ソンナコトナイヨ

前回の「日向坂で会いましょう」(略称は「ひなましょう」で統一ですかね)にて、4th Single『ソンナコトナイヨ』のフォーメーション発表がありました。

”欅坂46”と同様に”日向坂46”が選抜制を導入するまではこのパターンでのフォーメーション発表になるんでしょうね。

<4th Single フォーメーション>

久美 濱岸 高本 上村 高瀬 宮田 美鈴

潮 渡邉 丹生 河田 松田 富田

齊藤 金村 小坂 東村 加藤

フォーメーション発表以前に告知がありましたが、まずは”濱岸ひより”の復活を喜びたいですね。(パチパチ)

”ひよたん”は二期生最年少で、身長も高いし、スタイル抜群で、バラエティでも活躍できる良いキャラクターだし、将来に期待しているメンバーの一人です。

その一方、学業での休業が長引いている”影山優佳”のことが気になったのでネットで調べてみたら、どうも東大合格を目指しているようですね。(そういや番組企画でも言ってたよね)

今週末からセンター試験も始まりますし、彼女にとってはこれからが人生の大きな本番になるんですかね。しかし現役東大生アイドルの肩書を獲得すれば、マスコミ露出を考えると個人は勿論、グループ全体にとっても大きな武器になるね。

話をフォーメーションに戻しますが、センターは4作連続で”小坂”となりましたが、これは皆さん概ね予想通りじゃないでしょうか?

”欅坂46”は”平手”が不動のセンターとなり、9th(いつ出るの?)までその役割を務めてます。またセンター入れ替えを頻繁に行った”乃木坂46”でも「乃木坂の顔」と言われた”生駒里奈”さんが5thまでセンターを務めていますので、僕自身も5thくらいまでは”小坂”で間違いないと思ってます。”けやき坂46”時代は頻繁にセンターを交代させていたので、どこかでセンター入れ替えをするんだろうなとは思ってましたが、エースであり、センターでもある”小坂”を引っ張っておいて、それから動かすのは、運営はかなり難しい判断を迫られると思います・・・。

今回のフォーメーションについては、ポジションの上げ下げがポイントかなと思います。

まずは初のフロント昇格となる”東村”、”金村”ですね。

”東村”はユニット曲『Cage』ではメインを務めてますが、表題曲では”けやき坂46”時代を含め、二列目にほぼ固定されてましたので、本人も嬉しいんじゃないですかね。曲も可愛い路線なんですかね?

”金村”は『キュン』では三列目ポジでしたが、『ドレミソラシド』で二列目に上がり、2nd収録の二期生曲『Dash&Rush』でセンターを務めたの記憶に新しいですが、4thで初のフロントですね。トントン拍子って感じじゃない? 仲の良い”小坂”と並ぶのはビジュアル的にも良いんじゃないかな?

二列目昇格では”潮”、”富田”も初ですね。

”潮”について言えば、”けやき坂46”時代はそもそも人数が少なくて二列しかなかったし、『それでも歩いてる』では一列目も経験してますが、”日向坂46”になってからは三列目のみでしたね。バラエティではインドネシアを活かしたトークで盛り上げているし、「聖母」キャラも浸透してきてますよね。

”富田”は推しでもあるので個人的にはかなり嬉しいですね。身長も高いし、三列目ポジは合ってるし、「セルフ Documentary of 日向坂46」でのインタビューでもそんなにポジションを意識しているような発言は見られなかったのでどうなのかは分かりませんが、嬉しいのは間違いないでしょう。”松田”の横に置き「花ちゃんず」で並びを作ってるのも上手いですね。

上がった人がいる一方で下がった人もいる訳ですが、初の三列目となった”美鈴”と”高本”は衝撃ですよね~。

”高本”は『ハッピーオーラ』で三列目経験はあるんですが、人気などを考えると三列目はキツイ印象です。

更にキツイのは”美鈴”ですよね~。”けやき坂46”時代にセンターまで務めて、『キュン』ではフロント、その後は二列目でしたが、3rd Singleでは裏センターっぽい位置で存在感あったんですけどねえ・・・。

”けやき坂46”時代のセンター経験者”加藤”、”齊藤”が”日向坂46”改名以降フロント固定されているのに比べるとちょっとね~とは思いますね。

高身長だし、W佐々木で”佐々木久美”とシンメの位置に置くのは悪い選択ではないとは思うんだけど、運営は”美鈴”をジョーカー的にエースポジションに入れて温存しているようなイメージだったので、僕にとっては驚きでした。

その意味でも”欅坂46”の全員選抜時の1st~4thあたりの全員にフロントを経験させるような動きに近くなっているのかもしれませんけどね。

”日向坂46”の躍進のためには、デビュー以来、不動のセンターとなっている”小坂”をメインにするのは勿論ですが、”加藤”、”齊藤”、”美鈴”といったセンター経験者を上手く使うのがポイントだと考えています。

次のセンター候補を育成している段階だとは思いますが、これまでは”上村”に一気に飛ぶ印象でしたが、安定感の出てきた”丹生”・”河田”コンビでWセンターも面白そうだし、”金村”あたりも選択肢になるだろうし、フロント経験のある”渡邉”も虎視眈々とその座を狙ってそうだし・・・。

いずれにせよ『ソンナコトナイヨ』が良い曲であることに期待したいね。

P.S.『イマニミテイロ』との関係性はあるんですかね? そうだとしたら、センターを務めた”美鈴”がなぜ三列目なんでしょうか?