”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第二十六弾です。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑤ 『私のために 誰かのために』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑥ 『今、話したい誰かがいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑦ 『無表情』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑧ 『水玉模様』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑨ 『環状六号線』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑩ 『でこぴん』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑪ 『やさしさとは』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑫ 『生まれたままで』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑬ 『嫉妬の権利』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑭ 『無口なライオン』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑮ 『あの教室』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑯ 『あらかじめ語られるロマンス』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑰ 『せっかちなかたつむり』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑱ 『サヨナラの意味』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑲ 『太陽ノック』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑳ 『逃げ水』
http://burning.doorblog.jp/archives/52200440.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉑ 『ひと夏の長さより…』
http://burning.doorblog.jp/archives/52419392.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉒ 『ごめんねずっと...』
http://burning.doorblog.jp/archives/52914203.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉓ 『やさしさなら間に合ってる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53096691.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉔ 『帰り道は遠回りしたくなる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53426762.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉕ 『4番目の光』
http://burning.doorblog.jp/archives/53857229.html

僕は”乃木坂46”というグループそのものも、メンバーも好きですが、やっぱりその至極の楽曲の素晴らしさがあってこそだと思っています。アイドルソングの領域で語るにはあまりに勿体ない、そのクオリティの高い楽曲の魅力を全曲レビューなどで伝えてきているのですが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思い、”乃木坂46”の「名曲アルバム」シリーズの記事を書いております。

”乃木坂46”の「絶対的エース」”白石麻衣”が卒業を発表しました。

【乃木坂46】 白石麻衣 卒業発表!!!
http://burning.doorblog.jp/archives/54202551.html

ショックではあるんですが、冷静に受け止めている自分がいますし、ここまで長く「絶対的エース」としてグループにいてくれたことに感謝の想いしか出てきません。

ソロとしての今後の活躍も間違いないだろうし、自分のやりたいことを追求して欲しいし、それは応援したいし、一人の女性としての幸せも手にして欲しいと前向きに受け止めてますね。

そんな”白石麻衣”、”まいやん”に捧げる名曲アルバムの記事を書くんですが、選曲はかなり悩みましたね。

”生駒里奈”さんの時には『太陽ノック』を”西野七瀬”さんの時には『ごめんねずっと...』をチョイスしてるんですが、そんなに悩まなかったのと比べると大違いでしたね。

初の単独センターで御三家がフロントに揃い踏みした『ガールズルール』が代表曲であるのは間違いないし、ライブでのファンの熱量もコールも最も大きいんだけどねぇ・・・。

公式ライバルに並ぶ、「レコ大」二連覇を成し遂げた『シンクロニシティ』も良い曲だし、”西野七瀬”さんと何度もWセンターを務めた名曲も一杯あるんですけどね。(『今、話したい誰かがいる』はレビューしてます)

ユニット曲で言えば過去の名曲アルバムで『急斜面』、『でこぴん』、『私のために 誰かのために』の実質センター曲も取り上げてます。

「アイドル界最強のツートップ」と言われた”西野七瀬”さんと比べると圧倒的にメイン曲が少ないんですよね。そんな中で「絶対的エース」と認識されているのはある意味凄いことです。

正直、デビュー当時から目立ってたし、外仕事も一番早く決まったし、最初からエースだった訳ですよ。そのエースを6th Singleまでセンター起用せず(2回目の単独センターは20th)、温存したのが”乃木坂46”の躍進の原動力になったとすら考えてます。(その意味で”日向坂46”の”小坂”のセンター継続は僕は怖いです・・・)

ですので実質的には運営(”秋元康”さん?)からは良い方は悪いかもしれませんが、「干され」に近い状況だった訳ですよね。

そんな彼女の現時点で唯一であるソロ曲を今回は紹介します。

【乃木坂46】 全曲レビュー

【乃木坂46】 全曲レビュー⑱~『裸足でSummer』
http://burning.doorblog.jp/archives/48097909.html

*********************
<全曲レビューコメント>

『オフショアガール』(Type-A収録)



「★★★★」。

初の”白石麻衣”のソロ曲ですね。既に「From AQUA」のCM曲として、随分と聴き込んでいる感じもしますけど、耳当たりも良いし、ポップでキャッチーで普通に良い曲ですね。『裸足でSummer』と『オフショアガール』は”乃木坂46”の夏うたの代表曲になったかもしれませんね。そんなに速い曲調じゃないけど、アレンジの妙だろうね。適度な疾走感があって、爽やかで夏っぽいね。かなり計算しているんだろうけど、いろんなパターンのアレンジを入れていて面白いですね。

”白石”のソロなんだけど、”乃木坂46”の曲って感じがするのは不思議ですね。爽やかな王道ガールズポップって感じでプールサイドや海辺で聴くと良さが増す感じですね。(これは『裸足でSummer』も一緒だね)

既に”乃木坂46”の楽曲のメインソングライターとなっている”Akira Sunset”さんと”ha-j”さんの共作ですね。お二人の楽曲にしてはそこまで捻ってなくて、ストレートな部類に入る楽曲ですね。

MVもサーフィンにショッピングって、アイドルの王道って感じがします。綺麗な映像だね。
*********************

普通に良い曲だと思います。

疾走感のあるアイドルポップでライブでもメチャクチャ盛り上がります。ライブでは”湘南乃風”の『睡蓮花』のようにタオルを振りまわすのが定番ですが、サイリュウムを持ちながらタオルを振るのは結構大変なんだけどね・・・(笑)。

以前に比べると採用数が減ったけど、”Akira Sunset”さんは実験的だったりもするけど、手堅い良い曲をサラッと作るよね。(最近の僕のお気に入り『日常』も彼と”野口大志”さんの共作ですね)

MVは”白石麻衣”のスポーティーで健康的な「美」を表現していて、素晴らしいですね。この手のいかにものアイドルのMVは好きじゃないんですけど、映像が本当に綺麗なので好きですね。

個人的に『オフショアガール』は僕にとっての”乃木坂46”のベストライブである「真夏の全国ツアー2017」での披露が印象深いです。

【乃木坂46】 「真夏の全国ツアー2017」①
http://burning.doorblog.jp/archives/50323222.html

初の期生ライブにも感動させられたんですが、後半の盛り上がりがエグかったんですよね~。

本編セット最後が『インフルエンサー』~『ガールズルール』~『裸足でSummer』~『夏のFree & Easy』~『太陽ノック』からのMCを挟んでの花火付きの『スカイダイビング』ですからね。(今となっては豪華になっちゃったオリジナルセンター)

「THE MUSIC DAY」の中継を挟んで、アンコールに突入したんですが、かなりの曲数をやっていて(しかもかなりの盛り上がり曲を披露済み)何をやるんだろうと思ってたら、『シャキイズム』~『オフショアガール』だったんですけどね。まだ盛り上がり曲残ってたじゃん、メンバーだけでなく、楽曲も層が厚いな・・・流石”乃木坂46”って思ったもんな~。

ちなみに僕は参戦できませんでしたが、この翌日の公演は『ヒムフルエンサー』やったんだよね。(悔しい、一日目もバックステージ席でしたが・・・)

どうしたって『オフショアガール』は卒業コンサートでも重要な位置で披露されると思うけど、しっかり押さえといて欲しいね。

それと25thでは2曲目となるソロ曲もお願いしたいね。できればバラードが良いな。本人も『立ち直り中』が好きって言ってるんだしさ・・・。



いずれにせよ、二列目でも黙ってても主役になれる”白石麻衣”だけど、25th Singleではとにかく彼女を最大級推しまくって欲しいね。

”乃木坂46”躍進の最大の功労者であり、絶対的エースの有終の美をしっかり飾ってあげましょう!

P.S.ライブいけるかな~、席獲れるかな~、ライブビューイングやってくれると思うけど、マジでお願いします!