その他の名曲

【名曲】 Bruno Mars 『Runaway Baby』

今回の名曲レビューは”Bruno Mars”の2010年発表の1st Album「Doo-Wops & Hooligans」収録の『Runaway Baby』を紹介します。

Bruno Mars 『Runaway Baby』

”嵐”の新曲『Whenever You Call』が話題ですね。



完全に洋楽のポップソングですが、なかなか味わい深い曲で良いと思いますが、”嵐”が歌うべき曲だったかどうかは微妙な感じだな~と現時点では捉えています。(もうちょっと聴き込んだら印象変わるかもしれんけど)

それこそアメリカ進出を果たすために、レーベルにこうすりゃ売れるよって、歌は英語じゃなきゃダメよ・・・って、プロデュースされた楽曲のような匂いがプンプンするんだよね。(”ピンクレディー”、”松田聖子”・・・過去にもいっぱい事例はあるけどね)

僕は今年の”嵐”のリリース楽曲では圧倒的に『In The Summer』が好きです!



レビューでも取り上げたことのある”One Direction”を手掛けた”Rami Yacoub”による楽曲ですが、「トロピカルハウス」の要素を感じるバックトラックに流麗なメロディがね、良いんだよね。

程よい感じの「J-Pop」臭が感じられるメロディにしているのが凄いし、”嵐”に合うなと思います。

【名曲】 One Direction 『Live While We're Young』
http://burning.doorblog.jp/archives/52837576.html



個人的に、”嵐”には「J-Pop」界のトップでいて欲しいという想いがありますね。

その意味でも昨年の年間ベストチューンでもランクインさせた『Turning Up』は「J-Pop」を世界に広めるような歌詞も含め、素晴らしかったと思ってます。(『Turning Up』は北欧のソングライター”Andreas Carlsson, Erik Lidbom”のクレジットです)

”嵐”のレビューではないので、本題に戻しますが・・・。

『Whenever You Call』を手掛けたのが、世界的アーティスト”Bruno Mars”なんですよね。

”Bruno Mars”を知ったのは『Just The Way You Are』ですね。



『Just The Way You Are』と言えば、僕にとっては”Billy Joel”の名曲というイメージがこの数十年あったんだけど、同名でこんなに素晴らしい曲があるんだと驚いた記憶があります。

【名盤】 Billy Joel 「Greatest Hits Volume Ⅰ&Ⅱ」
http://burning.doorblog.jp/archives/46190123.html

そういや”EXILE ATSUSHI”もカバーしてたね。アルバムも一応聴いたんだけど、全体的には僕には退屈でした・・・。

あとはレビューした"Mark Ronson”との『Uptown Funk』ですね。

【名曲】 "Mark Ronson featuring Bruno Mars" 『Uptown Funk』
http://burning.doorblog.jp/archives/54641368.html



これは超カッコいいよね! 

軟なポップソングが主かなと思ってたんだけど、ファンキーでカッコいいし、ダンスもキレッキレだし、改めて興味を持って、聴き直してたんだけどね。

そんな僕が大好きになった曲が『Runaway Baby』です。

洋楽は苦手とかって、言う人にも一度聴いてみて欲しいな。



グラミー賞でのパフォーマンスもあったので、貼っておきますけど、やっぱカッコいいね。



疾走感とノリが凄い曲なんだけど、とにかくメロディがキャッチーで一気にノレるのが良いですね。

3分にも満たない楽曲なんだけど、畳みかけるような展開が素晴らしいので、爽快感だけじゃないのも良いですね。

やっぱりアメリカでホントに売れているアーティストは凄いね~と感心しちゃたね。

そういや別の意味で話題になっちゃった、映画「とんかつDJアゲ太郎」の主題歌にも起用されてたんだよな~。

うーん、世の中はいろいろと複雑だね。

Doo-Wops and Hooligans (Bonus Track)
MARS, BRUNO
ATLAN
2011-01-14


Runaway Baby
Elektra (NEK)
2011-01-12


【名曲】 Jamiroquai 『Virtual Insanity』

今回の名曲レビューは”Jamiroquai”の1996年発表の3rd Album「Travelling Without Moving」収録の『Virtual Insanity』を紹介します。

Travelling Without Moving

「天才」と呼ばれるような、才能あるアーティストが、音楽シーンに突然、現れてシーンを席巻するケースがありますね。

実際には下積みもあったりで、突然ではなかったりするんでしょうけどね・・・。

ロックの歴史を塗り替えた四人の天才”The Beatles”。

【名盤】 The Beatles 「Abbey Road」
http://burning.doorblog.jp/archives/45560612.html

名盤「Pet Sounds」を生み出した”Brian Wilson”。

【名盤】 The Beach Boys 「Pet Sounds」
http://burning.doorblog.jp/archives/44661558.html

”The Rolling Stones”の元リーダーで手にした楽器はすぐに弾けるようになったという逸話もある、天才マルチプレイヤー”Brian Jones”、ギターの歴史を変えた”Jimi Hendrix”(ギターを歯で弾いたり、焼いたり・・・)、伝説的女性ロックシンガー”Janis Joplin”・・・・。

過去の偉人たちを挙げるとキリがないですが、「10年に一人の天才」なんてフレーズもありますので、チョコチョコとは出てきているんでしょうけどね。

今の時代で言うと”Billie Eilish”はそういうイメージなのではないでしょうか?



『Bad Guy』の新しさ、革新性は理解できますし、こんなにダウナーに仕上げるのは、天才的だなとも思いますが、存在感、ファッション等、総合的な評価も大きいのではないでしょうか? アルバムもこれから聴き込みますけど、僕にはそこまで響いてない感じです。

サビを印象的なシンセのメロディにするパターンは最近の王道でなんしょうかね?

”三代目”の『Summer Madness』とか・・・。



こないだレビューでも取り上げた『Uptown Funk』もそうですよね。



【名曲】 "Mark Ronson featuring Bruno Mars" 『Uptown Funk』
http://burning.doorblog.jp/archives/54641368.html

「HM/HR」ファンの僕としては、”Nirvana”の衝撃は凄かったな~という記憶はありますけどね。



【名曲】 Nirvana 『Smells Like Teen Spirit』
http://burning.doorblog.jp/archives/46496100.html

個人的には天才”Kurt Cobain”というより、この『Smells Like Teen Spirit』が「HM/HR」の世界を大きく変えたのが驚きでした。

あの”Metallica”が大きく方向転換した訳ですからね・・・というか『Smells Like Teen Spirit』のカッコ良さがジャンルを丸ごと飲み込んだような感じで、成功したケースはあるものの、ことごとくグランジ化して、つまんないバンドに成り下がったからね・・・。

話が脱線しまくりましたが、今回は「天才」と呼ばれるアーティストを取り上げます。

”Jason Kay”のソロユニット”Jamiroquai”です。

世界中で3,500万枚のビッグセールスを記録しており、1998年のグラミー賞においては「best pop performance by a duo or group」を受賞しています。



尚、日本でも長年、音楽の流行の発信源にもなっている「FM802」の「OSAKAN HOT 100」では、番組最長記録となる17週連続1位を記録しています。

約25年前に、この革新的なMVを含め、「アシッドジャズ」を普及させた功績は凄いと思いますね。

しかもメロディックですし、普通にポピュラー音楽としてのカッコ良さがあるのも良いんだよね。

「何か分らんけど、凄い」というのは新鮮で面白いんだけど、エンタメは売れてナンボの世界ですからね。

売れてなきゃダメとは言わないし、売れるのと自分のやりたいことを追求するジレンマで多くのアーティストは葛藤していると思うし、そのバランスの中で生まれる名曲をしっかり楽しみたいだけなんですけどね。

『Virtual Insanity』はホントに良い曲です。

P.S.『Virtual Insanity』は素晴らしいし、死ぬほど聴いてますが、「Travelling Without Moving」はCDラックのこやしになってます・・・。

Virtual Insanity (Remastered)
Sony Music CG
2019-09-04


Travelling Without Mov
Jamiroquai
Ssq
2013-04-26




【名曲】 "Mark Ronson featuring Bruno Mars" 『Uptown Funk』

今回の名曲レビューは”Mark Ronson featuring Bruno Mars"の2014年発表の”Mark Ronson”名義では11th Singleとなる『Uptown Funk』を紹介します。

『Uptown Funk』

僕の朝の日課は「Oha!4 NEWS LIVE」からの「ZIP!」です。(「日テレ」の回し者ではありません)

テレワークの機会も増え、早く寝る習慣が身についたのは大きいかもしれません。

そもそも、僕はテレビで育った世代ですので、家に居る時は、基本的にテレビをつけています。最近は動画サイトを見る時間も増えましたが、スマホやタブレットより遥かにテレビを見ている時間が長いと思います。

目覚ましのコーヒーを飲みながら、朝のニュース、情報番組を観るのが、自分にとっての朝のルーティンになっています。

仕事前の至福の時間、そんな時に流れる音楽は自分にとっても心地よいものなのですが、「ZIP!」の水曜パーソナリティーを務める”工藤阿須加”さんは毎週自分のお気に入りの曲を紹介するコーナーをされてますが、「J-Punk」、「J-Rock」系のアーティストの歌詞重視の楽曲をチョイスされることが多くて、正直、僕のハートには刺さってないのが残念です。

それよりも番組途中で挟み込まれるBGMの選曲のセンスが良いなと思うことが多いですね。

人気(?)企画である”マーティン”の「いただきます!日本全国朝ごはんジャーニー」では”くるり”の名曲『ワンダーフォーゲル』が流れてましたよね。(”くるり”は大好きなので、いつか特集記事でも書こうかな)



全国二周目となる(コロナ禍で再放送+”マーティン”の解説のみですが)「いただきます!日本全国うまいもんジャーニー」になってからは、”鶴”の『ハイウェイマイウェイ』が流れているのも良いね。



それ以外にも合間に流れる”Lenny Kravitz”の『It Ain't Over Til It's Over』とかね。



なかなか良いんですよね。しかも毎日のように流れるので、自分自身の良いリズムが出来上がる感じなんですよね~。

「星星のベラベラENGLISH」(こちらも再放送でクイズ形式になってますね)の予告と「お天気コーナー」あたりで流れる名曲を今回は紹介します。(細かいし、「ZIP!」観てない人は置いてきぼりだね・・・)

それが”Mark Ronson featuring Bruno Mars"の『Uptown Funk』です。



本作は「Billboard Hot 100」1位を14週連続で記録してますし、第58回グラミー賞では「最優秀レコード賞」も受賞してますからね。なんだかんだで凄い曲です。

そういや「心のベストテン ~FOD特別編~」でも話題になっていた記憶もあります。

【感想】 心のベストテン ~FOD特別編~
 
「あ、またこの手のアメリカのヒット曲ね・・・」って、最初に聴いたときは、さほど印象に残んなかったんですけどね。

このサビのシンセ音が聴くごとに心地よくなってね~。

「勝手に身体が動き出す」のが良くて、結局、ダウンロードして聴いてます。これも一つの音楽の魅力ですよね~。

最初のリズムからゾクゾクするし、サビのシンセリフに向けての盛り上がり感が凄いんだよね。また無音部分もあって、音自体は結構スカスカなんだけど、一音一音の鳴りも良さもあって、心地よく聴けるし、ノレるんだよね~。

朝寝起き一発目に聴きたい曲の現時点ではNo.1ソングかもしれません。

しかし、かなり計算して作らないとこんな風には曲は出来ないですよね。”中田ヤスタカ”氏の音を重ねまくって音像を仕上げるのとはまた違う、吟味して最低限の音でまとめ上げる・・・。

いやーどちらにせよ、匠の技ですよね。

刺激的なんだけど、頭で考えずにノレちゃうのも凄いよね~。こういうのを聴いちゃうと「やっぱ世界ってスゲーな!」って、思っちゃいますね。

「J-Pop」界のスター”星野源”さんがたびたび”Mark Ronson”と共演しているのも面白いよね。この手の音楽は得意じゃないんだけど、ちゃんとブラックミュージックやソウルも勉強しなきゃなと思っちゃう。

やっぱりアンテナは高く、広くに限るね!

P.S.ちなみに「A-Studio」や、Honda「フィット」のCMソングにも起用されています。

UPTOWN SPECIAL
RONSON, MARK
POP
2015-01-23


Uptown Funk Single, Import
Mark Ronson マークロンソン
RONSON MARK - MARS BRUNO
2015-01-08


Uptown Funk [Explicit]
Columbia
2015-03-04


【名曲】 Madonna 『Material Girl』

今回の名曲レビューは”Madonna”の1984年発表の2nd Album「Like a Virgin」収録で、同年に7th Singleとしてシングルカットもされた『Material Girl』を紹介します。

Like a Virgin

新型コロナウィルスに罹患していた、アメリカのスーパースター”Madonna”が回復したとの報道がありました。

気温も上がり、国内でも緊急事態宣言の解除の基準に関する本格的な検討が進んでおり、ひとまずコロナ収束に向けた動きが出てきています。秋冬にかけ、第二波、第三波が到来するのは間違いのでしょうが、一旦、久しぶりの日常がこの手に届くところまで来ているのは嬉しいことです。

そんな中でのこの報道は嬉しかったですね。

僕にとっての”Madonna”と言えば、思春期に遭遇した「Like a Virgin」が印象に残ってます。

前年に発表されたデビューアルバム「Burning Up」も相当なセールスを上げていましたし、既に十分に注目される新人アーティストだった訳ですが、それにしても「Like a Virgin」は衝撃でしたね。



当時も、今、改めて聴いても別に曲自体はそんなでもないんだけど、ビジュアルイメージも含め、そのインパクトは彼女の知名度を更に高めることになり、ポップスターへ一気に駆け上がったように思います。

「ポップスの女王」という称号も凄いですが、全世界での総セールスは女性アーティスト最高の3億枚以上を記録し、様々な称賛を受けています。

ケーブルテレビVH1「音楽界で最も偉大な女性アーティスト」第1位

ローリング・ストーン誌「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」36位

ビルボード誌「チャート史上最も成功したトップ100のアーティスト」第2位

米国タイム誌「過去1世紀で最も影響力を持つ25人の女性」の一人に選出

2008年にはロックの殿堂入りも果たし、「全世界で最も売れた女性レコーディング・アーティスト」、「史上最も成功した女性アーティスト」としてギネスにも認定されています。
そんな凄いアーティスト、ポップスターがコロナ感染により、闘病生活を送っていた訳ですからね。それが無事に回復しているというのは素晴らしいニュースだと思います。

快気祝いじゃないですが、今回は”Madonna”を取り上げてみます。

最近の曲はほとんどチェック出来ていないので、せいぜい90年初頭くらいまでですが、僕の好きな曲は、映画「Vision Quest(邦題:ビジョン・クエスト/青春の賭け)」にも使用された極上バラード『Crazy For You』。



あとは3rd Album「True Blue」は結構お気に入りで、『Papa Don't Preach』、『La Isla Bonita』なんかのちょっと癖のあるポップソングは大好きでしたね。





でもこうやって振り返るとやっぱりポップシンガーでは収まらない、人間として、個の魅力のある人だね。”MJ”もそうだけど、やっぱりスーパースターですよね。

さて、僕が今回紹介するのは「Like a Virgin」に収録されている『Material Girl』です。



なんだろうね、何のヒネリもないポップソングなんだけど、リズミカルで楽しいし、キャッチーなメロディに40年近く経った今でもノックアウトされちゃいますね。

今回のコロナ禍により、多くの方が突然お亡くなりになり、悲しいニュースが世界中で蔓延していますが、このパンデミックに我々は勝てるはずだし、勝たなきゃいけないし、その強い意志を改めてしっかり持って行かないとなと思いましたね。

懸命に頑張っている医療従事者の方や大変な環境で勤務しているスーパーやドラッグストアの方々、非常に厳しい環境でも生き残るために必死でテイクアウトや時短営業に取り組む飲食店の皆さん・・・そういう苦労されている皆さんには頭が下がるし、自粛疲れとか言っている自分が情けなくなりますね。

春はいつか来ます、季節的には夏に一気に近づきましたが、終息に向け、自分たちに出来ることを精一杯やりましょう。いつかこの苦労がどこかで花開き、笑い話に出来る日が来るまで・・・。

P.S.どこかの記事に書いたかもしれないけど、”Rebecca”の『Love Is Cash』を聴いたときも衝撃だったな~。『Material Girl』を知ってたし、好きだっただけに。



Material Girl
Warner Records
2011-01-27


マドンナ ソングス
Amazon Music
2016-01-14


セレブレイション~マドンナ・オールタイム・ベスト(2枚組)
ティンバランド
ワーナーミュージック・ジャパン
2009-09-30


Like a Virgin (Reissue)
Warner Records
2011-01-27


【名曲】 Peabo Bryson and Regina Belle 『A Whole New World』

今回の名曲レビューは”Peabo Bryson and Regina Belle”の1992年発表の『A Whole New World』を紹介します。

A Whole New World

久々の名曲レビューの記事です。

今日の「ZIP!」で”ウィル・スミス”が車の中で『A Whole New World』を歌っている映像と”Alan Menken”氏”へのインタビューを見たのがきっかけなんですが、ディズニー映画主題歌の中でも圧倒的にクオリティの高いと僕が捉えている、この名曲を紹介したいと思います。

ちなみに”はみだし”はディズニー映画って苦手なんですよね~。

勿論、ディズニーランドもシーも行ったことが何度もありますし、毎回楽しませてもらってます。

でも映画はほとんど観たことないし、興味の対象外なんですよね~。

それこそ、ゲームの「キングダムハーツ」でキャラの名前を知ったり、この物語って、こんなストーリーなんだねと理解したりするくらいで疎いんですよね~。

でも家族はかなり詳しいです。それこそ、最近話題になった映画はほとんど観てるんじゃないかな?

僕は「Pixar」制作によるディズニー作品についてはかなり詳しかったりします。特に初期は、ほとんどの映画を観ていますし、過去にレビューを書いた「モンスターズ・インク」は僕にとっての人生でベスト10に入る、素晴らしい映画だと思ってます。(「トイ・ストーリー」も「Mr.インクレディブル」も大好き)

【感想】 「モンスターズ・インク」

ちなみに日本の「ディズニー」というべき存在である「スタジオジブリ」作品もそんなに観てませんね~。家族は毎回テレビで映画を放送するたびに録画してるし、観てるし、輪をかけて詳しいかも。

みんなが良いというモノに対して、天邪鬼な僕はさほど興味を持たないのも影響していると思いますね。

例えば、”サザン”の『TSUNAMI』、”福山雅治”の『桜坂』とか、”B'z”の『Ultra Soul』が好きと言えちゃう人と同じように、ディズニーが好き!とか、ジブリが好き!って言える人が僕には羨ましいのかもしれません。

しっかりこだわりたいんだよね~特に音楽とかは。だからマニアになっちゃうんだけどさ。

コロナ自粛が長引きそうな機会だからこそ、まとめて観てみても良いかもね。「食べず嫌い」に近い感覚があるのは事実なんだよね。(好きな人、ゴメンね)

そんな僕でもディズニー映画の曲でいくつか気に入っている曲がありますが、その中でも最も素晴らしいなと思っているのが、『A Whole New World』です。



この初期のバージョンが一番良く聴いてますね。

実写版「アラジン」の”ZAYN, Zhavia Ward”のバージョンも悪くないけどね。



何といっても、この曲の魅力はディズニー映画音楽を数多く手掛ける”Alan Menken”氏によるメロディだと思うな~。

僕もお気に入りの『Under the Sea』、『Beauty and the Beast』も彼の作曲作品ですね。





ちなみにこの『A Whole New World』はチャート成績も凄くて、”Whitney Houston”の自身の最大のヒット曲『I Will Always Love You』(映画「ボディガード」で有名だね)の「Billboard Hot 100」の連続14週No.1の記録を止めたんだよね~。

ちなみにアメリカのAORチャートでは6週連続の1位、日本のオリコン洋楽チャートでは13週連続の1位を記録しています。

こういう良い曲があるから、好き嫌いせずに、しっかりチェックしとかんとダメなんだけどね~。

いずれにせよ、”Alan Menken”氏の楽曲は要チェックだね。

まあ、僕が紹介しなくても、一杯紹介する人もいるだろうし、敢えて取り上げる必要もなかったのかもしれませんが、様々な方から愛されている作品を取り上げるのもタマには悪くないかなと思いました。

豊かな気持ちになれるし、今の時期にはちょうど良いかもね。

聴いてて、家族で仲良くなれそうだし・・・。

良い週末を!

アラジン オリジナル・サウンドトラック 日本語版
ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル
ウォルト・ディズニー・レコード
2018-11-14


アラジン オリジナル・サウンドトラック
ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル
ウォルト・ディズニー・レコード
2018-11-14


アラジン オリジナル・サウンドトラック 日本語盤
ウィル・スミス
Universal Music =music=
2019-06-05




最新コメント
メンズスタイル
DMM.com
バイク
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ