名曲アルバム

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉙ 『日常』

”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第二十九弾です。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑤ 『私のために 誰かのために』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑥ 『今、話したい誰かがいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑦ 『無表情』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑧ 『水玉模様』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑨ 『環状六号線』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑩ 『でこぴん』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑪ 『やさしさとは』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑫ 『生まれたままで』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑬ 『嫉妬の権利』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑭ 『無口なライオン』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑮ 『あの教室』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑯ 『あらかじめ語られるロマンス』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑰ 『せっかちなかたつむり』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑱ 『サヨナラの意味』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑲ 『太陽ノック』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑳ 『逃げ水』
http://burning.doorblog.jp/archives/52200440.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉑ 『ひと夏の長さより…』
http://burning.doorblog.jp/archives/52419392.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉒ 『ごめんねずっと...』
http://burning.doorblog.jp/archives/52914203.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉓ 『やさしさなら間に合ってる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53096691.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉔ 『帰り道は遠回りしたくなる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53426762.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉕ 『4番目の光』
http://burning.doorblog.jp/archives/53857229.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉖ 『オフショアガール』
http://burning.doorblog.jp/archives/54212267.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉗ 『平行線』
http://burning.doorblog.jp/archives/54525971.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉘ 『路面電車の街』
http://burning.doorblog.jp/archives/55273824.html

久々の名曲アルバムの記事ですね(・・・汗)。

2021年の”乃木坂46”については、1年ぶりとなる26th Singleのリリースと「9th Year Birthday Live」があり、今回に「9th Year Birthday Live」ついては変則的にバスラ名義の期生ライブが開催予定となっています。

2021年3月28日(日)9th YEAR BIRTHDAY LIVE 〜2期生ライブ〜
2021年3月29日(月)9th YEAR BIRTHDAY LIVE 〜1期生ライブ〜

未だ三期生と四期生のライブ日程は告知されていませんが、今月末の一期生、二期生ライブでサプライズ発表されそうな匂いがプンプンしてます。

一都三県の緊急事態宣言は解除されるみたいですが、新規感染者の下げ止まりと変異株の増加による、リバウンド不安も大きく、イベント自体についても、しばらくは大っぴらに行うことは困難でしょうから、ワクチン接種の進行を睨みつつになるのは間違いないでしょう。

ですので、しばらくは配信ライブが主軸となるのは確定ですね。

しかし、早くリアルライブに参戦できる日が来て欲しいです。「アンダーライブ2020」のようなスティックバルーンを使い、声も上げられないのは流石に微妙です。(スケジュールが合えば参戦したかったけどね)

『世界中の隣人よ』のMVに出てくる、聖地「神宮」が紫に染まるリアルライブが今年こそ、実現して欲しいものです。(2020年真夏の全国ツアーは何の告知もなく、中止だったし・・・)

っと、久々の名曲アルバムの記事ですが、このところのライブで存在感を発揮している、このアンダー曲を紹介することにしました。

【乃木坂46】 全曲レビュー
http://burning.doorblog.jp/archives/cat_1274139.html

【乃木坂46】 全曲レビュー㉘~『帰り道は遠回りしたくなる』
http://burning.doorblog.jp/archives/52694338.html

*************************
<全曲レビューコメント>

『日常』(Type-B収録)



「★★★★」。

22th アンダーメンバーによる楽曲で、センターは『アンダー』でのWセンターの経験はありますが、初の単独センターを務めることになった”北野日奈子”ですね。

<中略>

曲自体は”欅坂46”っぽいロックテイストを感じるんですが、リズムは変則的で”キスマイ”の『赤い果実』のような、僕も大好きな「ヴァイキング・メタル」っぽさがあって良いね。兵士が行進するような勇壮な楽曲が彼女たちらしくはないんだけど、僕の耳にはかなり刺さってきます。

作・編曲は”Akira Sunset”と、”野口大志”さんの共作となっています。”Akira Sunset”は久々だねえ~。流石だね~。いずれも「HOVERBOARD」所属のクリエーターですね。

表題曲が素晴らしいから、カップリングが目立たないけど、これはかなりオススメですよ!

MVはごめんなさい。ちょっとピンときませんでした。

*************************

この曲って、22th Single『帰り道は遠回りしたくなる』のカップリングですから、リリースは2018年なんですね~。まだ最近の曲って認識だったけど、既に3年近く経ってるんだね。

”乃木坂46”らしくない曲だなというのは、最初に聴いたときから今も変わりませんが、このところのライブでは欠かせない1曲になったように思います。

ここ数年のアンダー曲で言えば、『日常』と『滑走路』の2曲が特に強力な曲だと思ってます。

『日常』は”きいちゃん”の表現力、カッコ良さが余すことなく出た名曲ではないでしょうか?

”きいちゃん”自体は福神経験もしたし、選抜固定で良いと思ってるんですが、26thではまさかの選抜落ちで悔しい想いをしているのは、「アンダーライブ2020」での複雑なコメントだったりで、重々承知していますが、グループの核になるだけの魅力があるメンバーだと思ってます。(過去何度も書いてるかもしれませんが・・・)

この”きいちゃん”が唯一、単独センターを務めた曲というのも熱いけど、その想いに存分に応えてくれるだけのパフォーマンスが素晴らしいし、ライブで二割マシくらいで良くなるのが良いね。

全曲レビューでは「★★★★」にしたけど、ライブでは「★★★★★」以上の盛り上がりを見せてくれるからね。

しかも、この曲はライブで、サビのコールする時の高揚感がタマらんのですよ。

「Hey!」と通常コールが入り乱れる、サビの部分はスピード感もあって難易度高めなんだけど、決まった時の気持ち良さは、『ガルル』や『マネキン』に匹敵するんじゃないかな?

今年こそ、リアルライブで『日常』を全力でコールできる日が来るのを楽しみにしてます。

P.S.さあ、そろそろチケット取るかな? ”日向坂46”のユニット祭りどうするかな?



帰り道は遠回りしたくなる
Sony Music Labels Inc.
2019-10-01


【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉘ 『路面電車の街』

”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第二十八弾です。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑤ 『私のために 誰かのために』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑥ 『今、話したい誰かがいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑦ 『無表情』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑧ 『水玉模様』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑨ 『環状六号線』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑩ 『でこぴん』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑪ 『やさしさとは』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑫ 『生まれたままで』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑬ 『嫉妬の権利』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑭ 『無口なライオン』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑮ 『あの教室』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑯ 『あらかじめ語られるロマンス』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑰ 『せっかちなかたつむり』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑱ 『サヨナラの意味』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑲ 『太陽ノック』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑳ 『逃げ水』
http://burning.doorblog.jp/archives/52200440.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉑ 『ひと夏の長さより…』
http://burning.doorblog.jp/archives/52419392.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉒ 『ごめんねずっと...』
http://burning.doorblog.jp/archives/52914203.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉓ 『やさしさなら間に合ってる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53096691.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉔ 『帰り道は遠回りしたくなる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53426762.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉕ 『4番目の光』
http://burning.doorblog.jp/archives/53857229.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉖ 『オフショアガール』
http://burning.doorblog.jp/archives/54212267.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉗ 『平行線』
http://burning.doorblog.jp/archives/54525971.html

今年の”乃木坂46”は結局、シングル1枚、配信シングル2曲のリリースで終了ですね。

新曲は結局、9曲です。2019年のシングル2枚も少ないな~と思ってましたが、コロナ禍でそれ以下になっちゃいましたね。

振り返ってみると、8thバスラはギリギリ開催出来ましたが、二期生ライブは幻となり、無料配信に、46時間TVもありましたが、”白石麻衣”さんの東京ドームでの卒業ライブは延期となり、配信での開催となりました。12月には配信で四期生ライブ、今年2月以来となるリアルでのアンダーライブ開催と、少しずつ活動にエンジンが掛かってきている感じがします。

【乃木坂46】 四期生ライブに向けて
http://burning.doorblog.jp/archives/55249074.html

新センター”山下美月”による新生”乃木坂46”の新曲『僕は僕を好きになる』も年末音楽特番で披露されまくってますが、聴くごとにハマる、素晴らしいメロディを持つ、新たな名曲になりそうです。

【乃木坂46】 26th Single 選抜発表(感想)

【ひとこと】 ”山下美月”初センターと”AKB48”紅白落選
http://burning.doorblog.jp/archives/55214203.html

そろそろ年末のランキング集計もしないといけないなと思ってます。Billboard Japanの年間チャートも発表になったしね。

「坂道シリーズ 楽曲ランキング」は来週の”櫻坂46”のリリース待ちですね。

「MY BEST SELECTION」は着々と選考している感じです。今年は「HM/HR」系はあんまり聴けてなかったな~。今から、音楽を聴きまくて、整理していきます。

今回は昨年のBest Tunesの一位にした『路面電車の街』を取り上げることにしました。(気づけば、名曲アルバムの記事を今年の4月に書いたきりで久々だったのもありますが・・・)

【特集】 2019年 MY BEST SELECTION
http://burning.doorblog.jp/archives/54181475.html

【乃木坂46】 全曲レビュー
http://burning.doorblog.jp/archives/cat_1274139.html

【乃木坂46】 全曲レビュー㉜~『夜明けまで強がらなくてもいい』
http://burning.doorblog.jp/archives/53791250.html

*********************
<全曲レビューコメント>

『路面電車の街』(Type-A収録)



「★★★★★」。

”飛鳥”、”堀”、”山下”によるユニット曲なんですが、いやー参りました。

これはMVで見た時から、ちょっと涙が止まらなくて、ダメだったんだよね~。

僕は基本的に音源だけを聴いて楽曲そのものの評価をしたいと考えているんですけど、このMVに完全に心を奪われちゃったんだよね。(それで言うと今回のシングルは”桜井玲香”さんのソロも同様だけどね)

だからレビューを書く前には極力、MVを見ないようにしているんだけど、そんな僕が視聴回数を増やさざるを得なかったのがこの2曲です。(『図書館の君へ』も何度も見たかったけど、2回で我慢してやめました)

メロディラインに全く無理も無駄もなくてさ、誰の作曲かなと思ってたんですけど、なんと”乃木坂46”ファンにもお馴染みの日本屈指のメロディメーカー”杉山勝彦”さんじゃないですか~。編曲は”谷地学”さんとの共作ですね。

<一部省略>

って、かなり脱線しましたので、レビューに戻りますが、普遍的ではあるんだけど、妙に懐かしさや安心感のあるメロディラインが強烈に僕のツボを押しまくってくれるんだよね。(かなり転調を使ってますけどね)アレンジもシンプルなんだけど、3人の声も良いバランスで得意のユニゾン自体もサビくらいなんだけど、素晴らしすぎます。最後の無音を挟んでの畳み掛け方も凄いっす。編曲は”谷地学”さんとの共作ですが、効果的で素晴らしいね。

「杉山勝彦楽曲だから」と盲目的になってはいけないと思いながらも、完全にノックアウトされちゃいましたね。

『路面電車の街』は個人的に4年に1曲出逢えるかどうかのオリンピック、ワールドカップレベルの名曲と言っても大袈裟ではありません。間違いなく一生聴き続ける名曲になると思います。もう今年のBest Tuneはコレで決まったかもな~なんてね。本当に素晴らしいよ。

MVも僕が大好きな”山岸聖太”監督作品じゃないですか~。贅沢だねえ。

3名の組み合わせも良いし、戦争映画のような血? それとも泥?だらけの”飛鳥”が唯一意味不明なんですけど、亡くなったんであろう友人が霊のように現れ、最後の”飛鳥”の涙と網棚の花束で伏線回収しちゃうのは”山岸監督”にしては分かりやすい構成だと思うんだけど、曲の素晴らしさと相俟って文句なしで大好きです。 

名曲に名MVありだね。本作はカップリングなのが勿体ないけど、トータルパッケージ的には『サヨナラの意味』と肩を並べるであろう凄い作品じゃないかな。

これは凄い曲です! 全音楽ファンにチェックして欲しいね。
*********************

自分でも長いコメントやなと恥ずかしくなりました・・・。(だいぶカットしました)

でも今聴いても、ホントに素晴らしい曲です。音楽的には何の変哲もない「フォークソング」ですが、メロディの扇情力が凄まじいですね。

メンツも良いよね。

可愛らしくも、哀愁を感じる”飛鳥”の声、落ち着いたトーンで少しだけ影を感じる”堀”の声、唯一明るい表情を持つ”山下”の声とそれぞれの魅力が良い感じで絡み合っているのもこの曲の魅力になっていると思いますね。

MVも感動的な仕上がりで素晴らしいし、全握ミニライブ、8th バスラで聴けたのも収穫でしたね。

【乃木坂46】 24th Single『夜明けまで強がらなくてもいい』発売記念 全国握手会@愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)
http://burning.doorblog.jp/archives/54129215.html

【乃木坂46】 「乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE Day2」
http://burning.doorblog.jp/archives/54352444.html

全握ミニライブではコールする輩がいたり、バスラでは”飛鳥”の入りが音程迷子になったのは残念でしたけどね。(『硬い殻のように抱きしめたい』での高音ファルセットの連続が原因でしょう、良く歌えてたけどね。8thバスラのBlu-rayはそのまま使うのかな? 要チェックですね)

誰もが持つ、「ふるさと」、「過去の苦い思い出」、そういうものを上手くモチーフにした歌詞も素晴らしいし、ホントに完璧ですね。

日本最強のメロディメーカー”杉山勝彦”さんとの出会いがなければ、僕は”乃木坂46”にここまでハマることはなかったと思います。(他の作曲家さんも素晴らしいですけどね)

冬空で暖かい格好して、ホットコーヒーを飲みながら、聴くと最高に浸れます。

久々に親に会いたいな。

ふるさとの友人たちにも久々に会いたいな。









【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉗ 『平行線』

”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第二十七弾です。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑤ 『私のために 誰かのために』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑥ 『今、話したい誰かがいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑦ 『無表情』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑧ 『水玉模様』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑨ 『環状六号線』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑩ 『でこぴん』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑪ 『やさしさとは』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑫ 『生まれたままで』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑬ 『嫉妬の権利』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑭ 『無口なライオン』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑮ 『あの教室』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑯ 『あらかじめ語られるロマンス』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑰ 『せっかちなかたつむり』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑱ 『サヨナラの意味』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑲ 『太陽ノック』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑳ 『逃げ水』
http://burning.doorblog.jp/archives/52200440.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉑ 『ひと夏の長さより…』
http://burning.doorblog.jp/archives/52419392.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉒ 『ごめんねずっと...』
http://burning.doorblog.jp/archives/52914203.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉓ 『やさしさなら間に合ってる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53096691.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉔ 『帰り道は遠回りしたくなる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53426762.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉕ 『4番目の光』
http://burning.doorblog.jp/archives/53857229.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉖ 『オフショアガール』
http://burning.doorblog.jp/archives/54212267.html

僕は”乃木坂46”というグループそのものも、メンバーも好きですが、やっぱりその至極の楽曲の素晴らしさがあってこそだと思っています。アイドルソングの領域で語るにはあまりに勿体ない、そのクオリティの高い楽曲の魅力を全曲レビューなどで伝えてきているのですが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思い、”乃木坂46”の「名曲アルバム」シリーズの記事を書いております。

しかし、コロナ、コロナのニュースばかりで気が滅入っちゃいますね~。

特に本日の「厚生労働省クラスター対策班」の”西浦博”北海道大教授による「最悪のケースで42万人の死者が出る」という話は強烈なインパクトです。

深刻な状況であるのは間違いないし、外出を抑制するような取り組みを今一歩推進するなら、何も期待出来ない政治家ではなく、産業界から声が出て欲しい気がします。(大手は既に在宅勤務を推進しているので、経団連などではあまり意味がないかな・・・)

僕の今の会社は、在宅勤務が原則になりましたが、一部クライアント訪問もあったり(かなりの数はWeb面談に切り替わりましたが)で、出社しない訳にはいかないケースもありますが、ネット環境を整え、基本的には在宅勤務にしていきます。

自宅でゆっくり過ごす時間も増えたので、ブログの記事も増えてきましたね。

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」②

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」③

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」④

【ひとこと】 コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」⑤
http://burning.doorblog.jp/archives/54518894.html

定期連載のようになってきた”コロナウィルスに立ち向う「音楽の力」”の記事も工夫しながら書いてますが、意外に反響があって、少しでも皆さんの沈んだ気持ちを前向きに出来ているのなら、嬉しいです。(ホントはメタル系も書きたいんだけどね、何故か昔の「ジャパメタ」系の記事のPVが伸びてたりするんですが・・・リクエストあればメタル編も書きますよ~)

今回は久々の「名曲アルバム」なんですが、今の状況を考えると”乃木坂46”の8thバスラは良く参加出来たな~と思いますし、アレがあったから、今も自粛出来ているような気もしてます。(「乃木坂工事中」の潜入レポで思い出しちゃいましたね)

勿論、中止にはなったけど、二期生によるShowroomライブも良かったね。

【乃木坂46】 「乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE Day2」
http://burning.doorblog.jp/archives/54352444.html

【乃木坂46】 「乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE Day4」
http://burning.doorblog.jp/archives/54360348.html

【乃木坂46】 「幻の2期生ライブ」@Showroom
http://burning.doorblog.jp/archives/54396039.html

音楽番組でも『しあわせの保護色』披露で一通り楽しませてもらったし、その感謝も込めて、「名曲アルバム」の記事を書きます。

特にバスラ最終日に最もテンションが上がった『平行線』を取り上げたいと思います!

【乃木坂46】 全曲レビュー
【乃木坂46】 全曲レビュー㉛~『Sing Out!』
http://burning.doorblog.jp/archives/53494120.html

*********************
<全曲レビューコメント>

『平行線』(Type-C収録)



「★★★★」。

”岩本蓮加”、”大園桃子”、”久保史緒里”、”阪口珠美”、”与田祐希”のユニット曲で三期生の選抜メンバーから選ばれた5名による楽曲ですね。

こちらも哀メロを含んだメロディラインがダンサブルなバックトラックに乗って、単なるアイドルポップと片付けられない凄いクオリティです。ユニゾンもなかなかいいんじゃないかな?

作・編曲は”近藤圭一”さんで『あなたのために弾きたい』、『悲しみの忘れ方』以来の参加ですね。”AKB48”の佳曲『シュートサイン』も彼の作品ですね。

『君の名は』、『転校生』あたりのパターンをやりまくって、最後はほっこりさせられるMVも良いね。”岩本”は存在感があってセンター経験者に負けてないのが驚きだったな。

王道アイドル路線を突っ走る”日向坂46”も作品としての面白さも併せ持つ、良いMV作りをやって欲しいな~。
*********************

この『平行線』自体は最初に聴いたときは、普通のアイドルポップか~って感じで、そんなに刺さんなかったんですけどね~。

どちらかと言えば、楽しいMVからジワジワと好きになった感じなんですよね~。全曲レビューの記事にも書いた通り、なんてことない設定なんだけど、意外に何度も観れて、良いMVだな~、ホッコリするな~ってね。

気が付けば曲も好きになってて、同じ三期生のみのユニット曲である『言霊砲』は「★★★★★」の満点評価つけたんだけど、今となっては『平行線』のほうが遥かに聴いてますし、お気に入りですね。

8thバスラではそれぞれのメンバーが、『平行線』の間奏部分で今後に向けての決意を語ってくれたのも印象的でさ、やっぱり三期生がグループの主役にならないとダメだなと改めて思ったんだよね~。

四期生も新四期生も良いんだけど、今後のグループの最大勢力は間違いなく、三期生になるはずだし、みんなで盛り上げていかんとダメだなと思いました。

25th Single収録の三期生曲『毎日がBrand new day』もなかなかの佳曲でしたね。

 

あ、そういえば本作を手掛けた”近藤圭一”さんは”日向坂46”の『青春の馬』も楽曲提供されてましたね。



最後に曲と関係ないんだけど・・・。

最近、推しがすっかり”桃子”になっちゃったんですけど、彼女の笑顔に凄く救われてますね。四期生の”レイ”ちゃんもそうなんだけど、とびきりの笑顔に目がいくし、癒されまくってますね~。『しあわせの保護色』での裏センターもサマになってるよね。

いずれにせよ、センター特性があり、ポスト”飛鳥”の最右翼である”大園桃子”、”山下美月”、”与田祐希”、歌唱力抜群でオタク気質も凄くて、後輩との絡みも多い”久保史織里”、次期キャプテン間違いなしの”梅澤美波”、次世代エース候補筆頭と言える”岩本蓮加”・・・、多士済々の三期生がますます存在感を示して欲しいし、四期生が三期生を突き上げていきながら、グループ全体を盛り上げていって欲しいね。

”乃木坂46”が世代交代に成功するためには、ここからの彼女たちの成長が極めて大事だし、”飛鳥”を脅かす存在をドンドン輩出して欲しいね。

さあ、もう1回『平行線』聴こう!

P.S.「26th Single 選抜予想」の時期がそろそろなんだけど、25thの握手会も延期だし、そもそも”まいやん”の卒業コンサートの話が進まないと次は考えにくいね。それがいつになるか想像もつかない環境だけど、何らかの形でファンを楽しませて欲しいと思うし、メンバーの健康にも最大限配慮して欲しい想いもあるし、悩ましいね。

自分たちで出来ることをしっかりやって日常を取り戻しましょう!

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉖ 『オフショアガール』

”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第二十六弾です。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑤ 『私のために 誰かのために』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑥ 『今、話したい誰かがいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑦ 『無表情』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑧ 『水玉模様』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑨ 『環状六号線』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑩ 『でこぴん』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑪ 『やさしさとは』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑫ 『生まれたままで』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑬ 『嫉妬の権利』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑭ 『無口なライオン』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑮ 『あの教室』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑯ 『あらかじめ語られるロマンス』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑰ 『せっかちなかたつむり』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑱ 『サヨナラの意味』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑲ 『太陽ノック』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑳ 『逃げ水』
http://burning.doorblog.jp/archives/52200440.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉑ 『ひと夏の長さより…』
http://burning.doorblog.jp/archives/52419392.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉒ 『ごめんねずっと...』
http://burning.doorblog.jp/archives/52914203.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉓ 『やさしさなら間に合ってる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53096691.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉔ 『帰り道は遠回りしたくなる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53426762.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉕ 『4番目の光』
http://burning.doorblog.jp/archives/53857229.html

僕は”乃木坂46”というグループそのものも、メンバーも好きですが、やっぱりその至極の楽曲の素晴らしさがあってこそだと思っています。アイドルソングの領域で語るにはあまりに勿体ない、そのクオリティの高い楽曲の魅力を全曲レビューなどで伝えてきているのですが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思い、”乃木坂46”の「名曲アルバム」シリーズの記事を書いております。

”乃木坂46”の「絶対的エース」”白石麻衣”が卒業を発表しました。

【乃木坂46】 白石麻衣 卒業発表!!!
http://burning.doorblog.jp/archives/54202551.html

ショックではあるんですが、冷静に受け止めている自分がいますし、ここまで長く「絶対的エース」としてグループにいてくれたことに感謝の想いしか出てきません。

ソロとしての今後の活躍も間違いないだろうし、自分のやりたいことを追求して欲しいし、それは応援したいし、一人の女性としての幸せも手にして欲しいと前向きに受け止めてますね。

そんな”白石麻衣”、”まいやん”に捧げる名曲アルバムの記事を書くんですが、選曲はかなり悩みましたね。

”生駒里奈”さんの時には『太陽ノック』を”西野七瀬”さんの時には『ごめんねずっと...』をチョイスしてるんですが、そんなに悩まなかったのと比べると大違いでしたね。

初の単独センターで御三家がフロントに揃い踏みした『ガールズルール』が代表曲であるのは間違いないし、ライブでのファンの熱量もコールも最も大きいんだけどねぇ・・・。

公式ライバルに並ぶ、「レコ大」二連覇を成し遂げた『シンクロニシティ』も良い曲だし、”西野七瀬”さんと何度もWセンターを務めた名曲も一杯あるんですけどね。(『今、話したい誰かがいる』はレビューしてます)

ユニット曲で言えば過去の名曲アルバムで『急斜面』、『でこぴん』、『私のために 誰かのために』の実質センター曲も取り上げてます。

「アイドル界最強のツートップ」と言われた”西野七瀬”さんと比べると圧倒的にメイン曲が少ないんですよね。そんな中で「絶対的エース」と認識されているのはある意味凄いことです。

正直、デビュー当時から目立ってたし、外仕事も一番早く決まったし、最初からエースだった訳ですよ。そのエースを6th Singleまでセンター起用せず(2回目の単独センターは20th)、温存したのが”乃木坂46”の躍進の原動力になったとすら考えてます。(その意味で”日向坂46”の”小坂”のセンター継続は僕は怖いです・・・)

ですので実質的には運営(”秋元康”さん?)からは良い方は悪いかもしれませんが、「干され」に近い状況だった訳ですよね。

そんな彼女の現時点で唯一であるソロ曲を今回は紹介します。

【乃木坂46】 全曲レビュー

【乃木坂46】 全曲レビュー⑱~『裸足でSummer』
http://burning.doorblog.jp/archives/48097909.html

*********************
<全曲レビューコメント>

『オフショアガール』(Type-A収録)



「★★★★」。

初の”白石麻衣”のソロ曲ですね。既に「From AQUA」のCM曲として、随分と聴き込んでいる感じもしますけど、耳当たりも良いし、ポップでキャッチーで普通に良い曲ですね。『裸足でSummer』と『オフショアガール』は”乃木坂46”の夏うたの代表曲になったかもしれませんね。そんなに速い曲調じゃないけど、アレンジの妙だろうね。適度な疾走感があって、爽やかで夏っぽいね。かなり計算しているんだろうけど、いろんなパターンのアレンジを入れていて面白いですね。

”白石”のソロなんだけど、”乃木坂46”の曲って感じがするのは不思議ですね。爽やかな王道ガールズポップって感じでプールサイドや海辺で聴くと良さが増す感じですね。(これは『裸足でSummer』も一緒だね)

既に”乃木坂46”の楽曲のメインソングライターとなっている”Akira Sunset”さんと”ha-j”さんの共作ですね。お二人の楽曲にしてはそこまで捻ってなくて、ストレートな部類に入る楽曲ですね。

MVもサーフィンにショッピングって、アイドルの王道って感じがします。綺麗な映像だね。
*********************

普通に良い曲だと思います。

疾走感のあるアイドルポップでライブでもメチャクチャ盛り上がります。ライブでは”湘南乃風”の『睡蓮花』のようにタオルを振りまわすのが定番ですが、サイリュウムを持ちながらタオルを振るのは結構大変なんだけどね・・・(笑)。

以前に比べると採用数が減ったけど、”Akira Sunset”さんは実験的だったりもするけど、手堅い良い曲をサラッと作るよね。(最近の僕のお気に入り『日常』も彼と”野口大志”さんの共作ですね)

MVは”白石麻衣”のスポーティーで健康的な「美」を表現していて、素晴らしいですね。この手のいかにものアイドルのMVは好きじゃないんですけど、映像が本当に綺麗なので好きですね。

個人的に『オフショアガール』は僕にとっての”乃木坂46”のベストライブである「真夏の全国ツアー2017」での披露が印象深いです。

【乃木坂46】 「真夏の全国ツアー2017」①
http://burning.doorblog.jp/archives/50323222.html

初の期生ライブにも感動させられたんですが、後半の盛り上がりがエグかったんですよね~。

本編セット最後が『インフルエンサー』~『ガールズルール』~『裸足でSummer』~『夏のFree & Easy』~『太陽ノック』からのMCを挟んでの花火付きの『スカイダイビング』ですからね。(今となっては豪華になっちゃったオリジナルセンター)

「THE MUSIC DAY」の中継を挟んで、アンコールに突入したんですが、かなりの曲数をやっていて(しかもかなりの盛り上がり曲を披露済み)何をやるんだろうと思ってたら、『シャキイズム』~『オフショアガール』だったんですけどね。まだ盛り上がり曲残ってたじゃん、メンバーだけでなく、楽曲も層が厚いな・・・流石”乃木坂46”って思ったもんな~。

ちなみに僕は参戦できませんでしたが、この翌日の公演は『ヒムフルエンサー』やったんだよね。(悔しい、一日目もバックステージ席でしたが・・・)

どうしたって『オフショアガール』は卒業コンサートでも重要な位置で披露されると思うけど、しっかり押さえといて欲しいね。

それと25thでは2曲目となるソロ曲もお願いしたいね。できればバラードが良いな。本人も『立ち直り中』が好きって言ってるんだしさ・・・。



いずれにせよ、二列目でも黙ってても主役になれる”白石麻衣”だけど、25th Singleではとにかく彼女を最大級推しまくって欲しいね。

”乃木坂46”躍進の最大の功労者であり、絶対的エースの有終の美をしっかり飾ってあげましょう!

P.S.ライブいけるかな~、席獲れるかな~、ライブビューイングやってくれると思うけど、マジでお願いします!

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉕ 『4番目の光』

”乃木坂46”の「名曲アルバム」コーナーの第二十五弾です。

【乃木坂46】 「名曲アルバム」① 『急斜面』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」② 『ロマンティックいか焼き』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」③ 『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」④ 『何もできずにそばにいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑤ 『私のために 誰かのために』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑥ 『今、話したい誰かがいる』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑦ 『無表情』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑧ 『水玉模様』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑨ 『環状六号線』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑩ 『でこぴん』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑪ 『やさしさとは』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑫ 『生まれたままで』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑬ 『嫉妬の権利』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑭ 『無口なライオン』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑮ 『あの教室』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑯ 『あらかじめ語られるロマンス』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑰ 『せっかちなかたつむり』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑱ 『サヨナラの意味』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑲ 『太陽ノック』

【乃木坂46】 「名曲アルバム」⑳ 『逃げ水』
http://burning.doorblog.jp/archives/52200440.html

【乃木坂46】 「名曲アルバム」㉑ 『ひと夏の長さより…』
http://burning.doorblog.jp/archives/52419392.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉒ 『ごめんねずっと...』
http://burning.doorblog.jp/archives/52914203.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉓ 『やさしさなら間に合ってる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53096691.html

【乃木坂46】「名曲アルバム」㉔ 『帰り道は遠回りしたくなる』
http://burning.doorblog.jp/archives/53426762.html

僕は”乃木坂46”というグループそのものも、メンバーも好きですが、やっぱりその至極の楽曲の素晴らしさがあってこそだと思っています。アイドルソングの領域で語るにはあまりに勿体ない、そのクオリティの高い楽曲の魅力を全曲レビューなどで伝えてきているのですが、その中でも特に一般の音楽ファンに聴いてもらいたい楽曲を改めてレビューし直したいと思い、”乃木坂46”の「名曲アルバム」シリーズの記事を書いております。



しかし今年の”乃木坂46”の楽曲はホントに凄いクオリティですね~。

昨年の楽曲は期待に反して、個人的には低調で下手すると、このままグループ自体にも、僕の気持ちが離れそうな気すらしていました。逆にアルバムの出来が非常に良く、ライブも最高だった”けやき坂46”をメインに推ししていこうかな~くらい思ってたんですけどね。

その心配は見事なくらい杞憂に終わりましたけどね。

新曲は少なめでしたが、楽曲粒揃いだった4thアルバムもそうですが、23th、24thいずれも名曲だらけで本当に凄いことになってますし、”乃木坂46”が本領発揮って感じで頼もしいですね~。
 
まだ2019年も3ヶ月ちょっとありますが、やっぱり”乃木坂46”の2019年は4期生の年だったな~という感じで終わりそうですね。

今年の現時点でのベストライブパフォーマンスは”乃木坂46”の神宮ラストか四期生ライブのいずれかになると確信しています。

【乃木坂46】「乃木坂46 23rd シングル『Sing Out!』発売記念 ~4期生ライブ~」

アルバム収録の『キスの手裏剣』もライブでは最高に盛り上がるし、”掛橋”センターの『図書室の君へ』も最高で悩んだけどね。



【乃木坂46】 全曲レビュー

【乃木坂46】 全曲レビュー㉛~『Sing Out!』
http://burning.doorblog.jp/archives/53494120.html

*********************
<全曲レビューコメント>

『4番目の光』(Type-D収録)

「★★★★★」。

4th Album「今が思い出になるまで」収録の『キスの手裏剣』に続く、二曲目の四期生曲です。センターは今回も”遠藤さくら”が務めています。

四期生ライブのオープニングを飾ったのが既に懐かしい感じすらします。

「ザ・乃木坂」テイストの哀メロチューンで本シングル収録曲の中でも最も”乃木坂46”らしい曲ですね。適度なスピード感もあって、曲間でのアコギでのリフが哀愁タップリで最高だね。シンプルで無音を上手く使ったアレンジも好印象です。四期生曲はこれで二曲連続で満点評価をつけちゃったな~。

彼女たちの可愛さからすると、楽曲的には大人びていて、少し背伸びしている感もあるけど、それはそれで悪くないよね。

作曲はあの”杉山勝彦”さんで、編曲も”谷地学”さんと共同で手掛けられていますね。

MVも王道的ではあるけど、曲調にも合っていて良いね。しかし”さくら”のスタイルが良すぎて、やっぱりセンターに置くしかないのが良くわかりますね。

四期生曲にハズレなし。期待の現れですね。
*********************

ライブで計5回見ているんだけど、実はライブよりも「乃木坂工事中」でのスタジオライブが印象良かったんだよね~。(二期生特集回の前篇で”賀喜”の仕上がりが特に凄い)

本作のフォーメーションも秀逸で四期生のメンバーの組み合わせも凄く良いと思います。センター適性のある”遠藤”は勿論だけど、”掛橋”と”筒井”で挟むのは四期生の清楚感を際立たさせる意味でも良いバランスです。

シンメもかなり機能していて、フロント3名をサポートする”田村”、”賀喜”も良いコンビだし、フロント3名とは違う魅力を与えることが出来るし、後列も端の”早川”、”金川”は高身長で際立つし、その横の”北川”、”矢久保”との組み合わせも悪くないし、フロントを支える”清宮”、”柴田”の裏Wセンターも違うタイプの笑顔を魅せつける形で効果的なフォーメーションになっており、4期生の美味しいところが堪能できるのが凄いです。

<フォーメーション>
早川 北川 清宮 柴田 矢久保 金川
    田村 掛橋 遠藤 筒井 賀喜

声のバランスも良いんだけど、歌割りも上手いと思います。

メロディは2019年現在、日本最強のメロディメーカー”杉山勝彦”さんですので、完璧です。泣きの要素の入った美しいメロディラインが堪りませんし、ドライブ感も良いですね。

アレンジは非常にシンプルだけど、適度な疾走感を生み出すリズムの入れ方が上手いし、ストリングスを上手く使い、ほどよく雄大な仕上がりにしているにも良いね。そこに”秋元康”さんの等身大の歌詞が乗る構図ですが、聴けば聴くほど良い曲ですね~。

一発聴いても十分に良い曲だなと思える分かりやすいメロディでツカミもいいんだけど、そこから更に聴くごとに曲の良さがスルメ的に味わえる凄い曲です。完成度で言えば今年の”乃木坂46”の優秀な楽曲の中でもトップクラスじゃないかな。

極上アイドルポップ『キスの手裏剣』、メロディ展開が素晴らしい『図書室の君へ』といずれも問答無用の名曲なので、四期生自体が大好きになったかもしれません。勿論、最初のライブも見れたのも大きいけどね。

そろそろ25thの選抜予想も考えないといけない時期かもしれませんが、三期生VS四期生がどんな枠取り合戦を繰り広げるか、見物です。

いずれにせよ、楽しみですね。

P.S.アンダラは結局、一般では取れず・・・悔しいっす。



Sing Out!
Sony Music Labels Inc.
2019-05-22


最新コメント
メンズスタイル
DMM.com
バイク
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ