【櫻坂46】 「デビューカウントダウンライブ」

観てきました!

スピード重視で書きますが、不足分などは後で修正します。

セトリ含め、書いていきますね。

影ナレ:???

00.Overture

01.Nobody's Fault

MC1(森田)

02.ブルームーンキス
03.最終の地下鉄に乗って

ここまでが”森田”センターの楽曲です。メンバーは入れ替わりなしで、個人的には「森田組」と言いたいです。

『ブルームーンキス』は曲間にセリフもありますが、かなりプログレッシブな曲でメロディも秀逸で良いです。”日向坂46”のイメージが強い”野村陽一郎”の作曲みたいです。こんなタイプの曲も書くんですね~。

『最終の地下鉄に乗って』は”aokado”らしい、グッと来るメロディが楽しめる楽曲です。明るいし、スピードも若干あるけどね。コレも良い曲ですよ。

~Dance Track~

「藤吉組」の三列目の6名がフューチャーされてのステージです。

04.Plastic regret

MC2(藤吉)

05.なぜ 恋をして来なかったんだろう?

『Plastic regret』は今回の収録曲では最も普通かも? ちょっとだけ”Perfume”の曲っぽいイメージがしましたけどね。

MCでのいろんな解釈をしてくださいねというセンターのコメントを受け、楽しみにしていたこの曲です。

『なぜ 恋』はライブで思った以上に跳ねなかったけど、コールがあればもっと伸びるよね~。

いやーノリノリでしたが、会場は声ひとつ出さないので、変な空気です。

サイリュウムを振っている人もいません。

~BGM~Dance Track~

06.半信半疑

MC3(山﨑)

07.Buddies

BGMに合わせ、「山﨑組」の三列目メンバーがフューチャーされ、ダンスに展開していきます。

『半信半疑』は和製ロックっぽい曲ですが、歌謡曲っぽいメロディが好印象。

『Buddies』はそんなに好きじゃなかったんだけど、ライブで思いのほか、感動的でビックリしました。ライブの本編ラストとかに相応しい荘厳な感じがあるよね~良いね~。

全員による意気込みリレー

MC4(菅井MC)

08.櫻坂の詩(字は合ってないかも?)

個人的にはデビューシングル収録の7曲の披露が終わってからの意気込みリレーは退屈に感じました。

メンバー全員でリレーしていくわけですが、コメントはほぼ被った内容で「デビューカウントダウンライブを映画館でご覧になっている皆さん」、「ありがとうございます。」・・・みたいな感じでね~。

「櫻エイト」から締まったように思ったけど、ちょっと工夫したら、もっと良くなった気がします。

そのあとの”菅井”が回す感想を聴く、MCのほうが楽しめたな。

そして、サプライズ的な感じで、本日のために”秋元康”さんが書き下ろした曲『櫻坂の詩』です。

ま、合唱曲でありがちな感じですが、メロディも良いし、割と良いな~と思いました。

そしてメンバーの掃ける姿を映しつつ、”理佐”が最敬礼をし、アンコールもなく、終了です。

今回の総括です。

非常に強力な楽曲が沢山あり、感動しました。

また3人のセンターを立て、各グループでのパフォーマンスでもあったので、異なる個性を持つ3つのグループを見ているような感覚になりましたが、いずれも高品質なのが凄いです。

個人的には「藤吉組」のパフォーマンスに魅力を感じたけど、明確な差がある訳ではなく、好みの問題かなと思います。

センターと言う概念を大きく崩した”櫻坂46”のやり方はある意味、発明かもしれませんね。良い競争が生まれるのかもしれませんね~。

”櫻坂46”としての再スタートですので、応援しますけど、今回のライブについては、少しファンサービスが不足気味に感じました。(アンコールなし、1時間半弱での終演)

まあ、”欅坂46”時代もそうだったけどさ、新たなアイドルグループとしては、もうちょい歩み寄る感じがあっても良いかなと思いました。(25曲やった”乃木坂46”の四期生ライブとの比較は大きいかもね、ま、フルサイズ披露だったしね)

シンプルな演出はメンバーを見てもらいたいというメッセージだったのかな。最後の桜が舞い散るエンディングは定番にしても良さそうだね。

まあ、いろいろと書きましたが、”欅坂46”との比較では厳しいものの、新人のデビューライブとしてはまずまずの出来だったんじゃないでしょうか?

会場にもよるんだろうけど、サイリュウム振りたかったな~。

P.S.『なぜ 恋』は”Soullife”案件だったのね。さあ、CD聴こう!