長沢菜々香

**********************
長沢菜々香に関しまして(2020年3月29日) 欅坂46公式HP
**********************

欅坂46のメンバーとして活動してまいりました長沢菜々香に関しまして、本人よりグループからの卒業の申し出がありました。

本人との話し合いを踏まえて、弊社として検討した結果、本人の意向を受け入れ、3月31日(火)をもちまして長沢菜々香はグループから卒業することとなりました。

皆さまには急なご報告となりましたことをお詫び申し上げます。

在籍中はたくさんの応援をいただき本当にありがとうございました。

これからも欅坂46の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

Seed & Flower合同会社
**********************

ファンにとっては結構大きなニュースなんだけど、アッサリした書き方だね。
29日に発表して31日卒業って、流石に早すぎじゃない?

**********************
感謝 長沢 菜々香(2020年4月1日)

こんにちは

今日で欅坂の活動が最後となります。

とても寂しいですが、最後はいつも通りブログを書こうと思います。

ブログを書くのはとても大好きでした!

私の日常をお伝えしたり、お仕事の報告をしたり、くだらないお話をしたり。
それにファンの方達がすぐに反応してくれたのがすごく嬉しかったです!

料理とか漫画とか色々楽しかったなあ。

ブログを書くのは日課になっていたので、これが最後だと思うと不思議な感じがします。

今日で欅坂46としての活動は最後になりますが、これからは欅坂を応援する側になれたらなと思います。

4年間、本当にありがとうございました!

またね

長沢菜々香
**********************

何の情報もないけど、「またね」に少し期待しても良いのかな?

それにしても最近の「欅って書けない?」は露骨に二期生企画ばかりで、来週の「坂道シリーズ」の冠番組はいずれも新追加メンバーの紹介回になるみたいだけど、このところの番組企画でも爪痕を残していただけに寂しいな~。

器用な子だし、新たな活躍の場を見つけて欲しいな。ご当地アイドル+You Tuberっぽい感じになっちゃいそうな感じもしますけどね。

推しではなかったけど、なんか寂しいです。

2019年12月8日のリリース延期から既に4ヶ月が経過しようとしていますが、宙に浮いた格好の9th Singleのアンダーとなった一期生(休業の”佐藤詩織”も含め)はまだまだ波乱含みなんでしょうか?

「破壊と再生」はまだ続いてるな~。

ついでというと失礼なんだけど、新たにスタートした「CDTV ライブ! ライブ! 」について、「坂道シリーズ」の二組のパフォーマンスについて、感じることがあったので、少しだけ書きますね。

CDTVライブライブ

出演したのは”乃木坂46”と”日向坂46”です。

”乃木坂46”
『シンクロニシティ』

<ヒットメドレー>
『制服のマネキン』センター:飛鳥
『何度目の青空か?』センター:生田
『帰り道は遠回りしたくなる 』センター:遠藤
『しあわせの保護色』センター:白石

”白石麻衣”の卒業のカウントダウン状態ですので、「レコ大受賞曲」でもある『シンクロニシティ』は納得の選曲です。

今回注目したのはこのメドレーですね。ワンハーフもない、かなり短いメドレーだったけど、”乃木坂46”っぽいライブ感のあるメドレーで嬉しかったな~。

”飛鳥”の『マネキン』はかなり定着してきたけど、ライブを見たこともない、ファンじゃない人は驚いたかもね。

『何度目の青空か?』は生歌披露でしたね。”生ちゃん”は流石です。

名曲『帰り道は遠回りしたくなる 』ですが、「TBS」は好きですね。一昨年の特番では”与田”が、昨年末のクリスマス特番では”遠藤”がセンターを務めています。

”白石麻衣”、”齋藤飛鳥”という二大エースに挟まれても、存在感を出せる”遠藤さくら”の凄さを思い知らされたのは昨年末のクリスマス特番での披露でしたが、今回も悪くなかったと思います。

まだ全曲レビューが書けてませんが、『しあわせの保護色』が最近耳馴染みも良くなって、哀愁が感じられるようになってきましたが、良いエンディングでしたね。

やっぱりセンターがバンバン変わりながら、名曲を連発していくのが”乃木坂46”のライブの醍醐味であり、ライブ不足が深刻な状態の僕は、ちょっと満たされた気がしました。

一方”日向坂46”は『ソンナコトナイヨ』のフルサイズ披露でした。

”ひらがなけやき”から改名してデビュー2年目を迎えた、彼女たちも”欅坂46”の流れを汲み、ライブでは基本的にフルサイズ披露を貫いてます。大好きな『ソンナコトナイヨ』をキレッキレのパフォーマンスで披露してくれて、こちらも満たされたな~。

「坂道シリーズ」の各グループを同じように捉えられている方もいらっしゃると思いますが、この2組のパフォーマンスはそれぞれのライブの特徴が出ていて、非常に嬉しかったですね。

コロナウィルスによる混乱は、まだまだ長引きそうだし、自粛ムードも続きそうですが、コロナウィルスに負けず、自分の命を守りつつ、楽しめるように良い音楽を聴いていきたいな。

ここに来ての「CDTV ライブ! ライブ! 」は音楽好きには良い新番組になりそうだね!

P.S.『しあわせの保護色』の全曲レビューは週末に書きます。(特典映像がチェック出来ないので、音源のみの暫定版レビューになりますが・・・)