四期生ライブ

【乃木坂46】 四期生ライブに向けて
http://burning.doorblog.jp/archives/55249074.html

セトリ含め、感想を書いていきますね。スピード重視で書くので、後で見直しします。

開演5分前に影ナレです。

<影ナレ> 黒見・掛橋・松尾

映像は名前が書いているボードのみで声だけでしたけどね。

00.Overture

過去の四期生曲のMVの映像をメインで使ったVTRでしたね。

01.君の名は希望(センター:遠藤と田村かな?、フロントは筒井、賀喜)
02.命は美しい(センター:筒井、フロント:清宮、金川)
03.インフルエンサー(センター:賀喜、田村)
04.走れ!Bicycle(センター:清宮、柴田)
05.ガールズルール(センター:賀喜、フロント:遠藤、田村)
06.夜明けまで強がらなくていい

『希望』スタートは予想外だったな~しかも表題曲連発にはビックリ。

勿論、16名全員でのパフォーマンスです。

”松尾”は背が高くて、目立つな~。

ステージ自体はバラエティ番組のような安っぽいセットですね。『君の名は希望』のジャケ写もあり、このあとジャケ写がめくられ、次の曲がアナウンスされる演出もありました。(『インフル』まで)

生歌メインのパフォーマンスも良いですね。

新四期生が完全に溶け込んでいて、リハ、練習の成果が伺えます。

しかし、”筒井”はカッコいい曲もイケるね。『命は美しい』のセンターをしっかり務めてましたのは驚きました。(中盤の『僕の衝動』も良かった)

『走れ!Bicycle』はセットを移動しながらのパフォーマンスです。

ボックスに分かれたセットでのパフォーマンスでした。この曲やるとは思わなかったな~。

そして”賀喜”センターの『ガルル』です。

これは何度か見た記憶があるけど、やっぱり盛り上がりますね。

そして、”遠藤”のソロダンスからスタートした『夜明けまで強がらなくていい』です。

この曲をこんなに早い段階でやるとは思わなかったな~。しかし選抜メンバーでのパフォーマンスと比べても、層の厚さを感じるし、違和感を感じないのが凄いな~。

MC1

”遠藤”の挨拶から”賀喜”にバトンタッチしたかと思ったら、”清宮”がメインで新四期生の紹介を回してました。”林”、”弓木”、”黒見”、”佐藤璃”、”松尾”の順でしたね。”佐藤璃”はいつもの自己紹介の掛け声をやってました。

さあ、続いてはメンバーが二組に分かれてパフォーマンスです。

07.ロマンティックいか焼き(センター:弓木)
08.トキトキメキメキ(センター:柴田)
09.僕の衝動(センター:筒井)
10.ポピパッパパー(センター:金川)
11.ありがちな恋愛(センター:遠藤、賀喜)全員

07、09は”弓木”、”林”、”田村”、”筒井”、”矢久保”、”賀喜”、”北川”、”早川”。

08、10は”柴田”、”遠藤”、”金川”、”清宮”、”掛橋”、”松尾”、”佐藤”、”黒見”です。

『ロマいか』は椅子を使ったパフォーマンスでしたね。

三期生曲をやったのも意外でしたね~。しかも2曲!

『トキトキメキメキ』はチアの衣装で楽しませてもらいました。間奏では”松尾”のロンダードからのバク転も!

”筒井”は雰囲気あるねえ。影を上手く使った演出もまずまず。

『ポピパッパパー』は額縁衣装でのパフォーマンスでした。「乃木坂工事中」で”金川”が『ポピパッパパー』の意味が分からないと発言していたのをピックアップしてのセンターだったのかな?

そして最後の『ありがちな恋愛』は全員集合といやー良い演出ですね。人数が絞り込まれて、メンバー一人一人をしっかりチェックできるのが良いです。

MC2

このMCは”弓木”が回します。”田村”とのやり取りを経て、ライブの感想を”柴田”、”北川”、”矢久保”に聴いていきます。

”北川”のライブに向けての目標のコメントが良かったですね。

”清宮”と”早川”が今回のライブを引っ張ってたんだね。ここで”矢久保”が泣き、”清宮”も泣く。

しかし、”弓木”のMCの安定感は異常。

<ユニットコーナー>

12.やんちゃなやんちゃん~孤独兄弟(金川、賀喜)
13.渋谷ブルース(柴田、弓木、筒井、掛橋)
14.白米様(田村、矢久保、北川、佐藤)
15.Threefold choice(清宮、松尾、黒見)
16.心のモノローグ(早川、遠藤)
17.自分のこと(林)

「やんちゃなやんちゃん」のネタも良かったけど、「2万円の中古のバイク」をネタに入れての『孤独兄弟』はビックリ。まあ、革ジャンだしね。想定できなくはなかったのかな。

でもカッコ良かったな。尚、”白石”パートが”賀喜”、”橋本”パートが”金川”です。

『渋谷ブルース』は「しばゆみ」(柴田、弓木)が歌を歌います。尚、”白石”パートは”柴田”、”高山”パートは”弓木”です。

「おかけ」(掛橋)と「おつつ」(筒井)がギターでエンディングのお約束も決めてました。

『白米様』は可愛すぎで反則ですよね~。今回は”田村”の可愛さにやられちゃってるな~。

『Threefold choice』も良い選曲だね、尚、バックの映像では”清宮”がクリスマスツリー、”松尾”がサンタ、”黒見”がトナカイになってました。

『心のモノローグ』も良かったな~。特に”遠藤”の表現力が凄くて、感心しました。

しかし、”林”は良く、この難しい曲を歌いこなしたね。声域も合っているんだろうけど、アッパレ!

さあ、後半戦です。”遠藤”の掛け声でラストスパートです。

<後半戦> 

18.4番目の光
19.図書室の君へ
20.キスの手裏剣
21.I see...

このパートは圧巻でしたね。

四期生曲は名曲だらけだけど、センターを変えながら、ここまで魅せつけるとはね。完全に降参です。

画面が四分割になったり、二分割になったりしてましたけど、そんなの関係ないね。良い曲を堪能させて頂き、可愛さもタップリと楽しませてもらいました。

最後の締めコメントは”賀喜”でした。アンコールもあるんでしょうけど、アッサリ退場です。1時間半くらいですが、かなりの曲数でしたね。

<ENCORE>

EN01.Out of the blue(センター:早川、フロント:田村、賀喜)

26th Single収録予定の四期生曲の初披露です。しかもフルサイズです。

新たなセンターは”早川”ですか・・・これは驚き。(お見立て会でセンター経験のある”清宮”、”柴田”でもなく、四期生曲でもフロント経験がないのにね・・・)

曲自体は『I see...』に近い、90年代のJ-Popを彷彿させる、明るいポップソングでした。タイトルは重たそうな雰囲気の曲調を思い起こさせるんだけどね。

MC3

MCは”早川”ですね。涙が滲んでいるようです。その後、”賀喜”、”清宮”、”筒井”とつないでいきます。

”筒井”の「四期生全員大好き」は感動しました。

みんな泣いちゃってる感じでしたね。

EN02.乃木坂の詩

ラストはお決まりの『乃木坂の詩』です。勿論、画面越しに歌ってましたよ!

最後の締めは”遠藤”でした。ちょっと噛んじゃったけど、可愛いから文句なし!

<アフター配信>

MC4「パジャマトーク」

EN03.僕だけの光

MC5「ライブの感想」

EN04.あらかじめ語られるロマンス

アフター配信のMCは”田村”が回します。メンバーがそれぞれ選んだパジャマを見せてトークするかんじです。”遠藤”のウサギのパジャマが可愛すぎて悶絶。

パジャマ姿での『僕だけの光』はワチャワチャしてて、良いね。ライブでは感動する曲なんだけど、ひたすら楽しい。

ライブの感想のパートでは”佐藤璃”がリハ大号泣したとか、”筒井”が「みんな可愛い」って言ったり、”早川”が『4番目の光』は元々16人の曲だったんじゃないかと思ったとか、良い話が聴けました。あとは”林”のソロ、”田村”の『白米様』の話、「やんちゃなやんちゃん」の話で盛り上がってました。

”田村”は”佐藤璃”にご飯と服をあげるんでしょうか?

最後の『あらロマ』も勿論、パジャマ姿で途中カーペットに寝転んでのパフォーマンスも楽しませてもらいました。

今回はアフター配信で1曲やると聴いてましたが、まさか2曲もやるとは!!!

ボリュームも十分でお得感を得られる、アフター配信になりましたね。

最後に総括の感想です。

「配信になっちゃって」というメンバーのコメントが多くて、元々は生でやる予定だったんでしょうね。その意味でもコロナが憎いね。でも配信ライブは、チケットの当落関係なく、必ず観れるのがメリットでもありますけどね。

最初のパートの表題曲連発は、四期生が”乃木坂46”の新たな歴史を刻んでいくという意思表明のようなメッセージのように受け止めて、感動しました。

『夜明けまで強がらなくていい』を前半戦にやったのも驚きました・・・また選抜メンバーと比較しても見劣りしない、メンバーの層の厚さに圧倒されました。

中盤は三期生曲の登場にビビりましたね。前半の2チームに分けてのパフォーマンスもメンバー一人一人が観れて、楽しめましたね。またバスラでしか聴けないような、意外な曲がチョイスされていて、楽しかったな!

特に良かったのは、「やんちゃなやんちゃん」のネタからの『孤独兄弟』かな。これ、バスラで定番にしちゃっても良いんじゃない? 「WHITE HIGH」もWHITEが抜けたけど、そのポジションを埋めてくれるメンツが豊富ですから、何の心配ないですね~。

本編ラストの四期生曲の連発は想像してましたが、完全に圧倒され、感動しました。

曲が良いのもそうだけど、センターがコロコロと変わっていく、”乃木坂46”のライブの楽しさが四期生だけで表現されていたのが素晴らしいね。

新曲も聴けたし、アフター配信も存分に楽しめたし、最高の配信ライブでしたね。

仲良そうな雰囲気がとっても良いですし、まさに”乃木坂46”と言える素晴らしいメンバーだね。
 
いやー彼女たちの輝かしい、明るい未来に更に確信が持てる素晴らしいライブだったな~。

やっぱ、乃木坂だな! だな!

P.S.アンダーライブも楽しみ~。さあ、櫻坂46のライブビューイングのチケット発券しに行こ!