を継続しているので、6thもその流れは基本的に変わらないと思います。

しかしながら、ここにきての”今泉佑唯”の年内休業は嫌なニュースです。”平手”も状態が良い訳でもなさそうですけど、とりあえずは音楽番組で出演してくれているのは救いですね。

”欅坂46”がこの2年という短期間で大きなグループに成長したのは、”乃木坂46”をトップアイドルに仕立てた運営の手腕も大きいですが、センターを務め続け、圧倒的なパフォーマンスで爪痕を残し続けてきた”平手友梨奈”によるものが大きいと思います。

どれだけ”ねる”の写真集が売れようが、彼女が単独でテレビや雑誌の取材を受けようが、グループカラーが変わり過ぎるので、”ねる”が現在の”欅坂46”のセンターになることはないように思います。それは他のメンバーも同じです。

その意味で前にも書きましたが、”乃木坂46”で絶対的センターと呼ばれた”生駒里奈”を6th選抜からセンター交代を繰り返したのとは状況が大きく異なると思います。

ちなみに5th『君の名は希望』の初動セールスは24万枚です。(しかもアイドルブーム全盛期です)”欅坂46”の『風に吹かれても』の初動セールスは64万枚です。なんと40万枚もの差があり、配信セールスでも圧倒的な差があるのを加味しても、その影響力はとんでもないレベルです。

過去の”欅坂46”の選抜予想では6thあたりから選抜をイジってくるという予想を書いていますが、既にカリスマとして、神格化してきている”平手”を本当に変えられるのか・・・この決断を運営が今のタイミングでするのかと言うと僕は「ない」と考えます。

但し、”平手”の体調次第ではあり得るかなとも思ってますが、昨年のリリースをデフォルトの3回から減らしたのも「全員選抜」に対するこだわりの強さがもたらしたモノではないかと考えます。

その意味で今回の6th Singleの予想も原則は「全員選抜」です。

僕の予想のポイントは下記の3点ですね。

①平手の体調・メンタルは大丈夫か?

正直、一番心配なのは”平手”の体調とメンタルの状態ですね。この2年で一気に大人っぽくなりましたが、彼女はまだまだ16歳です。ちなみにシングルで64万枚というのは”乃木坂46”で言えば、13thの『今、話したい誰かがいる』の数字に近い状態です。そこから”乃木坂46”は3作後に出荷ミリオン、4作後に実売ミリオンを記録していく訳ですからね。そのペースで順調に伸ばせば、2018年内にミリオンも射程圏内なんですよね。

「Documentary~悲しみの忘れ方」でも示されたように6thで”生駒”がセンターから解放された時の姿を見たらわかると思いますし、あの”白石”ですら、そのプレッシャーに押しつぶされそうになっている訳ですからね。結果的にセンター交代があったこその今の”乃木坂46”の大きな魅力の一つでもある「層の厚さ」を作っていった訳ですが、衝撃が大きすぎて、今の”平手”を下すことが出来るのか、僕だったら休養など、特別な理由がない限り、無理ですね。

②”今泉”、”ねる”の処遇は?

5thでセンターラインに並んだ3名が今の”欅坂46”の主軸であるのは間違いないと思います。

”今泉”が2度の休業に追い込まれた背景は間違いなくストレスによるものでしょう。「SONY MUSIC」の特待生で秘蔵っ子で、ルックスも良いし、歌唱力もある。性格も負けず嫌いで初期から唯一センターになりたいというような発言をしていたのは彼女です。悔しい想いを散々してきて、更に”平手”の圧倒的な凄みを近くで見せつけられた彼女はどんな想いだったんでしょうか・・・。

「年内休業」という言葉を信じるなら、年明けからの活動は問題ないのかもしれませんが、それでもセンターはなさそうですね。3列目のセンターというポジションも悪くないんだけど、二度目の休養はあまりに重いです。しばらくは体調を考慮しながらの器用になりそうですね。

”ねる”も活躍していますが、そのアイドル路線バリバリのキャラクターは今の”欅坂46”では核になりづらい存在だとも考えます。とはいえ、注目度も高まっていて、それなりの良ポジションにはつけておきたいですが、”平手”から”ねる”とはならない気がしますね。

仮にセンター交代をするなら、この二人は僕はナシですね。あり得るなら、「青空とMARRY」を丸ごとフロントで使うとか、メンバーを組み合わせしてセンターを交代させるほうが可能性ありそうな気がします。

③ひらがなけやきはどうするの?

有望な二期生も加入させたので、ここは単独デビューでしょうね。シングルリリースまでするかは別にして、2018年内に何かしらリリースはありそうな気がしますね。個人的には「漢字VSひらがな」の構図は面白そうに思ったけど、”ねる”の兼任解除がその構図を後退させたような気もしてます。

全員選抜継続、初期の”ねる”の一部起用を除き、サブを入れることもない、最近ではライブはフルサイズのみと完全にアーティストとして確立させていく流れでもありますから、6thでひらがなメンバーが選抜に起用されることはなさそうですね。

<一列目>

という中での予想ですが、全員が5thまでで一列目の経験させてますので、リセットされ、運営の期待度を加味した布陣になると思います。フォーメーションは「7-7-7」で一列目は・・・。

”ねる” ”渡辺” ”鈴本” ”平手” ”小林” ”渡邉” ”今泉”

簡単に言うと『AM1:27』のメンツにWワタナベというモデルとしても活躍している二人で挟み、更に”ねる”と”今泉”をフロントにしました。

<二列目>

二列目はもうちょっと伸びてほしい感じがする”志田”を二列目センターに置き、キャプテン、副キャプテンで挟み、前作に引き続き、”小池”・”原田”コンビを二列目継続で、仲良しでアイドル性の高い”上村”・”尾関”を入れてみました。この辺はかなりテキトーです。

”尾関” ”原田” ”菅井” ”志田” ”守屋” ”小池” ”上村”

<三列目>

三列目は・・・って、こちらもテキトーなんですけどね。

”織田” ”齋藤” ”佐藤” ”土生” ”長沢” ”米谷” ”石森”

三列目でも目立ちそうな高身長の”土生”を真ん中に置きました。”佐藤”、”長沢”あたりはもう少し良ポジにいく可能性もあると思うけどね。

握手会の完売やブログコメント数などの指標なんかも見てますけど、運営の序列的にはこんな感じじゃないかな?(”上村”と”尾関”がちと上過ぎるかもしれないね)

【6th Single 選抜予想】

ねる 渡辺 鈴本 平手 小林 渡邉 今泉

尾関 原田 菅井 志田 守屋 小池 上村

織田 齋藤 佐藤 土生 長沢 米谷 石森

まあ、「全員選抜」で組んでも当たる気はしないけどね。

ちなみに一切の制約条件を無視して、好みだとこんな感じ。

【6th Single 選抜予想(妄想編)】

長沢 美鈴 美穂 志田 鈴本 小池 佐藤

上村 今泉 菅井 ねる 守屋 小林 原田

富田 渡辺 小坂 平手 柿崎 渡邉 加藤

笑い飛ばしてください。

別の意味で”乃木坂46”以上に難解な選抜予想ですが、運営は大きくかじ取りを変えるかどうか、変えてきたら、それこそアイドル史を揺るがしそうな大事件になりそうな匂いも・・・。

P.S.そういや、漢字のライブは決まったの? ひらがな単独デビューはいつ頃かな? 「ひらがなけやきSHOW!」は年明けすぐだったよね。楽しみだね。まずは「紅白」での『不協和音』で伝説を築いてほしいね。飲み過ぎて見過ごさないようにしよう!