”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第二十弾です。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑤ 『私のために 誰かのために』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑥ 『今、話したい誰かがいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑦ 『無表情』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑧ 『水玉模様』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑨ 『環状六号線』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑩ 『でこぴん』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑪ 『やさしさとは』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑫ 『生まれたままで』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑬ 『嫉妬の権利』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑭ 『無口なライオン』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑮ 『あの教室』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑯ 『あらかじめ語られるロマンス』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑰ 『せっかちなかたつむり』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑱ 『サヨナラの意味』
http://burning.doorblog.jp/archives/51704066.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑲ 『太陽ノック』
http://burning.doorblog.jp/archives/52003846.html

僕は”乃木坂46”というグループそのものも、メンバーも好きですが、やっぱりその至極の楽曲の素晴らしさがあってこそだと思っています。アイドルソングの領域で語るにはあまりに勿体ない、そのクオリティの高い楽曲の魅力を全曲レビューなどで伝えてきているのですが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思い、”乃木坂46”の「名曲アルバム」シリーズの記事を書いております。

今回は「6th Year Birthday Live」も始まったので、躍進が凄まじい三期生の曲を取り上げたいと思います。僕はハコ推しですが、不遇な環境もあり、過去のブログでは二期生を推しつつ、記事を書いてきました。

【乃木坂46】 「6th Year Birthday Live」Days1
http://burning.doorblog.jp/archives/52200046.html

センター適性を感じる”寺田”、”絢音”、”琴子”によるトリプルセンターを今でも嘱望してはいますが、”寺田”は選抜固定もままならず、”絢音”は21thでようやく初選抜、”琴子”に至っては未だアンダーセンターどころか、アンダーの三列目に低迷している状態です。

そんな中、先輩たちを一気に抜いてしまった感があるのが、三期生なんですよね~。悔しさもあってか、『三番目の風』は「★★★」評価にしたんですが、今となっては”乃木坂46”のライブで最も盛り上がる曲の一つとなりましたし、昨日の「6th Year Birthday Live」でもその存在感は高まる一方で圧倒されちゃいましたね。記事にも書きましたが、正直、選抜よりも歓声が凄いと感じるくらいでしたね。

 二期生も頑張って欲しいのは気持ち的にはありますが、今の勢い、目立ち方、推され方、いろんなことを勘案しても三期生シフトの波は今後も続くと想定されますし、それこそ、気が早いですが、22thでは”みり愛”の初選抜や”北野”の選抜復帰よりも”理々杏”の初選抜や”久保”の選抜復帰の方が圧倒的にリアリティがありますね。

その意味でも既にトップアイドルとして確立した”乃木坂46”の次のエース争いは過酷です。勿論、2018年上半期CM女王にも輝いた”白石”の卒業は大きなダメージとなるのは間違いないですが、彼女たちが本気で輝きを放てばまだまだ”乃木坂46”の未来は輝かしいものになると思います。

三期生ではフロント継続の”与田”、”山下”、福神継続でセンター経験もある”大園”(暫定センターと呼ばれ、反発を招きそうな”大園”の選抜の立ち位置は”堀”の時と比べても圧倒的に考えられていて、凄いと思います)は勿論、初選抜で二列目センターを獲得した”梅澤”も・・・豪華だね。

それこそ、一期生では”飛鳥”、”みなみ”、”樋口”もいるし、世代交代の選択肢が恐ろしいほどあるのは本当に驚異的です。しかし、層の厚さって本当に大事ですね。

って、話がズレましたが、久々に名曲アルバムの記事を書こう、しかも三期生曲で・・・と思ったんですけど、選曲はかなり悩みましたね。

そして、三期生曲ではありませんが、この曲を取り上げてみることにしました。

【乃木坂46】 全曲レビュー

【乃木坂46】 全曲レビュー㉓~『逃げ水』
http://burning.doorblog.jp/archives/50540866.html

*********************

<全曲レビューコメント>

『逃げ水』(表題曲)

「★★★★★」。



三期生の”大園”、”与田”をWセンターに置いた、新たな”乃木坂46”のシングルということで大いに期待してましたが、8月発売と言うことで、7月の音楽特番などでもかなりの頻度で披露されてましたから、発売すぐではありますが、既に耳に馴染んでいる感じがします。

爽やかでメロディックな楽曲ですけど、ドビュッシーの「月の光」が挿入されているのも最初は違和感あったけど、聴き込んでいくと良いフックになってますし、サビやメインフレーズで被せられているシンセが良い感じに効いていて、疾走感も出ていて、サウンド自体の出来がかなり良いように思います。

夏っぽさもあるし、スルメ曲っぽい良さもあるので、本当は「★★★★」にしようと思ってましたが、★一つおまけして満点にしておきます。三期生センターへの期待も込めてね。

作・編曲は”谷村庸平”さんですね。『混ざり合うもの』以来かな? 『混ざり合うもの』は”外山大輔”さんとの共作でしたね。作曲は勿論ですけど、編曲の仕事が特に良かったように思います。ご本人にとっても、ミリオングループの表題曲採用というのは感慨深いんじゃないですかね?

【名曲】 乃木坂AKB 『混ざり合うもの』

MVは意味不明の世界観ですが、”山岸聖太”監督らしい作品で、僕は結構好きです。センターの二人は勿論だけど、個人的には”飛鳥”のヤバイ演技(というよりダンス?)が強烈に印象に残ってます。

今年の夏を代表する「J-Pop」の1曲になりそうだけど、どうかな? 連続ミリオンいってほしいね。

*********************

三期生曲で実は考えてましたが、それこそ三期生のアンセムと言える『三番目の風』でも良かったし、



最新曲でアイドルポップの最高峰と言える『トキトキメキメキ』でも良かったんですけどね。



それ以外も昨日のライブでカッコよかった『僕の衝動』、優秀なポップソング『思い出ファースト』、ザ・乃木坂テイストの佳曲『未来の答え』あたりも良いんですけど、僕がチョイスしたのは”乃木坂46”の中核に三期生を大抜擢した名曲『逃げ水』です。

今ではライブでは見事にサイリュウムが青に染まり、盛り上がる1曲になってますし、僕は来週発売になる東京ドームでの集大成ライブでのベストパフォーマンスの一つが『逃げ水』だと確信してます。

とにかくメロディが良いし、その曲展開も良く練られているし、かなり派手目のアレンジが逆に夏っぽいし、ドビュッシーの「月の光」の導入も本当にセンスがあると思います。

Wセンターの”大園”、”与田”を起用してもまだまだ他にカードが切れる状態で三期生シフトをうまく進めた運営は本当に優秀だし、19thでは「あさひなぐ」の絡みもあって、一気に選抜に落としたのも結果的には三期生シフトを上手く進める上では良かったんじゃないでしょうか?

既に”与田”、”山下”は連続でフロントに入れ、いつでもセンターを伺えるところまで来ています。”梅澤”、”大園”、”岩本”、”久保”は福神ポジションを経験させていますし、まだ選抜入りはしていませんが、”理々杏”を筆頭に他の三期生もいつ選抜入りしてもおかしくないです。(序列的には”理々杏”の後は、20th三期生曲でフロントを務めた”中村”、”阪口”、その後に”吉田”、”佐藤”、”向井”って感じでしょうかね?)

いずれにせよ、僕は過去の記事でも三期生は漏れなく選抜入りさせて欲しいと書いてますが、それは二期生にも同様の思いがあります。一期生は思い出選抜のシステムで一通り選抜経験をさせましたが、二期生にも頑張って欲しいし、三期生にもこのままスクスク伸びて欲しいです。既に総勢40名のメンバーで半数以上の21名選抜という中でもまだまだ選択肢があるのは本当に素晴らしいし、ここに四期生が来ると思うと”乃木坂46”の未来は明るいでしょうね。

アイドルの世代交代は”モーニング娘。”、”AKB48”の例を取り上げるまでもなく、過酷な道です。でも今の”乃木坂46”ならば、それをやり遂げてくれそうな気がします。

”白石”、”西野”のツートップに迫れそうなのは”飛鳥”なんでしょうけど、「ミュージカル界の新星」”生田”もいるし、真正アイドル”みなみ”もいるし、二期生筆頭の”堀”も黙ってないだろうしね。

”生駒里奈”さん、”橋本奈々未”さん、”深川麻衣”さんといった人気メンバーが卒業しつつも、トップをキープどころか、まだまだ上り坂の”乃木坂46”が本格的に三期生シフトをスタートした『逃げ水』が今後も人気曲として、クオリティの高い夏曲として、今後も歌い継がれることを僕は期待してます。

『逃げ水』は本当に良い曲なんだけど、ファンの評価が割と低めに感じるのが残念。

P.S.Type-Aのジャケ写は本当に良いよね。バスラが終わったら、今度は東京ドームライブで楽しめるのか~「真夏の全国ツアー」も行きたかったけど、流石にお金が・・・ね。

逃げ水(Type A)(DVD付)
乃木坂46
SMR
2017-08-09