名曲レビュー

【名曲】 Van Halen 『Can't Stop Lovin' You』

今回の名曲レビューは”Van Halen”の1995年発表の10th Album「Balance」収録で『Can't Stop Lovin' You』を紹介します。

Can't Stop Lovin' You

悲しいです・・・。

伝説的ロックギタリスト”Edward Van Halen”氏が10月6日に「癌」で急逝されました。

Edward Van Halen

結局、彼のプレイを生で観ることは、叶わぬ夢となったんですが、残念です。

前にも書きましたが、ギターを練習した最初の曲が”Van Halen”の『You Really Got Me』だったんですけど、難し過ぎてね・・・。(今となっては完全に選曲ミスで失敗だったなと思いますけど)



”Kinks”のカバーですが、原曲と比べるまでもない出来でね。やっぱり”Edward Van Halen”の凄さに驚愕させられますね。

デビューアルバムでの『Eruption』でのプレイはつとに有名ですよね。



代名詞と言えるライトハンド奏法は勿論ですが、速弾きにハミングバードピッキングに当時のギター少年たちにあまりに大きな影響を与えたのは間違いないですね。

とはいえ、僕自身は「演奏が凄い=聴く」という思考ではないので、曲、メロディの良さを追求しているので、”Van Halen"とは割と距離があったように思います。

でも素晴らしい楽曲と”Edward Van Halen”のギターには思い入れがありますね。

過去に名盤レビューもしてますけどね。

【名盤】 Van Halen 「5150」
http://burning.doorblog.jp/archives/52040898.html

僕にとっての”Van Halen”の名曲ベスト5はこんな感じでしょうか?

5位『Jump』(「1984」収録)



彼らの代表曲で世間認知度もかなり高いですね。最初のキーボードからキャッチーですし、HRの美味しいところがポップに楽しめるのが凄いよね。

「Billboard Hot 100」でNo.1を獲得しており、「HM/HR」界においても、金字塔的な記録だと思います。やっぱり良い曲ですよね。

4位『Panama』(「1984」収録)



『Jump』と同様に「1984」収録の名曲ですね。キーボードの印象が強い『Jump』に比べ、よりギターの印象が強い曲で僕は好きですね~。”David Lee Roth”時代の楽曲ではNo.1でしょう。

スピード感もあって、それでいてキャッチーなのも凄いよね。こちらも「Billboard Hot 100」で13位を記録していますね。

これぞ”Van Halen”って曲で好きな方も多いんじゃないかな?

3位『Can't Stop Lovin' You』(「Balance」収録)

のちほど語ります。

2位『Why Can't This Be Love』(「5150」収録)



名盤レビューもした「5150」の最初のシングルカット曲です。「HM/HR」要素は薄いけど、良い曲ですよ。全米3位のヒットも納得です。

このミディアムテンポでうねるメロディとギターと組み合わせが最高なんだけど、そんなに評価されてない気がして残念。僕はかなり好きです。

1位『Dreams』(「5150」収録)



ホントに完璧な曲。

「HR」と「AOR」の美味しいところを総取りしたような凄い曲です。”Sammy Hager”時代は一気にメロディの質が上がって(「1984」以降かな?)、”Van Halen"を見直した感じがあるので、僕にとっては、やっぱり「5150」がNo.1ですね。

って、3位にした『Can't Stop Lovin' You』ですが、まあパワーバラードですし、ラジオ向きで当たり障りのないポップソングと言ってもいいかもしれませんが、このメロディと生々しいギターサウンドがヤバい出来です。



めちゃくちゃ聴いてた時期もあってね。思い入れは相当なんですよね。

”Sammy Hager”の歌が素晴らしい仕事をしてますよね。

でも”Edward Van Halen”のギターも印象的ですよ、かなりの小技を入れつつ、メロディの良さを活かしたソロも最高です。

聴けば聴くほど、味わい深いし、彼への想いを告げるには最高の「レクイエム」になるんじゃないかなと思いました。

生きる伝説、「King Of Pop」との共演もあった凄いアーティストの死は悲し過ぎるけど、作品は遺るんだよね。

若いロックファンには是非、”Van Halen”の音楽の素晴らしさを知って欲しいな!

合掌。

P.S.某専門誌でも特集記事が出るのは間違いないね。

Balance
Van Halen
Imports
1995-01-18


BEST OF 1
VAN HALEN
WEA
1996-10-18


5150
Van Halen
Warner Bros / Wea
1986-01-20


【名曲】 Bruno Mars 『Runaway Baby』

今回の名曲レビューは”Bruno Mars”の2010年発表の1st Album「Doo-Wops & Hooligans」収録の『Runaway Baby』を紹介します。

Bruno Mars 『Runaway Baby』

”嵐”の新曲『Whenever You Call』が話題ですね。



完全に洋楽のポップソングですが、なかなか味わい深い曲で良いと思いますが、”嵐”が歌うべき曲だったかどうかは微妙な感じだな~と現時点では捉えています。(もうちょっと聴き込んだら印象変わるかもしれんけど)

それこそアメリカ進出を果たすために、レーベルにこうすりゃ売れるよって、歌は英語じゃなきゃダメよ・・・って、プロデュースされた楽曲のような匂いがプンプンするんだよね。(”ピンクレディー”、”松田聖子”・・・過去にもいっぱい事例はあるけどね)

僕は今年の”嵐”のリリース楽曲では圧倒的に『In The Summer』が好きです!



レビューでも取り上げたことのある”One Direction”を手掛けた”Rami Yacoub”による楽曲ですが、「トロピカルハウス」の要素を感じるバックトラックに流麗なメロディがね、良いんだよね。

程よい感じの「J-Pop」臭が感じられるメロディにしているのが凄いし、”嵐”に合うなと思います。

【名曲】 One Direction 『Live While We're Young』
http://burning.doorblog.jp/archives/52837576.html



個人的に、”嵐”には「J-Pop」界のトップでいて欲しいという想いがありますね。

その意味でも昨年の年間ベストチューンでもランクインさせた『Turning Up』は「J-Pop」を世界に広めるような歌詞も含め、素晴らしかったと思ってます。(『Turning Up』は北欧のソングライター”Andreas Carlsson, Erik Lidbom”のクレジットです)

”嵐”のレビューではないので、本題に戻しますが・・・。

『Whenever You Call』を手掛けたのが、世界的アーティスト”Bruno Mars”なんですよね。

”Bruno Mars”を知ったのは『Just The Way You Are』ですね。



『Just The Way You Are』と言えば、僕にとっては”Billy Joel”の名曲というイメージがこの数十年あったんだけど、同名でこんなに素晴らしい曲があるんだと驚いた記憶があります。

【名盤】 Billy Joel 「Greatest Hits Volume Ⅰ&Ⅱ」
http://burning.doorblog.jp/archives/46190123.html

そういや”EXILE ATSUSHI”もカバーしてたね。アルバムも一応聴いたんだけど、全体的には僕には退屈でした・・・。

あとはレビューした"Mark Ronson”との『Uptown Funk』ですね。

【名曲】 "Mark Ronson featuring Bruno Mars" 『Uptown Funk』
http://burning.doorblog.jp/archives/54641368.html



これは超カッコいいよね! 

軟なポップソングが主かなと思ってたんだけど、ファンキーでカッコいいし、ダンスもキレッキレだし、改めて興味を持って、聴き直してたんだけどね。

そんな僕が大好きになった曲が『Runaway Baby』です。

洋楽は苦手とかって、言う人にも一度聴いてみて欲しいな。



グラミー賞でのパフォーマンスもあったので、貼っておきますけど、やっぱカッコいいね。



疾走感とノリが凄い曲なんだけど、とにかくメロディがキャッチーで一気にノレるのが良いですね。

3分にも満たない楽曲なんだけど、畳みかけるような展開が素晴らしいので、爽快感だけじゃないのも良いですね。

やっぱりアメリカでホントに売れているアーティストは凄いね~と感心しちゃたね。

そういや別の意味で話題になっちゃった、映画「とんかつDJアゲ太郎」の主題歌にも起用されてたんだよな~。

うーん、世の中はいろいろと複雑だね。

Doo-Wops and Hooligans (Bonus Track)
MARS, BRUNO
ATLAN
2011-01-14


Runaway Baby
Elektra (NEK)
2011-01-12


【名曲】 FLOW 『Days』

今回の名曲レビューは”FLOW”の2005年発表の7th Single(インディーズ時代も含めると11thとなる)『Days』を紹介します。

FLOW DAYS

4連休も終わりましたね。

僕は初日が仕事だったので、振替で水曜日までお休みにしたんですけど、帰りの飛行機がほぼ満席で驚いちゃいました。というかコロナ以降はずっと飛行機はガラガラでしたからね。今回は出張族っぽい方も多く、久々に満席近い飛行機に乗ったように思います。

全国各地の観光スポットでも昨年対比で上回るような人手を記録したところも出ているようですし、「With コロナ」で「おっかなびっくり」状態だったのが、ようやく人の動きが正常化しつつあり、経済も本格的な回復基調に入っていくんでしょうか?

菅新政権の支持率も高いようだし、しばらくは日本株は買いかな? なんてね。

さて、今回の名曲レビューはJ‐Popのレビューです。

取り上げるのは中堅バンドの”FLOW”なんですが、最初の印象はあまり良くなかったですね。

インディーズ時代の『贈る言葉』のパンクバージョンのカバーが僕が彼らを知った初めての曲ですが、単にパンクにアレンジしただけだったし、MVだったか、なんかの映像も若者が悪ふざけしている感じで印象があんまり良くなかったんだよね。(しかし、『贈る言葉』の動画を検索したけど、何故か、超下手くそな素人カバーが動画にアップされていて、聴いてて悶絶!!!)

その後、彼らはメジャーデビューし、『ドリームエクスプレス』や『GO!!!』とか、割とストレートなパンクロックナンバーを聴かせてくれてね。メロディもキャッチーで割と耳馴染みも良いし、改めて男性ツインボーカルの魅力も感じたりしてね、少しずつ前向きにバンドを捉えるようになりましたけどね。



それでもチャートインした曲なんかは「CDTV」なんかで断片的に聴いたりはしてたくらいで、真面目に彼らの音楽を聴くことはなかったんだよね・・・。

名前も知っているし、何となく曲も知ってるものもあるけど、音楽番組なんかでチラッとMVを見る程度・・・そんな存在でしたが、「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ」で2019、2020と2年連続で大トリを務めているステージを観て、見直したんだよね。

最初は”FLOW”がトリ?って結構驚いたんだけどね。

このライブ自体はメインアクトの登場はおおよそ2時くらいまでで、後半戦以降は、これからブレイクするだろうという、新しいバンドの曲が楽しめて良いんだけど、”FLOW"のパフォーマンスには驚かされましたね。

やっぱり力のあるバンドは、会場の空気を一気に変えることが出来るんだよね~。

パンクなんで演奏は下手クソと決めつけてたんだけど、安定感あるし、何と言っても”KOHSHI”の歌唱力が凄いよね。

2018→2019の大トリでの『GO!!!』はひたすらカッコ良くて、痺れたし、2019→2020の大トリでの『Sign』は良い曲やな~と思いました。



『Sign』って、MV再生2,000万回突破しているんだね~。世界のアニメファンが観てるんですかね・・・。

『Sign』もレビュー候補でしたが、今回は『Days』にしました。



『Days』はオリコン週間最高位で3位と彼らの過去ベストを記録しています。

累計売上も『贈る言葉』、『GO!!!』に続く3位とのことで代表曲と言えるでしょう。

アニメ「交響詩篇エウレカセブン」のオープニングテーマ曲となり、「平成アニソン大賞」においてアーティストソング賞(2000年‐2009年)にも選出されている人気曲ですね。

パーカッションのソロから静かに始まる曲なんですが、Aメロからキャッチーなメロディにグッとつかまれます。Bメロ、サビも良い感じのメロディが重なり、ジワジワとした高揚感があり、最後はしっかり盛り上がる流れが出来ています。

ミディアムテンポの楽曲で、そこまで抑揚もないメロディ構成ですが、ここまで聴かせることができるのはメロディの良さだと思いますね。

作曲はギターの”TAKE”こと、”浅川岳史”さんによるものですね。(アレンジには、あの”亀田誠治”さんの名前も・・・。)

完全に”FLOW”のメインソングライターですが、彼の書くメロディはかなり高品質ですね。僕にとっての”FLOW”の魅力の大きな部分を担ってますね。

他にも『7 -seven-』、『COLORS』等も良い曲なので、オススメです。

安易なカバーのシングルリリースも多くて、アーティストっぽさが感じられなかったのは、僕も反省なんですが、良いバンドですよ。既に音楽性的にもパンクバンドって感じではなくなってきてるしね。

頑張って欲しいね!



FLOW ANIME BEST
FLOW
KRE
2011-04-13


DAYS
Sony Music Labels Inc.
2019-10-01


【名曲】 陰陽座 『月に叢雲花に風』

今回の名曲レビューは”陰陽座”の2001年発表のメジャーデビューシングル『月に叢雲花に風』を紹介します。

月に叢雲花に風

4連休ですね~。

初日こそ仕事が入ってしまいましたが、3連休を楽しんでます。

”欅坂46”のドキュメンタリー映画をリピートで観に行ったりしましたが、今回もほぼ満席状態でしたね。(イベント規制の撤廃はありましたが、僕の行った映画館は1席空けての入場にしてました)
 
【欅坂46】 「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」
http://burning.doorblog.jp/archives/55009586.html

ラストライブは配信での開催が決定し、”櫻坂46”として活動することもゲリラ告知されましたが、何となくスキャンダルの揉み消しで情報発信を進めているような感覚ですが、いずれにせよ、楽しみですね。

ラストライブは二日間とも参戦したいのですが、初日は開演に間に合わない可能性があるので、悩んでますが、二日目は会員限定チケットをゲットしました!

前回の配信ライブとは違い、「静と動」という二部構成というのも面白いですが、「動」のイメージは鮮明ですが、「静」ってどんな感じなんでしょうかね? 表題曲で言えば、『セゾン』や『黒い羊』くらいでしょうけど、盛り上がるんでしょうかね?

って、”欅坂46”、新生”櫻坂46”の話から入ってしまいましたが、今回も連続で「HM/HR」の名曲レビューです。

僕自身、過去のブログには書いてこなかったんですけど、昔からギャンブルが好きで、特にパチスロについては30年近いプレイ歴があります。

僕が人生で最初にパチスロをしたのは、まだまだパチンコ屋も賭場の雰囲気タップリでやんちゃというか、かなり強面の店員に監視されながら、恐る恐るプレイしていた記憶があります。

当時は三号機時代で裏モノ全盛でしたし、「モーニング」と言う、素晴らしいイベントもあって、大学生時代は毎朝、通ってましたね。

四号機、五号機、六号機と時代が変わり、規制も変わり、どんどん射幸性の薄い機種がメインになってきていますが、六号機であれ、やっぱり楽しいですね。

設定判別だったり、台の波を分析したりと、頭の回転を良くする意味でも週1回くらいのペースでは行ってますね。

昔は技術至上主義でしたので、六号機は敬遠してましたが、今やメインは六号機ですし、それも楽しんでますが、今、一番個人的に打っているのは「バジリスク絆2」です。

「バジリスク」のアニメも漫画も読んだことはないのですが、内部モード変更やAT時のシナリオ分析、更には絆高確時の自力(実際は自力ではないけど)でボーナス上乗せ出来たりするのは、楽しいです。(五号機の「バジリスク」は一度も打ってないんですけどね)

その台で使われているのが、”陰陽座”の各種楽曲ですが、やっぱりカッコいいですよね~。





使用されている曲はメタルっぽい雰囲気はあるけど、メタル耳のマニアからすれば、そこまでハードには振り切ってないので、聴きやすいんじゃないかと思いますが、それでもアガります・・・。

”陰陽座”は「妖怪メタルバンド」をキャッチフレーズとしており、特に歌詞は独特の世界観ですが、音楽のベースにあるのは正統派の「HM/HR」であり、僕はインディーズ時代から専門店でCDを入手したりしてましたので、思い入れもある日本のメタルバンドです。

最初に聴いたのが「百鬼繚乱」ですね。

オープニングを飾るスピードチューン『式を駆る者』のカッコ良さには痺れたな~。



メジャーデビュー後もCDは買い続けてましたね。

個人的には”陰陽座”の魅力は優れた楽曲制作能力と”黒猫”のVocalなんだよね~。

日本のメタルバンドは割と女性Vocalが多いんだけど、その中でも”黒猫”の声の魅力、高い表現力は歴代のメタルクイーンと比較しても高レベルだと思いますね。だからこそ、Vocalistとしての命と言える喉と耳の治療に全力を注いでほしいね。

さて、今回紹介するのは悩んだんですけど、シングルリリースもされ、名盤「煌神羅刹」にも別バージョンが収録された『月に叢雲花に風』にしました。



”陰陽座”の楽曲の中では割とキャッチーでポップな部類に入る曲ですが、とにかくメロディ展開と、構成が良いんですよね。

ツインボーカルにしているのも効果的だし、憂いのあるメロディをしっかり聴かせる、程よいスピード感も良いですね。

ギターソロもカッコいいし、日本のメタルバンドの楽曲の中でも最高峰と言えるんじゃないかな?

スタートからの展開が”X-Japan”の某曲に似てるなんて指摘もありますが、そもそもお約束の流れですし、全然良いなと僕は思いますね。

「HM/HR」の世界は約束事が多いので、ある程度、類型化するのは致し方ないし、その中で素晴らしい魅力を感じられるのであれば、問題なしです。

でも個人的にはこの頃の”陰陽座”が一番熱心に聴いてた時期でもあるんだよね~。

組曲とかさ、やや大作主義に走ったのも、あまり良い印象は持てなくてね。純粋に曲、演奏の魅力で勝負できるバンドであるだけに期待はし続けているんだけどね。個人的にはコレじゃない感は常に思っていますね。

「魔王戴天」以降はテンションを下げつつも、追いかけてます。

ライブも一度行ってみたいと思いながら、まだ行けてないしね。

”黒猫”のVocalが良いし、メタルファンでなくても楽しめる曲が多いし、特にシングル曲なんかは歌謡曲っぽい雰囲気がある曲も多いので、試してみて欲しいですね。

是非、バジファンのスロッターの方にも『月に叢雲花に風』は聴いて欲しいな。

さあ、打ちに行くかな?

廿魂大全(完全限定盤)
陰陽座
キングレコード
2019-12-04


単盤大全【完全限定盤】
陰陽座
キングレコード
2019-12-04


煌神羅刹
陰陽座
キングレコード
2002-01-10


月に叢雲花に風
陰陽座
キングレコード
2001-12-16


甲賀忍法帖
King Record Co.,Ltd.
2018-06-06


【名曲】 Avantasia 『Prelude~Reach Out for the Light』

今回の名曲レビューは”Avantasia”の2000年発表の1st Album「The Metal Opera」収録の『Prelude~Reach Out for the Light』を紹介します。

The Metal Opera

すっかり気温も下がって、秋めいてきて、良い感じの気候になってきましたね。

「Go To Travel」は東京都の利用制限が撤廃される方向ですし、イベント規制も緩和とリアルでのライブやイベント開催が動きそうな流れでしたが・・・。

”嵐”の「アラフェス 2020 at 国立競技場」が無観客配信ライブとなり、”欅坂46”の「LAST LIVE」も2日間共に配信になったりと残念ですが、まだまだ「With コロナ」の時代は続きそうですね。(特にアストラゼネカのワクチンには期待したいんだけどね・・・)

さて・・・今回は「HM/HR」の名曲レビューです。

スーパーグループというか、お祭りユニットである”Avantasia”ですね。

”EDGUY”のVocalである”Tobias Sammet”が主催者で、既に8枚のアルバムをリリースしていますが、本来のメインである”EDGUY”よりも若干音楽性が豊かで(多数の豪華ゲストの参加による影響も大きいかな)魅力的な音楽が楽しめます。(って、”EDGUY”はレビューしてなかったんだね、曲は決まっているので、年内でレビューを書かなきゃな・・・)

この”Avantasia”の1st Album「The Metal Opera」は名盤レビューも出来そうなレベルの内容なので、是非、聴いて欲しいけどね。”Avantasia”のアルバムは全部持ってるし、全体的なクオリティは高いんだけど、個人的にはこの1stの衝撃が一番かな?

何と言っても僕の人生に大きな影響を与えた”Helloween”の元Vocalである”Michael Kiske”が参加しているのが大きいですね。

【名盤】 Helloween Better Than Raw
http://burning.doorblog.jp/archives/44234505.html

【名曲】 Helloween 『Livin' Ain't No Crime』
http://burning.doorblog.jp/archives/52959062.html

しかも、ただ参加しているのではなく、彼を完全にメロディックメタルの世界に引き戻し、歌わせたことが大きいんだよね~。

”Helloween”脱退後の”Michael Kiske”のリリース作品は悪くないけど、彼のやりたいことと、ファンが求めているものが違っていて、心から楽しめることはなかったんだけどさ。

ソロアルバム「Instant Clarity」も秀作だったし、”GAMMA RAY”の4th Album「Land Of The Free」収録の『Time To Break Free』は”Helloween”のコミカル路線の曲で悪くなかったけど、彼の超絶怒涛のVocalが堪能できるわけではなかったし、本作収録の直球ど真ん中のメロディックパワーメタル『Reach Out for the Light』を聴いた時は、本気でガッツポーズしたもんな。

コレだよ、コレ!ってね。



”Tobias Sammet”の男っぽいVocalも良いんだけどさ、やっぱりサビから登場する”Michael Kiske”の声に痺れまくりですよ。

やっぱりこの手のメロディックパワーメタルを歌った時の彼のVocalの存在感は唯一無二だよね。


 
”Helloween”在籍時にライブも行ったことあるけど、超絶Vocalを披露しながら、途中でおふざけを入れる余裕もあったりで信じられないくらいの声量と声域でしたけどね。

これぞ「HM/HR界の至宝」と呼ぶに相応しいパフォーマンスでしょう。その「至宝」をファンが求めるべき場所に呼び戻した”Tobias Sammet”の功績はメチャクチャ大きいし、彼に感謝しているメタルファンは多いんじゃないかな?

曲も素晴らしいんだけど、やっぱり僕にとっての主役は”Michael Kiske”です。ホントに凄いですよ~。

尚、下記は故”Andre Matos”のVocalによる同曲のライブ映像です。これはこれで泣けるな~。



しかし、このアルバムも既に20年前か・・・。

ホントにゾクゾクさせられるような、競演とか、復活劇とかいろいろとあったけど、ことごとくスベってるイメージなので、これは凄かったし、今でも衝撃的でしたね。

その意味でも「2019年 MY BEST SELECTION」でDVD&Blu-ray部門に選出した「Pumpkins United Tour」は良いんだけど、新しい曲での感動はないんだよね~。素晴らしいメンツが素晴らしい過去の楽曲で良いパフォーマンスすれば良い出来になるのは当たり前ですから、予定調和ですからね・・・。

いやーやっぱり”Michael Kiske”は僕にとってのベストボーカリストの一人ですね。

彼のVocalが乗るとどんなヘヴィな曲もメタリックな曲も聴きやすくなるような気がするんだけどね~。

最後は大好きな『Savage』で締めます。やっぱりメタルは良いな~。



ザ・メタル・オペラ
トビアス・サメッツ・アヴァンタジア
マーキー・インコーポレイティド
2019-01-23


ユナイテッド・アライヴ [Blu-ray]
ハロウィン
Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
2019-10-02


最新コメント
メンズスタイル
DMM.com
バイク
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ