いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

コロナ禍でエンタメ業界は大きな被害が出ています。(飲食店は少しずつ客足が戻ってきているようですが・・・)

アイドル界のトップを独走する「坂道シリーズ」も例外ではなく、握手会、ライブと言った接触型のイベントはいつ再開となるのか、分かりません。

その中でも”欅坂46”については、9th Single選抜発表、「激震」の記事にも書いた「破壊と再生」により、新曲リリースが伸び伸びとなっています。

【欅坂46】 選抜制導入&9th Single 選抜発表
http://burning.doorblog.jp/archives/53791387.html

【欅坂46】 選抜制導入を考える
【欅坂46】 激震
http://burning.doorblog.jp/archives/54253325.html

無料ライブ配信はやりましたが、それだけでは物足りないファンも多いのではないでしょうか?

せっかくなので、という訳ではないのですが、これを機に名曲ストックがたまっている”欅坂46”の至極の楽曲を紹介し、こんな中でも盛り上がっていきたいなと考えています。

既に”乃木坂46”では「名曲アルバム」シリーズで27曲もの名曲を紹介していますが、”欅坂46”についても、このタイミングで「名曲アルバム」をスタートしていきます。既に全曲レビューも書いてますが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思ってます。まあ、コロナ云々も関係なく、どこかのタイミングでは始める予定でしたけどね。

【欅坂46】 全曲レビュー
http://burning.doorblog.jp/archives/cat_1287501.html

そのシリーズ第一弾は1st Single『サイレントマジョリティー』の通常盤収録の『キミガイナイ』です。

【欅坂46】 全曲レビュー①~『サイレントマジョリティー』
http://burning.doorblog.jp/archives/47279198.html

*********************

<全曲レビューコメント>

『キミガイナイ』(通常盤収録)

キミガイナイ

「★★★★★」。

今回のシングル曲の中では個人的には一番好みです。転調の多いメロディに違和感タップリのVoメロディという組み合わせで、結構プログレッシブな作りなんですけど、聴き込む毎にクセになるフック満載の素晴らしい曲ですね。

選抜メンバー20名による楽曲です。歌詞も独特の世界観ですね。誰の声がメインで聴こえているのかが良くわかりませんけど、なかなか良いブレンド具合です。”平手”と”今泉”と”小林”がメインなんでしょうかね?

ピアノ、ストリングスの使い方も良いですね。アレンジも聴き応えバッチリでなかなか気合いが入ってますね。こちらも作曲・編曲は”Soulife”と”後藤勇一郎”さんと『乗り遅れたバス』と同じクレジットですね。本シングルでは大活躍ですね。

表題曲にするには冒険し過ぎですし、通常盤収録というのは分かるんですけどね。曲のクオリティを考えると、勿体ない気がしますね。この曲はMVを作って欲しかったですね。

*********************
『キミガイナイ』はホント大好きなんですよね~。

彼女たちの本流は代表曲『サイレントマジョリティー』、『不協和音』と言った、メッセージ性の強い、スピード感のあるロックテイストの曲であるのは間違いないところです。

でも彼女たちの楽曲には音楽的に実験をしているものがいくつかありますが、その中でも最も実験的なのが『キミガイナイ』ではないでしょうか?

聖歌が流れる聖堂にいるかのようなツンと張りつめた緊張感のあるバックトラックで流麗なメロディと展開が楽しめる、素晴らしい楽曲になっていると思います。

「プログレッシブロック」にカテゴライズされても良い仕上がりですが、それでもポピュラー音楽として楽しめる、芳醇なメロディが最高です。

転調も多く、歌いづらそうな曲でもありますけどね。

作曲・編曲は”Soulife”ですが、ストリングスアレンジでバイオリニストである”後藤勇一郎”さんが参加されているのも大きいですね。

”Soulife”は”河田総一郎”さんと”佐々木望”さんの2人から成る音楽ユニットですが、彼らの作品の中でもトップクラスの出来じゃないかな?

<”Soulife”の手掛けた楽曲抜粋>

欅坂46『二人セゾン』

【名曲】 欅坂46 『二人セゾン』
http://burning.doorblog.jp/archives/49210635.html



欅坂46『語るなら未来を…』



乃木坂46『あらかじめ語られるロマンス』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑯ 『あらかじめ語られるロマンス』
http://burning.doorblog.jp/archives/50983643.html



乃木坂46『孤独兄弟』



King & Prince『シンデレラガール』(こちらは作詞も”Soulife”)



やっぱり”Soulife”は凄いね。彼ら自身でも5枚のシングル(配信限定含め)をリリースしているので、チェックしてみようかな?

残念ながら、今回紹介する『キミガイナイ』はMVが制作されなかったのが残念ですが、「東京ドーム」でも披露されてますので、そちらでもチェックして欲しいけど、やっぱり空気感がガラッと変わる良い曲だし、ライブのセットリストには漏れなく入れて欲しいな。彼女たちのライブはお姉さんグループの”乃木坂46”はひたすら楽しいアイドルのライブであるのに対して、完成度の高いミュージカルのような、きめ細かな演出がポイントなので、本作は相性もいいと思いますけどね。

ちなみに個人的カップリングベストランキングでも1位でした。

【欅坂46】 カップリングベストを語ろう
http://burning.doorblog.jp/archives/54231110.html

1st Singleは攻撃的なメッセージソングに、フォークに、アイドルポップに、昭和歌謡と彼女たちのシングルでも最も音楽的な振れ幅が大きい、バラエティ感のあるものでしたが、その中でも異彩を放つ『キミガイナイ』は是非、多くの音楽ファンに耳にして欲しいです。

P.S.そろそろドキュメンタリー映画とシングル発売お願いしますよ! 坂道研修生の同期がCDデビューしているのに、欅坂46二期生は、未だに自分たちの楽曲ナシですからね。頼みますよ、運営さん!

サイレントマジョリティー
Sony Music Labels Inc.
2016-08-10