今回の名曲レビューは”FLOW”の2005年発表の7th Single(インディーズ時代も含めると11thとなる)『Days』を紹介します。

FLOW DAYS

4連休も終わりましたね。

僕は初日が仕事だったので、振替で水曜日までお休みにしたんですけど、帰りの飛行機がほぼ満席で驚いちゃいました。というかコロナ以降はずっと飛行機はガラガラでしたからね。今回は出張族っぽい方も多く、久々に満席近い飛行機に乗ったように思います。

全国各地の観光スポットでも昨年対比で上回るような人手を記録したところも出ているようですし、「With コロナ」で「おっかなびっくり」状態だったのが、ようやく人の動きが正常化しつつあり、経済も本格的な回復基調に入っていくんでしょうか?

菅新政権の支持率も高いようだし、しばらくは日本株は買いかな? なんてね。

さて、今回の名曲レビューはJ‐Popのレビューです。

取り上げるのは中堅バンドの”FLOW”なんですが、最初の印象はあまり良くなかったですね。

インディーズ時代の『贈る言葉』のパンクバージョンのカバーが僕が彼らを知った初めての曲ですが、単にパンクにアレンジしただけだったし、MVだったか、なんかの映像も若者が悪ふざけしている感じで印象があんまり良くなかったんだよね。(しかし、『贈る言葉』の動画を検索したけど、何故か、超下手くそな素人カバーが動画にアップされていて、聴いてて悶絶!!!)

その後、彼らはメジャーデビューし、『ドリームエクスプレス』や『GO!!!』とか、割とストレートなパンクロックナンバーを聴かせてくれてね。メロディもキャッチーで割と耳馴染みも良いし、改めて男性ツインボーカルの魅力も感じたりしてね、少しずつ前向きにバンドを捉えるようになりましたけどね。



それでもチャートインした曲なんかは「CDTV」なんかで断片的に聴いたりはしてたくらいで、真面目に彼らの音楽を聴くことはなかったんだよね・・・。

名前も知っているし、何となく曲も知ってるものもあるけど、音楽番組なんかでチラッとMVを見る程度・・・そんな存在でしたが、「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ」で2019、2020と2年連続で大トリを務めているステージを観て、見直したんだよね。

最初は”FLOW”がトリ?って結構驚いたんだけどね。

このライブ自体はメインアクトの登場はおおよそ2時くらいまでで、後半戦以降は、これからブレイクするだろうという、新しいバンドの曲が楽しめて良いんだけど、”FLOW"のパフォーマンスには驚かされましたね。

やっぱり力のあるバンドは、会場の空気を一気に変えることが出来るんだよね~。

パンクなんで演奏は下手クソと決めつけてたんだけど、安定感あるし、何と言っても”KOHSHI”の歌唱力が凄いよね。

2018→2019の大トリでの『GO!!!』はひたすらカッコ良くて、痺れたし、2019→2020の大トリでの『Sign』は良い曲やな~と思いました。



『Sign』って、MV再生2,000万回突破しているんだね~。世界のアニメファンが観てるんですかね・・・。

『Sign』もレビュー候補でしたが、今回は『Days』にしました。



『Days』はオリコン週間最高位で3位と彼らの過去ベストを記録しています。

累計売上も『贈る言葉』、『GO!!!』に続く3位とのことで代表曲と言えるでしょう。

アニメ「交響詩篇エウレカセブン」のオープニングテーマ曲となり、「平成アニソン大賞」においてアーティストソング賞(2000年‐2009年)にも選出されている人気曲ですね。

パーカッションのソロから静かに始まる曲なんですが、Aメロからキャッチーなメロディにグッとつかまれます。Bメロ、サビも良い感じのメロディが重なり、ジワジワとした高揚感があり、最後はしっかり盛り上がる流れが出来ています。

ミディアムテンポの楽曲で、そこまで抑揚もないメロディ構成ですが、ここまで聴かせることができるのはメロディの良さだと思いますね。

作曲はギターの”TAKE”こと、”浅川岳史”さんによるものですね。(アレンジには、あの”亀田誠治”さんの名前も・・・。)

完全に”FLOW”のメインソングライターですが、彼の書くメロディはかなり高品質ですね。僕にとっての”FLOW”の魅力の大きな部分を担ってますね。

他にも『7 -seven-』、『COLORS』等も良い曲なので、オススメです。

安易なカバーのシングルリリースも多くて、アーティストっぽさが感じられなかったのは、僕も反省なんですが、良いバンドですよ。既に音楽性的にもパンクバンドって感じではなくなってきてるしね。

頑張って欲しいね!



FLOW ANIME BEST
FLOW
KRE
2011-04-13


DAYS
Sony Music Labels Inc.
2019-10-01