【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」②

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」③
http://burning.doorblog.jp/archives/54465922.html

「緊急事態宣言」発動まで待ったなしですね。

「阪神大震災」、「湾岸戦争」、「地下鉄サリン事件」、「9.11 アメリカ同時多発テロ事件」、「東日本大震災」、「リーマンショック」・・・。

社会人になってから、過去にも様々な危機的状況に直面してきましたが、これほどまで終わりが見えない「コロナウィルス」感染拡大による被害はホントに恐ろしいですね。

世界では既に、持病のない、若年層の方でもお亡くなりになられた方が出ています。

コロナウィルス自体の致死率の低さに、なんら自粛ムードにならなかった僕でも、最近は「怖さ」を感じています。

特に”志村けん”さんの死は「コロナウィルス」の怖さを、リアルに感じただけでなく、まだまだ悲しみが続いています。死の重さに違いはないのは間違いないけど、子供時代のヒーローの死はあまりに辛いですね。

日本国内で、これだけの大スターの突然の死というのは、日航機墜落で亡くなった”坂本九”さん以来かもしれません。

【ひとこと】 ”志村けん”さん急逝

こんな時はゆっくり家で良い音楽を聴いて、過ごしましょう!

今回はレビュー済の日本を代表するアーテイストの別の名曲を紹介し、豪華ラインアップの共演を仮想でやってみたいと思います。今回は暗い気持ちをぶっ飛ばすような、ノリの良い曲を集めてみました!

01.Mr.Children『youthful days』

 

 

初っ端から”Mr.Children”というのは豪華じゃないですか?

”Mr.Children”は僕にとって、思い入れのある、重要なバンドですね。

共演もしていた”サザンオールスターズ”と同じ系譜にある、日本で最も伝統的に人気のある音楽性だと捉えてますが、僕はやっぱりメロディを重視した選曲になっちゃいますね。でも一杯良い曲あり過ぎて困っちゃうね。

【はみだしの”Mr.Children”の名曲ベスト15】

星になれたら
いつでも微笑みを
youthful days
エソラ
NOT FOUND
彩り
HANABI
口笛
ロードムービー
擬態
Sign
Replay
GIFT
しるし
innocent world

超有名曲は外してますが、他にも『365日』、『PADDLE』、『Hero』、『Any』、『Over』・・・あと『深海』全部って、絞り切れん・・・。

【名曲】 Mr.Children 『星になれたら』

【Review】 Mr.Children 深海

【名曲】 Bank Band 『はるまついぶき』

今回取り上げるのは、僕にとっては、割と最近の曲って認識でチョイスしたんだけど、19年前の曲なんだね・・・。

彼らにしては割とスピード感のあるチューンで、とにかく爽快感が素晴らしいんだよね~。それでいて、メロディ展開も良いよね。「恋の始まり」のようなウキウキ感があるんだよね~。

話は変わるけど、”桜井和寿”さんは僕にとってのカリスマと言えるべき存在ですが、そんな彼が”乃木坂46”の名曲『きっかけ』をカバーしてくれたのは個人的には大きな出来事でしたね。

【乃木坂46】 ”Mr.Children” ”桜井和寿”が”乃木坂46”の『きっかけ』をカバー!!

何かの形で音源化して欲しい!

最近の曲(といっても2008年の『HANABI』、2010年のアルバム「SENSE」以降だから長いんだけど・・・)は今一つ、僕の耳には刺さってこないんだけど、常に買い続けるし、期待し続けます。(サザンも似たようなもんだしね~)

02.B'z『愛のバクダン』



”B'z”は「Hollywood's RockWalk」にアジア圏のアーティストで初の殿堂入りを果たすなど、世界的にも認められたロックユニットです。

”Marty Friedman”をはじめ、「HM/HR」界の有名ミュージシャンが「日本のアーティストでは”B'z”が好きだ」と公言されたりと、名前が挙がることも多いし、元々「HM/HR」畑だった二人に僕は好感を持ってます。

”Mr.CRAZY TIGER”って、マニア以外誰も知らないよね~。「Thousand Wave」もギターインストだけど、良いアルバムだったよね~。

そんな僕の”B'z”との出会いは、プチブレイクした『太陽のKomachi Angel』よりちょっと前くらいだった気がします。「HM/HR」とディスコサウンドの融合は僕の仲間内では話題になっていて、車の中でメチャクチャ聴かされた気がしますけど、こんなに大きな存在になるとは思わなかったな~。

僕が以前にレビューしたのは、彼らが完全復活した1曲として『イチブトゼンブ』を取り上げたんだけど、彼らの持ち味はやっぱりスピード感のあるロックかなと・・・レビューを書いてから、少し後悔したんだよね。

【名曲】 B'z 『イチブトゼンブ』

しかも最近の彼らは硬派ロック路線で頑張っているし、今後の彼らへの期待も込めて、『愛のバクダン』を取り上げました。

硬派なんだけど、メロディがキャッチーでポップでノリやすいのが良いよね。また最初のリフが超絶カッコいいのも魅力です。

やっぱり”B'z”はカッコいいよ~。

03.宇多田ヒカル『Wait & See 〜リスク〜』



トリは日本の歌姫に登場してもらいましょう!

デビューアルバム「First Love」が現在までに国内で870万枚のビッグセールスを記録しており、日本の音楽史にとって金字塔的なアルバムになりましたね。(尚、海外分を入れると991万枚と、1,000万枚に手が届きそうとのデータもあるようです)

このアルバムは売れに売れましたが、『time will tell』、『First Love』等、好きな曲もありますが、僕にとっては「曲」というよりも「宇多田ヒカル」という新たなスターの存在にインパクトを感じましたね。

日本国内で大注目を浴びた直後にリリースされた4th Single『Addicted To You』は僕には今一つだったんだけど(全然悪い曲ではないんだけどね・・・)、今回紹介する5th Singleの『Wait & See 〜リスク〜』で「流石 宇多田ヒカル!」と思った記憶があります。

R&Bテイストがあって、リズムを重視した曲が多かった印象ですが、この『Wait & See 〜リスク〜』はリズムも相変わらず、良い音させてるけど、かなりメロディアスな展開があって、僕の好みにピッタリですね。

レビューした『Can't Wait 'Til Christmas』も超名曲なので是非、チェックして欲しいな。ホントに隠れた名曲だよ!

【名曲】 宇多田ヒカル 『Can't Wait 'Til Christmas』

ますます締め付けが厳しくなりますが、前を向いて生きましょう! 平凡な毎日を取り戻すために今はしっかり自分を、家族を守る行動に徹しましょう!

P.S.「緊急事態宣言」が発令されましたね。先は長そうですが、頑張りましょう!