今回の名盤レビューは”Grand Slam”の2019年発表の1st(?) Album「Hit The Ground」を紹介します。

Hit The Ground

ちょっと前に”Thin Lizzy”の名曲レビューを書きました。

【名曲】 Thin Lizzy 『Dedication』
http://burning.doorblog.jp/archives/54286886.html

その際に”Phil Lynott”が結成した”Grand Slam”の話も書いたんですけど、実はその”Grand Slam”のアルバムが「Marshall Records」からリリースされたんですよね。

驚きましたね~。しかも某専門誌の独自の輸入盤チャートで一位でしたからね。

<Grand Slam オリジナルメンバー 1984-1985>

Vocals&Bass:”Phil Lynott”(ex.Thin Lizzy)
Guitar:”Laurence Archer”(ex.Stampede、UFO)
Guitar:”Doish Nagle”(ex.The Bogey Boys)
Keyboards:”Mark Stanway”(ex.Magnum) 
Drums:”Robbie Brennan”(ex.SKID LOW)

<Grand Slam 現メンバー 2009~>

Guitar:”Laurence Archer”
Vocals:”Mike Dyer”
Bass:”Dave Boyce”
Drums:”Benjy Reid” 

オリジナルメンバーは”超絶激レア盤「L.A.」で有名な”Laurence Archer”しかいないんですが、かの”Phil Lynott”と”Laurence Archer”が共作した幻の名曲が聴けるだけで凄いことですし、早速買いましたよ。

Laurence Archer

これが意外なほどに良かったんですよね~。

味わい深い良い曲が最新の技術により、クリアな音源で楽しめる訳ですから、カッコいいに決まってますよね。尚、全10曲で5曲は”Phil Lynott”と”Laurence Archer”の共作で、それ以外は新曲とのことです。(詳細は海外の公式HPもチェックしましたが、良く分かりません)

では、全曲レビューします!

01.『Gone Are The Days』

「★★★★★」





このオープニングを飾るロックナンバーは最高ですね。

最初の明るくて、美味しいメロを奏でるギターフレーズだけでノックアウトされます。

ブギーっぽいロックナンバーで一気に70~80年代にトリップしたような感覚に陥りますが、ホントにカッコいいし、ノレるんだよね。

”Mike Dyer”の歌唱は力強く、味わい深いんだけど、”Phil Lynott”の声質にも近い感じで泣ける。また”Laurence Archer”のギターはホントに僕のツボを綺麗に突いてくれて、アドレナリンが沸騰しちゃう。

これ新曲だよね、凄いな~。

いやー、この1曲が聴けただけで、十分に元は取れるよ。本来”Rock 'n' Roll”系の音楽は好きじゃない僕でもハマっちゃうので、是非、その手が好きな人はチェックして欲しいな。

02.『19』

「★★★★★」





1985年に”Phil Lynott”のソロシングルとして発表された「Nineteen」ですね。

"Bad 4 Good"によるカバーを既に名曲レビューしてますので、勿論「★★★★★」の満点評価です。

【名曲】 Bad 4 Good 『Nineteen』
http://burning.doorblog.jp/archives/46919591.html

こちらもカッコいいロックナンバーでリフの切れ味が良いんだよね。

問答無用の”Rock 'n' Roll”はいつ聴いても最高!

03.『Hit The Ground』

「★★★★★」



タイトルトラックです。

たぶん新曲なんだろうけど、非常にシンプルな作りのシンガロング系の”Rock 'n' Roll”ですが、メロディが素晴らしいんだよね。

ギターもカッコいいし、これも文句なしで「★★★★★」の満点評価!

04.『Military Man』

「★★★★」





「The Studio Sessions」に収録されている曲で、リフが重めのハードロック曲です。

リズムが心地よいので、そこまで重苦しい出来になっていないのは凄いですね。

こういうセンスが素晴らしいんだよな。メロディも悪くないよね。

”Laurence Archer”のギターソロも良いね!

05.『Crazy』

「★★★★」



本作では、最もスピード感のあるストレートなロックナンバー。

こちらも1曲目と同様に、単なるロックではなく、ブギーっぽい臭いがするのが良いんだよね。

ブルーズっぽいフレーズを聴かせる”Laurence Archer”のソロも良いね。

これも新曲かな。

06.『Dedication』

「★★★★★」





”Thin Lizzy”のベストアルバムにも収録されている、僕も名曲レビューで取り上げた素晴らしい楽曲です。

今回のバージョンは若干ピッチを落として、ウネりを持たせた感じの演奏になっていますが、それもカッコいいし、元々、音質が良くなかったのが、こうやって蘇っているのが嬉しいな。

何度聴いてもやっぱり好きだな~。

『Dedication』最高!!!

07.『Long Road』

「★★★★」

やや土臭い臭いも残る、哀愁のバラードナンバー。

シンプルな構成でさして展開に起伏もないんですけど、メロディの良さでしょうか、沁みるんですよね。

最後のギターソロに泣かされちゃう。

アルバムの良いアクセントになっていると思いますね。

こちらも新曲かな。

08.『Sisters of Mercy』

「★★★★」



「The Studio Sessions」に収録されている曲ですね。

本作の中では唯一の7分を超える長尺の曲です。

バラードっぽい始まりですが、徐々に展開していきます。

09.『Crime Rate』

「★★★★」





こちらも同様に「The Studio Sessions」に収録されている曲です。

ウネりのあるミディアムテンポの曲なんですが、独特の臭みのあるメロディが良いんだよね~。

クセになりますよ~。

10.『Grand Slam』

「★★★★」

バンド名をタイトルにした曲ですが、なんとコチラはハードロックっぽい重ためのリフが続く、インスト曲です。

でもリフはカッコいいし、中盤からのスパニッシュギターっぽいソロからの泣きの展開も魅力的です。

割と良いと思いますが、なぜアルバムのラストの位置だったのかは意味不明。

ライブのオープニングでジャムっぽい感じで演奏するのにハマりそうだけどね。
 
新曲ですかね。

シンプルな3、4分のロックナンバーが並び、トータルで50分を切る、非常に爽快感があるアルバムかと思います。

「アイルランドの伝説」、「ザ・ロッカー」”Phil Lynott”が凄いのは当たり前の話であり、”Laurence Archer”との共作による楽曲が素晴らしいですが、それ以上に新曲の出来が良いんだよね。

”Laurence Archer”は只者じゃないね。

死ぬまでに「L.A.」聴きたいな~って、再発してよ!

昔、”Whitesnake”の元メンバーによる”THE SNAKES”を聴いた時のノスタルジー、”Jørn Lande”の見事なまでの”David Coverdale”のモノマネ(って誰も知らない?)とは違うバンド感、「今」感があるのが良いね。

僕自身も”Thin Lizzy”にそこまで思い入れもないんだけど、同様の「HM/HR」ファンは多いと思うんだよね~。”Grand Slam”は試してみる価値あると思うよ!

P.S.金ピカのアナログレコードも出ているみたいだけど、保存用に欲しいな!

Hit The Ground
Grand Slam
Marshall
2019-11-22


Live Document
Phil Lynott's Grand Slam
Sonic Boom
2020-03-15


Hit The Ground [Analog]
Grand Slam
Marshall
2019-11-22