”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第二十七弾です。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑤ 『私のために 誰かのために』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑥ 『今、話したい誰かがいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑦ 『無表情』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑧ 『水玉模様』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑨ 『環状六号線』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑩ 『でこぴん』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑪ 『やさしさとは』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑫ 『生まれたままで』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑬ 『嫉妬の権利』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑭ 『無口なライオン』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑮ 『あの教室』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑯ 『あらかじめ語られるロマンス』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑰ 『せっかちなかたつむり』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑱ 『サヨナラの意味』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑲ 『太陽ノック』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑳ 『逃げ水』
http://burning.doorblog.jp/archives/52200440.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉑ 『ひと夏の長さより…』
http://burning.doorblog.jp/archives/52419392.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉒ 『ごめんねずっと...』
http://burning.doorblog.jp/archives/52914203.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉓ 『やさしさなら間に合ってる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53096691.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉔ 『帰り道は遠回りしたくなる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53426762.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉕ 『4番目の光』
http://burning.doorblog.jp/archives/53857229.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉖ 『オフショアガール』
http://burning.doorblog.jp/archives/54212267.html

僕は”乃木坂46”というグループそのものも、メンバーも好きですが、やっぱりその至極の楽曲の素晴らしさがあってこそだと思っています。アイドルソングの領域で語るにはあまりに勿体ない、そのクオリティの高い楽曲の魅力を全曲レビューなどで伝えてきているのですが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思い、”乃木坂46”の「名曲アルバム」シリーズの記事を書いております。

しかし、コロナ、コロナのニュースばかりで気が滅入っちゃいますね~。

特に本日の「厚生労働省クラスター対策班」の”西浦博”北海道大教授による「最悪のケースで42万人の死者が出る」という話は強烈なインパクトです。

深刻な状況であるのは間違いないし、外出を抑制するような取り組みを今一歩推進するなら、何も期待出来ない政治家ではなく、産業界から声が出て欲しい気がします。(大手は既に在宅勤務を推進しているので、経団連などではあまり意味がないかな・・・)

僕の今の会社は、在宅勤務が原則になりましたが、一部クライアント訪問もあったり(かなりの数はWeb面談に切り替わりましたが)で、出社しない訳にはいかないケースもありますが、ネット環境を整え、基本的には在宅勤務にしていきます。

自宅でゆっくり過ごす時間も増えたので、ブログの記事も増えてきましたね。

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」②

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」③

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」④

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」⑤
http://burning.doorblog.jp/archives/54518894.html

定期連載のようになってきた”コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」”の記事も工夫しながら書いてますが、意外に反響があって、少しでも皆さんの沈んだ気持ちを前向きに出来ているのなら、嬉しいです。(ホントはメタル系も書きたいんだけどね、何故か昔の「ジャパメタ」系の記事のPVが伸びてたりするんですが・・・リクエストあればメタル編も書きますよ~)

今回は久々の「名曲アルバム」なんですが、今の状況を考えると”乃木坂46”の8thバスラは良く参加出来たな~と思いますし、アレがあったから、今も自粛出来ているような気もしてます。(「乃木坂工事中」の潜入レポで思い出しちゃいましたね)

勿論、中止にはなったけど、二期生によるShowroomライブも良かったね。

【乃木坂46】 「乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE Day2」
http://burning.doorblog.jp/archives/54352444.html

【乃木坂46】 「乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE Day4」
http://burning.doorblog.jp/archives/54360348.html

【乃木坂46】 「幻の2期生ライブ」@Showroom
http://burning.doorblog.jp/archives/54396039.html

音楽番組でも『しあわせの保護色』披露で一通り楽しませてもらったし、その感謝も込めて、「名曲アルバム」の記事を書きます。

特にバスラ最終日に最もテンションが上がった『平行線』を取り上げたいと思います!

【乃木坂46】 全曲レビュー
【乃木坂46】 全曲レビュー㉛~『Sing Out!』
http://burning.doorblog.jp/archives/53494120.html

*********************
<全曲レビューコメント>

『平行線』(Type-C収録)



「★★★★」。

”岩本蓮加”、”大園桃子”、”久保史緒里”、”阪口珠美”、”与田祐希”のユニット曲で三期生の選抜メンバーから選ばれた5名による楽曲ですね。

こちらも哀メロを含んだメロディラインがダンサブルなバックトラックに乗って、単なるアイドルポップと片付けられない凄いクオリティです。ユニゾンもなかなかいいんじゃないかな?

作・編曲は”近藤圭一”さんで『あなたのために弾きたい』、『悲しみの忘れ方』以来の参加ですね。”AKB48”の佳曲『シュートサイン』も彼の作品ですね。

『君の名は』、『転校生』あたりのパターンをやりまくって、最後はほっこりさせられるMVも良いね。”岩本”は存在感があってセンター経験者に負けてないのが驚きだったな。

王道アイドル路線を突っ走る”日向坂46”も作品としての面白さも併せ持つ、良いMV作りをやって欲しいな~。
*********************

この『平行線』自体は最初に聴いたときは、普通のアイドルポップか~って感じで、そんなに刺さんなかったんですけどね~。

どちらかと言えば、楽しいMVからジワジワと好きになった感じなんですよね~。全曲レビューの記事にも書いた通り、なんてことない設定なんだけど、意外に何度も観れて、良いMVだな~、ホッコリするな~ってね。

気が付けば曲も好きになってて、同じ三期生のみのユニット曲である『言霊砲』は「★★★★★」の満点評価つけたんだけど、今となっては『平行線』のほうが遥かに聴いてますし、お気に入りですね。

8thバスラではそれぞれのメンバーが、『平行線』の間奏部分で今後に向けての決意を語ってくれたのも印象的でさ、やっぱり三期生がグループの主役にならないとダメだなと改めて思ったんだよね~。

四期生も新四期生も良いんだけど、今後のグループの最大勢力は間違いなく、三期生になるはずだし、みんなで盛り上げていかんとダメだなと思いました。

25th Single収録の三期生曲『毎日がBrand new day』もなかなかの佳曲でしたね。

 

あ、そういえば本作を手掛けた”近藤圭一”さんは”日向坂46”の『青春の馬』も楽曲提供されてましたね。



最後に曲と関係ないんだけど・・・。

最近、推しがすっかり”桃子”になっちゃったんですけど、彼女の笑顔に凄く救われてますね。四期生の”レイ”ちゃんもそうなんだけど、とびきりの笑顔に目がいくし、癒されまくってますね~。『しあわせの保護色』での裏センターもサマになってるよね。

いずれにせよ、センター特性があり、ポスト”飛鳥”の最右翼である”大園桃子”、”山下美月”、”与田祐希”、歌唱力抜群でオタク気質も凄くて、後輩との絡みも多い”久保史織里”、次期キャプテン間違いなしの”梅澤美波”、次世代エース候補筆頭と言える”岩本蓮加”・・・、多士済々の三期生がますます存在感を示して欲しいし、四期生が三期生を突き上げていきながら、グループ全体を盛り上げていって欲しいね。

”乃木坂46”が世代交代に成功するためには、ここからの彼女たちの成長が極めて大事だし、”飛鳥”を脅かす存在をドンドン輩出して欲しいね。

さあ、もう1回『平行線』聴こう!

P.S.「26th Single 選抜予想」の時期がそろそろなんだけど、25thの握手会も延期だし、そもそも”まいやん”の卒業コンサートの話が進まないと次は考えにくいね。それがいつになるか想像もつかない環境だけど、何らかの形でファンを楽しませて欲しいと思うし、メンバーの健康にも最大限配慮して欲しい想いもあるし、悩ましいね。

自分たちで出来ることをしっかりやって日常を取り戻しましょう!