”乃木坂46”の26th Single『僕は僕を好きになる』のMVが公開されました。

正統的なアイドルのMVっぽい作りではあるんですが、普通なら練習風景から本番用の衣装に着替えてのパフォーマンスなんでしょうけど、面白い演出ですね。

衣装でのパフォーマンスが1番、そのまま舞台裏のカメラマンやスタッフを敢えて見せながら、日常のセンター”山下美月”を撮るのかと思いきや、雑誌の撮影だったり、バラエティのドッキリ収録だったりと、そのまま練習風景っぽいジャージ姿のパフォーマンスやメンバーのワチャワチャ感を見せ、最後は衣装でのパフォーマンスに戻るという流れが仕事とプライベートの切り替えを上手く裏切るような感じで興味深かったですね。

選抜メンバーを全員ワンショットで切り取る場面もあったりで、良い構成じゃないでしょうか?

監督は”奥山大史”さんという方で調べてみると・・・まだ24歳!

MVを手掛けるのは3作品目みたいですが、どれも印象的でした。

AI美空ひばり『あれから メモリアル映像』



「紅白」で観たときは、AI動画に白けたんだけど、このMVで聴くと凄い扇情力だね。泣いちゃった。ようやくこの曲の素晴らしさ、”ひばり”さんの声の魅力を感じることが出来た気がします。同じ声、歌のはずなんだけど、やっぱりビジュアルの力って大きいね。

しかしこの曲良いな~。音源欲しくなってきたな~。

森七菜『スマイル』



こちらも彼女の仕事風景を日常で撮っているような感じで良いMVだね。こういう自然な表情を切り取るのが上手いんだろうね。

こちらは本家のバージョンをレビュー済みですけどね。

【名曲】 ホフディラン 『スマイル』
http://burning.doorblog.jp/archives/55172069.html

いろんな賞も獲られているみたいで、それも納得です。

第66回サンセバスチャン国際映画祭最優秀新人監督賞
第29回ストックホルム国際映画祭最優秀撮影賞
第19回ダブリン国際映画祭最優秀撮影賞
第3回マカオ国際映画祭スペシャル・メンション
第11回TAMA映画賞最優秀新進監督賞

『僕は僕を好きになる』は曲自体も良いよね~。

最初、歌番組で聴いたときには、「”杉山勝彦”さんの作品にしてはメロディ弱くない?」って思ったんだけど、完全にスルメ曲で聴くごとに良くなるな~。

まあ、それでもメロディ自体の良さとなると過去の”乃木坂46”への提供作品と比べちゃうと弱いかもしれませんね。





たまたま動画視聴してたら出てきたのも貼っときます。”まいちゅん”歌上手いし、曲の良さが際立つよね。そろそろ他アーティストによるカバーアルバムとか出せばいいのにね。










改めて曲の評価は正式音源を聴き込んで決めたいとは思いますけどね。

いずれにせよ、楽しみですね。

P.S.誕生日まであと1ヶ月ちょっとになりましたが、9th バスラはどうするんでしょうかね?