名曲レビュー

【名曲】 Children Of Bodom 『Deadnight Warrior』

今回の名曲レビューは” Children Of Bodom”の1997年発表のデビュー1st Album「Something Wild」収録の『Deadnight Warrior』を紹介します。

Something Wild

新年恒例の「My Best Selection」の記事を書いている最中、驚きのニュースに目が点となり、記事を書いています。

元”Children Of Bodom”、現”Bodom After Midnight”の”Alexi Laiho”が逝去されました。

死因は発表されていませんが、長年健康問題で苦しんでいたそうです。

まだ41歳の若さですよ・・・。

まさに絶句です。

「HM/HR」界の若き天才、スターがまたこの世を去ってしまいました。

名盤レビューも書いてますが、僕にとっての”チルボド”(敢えてこう書きます)は1stと2ndです。(「Tokyo Warhearts - Live In Japan 1999」も大好きだけどね)

【名盤】 Children Of Bodom 「Hatebreeder」
http://burning.doorblog.jp/archives/46752233.html

「Melodic Death Metal」(メロデス)というジャンル自体は僕は決して好みではないんだけど、今は閉鎖されましたが、凄くお世話になっていたメタルサイトの紹介で「Something Wild」を買い、衝撃を受けたのは今でも鮮明に覚えています。

まあ、”メロデス”って、こんな感じだよね~。あ、この曲のこのメロディ良いね、このギター最高じゃん! アルバム全体通して聴くとシンドイな・・・。

なんて客観的に”メロデス”に触れていた僕ですが、この『Deadnight Warrior』を聴いたときはマジでベッドで飛び跳ねたもんな。



キラーチューンと出会った時の瞬間というのはいつだって素晴らしいんだけど、自分が没頭できそうになかった”メロデス”でそんな曲と出会えたんですから、ビックリですよね。

誤解を恐れずに書くと”Rainbow”のような正統的な様式美メタルを目一杯、荒々しくした究極のメタルって印象で、一気にハマりましたね。

アルバムの出来自体は別にしても、国内盤ボーナストラックだった『Children Of Bodom』の出来にも驚いてね。これがボートラなの?ってね。



レビューしたとおり、曲が粒揃いでクオリティの高い2ndのほうがアルバムとしての出来は良いと思うんだけど、僕にとって衝撃だったのは1stであり、『Deadnight Warrior』でした。



しかし改めて音を聴いても、動画を観ても、”Alexi Laiho”のスター性はホントに凄いです。

個人的には”W. Axl Rose”以来のスター性のあるミュージシャンだと思ってたので、本気で残念です。

ホントに「HM/HR」界にとっての大きな損失です。

まだ”Bodom After Midnight”の楽曲すら聴けてなかったのに・・・。

早すぎるよ~。

マジで泣いちゃったよ。

こりゃ某専門誌の次の号は追悼特集で確定だね。

いやースターの早すぎる死はホントに悲しい。

R.I.P. Wildchild Laiho





サムシング・ワイルド
チルドレン・オブ・ボドム
ユニバーサル インターナショナル
2012-05-23


ヘイトブリーダー
チルドレン・オブ・ボドム
ユニバーサル インターナショナル
2012-05-23


TOKYO WARHEART(東京戦心~トーキョー・ウォーハート)
チルドレン・オブ・ボドム
トイズファクトリー
1999-11-21


【名曲】 DOKKEN 『Kiss Of Death』

今回の名曲レビューは”DOKKEN”の1987年発表の4th Album「Back for the Attack」収録の『Kiss Of Death』を紹介します。

DOKKEN 『Kiss Of Death』

昨日のレコ大は予想通り”LiSA"の『炎』が大賞を取りましたね~。

おめでとうございます。

個人的にはハードロッキンな『紅蓮華』のほうが好みですが、「鬼滅の刃」の大ヒットもあって、世間的にも納得の結果じゃないでしょうか?

【名曲】 LiSA 『紅蓮華』
最優秀新人賞は久々に演歌勢の”真田ナオキ”さんが受賞しましたが、”豆柴の大群”の悪ふざけには、流石に辟易としました。

昔はホントに凄い賞だったし、「紅白」よりも重みを感じる番組だったんだけどね~。今となってはバラエティにネタにされるような番組になっちゃったということなんでしょうね。

昔の秘蔵映像が一番グッと来ちゃうのはマズイのは分かっているんですが、今年のエントリー歌手も全般的に小粒だった印象です。”筒美京平”さんの追悼企画ももうちょい楽しめるものに出来たはずなのに・・・凄く勿体ない印象です。

今日の「紅白」には期待したいですが、平成最後のお祭りに感動した69回を超えることはないにせよ、コロナ禍で厳しかった1年を締めくくる、良い歌を聴かせて欲しいね。

【感想】 「第69回NHK紅白歌合戦」
「坂道シリーズ」は勿論、”BABYMETAL”のパフォーマンスに期待したいね。 ”さだまさし”さんに、”松任谷由実”さんに、”YOASOBI"に、”玉置浩二”さんとサプライズ出演が小出しされてますが、最後の最後にあるんでしょうかね・・・?

そんな僕ですが、2020年のベスト選出でCDを聴きまくったり、Blu-rayを観まくったりしてます。

どこも出かけられないので、音楽三昧の正月になりそうですね。

特に2020年は「HM/HR」系の楽曲を聴けなかったのもあって、2020年の記事の締めくくりは「HM/HR」にしました。

”DOKKEN”は「LA METAL」の代表的なバンドでありますが、ひときわメロディックな楽曲に加え、グターヒーロー”George Lynch”の存在が大きいですよね。

『Mr.Scary』のプレイはマジでヤバイっすよね~。”Led Zeppelin"の『Immigrant Song』をオマージュしたこの楽曲自体も良いけど、プレイがタマンナイですよね。

重く切れ味抜群のリフと味のあるフレージング、どれをとっても歴史に残るインスト曲なので、是非、聴いて欲しいですね。



”DOKKEN”自体で言うと、2nd Album「Tooth and Nail」と3rd Album「Under Lock and Key」がと名盤だ思いますが、個人的には「Back for the Attack」も捨てがたいんだよね~。

先述の『Mr. Scary』のインパクトも十分だし、ミドルテンポで美味しいメロディが楽しめる佳曲ぎっしりで聴きごたえのある作品だと思います。(出来の良いアルバムとは思わないけどね)

”DOKKEN"のベストはその意味でもライブアルバムの「Beast from the East」かもしれないね。

曲がメロディが強いバンドだし、”Don Dokken"と”George Lynch”の確執が明確になった時期ではあるけど、逆にそのバトルも含め、楽しめるライブかなと思います。

ボーナストラックの『Walk Away』も『Alone Again』に匹敵する名バラードじゃないかな?



でもやっぱり「Back for the Attack」と言えば、”DOKKEN"と言えば、僕にとっては『Kiss Of Death』ですよ。





これだけカッコいいギターが聴けるだけでも鳥肌なんだけど、このリフとフレージングの上に”Don Dokken"の甘くメロディックなVocalが乗っかるのが凄いんだよね~。

”George Lynch”は問答無用で弾きまくってさ、それでいて、絶妙なバランスで作品として成立させているのが凄いよね。

”Don Dokken"、”George Lynch”、”Jeff Pilson”、”Mick Brown”という4人の才能が集結し、「LA METAL」屈指の名曲となっていると思いますね。

僕が死んだときには、レクイエムで流して欲しい名曲のひとつですね。

”DON DOKKEN"のアルバムは割と良かったけど、”Lynch Mob”は一部の曲を除けば微妙だったし、リユニオン後もロクな曲とは出会えず・・・。

このレベルのキラーチューンと出会える日を待ち望んで、ず~っと「HM/HR」を聴いているんですけどね。

さあ、引き続き、CD聴こう!

P.S.遂に東京のコロナ感染者が1,000名を越えましたが、一気に1,300名越えとは・・・。皆様、健康第一で良い年の瀬を!

Back for the Attack
Dokken
Rock Candy
2015-04-21


Beast from the East
DOKKEN
ROCCA
2017-07-28


【名曲】 IZ*ONE 『Beware』

今回の名曲レビューは”IZ*ONE”の2020年発表の日本国内では1st Albumとなる「Twelve」収録の『Beware』を紹介します。

IZONE BEWARE

【韓流アーティストのレビュー記事】

【名曲】 K 『Only Human』
http://burning.doorblog.jp/archives/45485582.html

【名曲】 天上智喜/CLIFF EDGE 『Here』
http://burning.doorblog.jp/archives/46269812.html

【名曲】 Shin Seung Hun 『I Believe』
http://burning.doorblog.jp/archives/47021875.html

【名曲】 チョー・ヨンピル 『想いで迷子』
http://burning.doorblog.jp/archives/48391560.html

【名曲】 BOA 『メリクリ』
【名曲】 KARA 『GO GO サマー!』
http://burning.doorblog.jp/archives/54056731.html

結局、今年のクリスマス特集は2曲で終了しました。来年に取っておきます。

話は変わりますが・・・。

こないだブログの読者でもある友人に、「はみだしさん(実際には本名)って、”NiziU”ってどうなんですか?」って、聴かれたんですよね。
 
『Make you happy』はキャッチーで良いんじゃない? でも興味ないな~。

結局、「スッキリ」でのオーディションがコロナ禍でテレワークも増えた中で、沢山の人が見て、話題になったのがヒットの要因だよね。

それこそ昔の「ASAYAN」とかでデビューした人を応援したくなって、売れたりするのと一緒だよね。ある種のメディア戦略でのヒットじゃない?

”モー娘。”も最初はそんなスタートだったけど、”つんく♂”の作曲家としての能力開花もあって、売れに売れたけど、日本人って、そういう努力や根性で這い上がったりするのに弱いんだよね~。「判官びいき」だしさ。

そもそも俺、ちゃんとオーディション見てないし・・・チラッとは見たことはあるけどさ、”J.Y. Park”人気とかでかなり嵩上げされているんじゃないの? 今年は年末音楽特番や紅白に引っ張りだこだけど、来年はどうかな? 『Step and a step』も悪くないけど、プレデビュー曲のほうが良い出来じゃない?

とややネガティブな返しをしたんですけどね。

このやり取りを振り返って、僕自身が「K-Pop」に興味を持ってないことを実感したんですが、最近、良く聴いている「K-Pop」の曲が2曲あります。

その1曲が”BTS"の『Dynamite』です。



正直、”BTS”には全く興味なかったんですよね~。娘が好きで、有名曲を中心に、そこそこ聴いたんですけど、僕には微妙でした。

そんな僕が『Dynamite』にハマってるんですからね・・・。

でもメチャクチャにクオリティ高いよ、この曲。

R&Bとかブラックミュージックに通じるパンチの効いたリズムに甘いメロディのVocalが乗っかるんですが、ラップだったり、ファルセットを上手く使ったりと芸も細かいし、ヒット曲らしいフックが満載で改めて、世界を獲る音楽だなと感心して何度もかみしめるように聴いてます。

アメリカで売れるのも納得ですし、ワールドワイドな視点だと、2020年は”BTS”の年と言ってもいいかもしれないね。

それともう1曲、ヘビロテしているのが日韓混合ユニット”IZ*ONE”のアルバムリードトラック『Beware』です。



これは正直、音楽特番で聴いて、一発でお気に入りになって、速攻でダウンロードしたんだよね。

甘々の歌詞だし、サビ前のブリッジの展開とかも、かなりトリッキーなんだけど、良いフックになっているし、聴けば聴くほどに味わい深いメロディ展開にハマっちゃいましたね。

ブリッジのメロディはかなり古めの歌謡曲っぽいムードがあって、それでいてラップの入れ方は本格的だし、リズムの音作りも良いんだよね~。MVもメンバーの個性を上手く切り取っていて、魅力あるね~。

って、驚いたのが、この曲って、作詞:”秋元康”、作曲・編曲:”渡辺未来”による作品なんだよね。

要は「J-Pop」のプロフェッショナルが「K-Pop」を制作したような感じなんですよね。(”KARA”の『GO GO サマー!』と逆の設定だね)

この出来は見事ですよね。僕は完全に「K-Pop」のクリエーターによる曲だと思い込んでましたからね。

”秋元康”さんは言うに及ばず、”渡辺未来”さんはホント大好きなクリエーターなんだけど、またヤラれたって感じです。

僕の音楽的な好みのツボを直線的に突いてくれるんだよね~。ホントに参ったな~。

【”渡辺未来”さんの作曲作品】

乃木坂46『欲望のリインカネーション』
山下智久『抱いてセニョリータ』
倖田來未『Butterfly』
TOKIO『君を想うとき』

【名曲】 TOKIO 『君を想うとき』
http://burning.doorblog.jp/archives/54865774.html

こういう素晴らしい曲と出会えて、また年間Best Tunesの選出に悩むな~。

2020年は振り返るとエンタメ界にとっては、コロナもあって、至難の年でしたけど、配信ライブのようなオンライン化の話だけではなく、新たなクリエイティブを生み出すための研究の1年だったと後から振り返られるように前向きに捉えたいね。

”松本人志”さんも今年を表す1字は「底」とテレビで言ってたけど、僕も同感です。

専門家の中にはコロナの収束には3年は掛かるという人もいて、僕もそう思ってるけど、だからこそ新たな刺激的なエンタメが生まれてくる気もしているんだよね。

ビジネスの世界も一気に変わりつつあるし、一気にスピードを持って変化しているのにワクワクしても良いんじゃないかな。

自粛自粛で暗くなるけど、人生は前を向いて生きないとダメだからね。この環境を前向きにチャレンジするか、後ろ向きに生きるかで相当な差が出ると思うよ。

医療従事者の皆様をはじめ、大変な方も多いけど、こういう環境でも経済を回さないと人は生きていけないからね。(Go Toをやれという訳ではないし、人の移動を止めても経済を回復させることは出来るからね、あのANAが他業種に出向させるという決断は凄いけどね)

少なくともエンタメは不要不急の存在ではないし、でも人は楽しめないと人は生きられないし、僕はこれからも期待しているし、この環境も楽しんでいきたいな。

さあ、次はどの曲をダウンロードするかな? あのアルバムはネットで買うかな?





Twelve (Special Edition)
UNIVERSAL MUSIC LLC
2020-10-21


【名曲】 DEAN FUJIOKA 『Let it snow!』

今回の名曲レビューは”DEAN FUJIOKA”の2017年発表の2nd EP『Let it snow!』収録の『Let it snow!』を紹介します。

DEAN FUJIOKA 『Let it snow!』

【過去のクリスマスソング特集】

【名曲】 BOA 『メリクリ』
http://burning.doorblog.jp/archives/46346313.html

【名曲】 Hall & Oates 『Jingle Bells Rock』
http://burning.doorblog.jp/archives/46353658.html

【名曲】 宇多田ヒカル 『Can't Wait 'Til Christmas』
http://burning.doorblog.jp/archives/46365494.html

【名曲】 ももいろクローバーZ 『サンタさん』
http://burning.doorblog.jp/archives/46371451.html

【名曲】 杉山清貴 『最後のHoly Night』
http://burning.doorblog.jp/archives/46380763.html

【名曲】 KAN 『今年もこうして二人でクリスマスを祝う』
http://burning.doorblog.jp/archives/49093146.html

【名曲】 BAND AID 『Do They Know It's Christmas?』
http://burning.doorblog.jp/archives/49099224.html

【名曲】 Jacson 5 『I Saw Mommy Kissing Santa Claus』
http://burning.doorblog.jp/archives/49141071.html

【名曲】 山下達郎 『クリスマス・イブ』
http://burning.doorblog.jp/archives/49145695.html

【名曲】 John & Yoko 『Happy Xmas (War Is Over)』
http://burning.doorblog.jp/archives/49154343.html

【名曲】 CRAZY KEN BAND 『クリスマスなんて大嫌い!! なんちゃって♥』
http://burning.doorblog.jp/archives/51284999.html

【名曲】 Mariah Carey 『All I Want for Christmas Is You』
http://burning.doorblog.jp/archives/54137831.html
 
【名曲】 SEKAI NO OWARI 『イルミネーション』
http://burning.doorblog.jp/archives/54168638.html

【名曲】 JUDY AND MARY 『クリスマス』
http://burning.doorblog.jp/archives/55317541.html

いよいよクリスマスまで2日となりましたね。

今年も「ひなくり2020」で良いクリスマスを迎えられそうです。

【けやき坂46】 「ひらがなくりすます2018」(二日目)
http://burning.doorblog.jp/archives/52805621.html

【日向坂46】「ひなくり2019 ~17人のサンタクロースと空のクリスマス~」二日目
http://burning.doorblog.jp/archives/54139904.html

なんだかんだで3年連続か・・・。2017年はクリスマスライブがなかったけど、2015、2016年は”乃木坂46”のクリスマスライブにも参戦していますね。

配信なのは残念ですが、今年の配信ライブも素晴らしかったので、メチャクチャ楽しみです。

【日向坂46】 「HINATAZAKA46 Live Online, YES!with YOU! ~“22人”の音楽隊と風変わりな仲間たち~」
http://burning.doorblog.jp/archives/54878843.html

さて、今回はクリスマスソング特集の2曲目です。

個人的に”DEAN FUJIOKA”さんには全く興味がないんですよね~。彼の出ているドラマも観た記憶がないし・・・でも音楽番組でパフォーマンスしているのもカッコつけてるだけじゃない?って、ネガティブな印象を持ってたりしてね。(ま、モテない男のひがみですよね)

でもこの曲は音楽特番で何度か聴いたときに「良いじゃん」って思ったんですよ。



それで速攻でダウンロードしたんだけどさ、EDMをベースにしたサウンドに、彼の繊細な声が良いメロディで舞ってて、これはいつか名曲レビューを書こうと思ったんだよね。

しかも、この曲って、”DEAN FUJIOKA”さんが作詞・作曲も手掛けているんだよね~。凄い才能だね。

声で言うともうちょい腹から声を出して欲しい気もするけど、逆に印象的で面白い仕上がりになっているかもね。

メロディだけで言えば、かなり甘々のバラードなんだけど、ギミックも含め、この派手な音作りが良いフックになっていて、かなりカッコいいんですよね。

単なるラブバラードに終わらせていないのは、アレンジの”Mitsu.J”の力でしょうか?

こないだ紹介した”ジュディマリ”の『クリスマス』と並んで、この曲も脳内再生していることが多いんだけどさ、意外に音楽ファンもチェックしていないように思うので、是非、聴いてみて欲しいね。

彼の音楽自体はそこまでしっかりと聴いている訳じゃないだけど、このルックスで、この才能・・・やっぱり羨ましいよね。(男の敵だね)

P.S.あと1曲くらい今年は紹介しようかなと思ってますが、さて・・・。

Let it snow! 初回盤B(CD+Live Photobook)
DEAN FUJIOKA
A-Sketch
2017-12-20


Let it snow!
A-Sketch
2017-12-20


【名曲】 JUDY AND MARY 『クリスマス』

今回の名曲レビューは”JUDY AND MARY”の1994年発表の2nd Album「ORANGE SUNSHINE」収録で同年5th Single『Cheese "PIZZA"/クリスマス』にも収録されている『クリスマス』を紹介します。

Cheese PIZZA クリスマス

この時期、恒例のクリスマスソング特集です。

【過去のクリスマスソング特集】

【名曲】 BOA 『メリクリ』
http://burning.doorblog.jp/archives/46346313.html

【名曲】 Hall & Oates 『Jingle Bells Rock』
http://burning.doorblog.jp/archives/46353658.html

【名曲】 宇多田ヒカル 『Can't Wait 'Til Christmas』
http://burning.doorblog.jp/archives/46365494.html

【名曲】 ももいろクローバーZ 『サンタさん』
http://burning.doorblog.jp/archives/46371451.html

【名曲】 杉山清貴 『最後のHoly Night』
http://burning.doorblog.jp/archives/46380763.html

【名曲】 KAN 『今年もこうして二人でクリスマスを祝う』
http://burning.doorblog.jp/archives/49093146.html

【名曲】 BAND AID 『Do They Know It's Christmas?』
http://burning.doorblog.jp/archives/49099224.html

【名曲】 Jacson 5 『I Saw Mommy Kissing Santa Claus』
http://burning.doorblog.jp/archives/49141071.html

【名曲】 山下達郎 『クリスマス・イブ』
http://burning.doorblog.jp/archives/49145695.html

【名曲】 John & Yoko 『Happy Xmas (War Is Over)』
http://burning.doorblog.jp/archives/49154343.html

【名曲】 CRAZY KEN BAND 『クリスマスなんて大嫌い!! なんちゃって♥』
http://burning.doorblog.jp/archives/51284999.html

【名曲】 Mariah Carey 『All I Want for Christmas Is You』
http://burning.doorblog.jp/archives/54137831.html
 
【名曲】 SEKAI NO OWARI 『イルミネーション』
http://burning.doorblog.jp/archives/54168638.html

気が付けば今年もあと11日、あっという間に2021年になっちゃいますね。(今日は「M-1」に「アンダラ最終日」に忙しいね~)

今年はコロナ禍もあって、そこまでクリスマスムードもないのかもしれませんが、チョこっと特集はしたいなと思い、今年も2~3曲やりたいと思います。

”JUDY AND MARY”はレビューしてたと思ったんだけど、してなかったんだね。

名曲レビューって、もう700曲以上を紹介しているので、自分でも書いたか書いてないかの記憶がなくて、恥ずかしながら、自分のブログをキーワード検索したりして、チェックしてます・・・。

”真心ブラザーズ”の”ジュディマリ”のカバーはレビューしてたんだね。

【名曲】 真心ブラザーズ 『ドキドキ』
http://burning.doorblog.jp/archives/44584067.html

”ジュディマリ”は「CDTV」とかでかなりプッシュされてた時期もあって、割と初期から聴いてますね。たぶん一番最初に聴いたのは『DAYDREAM』だったと思う。

「ORANGE SUNSHINE」も所有してますね。初期はリーダーでBassの”恩田快人”さんのソングライティングがメインだったんだけど、”TAKUYA”さんのソングライティングがレベルアップして、強力な2名による楽曲も”YUKI"さんの個性的なVocalも素晴らしかったね~。

最高傑作と言えるであろう『Over Drive』はいつかちゃんとレビューを書く予定ですけど、好きな曲は一杯ありますね。

ポップな『RADIO』、『Blue Tears』(このあたりは「めちゃイケ」を思い出すよね)、先述の『ドキドキ』も『くじら12号』も良いし、メロウサイドの『クラッシック』、『小さな頃から』なんかも素晴らしいよね。

攻撃的な『ラブリーベイベー』も好きだし、後期はホントに極上のポップソングが目白押しでね。

『Brand New Wave Upper Ground』も大好きだね。

再結成はなさそうだけど、良いバンドなので、是非、若い音楽ファンには聴いて欲しいね。

今回は”ジュディマリ”唯一のクリスマスソングです。

下記はギタリストによるカバー。



こちらはVocaloid版。流石にこの歴史的バンドでも、このあたりの曲になると本チャンの音源とかは出てこないね。



明るいんだけどさ、かなり切ない、グッとくる歌詞とメロディが良いんだよね。

割と僕はこの曲を脳内再生しながら、クリスマスの街を歩いている気がするな。

クリスマスの隠れた名曲と言えるんじゃないでしょうか?

今年はおうちクリスマスになる人も多いと思うけど、寒い冬空で良い音楽を聴いて、クリスマス気分を一人で楽しませてもらいます。(平日だし、仕事もあるしね)

P.S.「FRESH」には『クリスマス』は未収録だから、気をつけてね。

The Great Escape
JUDY AND MARY
エピックレコードジャパン
2001-05-23


COMPLETE BEST ALBUM 「FRESH」
JUDY AND MARY
ERJ
2006-02-08


Orange Sunshine
JUDY AND MARY
エピックレコードジャパン
1994-12-01


最新コメント
メンズスタイル
DMM.com
バイク
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ