幻の二期生ライブ

みなさん、昨日のショールームは観てましたか?

いやー、これが現地で観れてたら、悶絶して、泣きまくってたのが、容易に想像できる素晴らしい内容でしたね~。参りました。

【乃木坂46】 「二期生ライブ」について考える
http://burning.doorblog.jp/archives/54275170.html

【乃木坂46】 「二期生ライブ」中止に・・・
http://burning.doorblog.jp/archives/54365699.html

セトリと感想をつらつらと書いていきますね~。

影ナレ:プリン会(堀、絢音、みり愛)

00.「VTR」~Overture

01.ライブ神
02.かき氷の片想い
03.自惚れビーチ
04.裸足でSummer

「VTR」で既に泣いちゃいますね。「黄金の一期生」と常に比較され、”堀”のいきなりのセンター抜擢はあったものの、その副作用で辞退者も出たり、一期生は全員選抜経験させた一方、いまだ選抜経験ナシのメンバーもいる「不遇」と呼ばれ続けた彼女たちの葛藤、悲しみ、このライブへの決意が感じられてヤバい仕上がりでした。神宮での期生ライブ映像だけで泣いちゃう。

『ライブ神』、『かき氷の片想い』、『自惚れビーチ』は想定内の選曲でしたけど、『ハダサマ』は意外だったな~。誰がセンターやったのかは分かりませんが、ビックリ。

<全員センター企画>
05.ガールズルール(新内)
06.サヨナラの意味(純奈)
07.行くあてのない僕たち(山崎)
08.Sing Out!(みり愛)
09.低体温のキス(琴子)
10.気づいたら片想い(蘭世)
11.新しい世界(絢音)
12.ハルジオンが咲く頃(堀)

僕の予想通り、全員センター企画はやる予定だったんですね。でも表題曲縛りではなかったですね。

”新内”の『ガルル』はご愛敬としても、”純奈”の『サヨナラの意味』はヤバいね。推しタオルを持ってたり、バレンタイン企画でも告白してましたが、そのストーリーと”純奈”のしっかりした情感のこもった歌唱が聴きたかったな~。現地で聴いてたら、下手すりゃ号泣するな。

”れなち”はやはり”井上”との関わりで選んだんですね。『咄嗟』ではなく、コレっていうのが良いね。

”みり愛”は初選抜曲か~、選抜入りまでアンダーセンターからかなり空いたもんね。悔しかった想いと嬉しかった想いで現地でソロダンスまでやられたら、絶対泣いてるわ~。

”琴子”は意外な選曲でしたね。アニソンっぽいしね。空気砲を楽しそうに放つ”こったん”の笑顔が最強でした!

”蘭世”は『気づいたら片想い』か~。”絢音”は自身の2曲目のセンター曲『新しい世界』でしたね。

”堀”の『ハルジオン』も納得の選曲です。センターを経験し、徐々に位置が下がり、アンダー落ちして、ようやく選抜復帰した曲だもんね。

いやー、このゾーンはマジで泣ける。逆に体調が万全だったら、”きいちゃん”は何をやったんだろう? 想像が膨らむね。

13.まあいいか?
14.革命の馬
15.Rewindあの日
16.人間という楽器

この辺りはユニットコーナーなんですかね。『革命の馬』とか、かなり渋い選曲だけど、こういうのが二期生のメンツで聴けるのは良いよね。

17.そんなバカな・・・
18.スカウトマン
19.風船は生きている
20.ブランコ
21.嫉妬の権利
22.ボーダー
23.走れ!Bicycle
24.Am I Loving?
25.ゴルゴンゾーラ
26.ワタボコリ

このあたりが最後の盛り上げゾーンだったんですかね。ライブでも「フワフワ」が盛り上がる『そんバカ』、二期生曲随一の名曲『スカウトマン』という流れは盛り上がり必至だね。

ここからはセンター曲のリレーですね。”みり愛”の『風船』、”蘭世”の『ブランコ』・・・ホントはここに”北野”の『日常』、『アンダー』あたりも入ってくるんでしょうね・・・。『日常』からの『嫉妬の権利』とかだと失禁しちゃうよ!

オリメンでの『ボーダー』も最後の披露かな~。

ここで『走れ!Bicycle』か、期生ライブの時もやってたように会場へ走る演出があったんでしょうかね。

そして二期生メンバーが参加しているユニット曲3連発か~。『ワタボコリ』を筆頭に良い曲多いよね。

27.アナスターシャ(新曲)
28.きっかけ

本編最後は25th Single収録の新たな二期生曲でした。割と良いメロディで好印象です。MVもしっかり見直したいけど、良い出来だと思いました。”伊藤衆人”監督は気合入ってるな~。あのフラッグがいいな~。まさに「二番目は嵐」って感じのデザインでしたね。

最後は神宮の期生ライブでも披露したグループ随一の名曲『きっかけ』で締めか・・・いやー凄いな。

<ENCORE>
01.ハウス!
02.ゆっくりと咲く花(新曲)

<”伊藤かりん”、”相楽伊織”登場>

03.乃木坂の詩

アンコールは超盛り上がり曲『ハウス!』からスタートです。

そして、二期生ライブだけのために作られた新曲『ゆっくりと咲く花』です。これは完全に泣かせに来ている歌詞で曲調も初のバラードですし、良いですね。レコーディングもしたそうですが、今のところ収録予定ナシって、次のアルバムにでも収録するんでしょうかね・・・。配信して欲しいな。かなりのダウンロード稼げると思うんだけどね。

そして卒業した二期生二人の登場というサプライズの畳みかけがあり、全員の感想発表があり、ラストはお決まりの『乃木坂の詩』でした。

終わってからの舞台裏も少し見れたのも嬉しい演出だね。

途中の企画がややスベってたとこもあるけど、とにかくセトリが神です。新曲2曲の準備も凄いし、チケット取れていただけに現地で観たかったな~。

42万人視聴してた訳だし、これは意地でも年内に二期生ライブをやって欲しいね。同じセトリの完全版を観てみたいな。

それこそ、期生別に武道館4日間とかさ、もはや武道館レベルのキャパだとチケット取れる気がしないけどね・・・。

しかしエモかったな~。

”琴子”は明るくて、楽しそうだったな~。

たぶん「琴絢蘭」でのユニットとか、予定してたんだろうな~。『Rewind~』とかかな~未だに興奮が抜けません。

「やっぱ乃木坂だな!」
「不遇と言われ続けた二期生も最高なんです!」
「42万人視聴は伊達じゃないよね!」