生駒里奈卒業コンサート

今、ライブビューイングから帰ってきました。

人生初のライブビューイングでしたが、普段のライブと全く変わらない盛り上がりでしっかりと堪能させてもらってきましたよ。ファンのみんな、ありがとうね!

ではまずセトリから行きましょうか!

影ナレ:純奈・蘭世・絢音

00.VTR~Overture
01.乃木坂の詩
02.おいでシャンプー
03.太陽ノック
04.水玉模様

~MC1~

05.トキトキメキメキ
06.スカウトマン

VTR~ダンストラック(生駒ソロ)

07.Against
08.シンクロニシティ

~MC2~

09.VTR~初日(生駒+三期生)
10.てもでもの涙(生駒+絢音)
11.心のプラカード(生駒+二期生)

~MC3~

VTR

~MC4~(生生星トーク)

12.ここじゃないどこか
13.満月が消えた
14.あらかじめ語られるロマンス(万理華ポジ:秋元)
15.無口なライオン

~MC5~

16.指望遠鏡
17.月の大きさ

~MC6~

VTR

~MC7~

18.ハウス!
19.君の名は希望(生田ピアノ演奏)
20.悲しみの忘れ方(生田ピアノ演奏)

~MC8~

21.制服のマネキン

<ER1>

01.走れ! Bicycle
02.シャキイズム
03.ぐるぐるカーテン

<ER2>

VTR

01.君の名は希望

スタートが『乃木坂の詩』からというのは意外でしたね。最初のシルエットでの登場、更にアカペラからの入りがいきなり涙腺に来ます。いつものエンディングのようにファンに歌わせたりとかはナシでアッサリ終わった感じですが、こんなスタートも粋ですね。

2曲目は『おいでシャンプー』で大盛り上がりですね。間奏では「イコマリナシカ」と「ナカダカナシカ」が入り混じっているような感じのコールも面白いです。サイリュウムはずっと生駒カラーのままのファンが多いし、僕もそうでしたね。

そして3曲目は盛り上がり必至の『太陽ノック』です。いやー、素晴らしいね。新規ファンも多いんだろうけど、やっぱり最近の曲は反応が凄いね。この曲は”生駒”の歴史を振り返るうえでも重要な曲ですよね。

続いてはなんとソロの『水玉模様』です。ここ何回かのライブでの”生駒”の歌唱はかなり成長していると思ってましたが、今回はちょっと厳しかったですね。良い曲なんだけどね。本人も後のMCでダメだったと語ってましたけどね。

そしてMCですね。メンバーのコメントが毎回グッときちゃいますね。

そして新曲コーナーです。これはサプライズじゃない? 『シンクロニシティ』はやると思ってたけどね。『トキトキメキメキ』、『スカウトマン』、”生駒”のソロダンスを挟んでの『Against』となかなかの盛り上がりですが、ライブではさほど伸びしろを感じられなかったな。

個人的には新曲パートでは『シンクロニシティ』が一番良かったように思います。コールも決めやすいし、ファンのコーラスも効果的に入れられますしね。20thの全国握手会のミニライブにも期待だね。(尚、このミニライブが本当に”生駒”の最後のステージになるそうです)

VTRで公式ライバルとしての「リクアワ」でのステージや”AKB48”との兼任などを映したかと思ったら、”まゆゆ”さんのコメントも出て、なんとまさかの『初日』です。いやー、これはサプライズだったね。”AKB48”随一の素晴らしい歌詞を持つ名曲だし、個人的には最高でしたね。会場では兼オタだった人たちがMIXを入れたりしてましたが、全体的には反応が薄めだったような感じです。

引き続いては名曲『てもでもの涙』です。こちらも!AKB48”のチームB兼任時に劇場公演で披露された曲ですが、絢音とのコンビもカッコいいよね。会場は更に盛り上がりを欠いたような感じでしたが、僕は名曲レビューでも取り上げている曲なので、狂喜でしたけどね。

【名曲】 フレンチ・キス 『てもでもの涙』

更に選抜メンバーに選ばれた『心のプラカード』です。こちらは曲自体が個人的には好みではありませんが、それなりに明るい雰囲気で楽しめましたけどね。

いずれにせよ、”AKB48”の曲を取り上げたことには批判はありそうですけどね。僕は兼任時期も含め、”生駒”の歴史の総括となったので良いと思いますけどね。これらの曲を二期生、三期生とやったことに大きな意味があると思います。

”きいちゃん”の登場もあったけど、主役は”生駒”であり、ブレませんね。

さて、MCでは”生生星”の座りトークが繰り広げられ、良い雰囲気で過去を振り返るのですが、座ったままの体勢で『ここじゃないどこかへ』の披露です。やっぱり良い曲ですよね。

そのまま、暗転し、曲はなんとアルバム曲の『満月が消えた』です。僕は苦手な曲なんですけど、ライブでも印象は変わらなかったな。

そして、星座の映像が映り、人気曲『あらロマ』に名曲『無口なライオン』とここは強烈でしたね。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑯ 『あらかじめ語られるロマンス』
http://burning.doorblog.jp/archives/50983643.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑭ 『無口なライオン』

今日のライブの中でもこの名曲連発は、個人的に一番くらい盛り上がってたかもしれませんね。

「のぎどこ」、「乃木中」、更には”バナナマン”さんの涙なくして読めないコメントも流れたり、「NARUTO」の声優さんからのメッセージや作者の方の似顔絵などもVTRで登場し、「NARUTO」繋がりで、懐かしい『指望遠鏡』、『月の大きさ』の披露ですね。ノリの良さもあって、こちらも勿論、盛り上がります。

そしてライブでは最高潮に盛り上がる『ハウス!』です。こんなの盛り上がるに決まっているよね。

更にピアノが映し出され、”生ちゃん”が演奏をはじめ、名曲『君の名は希望』です。ここで来るんだねという感じでしたが、勿論グッときちゃいますよね。

そのまま『悲しみの忘れ方』で大団円かなと思ったら、”生駒”の「私の代名詞的な曲」という話から本編ラストの『制服のマネキン』です。

いやー、凄い盛り上がりですし、フルサイズでの披露も嬉しかったね。

ここまで新曲パート以外は”生駒”が関わっている曲のみです。

ライブ定番の『ガールズルール』、『命は美しい』、『何度目の青空か?』、『裸足でSummer』といった表題曲もないし、『ロマスタ』、『ダンケ』、『せっかち』もナシと徹底してますが、さてアンコールはどうでしょうか?

やや長めのインターバルを置いて、アンコールで披露されたのは『走れ! Bicycle』です。ライブの定番曲ですが、先日の楽曲ランキングでも表題曲で最下位となり、新規ファンが急速に増えたこともあって、コールが決まりづらい感じです。

そのまま『シャキイズム』へ突入しますが、こちらのほうが盛り上がりましたね。CMでも使われていたし、みんなノリノリですね。そして、アンコールの最後はデビュー曲の『ぐるぐるカーテン』で締めと凄い構成ですね。

本当に”生駒”のためのコンサートだし、セトリだね。人気曲もアンダー曲も一切ナシとは潔いね。

さて、そのまま暗転し、ダブアンかと思ってたら、VTRであの”秋元康”さんからのメッセージです。「君の名は希望は生駒のために書いた曲であり、”生駒”はいつまでも希望だ」というコメントは秀逸すぎて感動しちゃいました。そして謎の男声コーラスで『君の名は希望』の大合唱となり、炎の置かれたセットで”生駒”登場です。これはレコ大受賞曲の『インフル』かなと思ったんですけど、フルコーラスでの『君の名は希望』でしたね。

メンバーが一人一人バラの花を渡す演出もなかなか粋ですし、Tシャツの後ろに書かれた連続でのメッセージも感動です。

最後の最後は「お疲れ様でした」で終了というのは”生駒”の意向ですが、これもらしい感じでしたね。流石に横の人と手を繋いで!はキツいけど、彼女らしいよね。

個人的に一番涙腺に来たのは歴代センターによる”生駒”へのリレーコメントでしたね。特に”飛鳥”はヤバかったね。「”生駒”がもっと長くいたい、続けたいと思えるグループに出来なかったのが辛い」というのは彼女の意識の高さの現れでもあるよね。彼女は本当に”乃木坂46”のエースに成長したよね。ボロ泣きの”生田”にも参ったね。

いつものライブとは違う形でMCやVTRが多く、いつものような暴力的に盛り上がるスポンタニアスな流れも作れず、一つのライブとしては疑問も残るけど、”乃木坂46”の最大の功労者である”生駒”へのリスペクト、愛が詰まっていて、感動的なステージでしたね。

セトリもライブの定番曲、盛り上がる曲を一切排除しているのも潔いし、凄い決断だね。それでもここまでの質の高い高いライブにできるのもやっぱり”乃木坂46”の音楽性の高さじゃないかな?

まだ活動は続くし、今日が最後ではないし、ライブビューイングだったけど、熱いファンにも助けられ、十分に楽しめましたね。

”乃木坂46”の凄みを見せつけられた感もあるけど、今日の主役は完全に”生駒”だったし、”生駒里奈”の今後は希望しかないね。彼女の卒業は大きな痛手だし、精神的支柱を失うことで、今後のグループへの不安もあるけど、益々頑張ってほしいし、坂道の頂上はこれからだとこれからも応援していきます!

いつまでも”乃木坂46”の主人公は”生駒里奈”なんだろうけどね。

最高! やっぱり”乃木坂”だな!