今回の名曲レビューは”One Direction”の2012年発表の2nd Album「Take Me Home」収録でシングルカットもされた『Live While We're Young』を紹介します。

『Live While We're Young』

クリスマスムードが漂ってますね。

今日は念願の「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行きますのでワクワクしてます。



既に話題になってますけど、滅多に映画に行かない僕もBlu-rayじゃなく、実際に映画館に足を運びたいと思ったので、めちゃくちゃ楽しみです。

せっかくなので、美味しいものを食べて、感動してきます!

って、久々の「その他の名曲」カテゴリーでレビューを書きますね。いわゆる洋楽で「HM/HR」に当てはまらないというカテゴリーなんですけどね。

これまで630曲のレビューを書いたんですが、「J-Pop」443曲に対して、「HM/HR」が108曲、「その他」が78曲と少ないんですよね。アルバムレビューは「HM/HR」47枚に対して、「J-Pop」が16枚、「その他」が4枚となってますので、圧倒的に「その他」が少ない状況です。(「HM/HR」の名曲はもっともっと挙げられると思いますが、こちらはアルバム中心に取り上げるようにしてますね)

僕も「MTV」時代はかなり聴いてたけど、最近は耳にする機会も少なくてね。音楽誌のレビュー記事なんかを見て、チェックする量も減ったし、「HM/HR」や「J-Pop」と比べるとどうしても取り上げる機会が少なくなっちゃいますね。

そんな中でちと古めではありますが、”One Direction”は一時期、世界的な人気を誇ったイギリス、アイルランド出身のメンバーからなるアイドルグループですね。

そういや「Mステ」も出てたね。

『Story Of My Life』も割と好きだったけど、個人的には『Live While We're Young』の圧勝かな?



まあ、有名な曲だし、割と新しいし、みんな知ってますよね。



ひたすら明るくて楽しいポップソングでさ、いつでもノリノリになれるんだよね。それこそ、元気になれる曲と言ったら、真っ先に思い出すんじゃないかな?

クリスマスは荘厳なバラードも良いけど、こんな明るい楽しい曲で暖かい部屋でゆっくりお酒でも飲むのが良いんじゃないかな。

P.Sクリスマスまであと少しですね。良いクリスマスを良い曲と過ごせるといいよね。





Up All Night / Take Me Home (2CD Slipcase)
One Direction
Sony Music UK
2014-08-19