全曲レビュー

【日向坂46】 全曲レビュー⑤~「ひなたざか」(新曲編)

ひなたざか アルバム

2019年にシングルデビューを果たした”日向坂46”のファーストアルバムです。

とはいえ、”けやき坂46”時代をカウントすると名盤「走り出す瞬間」もリリースしてますので、そこに迫るクオリティの曲があるかどうかが楽しみです。(逆にコレがないと特典映像しか楽しめない・・・)

またアルバムリリース前に敢えて、絶対的センター”小坂”ではなく、”美玲”にセンターを変更したリードトラック『アザトカワイイ』の意図もこのアルバムを分析する上でのポイントかなと深読みをしたりしてます。

【日向坂46】 『アザトカワイイ』フォーメーション発表
http://burning.doorblog.jp/archives/54905117.html

【日向坂46】 1st Album「ひなたざか」詳細決定!
http://burning.doorblog.jp/archives/54951648.html

初の無観客配信ライブも過去ベストと呼んでよい、素晴らしい出来だったし、初のドキュメンタリー映画も公開されましたしね。バラエティ番組も席巻しているし、グループとしてはかなりの勢いを持続してますね。

【日向坂46】「HINATAZAKA46 Live Online, YES!with YOU! ~“22人”の音楽隊と風変わりな仲間たち~」
http://burning.doorblog.jp/archives/54878843.html

【日向坂46】 「日向坂46ドキュメンタリー映画 3年目のデビュー」
http://burning.doorblog.jp/archives/54917689.html
 
恒例のヒット祈願企画も延長戦で何とかクリアしましたし、売上も初動3日間で13.4万枚と「走り出す瞬間」をギリギリ上回りそうな状況ですね。

基本的に新曲のみのレビューです。

過去の曲については、こちらで確認してください。

日向坂46 全曲レビュー
http://burning.doorblog.jp/archives/cat_1324167.html

1st Album「ひなたざか」(2020年)

『Overture』(全タイプ収録)

「★★★★★」

「坂道シリーズ」の『Overture』はいずれも力作ぞろいですが、”日向坂46”の『Overture』も文句なしで満点評価ですね。

”欅坂46”はロックテイストがあって(「デビューカウントダウンライブ」で使った『Overture』もお気に入りですが)、それ以外は近未来っぽい雰囲気の曲で大好きですね。これは嬉しい収録じゃないですかね。

作曲は”TomoLow”ですが、「坂道シリーズ」では”乃木坂46”の『言霊砲』以来の楽曲提供ですね。

アレンジはクレジット記載なしですが、”TomoLow”が携わっているのは間違いないと思いますけどね。

最後にコールとカウントダウンが出来るのも盛り上がるよね!

『アザトカワイイ』(全タイプ収録)



「★★★★」

先行でMV配信もされ、先日の「CDTVライブ!ライブ!」ではフルサイズ披露もされた、アルバムのリードトラック曲です。

全員による楽曲で先述の通り、”みーぱん”がセンターを務めています。

まあ、分かりやすいアイドルポップですよね。タイトルもそうだけど、「釣られてしまいました~」とか、捻りの無さが逆に清々しさを感じるほど、純度の高いアイドルポップです。

作曲は”浦島健太、NIYA、TETTA”となっており、”浦島健太”さんは「ホバーボード」所属のクリエーターで「坂道シリーズ」では常連になってきてますね。

”欅坂46”の『アンビバレント』をはじめ、”乃木坂46”の”白石”ソロ『じゃあね。』、『さゆりんご募集中』、『~Do my best~じゃ意味はない』あたりも彼の作品です。(彼は共作が多いね)

尚、編曲は”TETTA”個人のクレジットになっています。彼も「ホバーボード」所属で”乃木坂46”の『Sing Out!』の作曲もされていますね。(『アンビバレント』も”浦島健太”さんとの共作)

メロディは類型的ではあるんだけど、悪くないと思いますが、「走り出す瞬間」のリードトラック『期待していない自分』と比べちゃうとな~って感じで「★★★★」止まりの評価になりました。



『期待していない自分』での”みーぱん”の表現力はライブでも十二分に活かされていますが、何故、この曲を”みーぱん”センターにしたのかが見えづらいですね。正直、”小坂”センターでも良かったように思いますけどね。

こういうカワイイ路線もイケるんだよ!ってアピールなのかもしれませんが、もうちょっとパフォーマンスを見たりする必要があるかもしれませんね。ライブでは跳ねそうですしね。

『この夏をジャムにしよう』(Type-A収録)

「★★★★」

”上村”、”髙橋”、”森本”、”山口”という三期生曲ですね。

声だけ聴いていると”上村”と”髙橋”がダブルセンターっぽい感じなんでしょうか? ライブで確認しないとダメですけどね。”髙橋”の声が割と強いなという印象です。(外れてたらスイマセン)

曲は普通のアイドルポップですね。

夏っぽい爽快感があって、割と好きですね。

作曲は”pakorama”で、”HKT48”の『控えめI love you !』での楽曲提供くらいしか情報がないですね。懐かしいな~。フロント全員いなくなっちゃったしね。



まあライブで伸びると思うし、悪くないけどね~。やっぱり”日向坂46”は王道のアイドルポップ路線なんだな~とも思いましたけどね。(哀メロが楽しめる「走り出す瞬間」が好きだったのもあってね・・・)

しかし、新三期生には嬉しい楽曲だと思うし、これはライブで観てみたいね!(季節外れっぽいけど、「ひなくり2020」でもやって欲しいね。

『誰よりも高く跳べ!2020』(Type-A収録)

「★★★★」

リテイク曲ですが、ほぼ違いが分かりません。歌唱メンバーの声を入れ替えているくらいなんでしょうけどね。

オリジナルの評価は「★★★」にしてたんですけど、ライブの鉄板曲ですし、これを機に「★」を1個追加しましたが、ちょっとこのリテイクについてはガッカリですね。

聴き比べて、若干テンポあ落ちたかな・・・とかシンセの音が大きくなったかなとか、検証したけど、あんまり違いを感じられなかったので、何とも言いようがないですね。

作曲は”カミカオル、doubleglass”、編曲は”野中“まさ”雄一”さんとオリジナルと同様です。

こんなリテイクを入れるくらいなら、新曲を入れて欲しかったな~。

『日向坂』(Type-A収録)

「★★★★」

新三期生加入前の全メンバーでの楽曲で卒業した”柿崎芽実”さん、”井口眞緒”さんも参加しています。(休業中だった”影ちゃん”は参加してません)

ミドルテンポの楽曲で、どちらかと言えば、自グループの歴史を語りつつの、歌詞重視の曲という印象でしたけど、改めて聴くとメロディも悪くないし、心地良く聴けるけどね。その意味でも『W-KEYAKIZAKAの詩』に近い感じですが、メロディ、構成を評価すると満点にはならないかな。

作・編曲は”新屋豊”さんでアニソンなんかを手掛けられているけど、”NOKKO"の『人魚』のストリングスアレンジなんかもされてますね。「歌スタ!!!」も出てたんだね、記憶にないな~。

しかし、『日向坂』は、『約束の卵』、『車輪が軋むように君が泣く』といった”ひらがな”時代のエンディングに相応しい名曲もあるので、影は薄いけど、ライブでも聴いてみたいな・・・って、Type-Bの特典映像「日向坂46デビューカウントダウンライブ!! in 横浜アリーナ~日向坂46 FIRST LIVE~」で観れるけどね。



特典映像のダイジェストも公開されているので、気になる人はチェックしてくださいね。

『NO WAR in the future 2020』(Type-B収録)

「★★★★」

こちらも問題のリテイク曲ですが、同様に違いが分かりません。うーん。

とはいえ、ライブでは最高潮に盛り上がる鉄板曲であり、「★」は一つ追加しましたけどね。

こちらも特に書くことはないな~。

作曲、編曲共に”ツキダタダシ”さんです。

以上・・・。

『ただがむしゃらに』(Type-B収録)

「★★★★★」

『アザトカワイイ』同様に現時点でのフルメンバーでの楽曲です。

ミドルテンポのアイドルポップではありますが、ギターソロも最高だし、哀メロが効いているので、個人的には「★★★★★」の満点評価にするか、悩んだんだけどね。

このメロディはかなり良いし、ギターのジャカジャカジャンというリフからの流麗なメロディの流れはかなり好きなんだけどね・・・。長く楽しめそうな楽曲でもあるしね・・・。

って、悩んだけど、最終的に「★★★★★」にしました。

作・編曲は共に”古城康行”さんです。”AKB48”の『前しか向かねえ』が一番有名かな? 佳曲『マジすかロックンロール』の作曲も手掛けられてますね。(尚、クレジットは”Candy&Megane”名義)

十分に素晴らしいし、もう一歩で恐ろしい名曲になった気もするんだけど、それも愛おしいね。

これは音楽ファンには、是非、チェックして欲しいな。

『どうして雨だと言ったんだろう?』(Type-B収録)

「★★★★★」

”加藤”、”齊藤”、”美玲”という「走り出す瞬間」でソロ曲を披露した、一期生の中心メンバーの3名によるユニット曲です。

これさ、1回聴いただけで、「スゲー」ってなりました。

イントロの切なさ、情感溢れるメロディの素晴らしさ、曲としては、個人的には完璧に近いですね。

ちょっと「走り出す瞬間」収録の二期生3名のユニット曲『キレイになりたい』を思い出しました。

しかしこの素晴らしいメロディは誰が作ったのか、クレジット見てみたら、あの”杉山勝彦”さんでした! 流石です!

<”杉山勝彦”さんの「坂道シリーズ」への楽曲提供作品>

乃木坂46
『制服のマネキン』
『君の名は希望』
『サイコキネシスの可能性』
『私のために 誰かのために』
『僕がいる場所』
『ひとりよがり』
『羽根の記憶』
『きっかけ』
『サヨナラの意味』
『硬い殻のように抱きしめたい』
『ありがちな恋愛』
『もし君がいなければ』
『4番目の光』
『路面電車の街』
『時々 思い出してください』
『図書室の君へ』
『僕の思い込み』

欅坂46
『青空が違う』

けやき坂46
『沈黙した恋人よ』

現代の最強メロディメーカーですからね。変な曲になる訳もないんですけど、流石ですね。

尚、いつものように編曲は共作で”杉山勝彦、石原剛志、有木竜郎”との名義になってます。”有木竜郎”さんとのコンビでのクレジットは名曲しか生まないような気がするな・・・。

ちょっと”きょんこ”のソロの部分の歌唱が違和感あったんだけど、まあ慣れれば大丈夫ですけど、比較的声が強くて、特徴的な三人のVocalも魅力的です。

この名曲もライブで絶対に聴きたいね!

『My fans』(通常盤収録)

「★★★」

こちらも『アザトカワイイ』、『ただがむしゃらに』と同様に現時点でのフルメンバーでの楽曲です。

うーんでも、これって完全に”Billie Eilish”の『bad guy』にインスパイアされまくってますよね。



全体的に聴くとハード目のロックテイストのある佳曲だと思うんだけど、どうしても間奏部分のあのメロディとリズム展開が『bad guy』を想起させてね・・・。

曲自体は悪くないどころか、結構良いのにな~、こういうのは好きじゃないな~。

作・編曲はアイドルへの楽曲提供が多い”ムラマサヒロキ”さんですが、うーん。

困っちゃいますね。

『See Through』(通常盤収録)

「★★★★」

”小坂”、”金村”のユニット曲です。

この通常盤収録の新曲は割と強めの曲が収録されているんですけど、ロックっぽいリフがある一方で、ダンサブルなビートも効いてて、お洒落な感じもあって、悪くない出来だと思います。

この二人の個性とかが活かされているのかどうかも見えませんが、曲自体は良いのでね。

特にサビの「See Through!」のコーラスが耳に残りますし、ライブではファン全員でコールするんだろうなと思いながら、聴いてます。

作曲と編曲は「坂道シリーズ」ではお馴染みの”佐々木裕”さんです。アレンジャーのイメージが強いけどね。

<”佐々木裕”さんの「坂道シリーズ」への楽曲提供作品>

乃木坂46
『左胸の勇気』(編曲)
『行くあてのない僕たち』(編曲)
『誰かは味方』(編曲)
『傾斜する』(編曲)
『Rewindあの日』(編曲)
『知りたいこと』(作曲・編曲)

欅坂46
『W-KEYAKIZAKAの詩』(編曲)
『危なっかしい計画』(編曲)

けやき坂46
『ハロウィンのカボチャが割れた』(編曲)

日向坂46
『Dash&Rush』(編曲)

十分に楽しめるユニット曲ですね。

『約束の卵 2020』(通常盤収録)

「★★★★★」

こちらも問題のリテイク曲です。オリジナルと一緒・・・違いが分かりません。

哀愁のメロディメーカー”aokado”による、メロディの素晴らしさは変わらないので満点評価にしていますが、やっぱり今回のリテイク曲3曲はかなり残念・・・。

最後に総括です。

初出し音源こそ11曲ですが、『Overture』、『日向坂』を含め、純粋な新曲は8曲ですね。

3枚リリースにしては、ちょっと寂しいボリュームかな。

新たな名曲『どうして雨だと言ったんだろう?』、『ただがむしゃらに』は収穫でしたが、それ以外はちょっと不満を感じる内容でしたね。

まあ、新規ファンにはありがたい内容だと思うけどね。

個人的には特典映像のライブにこそ、今回の1st Albumの最大の価値を見出してますね。

想定はしてましたが、その意味でも残念な出来になったなというのが、個人的な印象です。

とはいえ、クオリティも高いし、気に入って聴いてはいますけどね・・・。

尚、特典映像編については十分にリピートしきれてないので、改めてレビューは書きます。

P.S.「走り出す瞬間」は凄かったんだな~。







日向坂
Sony Music Labels Inc.
2020-09-23


【日向坂46】 全曲レビュー④~『ソンナコトナイヨ』

ソンナコトナイヨ

”日向坂46”の4枚目となるシングルがリリースされました。(発売から随分遅れての全曲レビューとなり、お待たせしました。)

発売初週に過去最高となる55.8万枚のセールスを記録し、順調に坂を登ってますね。

尚、1st Singleから4作連続での初週売上40万枚超えのセールスというのは日本音楽史上初の記録だそうです。なんだかんだで凄いよね。

デビュー1年目は大活躍でしたね。女性グループとしてのCD初週売上記録を更新し、鮮烈なデビューを決めた勢いをそのままに、年間三枚のシングルをリリース、「紅白歌合戦」出場を果たし、年末の「ひなクリ2019」では、念願である東京ドーム2Days公演の開催を発表しました。(名曲『約束の卵』が更に泣ける曲になったよね)

【日向坂46】「ひなくり2019 ~17人のサンタクロースと空のクリスマス~」二日目
http://burning.doorblog.jp/archives/54139904.html

2020年に入っても、主演ドラマ「DASADA」がスタートし、様々なTV番組にメンバーが出演したりと活躍の場を広げていますね。

その活躍を喜び、楽しみつつも、個人的には「ひらがなけやき」時代の音楽性が好みだったので、純度高めの王道アイドルポップに大きく舵を切った、昨年の3枚のシングル収録曲には不満を感じることが多かったのも事実です。

それだけに2年目のスタートとなる、4枚目シングルは自分の想いがどう変わるのかも含め、非常に楽しみにしてました。

今回もType-A、B、Cを購入し、通常盤収録の楽曲はダウンロードとしました。

生写真は”高瀬”、”河田”、”久美”というメンツでした。

では全曲レビューいきましょう!

4th Single『ソンナコトナイヨ』(2020年)

『ソンナコトナイヨ』(表題曲)



「★★★★★」

MV公開時にもコメントしてます。

【日向坂46】 『ソンナコトナイヨ』、『青春の馬』MV公開中
http://burning.doorblog.jp/archives/54253897.html

**************************
僕はこの曲好きですね。

”日向坂46”の過去の表題曲の中ではトップになるかも・・・。

ブレイク前の”AKB48”のロック調の楽曲(『言い訳Maybe』等)に近いのかな~。メロディの作りはシンプルで青春を想起させるようなストレートでスピード感もあって、好印象です。
**************************

この曲は初めて聴いてから、ずっと個人的にお気に入りなんですよね~。初期”AKB48”の歌謡ロック路線の名曲『言い訳Maybe』あたりを想起させる曲調が胸アツです。かなりヘビロテしてます。

メロディ自体はそこそこの出来だと思いますが、スピード感が心地良いし、ギターが良い感じで利いていて、曲としての総合力の高さにヤラレちゃいましたね。

ブリッジの組み立てなんかも王道的で、取り立てて新しいことをやってないんですけどね。僕自身がこういう路線の曲に弱いのもあるんでしょうけど、僕のアドレナリンは聴くごとにアガリまくっちゃいます。

「ソンナコトナイヨ」の叫びも良いフックになっていると思いますね。こりゃライブではファンも一緒に「ソンナコトナイヨ!」と叫ぶ感じになるんでしょうけど、絶対に盛り上がるよね。

キラキラした派手目のアレンジになっているのも面白いです。「ひらがな」時代を含めても、過去にはなかった曲調、アレンジでグループに新たな息吹を注入しているのは好感が持てます。

尚、作・編曲は「坂道シリーズ」に初参加となる”柳沢英樹”さんです。”亀梨和也”さんの『手をのばせ』の作曲もされてますね。

しかし、これはライブでも強力なキラーチューンになりますね~。

街中をダンスで踊りながら歌うMVは王道アイドル的な作りだけど、ダンスが激しくて、迫力を感じながらも、メンバーの仲の良さや可愛さが確認でき、好印象です。

「MUSIC STATION」での披露も良かったな~、”こさかな”のオーラが一段と光を放ってきてますね。1年間センターを務め続けた経験から来た自信なんでしょうか、ちょっと眩し過ぎてビックリしました。(最近は”タモさん”も”小坂”にメロメロだよね)

初めて”日向坂46”の表題曲で「★★★★★」の満点評価をつけちゃいました。でもそれだけの曲だと思います。

『青春の馬』(全タイプ収録)



「★★★★」

こちらもMV公開時に少しコメントしてます。

**************************
こちらもスピード感のあるポップナンバーですね。

サビのマーチっぽいリズムからのメロディ展開が特に良いね。二番のAメロではストリングスを使い、メロウな流れを作ったりと工夫されているのも良いね。

ドラマ主題歌なので何度も聴くごとに味わいが出そうな感じがしますね。
**************************

自らが主演するドラマ「DASADA」の主題歌になってます。

明るめの曲調で、サビ頭のマーチっぽいリズムが効果的に高揚感を演出しているのが良いですね。でも個人的には『ソンナコトナイヨ』ほどは評価出来てません。好みの問題かもしれません。メロディの出来なんですかね。とはいえ、細かなアレンジも効果的ですし、「★★★」までは下げられませんね。

作・編曲は”近藤圭一”さんです。”AKB48”の『シュートサイン』で作曲家として、オリコン1位、ミリオンセラーを記録していらっしゃいます。「坂道シリーズ」では”乃木坂46”の『あなたのために弾きたい』、『悲しみの忘れ方』、『平行線』を手掛けられています。

「ハッピーオーラ」のグループコンセプトにも合うと思いますし、好きな人も多そうですね。

MVは先日の「ひなましょう」での解説ポイントが気になっちゃってね・・・。(花が重そうだなとか、”かとし”のあのズッコケを思い出す)全体的にはキレイな映像ですけどね。最後は『JOYFUL LOVE』っぽい衣装になるのも良いね。いずれにせよ、美しさを増して復帰した”ひよたん”も目立ってて良いね。

『好きということは…』(Type-A収録)

「★★★★」

こちらは一期生による楽曲です。

センターは”日向坂46”になってからは初となる”美玲”ですね。

曲は、スピード感のあるパンクロックです。歌詞の言葉数も多くて、高揚感タップリのメロディ展開がかなりお気に入りです。

ギターも途中でのチョッパーベースも良かったので「★★★★★」の満点評価にしようかと思ったけど、曲中のキーボード音の入れ方等がやや軽く感じたので、★一つ減点しました。

ライブでは無双になりそうな気配もするし、評価を後悔しそうだけどね。

作曲を手掛けたのは”youth case”ですね。”嵐”の『Love So Sweet』、『Step And Go』などが有名ですね。「坂道シリーズ」は初参加ですね。

尚、アレンジは”youth case”と、数々のミュージシャンのサポートを務めている”城戸紘志”さん、”加部輝”さんとの共作となっています。

『窓を開けなくても』(Type-B収録)



「★★★★」

”加藤”、”齊藤”、”久美”、”美玲”、”小坂”、”富田”、”渡邉”というメンバーのユニット曲です。

センターはMVを見る限り、”小坂”でしょうね。

組み合わせとしては、エース格のメンバーを集めた感じでしょうか? 二期生から”小坂”は別としても、”渡邉”と”富田”をチョイスしているのが興味深いです。しかし”富田”は歌が上手いのもあるんでしょうけど、ユニット曲への参加率が比較的高いように思います。表題曲では初の二列目ですし、良いキャラしてるし、ポテンシャルも高いので、益々の成長を期待したいね。

ふわふわした、春らしい可愛らしいポップソングですが、メロディも悪くないし、聴いていて幸福感を味わえる曲になってますね。

作・編曲は”CHOCOLATE MIX”で「坂道シリーズ」では”乃木坂46”の『滑走路』以来の採用ですね。48グループ、”IZ*ONE”への楽曲提供をされてますね。

MVはホテルのパジャマに身を包んだメンバーがわちゃわちゃした感じで、こちらもファンには嬉しいんじゃないかな。

『ナゼー』(Type-C収録)



「★★★」

”東村”、”河田”、”松田”のユニット曲です。

センターはMVや「日向坂で会いましょう」の披露で見る限り、”松田”ですよね?

『青春の馬』同様にドラマ「DASADA」の劇中歌になってます。
 
三人編成で機械的な振り付けもそうですが、”Perfume”を想起させます。曲もデジタルポップ路線ですが、どうせなら音作りはもうちょっと”Perfume”並みに頑張って欲しかった気もします。

個人的にはそんなにピンとこない曲なんですが、一定以上のクオリティはあるので、「★★★」の普通評価にしました。MVの三人がキラキラしていて、評価を上げようかと思ったけど、初志貫徹しました。

この曲は好きな人多そうだけどね。

作・編曲は過去に「坂道シリーズ」に楽曲提供されている”サトウシンゴ”さんや”小田切大”さんも所属している「T's Corporation」の”小山雅弘”さんです。

『君のため何ができるだろう』(通常盤収録)

「★★★★」

二期生・三期生曲です。尚、センターは初ですね、”丹生”が務めてます。

「走り出す瞬間」に収録されていても、おかしくない哀メロを持つAOR曲ですね。サビはかなり言葉数を詰め込んでいて、印象的な作りにしてますけどね。

”丹生”センターなので、もっとアッパーでハッピーな感じのアイドルポップでも良かった気がするけど、良い曲であるのは間違いないですね。

作・編曲は”田靡達也”さんと”中山聡”さんです。”田靡達也”さんは48グループや”=LOVE”へ楽曲提供されてますが、「坂道シリーズ」は初参加ですね。”中山聡”さんは”乃木坂46”の隠れた名バラード『君が扇いでくれた』以来の参加ですかね。

あとは特典映像ですね。

「大富豪No.1決定戦」は見応えありましたね~。予選から白熱してましたし、大貧民からの大逆転2つの勝負は痺れたな~。Dグループの初心者だけの争いもお手付き多めでしたが、楽しめましたね。こうやって「大富豪」の試合を見るのは初めてだったけど、意外に面白かったな。

「決勝戦」も面白かったし、ご褒美ロケはホントに旨そうな肉だったな。シャトーブリアンは人生で一度だけ食べたことがあるけど、ホントに歯がいらないくらい柔らかくて旨いよね~。

MCは安定の回しでしたが、もう少し笑いを生み出す力を持った方であれば、更に面白くなったような気もします・・・そこが唯一残念だったかな。ディーラーの”ビッキー”さんのほうが存在感があったように思いました。

最後に、4th Singleの総括です。

今回は2nd Single以来となる一期生曲、二期生・三期生曲が復活したのがトピックでしょうか? しかも”丹生”は初のセンターポジション、”美鈴”も”日向坂46”としては初のセンターにしたのはポイントかもしれません。(”松田”もそれに近いのかな)

元々、「ひらがなけやき」時代からセンターを流動的に交代させてきた”日向坂46”ですが、デビュー初年度は表題曲、カップリング曲も基本的に”小坂”のセンター固定で進めていますが、「セルフ Documentary of 日向坂46」でもメンバーから語られる「個の力」を伸ばすため、少しずつセンターを経験させているのは良いやり方だと思います。

表題曲のフロントを務めた”金村”、”東村”も良い感じで存在感を出してますし、横で支える”京子”、”かとし”、更に裏で支える”丹生”、”河田”コンビと、グループとしての層の厚みが増した感じがします。

”小坂”がエースでデビュー以来4作連続のセンターを務め、グループの顔になっており、一強状態の危うさ、バランスの悪さを感じてましたが、この感じで他のメンバーが追随していくと問題なさそうだね。

しかし、今回は表題曲の出来の良さに個人的にヤラれましたね。他の曲も悪くないんだけど、『ソンナコトナイヨ』ばっかりリピートしちゃってます。いやー、良い曲だね。

ライブ映えしそうな曲も多いし、更に良いライブになることが期待できそうですね。

コロナ騒ぎに負けず、全国アリーナツアー頑張って欲しいし、日本を明るくして欲しいな。

P.S.ドキュメンタリー映画も楽しみだね!








ソンナコトナイヨ (Special Edition)
Sony Music Labels Inc.
2020-02-19


【日向坂46】 全曲レビュー③~『こんなに好きになっちゃっていいの?』

EEJ-mpnXUAAE45X

 ”日向坂46”の3枚目となるシングルがリリースされました。

発売初日に過去最高となる39万枚のセールスを記録しており、思った以上に順調な滑り出しですね。前作超えのペースですが、勢いを図るうえでもデビューシングル『キュン』を上回れるかどうかがポイントですね。

2クール続いた「HINABINGO!」が終了したのも束の間、新番組も始まりましたね。

【日向坂46】 「セルフ Documentary of 日向坂46」
http://burning.doorblog.jp/archives/53867897.html

デビュー1年目の新人アイドルが、3rd Single発売記念ライブをさいたまスーパーアリーナでやっちゃうのも凄いし、相変わらずグループとしては好調を維持しているような感じですが、僕自身は”けやき坂46”の楽曲、ライブ(”日向坂46”改名後のライブ参戦は全握ミニライブのみですが)が良すぎたこともあって、”日向坂46”に対して、ブログでも少しネガティブな記事を書いたりしているんですが、今回のシングルも勿論楽しみにしてます。

心から良いなと思える曲が見つかることを期待してます!

勿論、今回もType-A、B、Cを購入し、通常盤収録の楽曲はダウンロードしました。

生写真は”井口”、”東村”、”宮田”というメンツでした。

では全曲レビューいきましょう!

3rd Single『こんなに好きになっちゃっていいの?』(2019年)

『こんなに好きになっちゃっていいの?』(表題曲)



「★★★」。

MV公開時のコメントが下記のようなものです。

【日向坂46】 3rd Single『こんなに好きになっちゃっていいの?』公開中

***********************
さて、デビュー後、『キュン』、『ドレミソラシド』とブリブリのアイドルポップをリリースしてきた”日向坂46”ですが、今回のシングルではメロウでオシャレ感のあるバラードで来ましたね。

正直言うとそんなに印象は良くないです・・・。

MVはかなり出来が良いと思いますし、”こさかな”の表現力、佇まいとか醸し出すオーラが凄くてね。でも曲自体はメロウで耳馴染も良いんだけど、メロディが僕には予定調和的で普通の出来に聴こえたのが残念です。(特にサビ前の「Infinity~」あたりがね)
***********************

表題曲ですが、さほど印象は変わってません。

改めて何度も音源で聴きましたが、最初のイントロからのインスト導入部、Aメロ、Bメロは割と出来が良いんだよね。音作りも良いんだよね。

だけど、サビ前の「Infinity~」から一気に陳腐に聴こえちゃうのが残念です。サビのメロディも予定調和的ではありますが、決して悪くない出来なのに残念です。

間奏パートのストリングスも良いし、コーラスの入り方も工夫されてて良いんだけど、ブリッジでの「Infinity~」でまた僕はガックリさせられちゃうんだよね。

まあ個人的な感性によるものなので、気にならない人にとっては名曲認定できることもあるんだろうけど、僕は苦手だな~。

作曲は”前迫潤哉、7th Avenue”、編曲は”7th Avenue”が手掛けてますけど、”前迫潤哉”さんは僕も大注目しているクリエーターでね。

彼が手掛けた「坂道シリーズ」の楽曲は下記の通りです。

乃木坂46『Another Ghost』(Yasutaka.Ishioと共作)
欅坂46『W-KEYAKIZAKAの詩』(Yasutaka.Ishioと共作)
欅坂46『ガラスを割れ!』(Yasutaka.Ishioと共作)
欅坂46『ここにない足跡』(Dr.Lilcom、春川仁志と共作)
日向坂46『イマニミテイロ』(Yasutaka.Ishioと共作)
日向坂46『JOYFUL LOVE』(Dr.Lilcomと共作)

”AKB48”の最近の曲の中では、個人的に一番お気に入りの『NO WAY MAN』も”Yasutaka.Ishio”さんと共作されてます。(最近でもないか・・・)

MVは等身大の彼女たちを映しつつ、センター”小坂菜緒”の魅力をしっかり引き出せているし、良い出来だと思います。監督は”池田一真”さんです。

だからこそ、誰がこのヴォーカルアレンジをやろうとしたのか? 犯人捜しをしてもしょうがないけど、この「Infinity~」がホントに残念です。

評価は「★★」も考えたくらいだけど、全体的な出来を考慮し、普通評価にしましたが、僕は苦手な曲です。お気に入りの人、ホントにごめんなさい。

『ホントの時間』(全タイプ収録)



「★★★★★」。

表題曲と同様に全メンバーでの楽曲となっています。

メロディラインはかなり変則的ではあるんですが、面白い出来になっていて、良いですね。またサビにかけてピッチが軽快になるのもかなり好印象です。サビも二段階でメロディを組み立てていて、深い味わいになってますね。

いやーこれはかなり優秀なポップソングじゃない?

口笛からスタートして、口笛で終わる構成も面白いし、グループコンセプトの「ハッピーオーラ」にも抜群に合っているんじゃないかな? ライブでも絶対盛り上がるだろうしね!

これが、デビュー曲『キュン』、『ドレミソラシド』と連続で表題曲を手掛けた”野村陽一郎”さんの作品なんですよね。今回のシングルでは『ママのドレス』も含め、2曲採用されていて、大活躍ですけど、彼の楽曲の中で一番好きかもしれませんね~。

長く楽しめそうなエバーグリーンな魅力もありそうなので、「★」1個おまけして、満点評価にしました!(当初は「★★★★」評価にしようと思ってたけど)

こっちを表題曲にしたほうが良かったんじゃない?

デビュー1年目はアイドルポップ三連発で締めくくったほうが潔くてカッコよかった気がするな。(乃木坂も1st~3rdはフレンチポップ路線で突っ走ったよね)

幕張メッセでの撮影をメインにしたMVはファンには楽しめるんじゃないかな? 出来は普通かな。

『まさか 偶然…』(Type-A収録)

「★★★★★」。

二期生の”富田鈴花”、”松田好花”のユニット曲です。

そういや、名曲『線香花火が消えるまで』はこの二人に”金村美玖”が加わったメンツでしたね。

二人とも歌上手いし、安定感あるよね。サビの歌唱はファルセットを多用しているんだけど、しっかり歌えているし、コーラスも良いね。

”aiko”あたりを思い出す感じのしっとりしながらも、メロディ展開が一筋縄ではいかない練り込まれた完成度の高いバラードですね。

それでいてリズムもワルツかな? 面白いし、クセになるリズムを使いながら、哀愁を上手く表現していて、非常に良い仕事だと思いますね。

作曲・編曲は代表曲『ひらがなで恋したい』を手掛けた”ケラケラ”の”ふるっぺ”さんですね。

昨年のBest Song Writerにも選出させて頂いたんですが、流石ですね。センス良いわ~。

今回のシングルの中で最も好きな楽曲どころか、個人的には”日向坂46”に改名してからの楽曲では一期生楽曲のキラーチューン『耳に落ちる涙』と双璧と言えるレベルの名曲かも。

MVがないのは残念なくらいの名曲。これは文句なしで素晴らしいです。

『一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない』(Type-B収録)



「★★★」。

期待の三期生”上村ひなの”の初のソロ曲ですね。

なんだかんだで”けやき坂46”時代を含め、ソロをやっているメンバーは”加藤史帆”、”齊藤京子”、”佐々木美鈴”の3名しかいないんだよね。(兼任&卒業の”長濱ねる”さんは除く)

不思議なことに、二期生は未だに誰一人、ソロをやっていないんだよね。それをスッ飛ばしての抜擢ですので、運営の期待の大きさが伺えます。

曲はダンサブルな要素もあるアッパーなポップチューンで”ひなの”の意外とカッコいい歌唱もあって、悪くないんですけどね。

”LiSA”あたりのアニソンを想起するし、そこに早口パートや朗読が入るのも今となっては、そんなに新しさは感じないですね。

”ひなの”のフレッシュさに比べ、曲自体がやや古臭いパターンのように感じたのが残念なのかな?

作曲、編曲を手掛けるのは”辻村有記、伊藤賢”といういずれも「坂道シリーズ」初参加の方ですね。”辻村有記”さんは元”HaKU”のフロントマンだったみたいですね。”伊藤賢”さんはギタリストでアイドル、アニメ系のギター参加や楽曲提供をされているようです。

MVはちょっとミステリー要素を挟んでますが、まあ普通の出来かな? ”ひなの”の魅力をいろいろと引き出したい意図は分かるんだけど、ややピンボケしている印象です。いろんなシチュエーションや衣装を使ったり、逆にシンプルなシチュエーションでも彼女の様々な魅力が出せたような気もするし、制作サイドはやや考え過ぎで素材の良さを活かしきれなかったんじゃないかな?

『ママのドレス』(Type-C収録)



「★★★★」。

”潮紗理菜”、”加藤史帆”、”齊藤京子”、”佐々木久美”、”高本彩花”のユニット「りまちゃんちっく」による楽曲です。

『沈黙した恋人よ』、『ハロウィンのカボチャが割れた』に続く三曲目となります。(いずれも”欅坂46”、”けやき坂46”の1st アルバムに収録されてます)

前述のとおり、こちらの作曲、編曲は”野村陽一郎”さんなんですが、1960年代ポップスの”Frankie Valli”の『Can't Take My Eyes Off You』をサンプリングしたような良い感じのフワフワ感があって、やるね~。(”Boys Town Gang”のカバーのほうが有名かな?)



メロディセンスもあるし、長く楽しめそうな佳曲ですね。

「りまちゃんちっく」は初MVですね~。こちらのMVも監督は監督は”池田一真”さんです。まあ、普通の出来かな。

『川は流れる』(通常盤収録)

「★★★★」。

こちらは全員での楽曲ですが、”けやき坂46”時代に近い楽曲だと思います。

それこそアルバム「走り出す瞬間」に収録されていても違和感ない感じがします。

そこまで芳醇ではないけど、まずまず憂いのあるメロディが堪能できる佳曲ですね。

音楽クリエーター集団「agehasprings」に所属されている”中野領太”さんの作曲・編曲です。「坂道シリーズ」は初参加ですかね? アイドル、アニメ系、”安田レイ”さんや”水瀬いのり”さんにも楽曲提供をされてますね。

「特典映像~ひなたの休日~」

今回の特典映像は「ひなたの休日」で、全メンバーの休日の一コマを切り取ったような映像ですが、ちょっとマッタリし過ぎて、退屈に感じるのも多かったけど、推しには嬉しいかもね。

綺麗に魚をさばく”おたけ”は良かったな~。あと嫌いなピーマンを克服する”松田”も面白かった。

ひたすら可愛さに惹きこまれる”河田”、”丹生”も良かったですね。

DTMに挑戦する”富田”、ウクレレで自分たちの曲を歌う”美穂”が楽しめたかな。”小坂”の大阪弾丸旅行も良かったんじゃない? あべのハルカス展望台~NIFRELは僕も行ってみたいです。

最後に3rd Singleの総括です。

”日向坂46”が総力戦で挑んだシングルというイメージを持ちました。

1st、2ndと続いていた一期生曲、二期生曲がなくなり、全員での楽曲とユニット曲とソロになってます。

久々となる人気ユニット「りまちゃんちっく」、次世代エース筆頭”上村ひなの”のソロを投入する等、現時点での手持ちの札を全部切ったような感じで気合が入っている印象です。

個人的には表題曲、期待していた”ひなの”のソロが残念でしたが、それ以外は粒揃いの楽曲が聴けて嬉しいです。特に『まさか 偶然…』は本当に素晴らしい曲ですね。

”ひらがなけやき”時代から”日向坂46”デビューしてからの楽曲コンセプトはまだ定まってない印象ですが、これだけ”野村陽一郎”さんを多用してきたんだから、『ホントの時間』、『ママのドレス』等のハッピー要素が感じられる、一癖あるアイドルポップを中核に置いていくのが正解だと思います。

その意味でも少し明るい光が見えたシングルだったし、僕にとっては少しポジティブに転換できた気がします。

益々、頑張って欲しいな!

P.S.音楽ファンには名曲『まさか 偶然…』を一度チェックしてもらいたいです。











【日向坂46】 全曲レビュー②~『ドレミソラシド』

ドレミソラシド

”日向坂46”のセカンドシングルがリリースされ、初週44.9万枚のセールスを記録しました。

1st Single『キュン』が女性アーティストのデビューシングルの歴代最高初週売上を1日分の売上のみで更新し、47.6万枚を記録したのと比べると下がった、物足りない感じもしちゃいますが、エース格の”柿崎芽実”が卒業を発表し、”濱岸ひより”が本シングルの活動休業を発表しており、握手枠が丸々二名分減った分をグループが持つ勢いで取り戻せなかったって感じですかね。

【日向坂46】 柿崎芽実 卒業発表!!!
http://burning.doorblog.jp/archives/53520747.html

いずれも握手会で見れば、完売クラスの人気メンバーですので、その売上減を考えると実質的にはグループはプラスの勢いを感じます。

まあ、いろいろと言いたい人はいるでしょうけど、僕は順当な結果と捉えています。

今回もシングルはType-A、B、Cを購入、通常盤収録曲はダウンロードしました。尚、生写真は”松田”、”京子”、”小坂”というラインアップでした。

では、発売からかなり遅れてしまいましたが、全曲レビューいきますね!

2nd Single『ドレミソラシド』(2019年)

『ドレミソラシド』(表題曲)



「★★★★」。

今回も王道のアイドルポップでしたね~。

MV公開時にも少しコメントをしてますね。

【日向坂46】 2nd Single『ドレミソラシド』フォーメーション発表&MV公開中
http://burning.doorblog.jp/archives/53484210.html

***********************
『キュン』と同路線のブリブリのアイドルポップですね。

曲の評価は正式音源を聴いたうえで書きたいと思いますが、個人的にはやっぱりこの路線で走るのねという感じですね。音楽的にはカップリングに期待したいね。

MVは”丹生”ちゃんに目が行っちゃうな。出来るだけメンバー全員をフューチャーしようとしていて、意外に”こさかな”ちゃんが目立ってないかも・・・。
***********************

センターは『キュン』に引き続き、”小坂菜緒”ですね。

曲自体は『キュン』よりも好きですね。『キュン』ほどブリブリの歌詞ではないので恥ずかしくなるようなことはないですけどね。

『キュン』と同様にアイドルポップのフォーマットにある曲ですが、メロディ構成が複雑で、サビの爽快感、スピード感がグッときます。

スタートからシンセの使い方も上手いんだけど、良い感じで夏曲っぽい爽やかさが出ている感じがします。(結構派手な音創りなんですけど、上手いですね ”乃木坂46”の『逃げ水』のアレンジに近いものを感じました)

なんと、作・編曲は『キュン』に引き続き”野村陽一郎”さんでした。メインの仕事はアレンジャーっぽいんだけど、いろんなタイプの曲を書けるし、一発で耳に残るキャッチーなメロディは共通してますので凄いですけどね。

メンバーの輝きを上手く撮影できているMVは良い出来ですけど、やっぱり綺麗に、可愛く見せる王道アイドルMVの枠を脱することはなかったね。ハイスピードカメラ「ファントム」の利用も効果的だとは思いますけどね。個人的にはもうちょっとMVにも芸術性やストーリーを感じられるほうが好きだな~。

まあ、表題曲としては十分のクオリティでしょう。あくまで”小坂”をメインに置きつつも、新フロントの”河田”、”丹生”もいい感じで目立ってて良いですね。”小坂”を押し出しつつも、グループの層の厚さを主張するフォーメーションは運営の巧みな技と言っても良いでしょう。

『キツネ』(全タイプ収録)



「★★★★」。

選抜メンバー全員での共通カップリング曲ですね。センターはこちらも”こさかな”ちゃんですね。

いやー、和テイストのメロディをギターで刻むリフが最高だね。こういうのって、コミカルな雰囲気になりがちなんだけど、リフがカッコいいし、リズムセクションもしっかりしているし、カッコいいんだよね。それでいてスルメ系のメロディを持っているので、聴くごとにどんどん良さが増していくので、悩みましたが、満点評価まではいかないかな~。

比較するのはどうかなと思いながらも、”BABYMETAL”の名曲『メギツネ』と比べちゃったのがダメだったのかな~。



かなり良い曲だし、素晴らしいんだけどね。ライブではかなり盛り上がりそうな気もしますし、どんなコールでやるのかも面白そうだけどね。

”SKE48”の『意外にマンゴー』の作曲をされている”原田雄一”さんの作・編曲ですね。”AAA”や”天月”なんかにも楽曲提供されている方ですね。

MVは表題曲同様のアイドルMVの枠の中にある作品ですが、紙吹雪やカラーボールなどの色使いが効果的で、後半はお祭りっぽい雰囲気もあっていいんじゃないですかね。

夏っぽいムードも良いよね!

『My God』(Type-A収録)

「★★★★」。

こちらは一期生のみの楽曲となっています。前作『キュン』で唯一「★★★★★」評価をつけたのが、一期生曲の『耳に落ちる涙』だったので今回も楽しみにしてたんですけどね。

美味しいメロディが舞う、なかなかのクオリティを持つポップソングですね。味わい深いサビのメロディ展開が良いんだよね。無音を上手く使っているのもセンスを感じます。

ギターの入れ方も割と好きです。アレンジもそこまで凝ってないんだけど、親しみやすく、安心感すら感じますね。

作曲、編曲共に『誰よりも高く跳べ!』で有名な”doubleglass”さんですね。”乃木坂46”の最新シングルの通常盤収録となった「からあげ姉妹」の『曖昧』もそうですね。なかなかやるな~。

もうちょっとメロディが扇情的だったら、「★★★★★」もいけた気がします。その意味で勿体ない感じですかね、MVがないのも残念。

『Cage』(Type-B収録)



「★★★★」。

”東村芽依”、”金村美玖”、”河田陽菜”、”丹生明里”によるユニット曲ですね。

セリフから入る、割とシリアスタッチなミディアムテンポのロックチューンで彼女たちらしさは感じないカッコいい曲ですね。それこそ、”欅坂46”あたりがやったほうがハマりそうな気もしますけどね。

センターは”東村”ですかね。”丹生”ちゃんの声がかなり印象に残りますが、アニメ声とかではなく、良い感じの個性があって良いですね。

最後はピアノで綺麗に締めるのも良いんじゃないですか。

作・編曲は「坂道シリーズ」初参加となる”水流雄一朗”さんですね。自身でも『Quiet Rain ~モノクロの世界~』をリリースされてますね。まだ20代のコンポーザーですね。

MVは籠に閉じ込められたメンバーとそこから飛び出して自由に飛び立つメンバーのパフォーマンスが良い感じで表現されていて、悪くない仕上がりじゃないですかね。予定調和と言えばそうなんですけどね。

『やさしさが邪魔をする』(Type-C収録)



「★★★★★」。

”加藤史帆”、”渡邉美穂”、”上村ひなの”の三名によるユニット曲ですね。

センターは”かとし”ですかね?

一期生、二期生、三期生とバランスよく入れてますね。いつもそうだけど、”かとし”の声が良いんだよね。”美穂”の声も意外と高くて、”ひなの”の落ち着いた歌唱が絡んで良いハーモニーになってますね。

しかも、ひたすら叙情的で壮大なメロディがグッと来ますね。いやー良いね。

作・編曲は僕も大好きな胸キュンメロディメーカーの”aokado”ですね。

”aokado”の代表作は『365日の紙飛行機』でしょうが、”乃木坂46”では『孤独な青空』、『ひと夏の長さより…』、”欅坂46”では『制服と太陽』など、「坂道シリーズ」でもかなりの名曲を提供頂いてます。尚、”けやき坂46”では『約束の卵』以来ですね。



あとは”STU48”の名曲『暗闇』もそうですね。



”aokado”のメロディはクサくなりそうなギリギリのラインでとどまっていて、爽やかさで、エバーグリーン的な魅力を持っているのが凄いんだよね。

MVは公園みたいなところでのパフォーマンスを中心に美しい映像もあって、ちょっと『JOYFUL LOVE』のMVを思い出したけど、監督は別でしたね。良い出来ですね。

しかし、これはかなりの名曲だよ。2nd Single収録曲の中では一番好きだな~。

『Dash&Rush』(通常盤収録)

「★★★★」。

こちらは二期生と”上村ひなの”による楽曲ですね。センターは初となる”金村美玖”とのことです。

二期生曲もハズレなしですので、安心感がありますが、今回は今までの曲とは違い、アレンジのセンスもあるんでしょうけど、オシャレ感のあるポップソングでしたね。かなりカラフルなアレンジでそれこそ”きゃりーぱみゅぱみゅ”を彷彿させるような音数多めで、遊び心も十分で面白い仕上がりです。

作曲は”小田切大”さんで坂道シリーズは”乃木坂46”の『おいでシャンプー』、”欅坂46”の『302号室』以来ですね。編曲はお馴染みの”佐々木裕”さんですね。

ある種、中毒性のある味わい深いデジタルポップです。好きな人は多そう。

最後は特典映像です。

「はじめてペットシッターやってみた」(東村、松田、美穂)
「はじめて心霊スポットに行ってみた」(井口、美玲、河田、濱岸)
「はじめて超高級寿司屋に行ってみた」(加藤、小坂、上村)
「はじめて釣りビンゴをしてみた」(潮、久美、富田)
「はじめて全部凍らせて食べてみた」(京子、金村、宮田)
「はじめてホームランを打ってみた」(高瀬、高本、丹生)

基本的には緩い感じの企画でメンバーのプライベートを垣間見るような、ワチャワチャした映像作品ですね。とはいえ、メンバーのバラエティ力も高まっているので、十分楽しめましたけどね。

「はじめて超高級寿司屋に行ってみた」が面白かったな~。本館と別館の勘違いからスタートして、緊張感漂う中、それぞれの個性が楽しめて良かったですね。”ひなの”は可愛いし、落ち着いているし、大物感があるな~。ちょこっとだけだったけど、三人のセンターの話も面白かったな。しかし久兵衛でこんなに食べるかね!

「はじめて釣りビンゴをしてみた」はあっさりビンゴしちゃったけど、しっかり釣れたので面白かったね。最後の釣った魚が旨そうでねえ。寿司の企画もそうだけど、夜中に観るとマジで飯テロだね。

「はじめて全部凍らせて食べてみた」は”きょんこ”の料理での暴走が相変わらず良かったですね。”金村”推しはカメラ目線が多いので必見じゃないかな? こちらも面白かったです。

「はじめてホームランを打ってみた」も期待したけど、最後の”まなふぃ”の頑張りは拍手だね。”おたけ”の当たりはホントに惜しかったけどね。

「日向坂で会いましょう」のヒット祈願でもあったけど、特典映像でも2nd Singleへのプレッシャーを語るメンバーが多かったのは興味深いですね。

では2nd Singleの総括を。

表題曲『ドレミソラシド』はクオリティ的には『キュン』以上の出来だと思います。”ひらがなけやき”時代を含め、過去にあまり夏曲っぽいのをやってなかった”日向坂46”にとって、初の夏曲シングルですね。

その意味でも今後、ライブなどで重要な曲になりそうですが、シングル発売以降、イベントへの一部参戦くらいしかライブの発表がされてないのが残念ですね。

1年間はしっかり3枚シングルリリースして、世間認知度を上げにいく戦略なんでしょうし、年末の歌番組出演は勿論として、レコ大の最優秀新人賞も射程圏だと思います。

その意味でも順調に活動していくのが大事そうではあるけどね。エース”柿崎”の卒業、”濱岸”の活動休止は痛いけど、明るいニュースも欲しいところだね。アルバムも当面はないだろうし、ライブをねえ、お願いしたいね。

「HINABINGO2!」も始まったし、最近の冠番組でのメンバーの大喜利やモノボケなどのバラエティ力が極めて凄いことになっているので、違う展開もありそうだけどね。

いずれにせよ、しっかり坂道を登って行って欲しいね。

P.S.王道アイドルっぽいジャケットもバッチリ似合う良いメンバーが揃ってるのは魅力だね。











【日向坂46】 全曲レビュー①~『キュン』

『キュン』

”日向坂46”が念願のシングルデビューを果たしました~。(パチパチ)

しかも女性アーティストの1st Singleによる初週売上枚数歴代1位(46.7万枚)を記録と華々しいデビューを飾りましたね。ちなみに2018年のオリコン年間ランキングが下記の通りです。

  1位:Teacher Teacher/AKB48 推定累積売上数:1,819,237
  2位:センチメンタルトレイン/AKB48 推定累積売上数:1,471,958
  3位:シンクロニシティ/乃木坂46 推定累積売上数:1,306,247
  4位:ジコチューで行こう!/乃木坂46 推定累積売上数:1,281,625
  5位:NO WAY MAN/AKB48 推定累積売上数:1,213,501
  6位:ジャーバージャ/AKB48 推定累積売上数:1,172,399
  7位:帰り道は遠回りしたくなる/乃木坂46 推定累積売上数:1,160,784
  8位:ガラスを割れ!/欅坂46 推定累積売上数:1,021,450
  9位:アンビバレント/欅坂46 推定累積売上数:970,268
10位:シンデレラガール/King & Prince 推定累積売上数:688,112
11位:夏疾風/嵐 推定累積売上数:538,150
12位:FAKE LOVE/Airplane pt.2/BTS (防弾少年団) 推定累積売上数:471,083

年間売上でトップ10に迫るレベルの売上を記録しているんですよね。「売上=ヒット」の時代ではありませんが、こりゃ「紅白」、「レコ大新人賞」も射程圏だね。

こないだ記事を書きましたけど、”日向坂46”が”AKB48”を「紅白」から引き摺り下ろすことになるかもしれませんね。

【日向坂46】 ”日向坂46”のライバルは・・・
http://burning.doorblog.jp/archives/53198950.html

今回もシングルはType-A、B、Cを購入、通常盤収録曲はダウンロードしました。尚、生写真は”富田”、”濱岸”、”高本”というラインアップでした。

では発売から少し遅れましたが、全曲レビューいきますね!

1st Single『キュン』(2019年)

『キュン』(表題曲)



「★★★」。

全メンバー参加の楽曲でセンターは二期生の”小坂菜緒”が務めています。

記念すべきデビュー曲なんですけどね。王道アイドルポップでとにかく明るくてキャッチーで聴いてて恥ずかしく感じるくらいで、最初からあまり印象が良くなかったんですよね。ご丁寧に曲間に萌えセリフまで入れちゃったりしてね。

”けやき坂46”名義でのアルバム「走り出す瞬間」を2018年の年間ベストアルバムに選出したほど素晴らしい出来だったこともあって、個人的にはレビュー前からネガティブに捉えてました。

【けやき坂46】 全曲レビュー①「走り出す瞬間」(新曲編)

【特集】 2018年 MY BEST SELECTION
http://burning.doorblog.jp/archives/52889906.html

聴き込んでいくと、派手めのシンセリフが繰り返され、当初は違和感があったけど、耳に馴染んでくるとそれが心地よくなってくるし、メロディ自体も決して悪くないし、パフォーマンスで縦に”小坂”と”ひなの”が並ぶ姿も壮観だし、デビューの期待も込め、「★★★★」評価にしようとも考えましたが、他の楽曲評価のバランスを考慮し、「★★★」にしておきます。

作・編曲は「坂道シリーズ」では”乃木坂46”の『扇風機』のアレンジ以来の参加となる”野村陽一郎”さんですね。アレンジャーとしての仕事が多い方ですね。関わった楽曲をWikiで一通り見ましたが、『キュン』が代表作になりそうですね。

王道アイドル路線を敢えて避けてきた「坂道シリーズ」が王道アイドルポップで攻めてきたことは個人的には驚きでしたけど、その路線で言えば『ひらがなで恋したい』があまりにも素晴らしかったこともあって、比較論的に評価が下がっているかもしれません。王道アイドルポップでも冒険は欲しいところですね。シンセリフくらいじゃ個人的には物足りません。

スタジオライブやMTVスペシャルライブでも見たけど、実際のライブでは跳ねるのかな? 全国握手会ライブで確認したいと思いますけど、僕は現時点ではそんなに好みの曲ではないです。彼女たちの良さ、個性を十二分に惹き出せてないと思います。好きな方、ゴメンね。

MVもザ・アイドルって感じの王道の仕上がりですね。綺麗な絵でメンバーも可愛く撮れているとは思うけど、面白味はないかな・・・。

『JOYFUL LOVE』(全タイプ収録)



「★★★★」。

こちらも全メンバー参加の楽曲ですね。残念ながら、レコーディングは”ひなの”加入前ですね。

「メチャカリ」のCMソングにも起用され、ライブでも既に定番となっている曲ですね。甘めのメロディではありますが、AORっぽい爽やかさも感じるミドルテンポの佳曲だと思いますね。

普通にキャッチーなメロディなんですけど、聴くたびに耳馴染みが良くなる感じがあって、スルメっぽい魅力もある長く楽しめそうな雰囲気です。

本作の作曲は”前迫潤哉”さん、Dr.Lilcom”のコンビですね。”前迫潤哉”さんは”けやき坂46”の『イマニミテイロ』、”乃木坂46”の『Another Ghost』、”欅坂46”の『W-KEYAKIZAKAの詩』、『ここにない足跡』なども手掛けられている方ですね。最近では”AKB48”の『NO WAY MAN』も彼の作品ですね。(『ここにない足跡』以外は”Yasutaka.Ishio”との共作です)

”Dr.Lilcom”は上記以外ですと”乃木坂46”の『憂鬱と風船ガム』、『空扉』を提供されていますね。

ライブで盛り上がるタイプの曲ではないと思いますが、僕は結構好きですね。タイアップでのプレゼントシングル的な扱いでしたけど、こうやって”日向坂46”名義で正式音源としてリリースされたのは嬉しいですよね。

MVも原色のグラデーション衣装も効果的だし、綺麗な映像で良いけど(特にプールでの映像の美しさは凄いね)、こちらも完全に王道アイドル路線ですね。撮影は中国かと思ってましたが、岐阜県の「養老天命反転地」というところみたいですね。行ってみたいな。

『耳に落ちる涙』(Type-A収録)

「★★★★★」。

こちらは一期生による楽曲ですね。センターは”加藤史帆”ですね。

今回のシングル収録曲では僕の最もお気に入りの楽曲です。

哀愁タップリの慟哭のメロディが堪らないし、サビの『耳に~』のフックが強烈でそこだけで涙がにじむような感じでかなりヤバイ出来ですね。Aメロ、Bメロも悪くないし、”かとし”の声がかなり効いてますね。

ブリッジがやや淡泊なのが残念なのと、もう少し全体的にグッとくる構成になっていれば、今年のベストチューン候補になりそうでしたけどね。でも素晴らしい楽曲だと思いますよ。

作曲は”西井昌明”さんという方で「坂道シリーズ」は初参加ですね。大阪のクリエーターみたいですけど、このメロディセンスは期待大ですね。編曲はお馴染みの”若田部誠”さんで手堅いけど、もうちょっと冒険しても良かったように思います。

『耳に落ちる涙』はそんなにライブ映えはしなさそうだけど、僕は100%感動しちゃうな。MVがないのが残念に思える秀逸な出来です。

『Footsteps』(Type-B収録)



『★★★★』。

こちらは”加藤史帆”、”佐々木久美”、”佐々木美玲”、”高本彩花”、”小坂菜緒”のユニット曲です。センターは史上初ですかね、”高本彩花”が務めています。

軽快なリズムの上で流暢なメロディが流れる「坂道シリーズ」得意の楽曲パターンですけど、曲の全体的な明るさがグループのコンセプトにも合ってますね。最初は「★★★」評価にしようかなとも思いましたが、”乃木坂46”の『シークレットグラフィティー』っぽい昭和っぽいメロディも好印象だったので★一つおまけしました。

作・編曲を手掛ける”野井洋児”さんは「坂道シリーズ」初参加で僕が知る中では”BOA”の佳曲『七色の明日~brand new beat~』くらいかな。でも良いメロディだし、効果的なアレンジになっていると思いますね。

”おたけ”推しの人は必聴だね。

MVはこちらも王道アイドルっぽい作りですね。

『ときめき草』(Type-C収録)



「★★★」。

こちらも全メンバーによる楽曲ですね。こちらもセンターは”こさかなちゃん”ですね。

哀愁度の高いメロディを持つ曲でファンからは人気っぽいですけど、個人的には同系統のメロディを持つ『耳に落ちる涙』と比べたのが大きいと思いますけど、普通評価にしちゃいましたね。サビのメロディがやや単調に感じちゃいますね。もう一捻り欲しかった感じです。「ときめき草」というタイトルが良いだけに、メロディがちと残念に感じちゃう。

でもライブではかなり盛り上がりそうだし、後半の畳み掛けるような流れはグッとくるし、十分に高品質なんですけどね。まあ、好みの問題かもしれませんね。

作・編曲”は御子柴リョーマ”さんというクリエーターが手がけられています。Twitterに書かれていた「ただのサラリーマン」って本当ですかね?

”美鈴”の声が強く印象に残ります。

『沈黙が愛なら』(通常盤収録)

「★★★★」。

こちらは二期生による楽曲ですね。こちらもセンターは”こさかな”ですね。名曲『半分の記憶』と同じようなポジションですね。

二期生曲はハズレなしなので期待してましたけど、過去の二期生曲の名曲と比べるとやや落ちちゃうかもね。でも十分に良い曲だよね。

かなり考えられていて、フックもしっかりあって、美味しいメロディ展開もあるので、好きなんですけどね。「★★★★★」まではいかないかな?

作・編曲は”けやき坂46”のアルバム収録曲『ハロウィンのカボチャが割れた』も提供された”サトウシンゴ”さんですね。尚、編曲は”長田直也”さんとの共作ですね。

ブリッジ部分の早口パートも効果的だし、「走り出す瞬間」に収録されていても良いような雰囲気とクオリティですので、個人的には好印象ですね。

さて、特典映像「けやき坂46ストーリー ~ひなたのほうへ~」については二回ほど見ました。

完全に「Documentary」でメンバー一人一人の歴史を、キャラクターを振り返るような感じでドラマティックな仕上がりになっています。”けやき坂46”時代に区切りをつけるような感じですので、新人ぽさは皆無ですけどね。メンバーの影の部分をフューチャーしていて、しっかり一本のドラマとして仕上げているので、推しは更に推しちゃうんじゃないかな。これは何度も見ちゃうし、かなり良い出来だと思いますね。いやー気合入っているなあ。最初の”井口”から感動です!

どれも良かったけど、特に良かったのは”佐々木美玲”、”井口眞緒”、”柿崎芽実”、”加藤史帆”、”佐々木久美”、”宮田愛萌”、”富田鈴花”(推し補正あり)あたりですかね。

”宮田愛萌”の初の二期生曲『半分の記憶』でのポジション発表の場面は衝撃的だったな。いやー、仲良く見えるし、実際仲良いんだろうけど、裏ではいろんな厳しい戦いがあるんだよね。

”高本彩花”の”長濱ねる”への想いを語る場面はグッと来たな~。やっぱりこうやってみていくと彼女たちの置かれた漢字欅のアンダー的な位置づけ、二期生追加、”ねる”の漢字専任は大きな出来事だったんだね。その辛い時期があったからこその「ハッピーオーラ」なのかな? 影が深いほど、光を放つものだし、残酷かもしれないけど、その歴史も今となっては美しいですね。

最後に1st Singleの総括です。

王道アイドルポップ『キュン』を主体にしたシングルではありますが、カップリングは「坂道シリーズ」定番の哀メロチューンが多くて、楽曲の路線自体は”けやき坂46”時代と大きく変わってないので安心しました。MVは露骨に王道アイドルのMVを意識的に制作していることもあって、作品としての深みや面白さは感じられませんが、これはこれで戦略的にはOKなんでしょう。(僕の好みではありませんが・・・)

とはいえ、楽曲クオリティで言えば、至極の出来だったアルバムに比べるとやや落ちるかもしれません。しかしながら、「★★★」評価にした楽曲も「★★★★」にするか、悩んだうえで評価をつけているのでちょっとした好みの問題かもしれません。

でも彼女たちの勢い、個性に対して、楽曲が負けてしまっている印象はありますね。その意味でもガツンと来るような名曲が欲しいね。既にライブでは強力に盛り上がるチューンがタップリあるし、そこに割り込んでくるような曲を制作するというのはかなり高いハードルかもしれないけど、僕はそれを期待したいし、あっさり乗り越えてくれそうな勢いを”日向坂46”には感じるんだよね。

いずれにせよ、今年最注目の新人ですし、音楽ファンの皆さん、要チェックですよ!

P.S.タイトルデザインもジャケ写も完全に王道アイドル路線だね。気が早いけど、”上村ひなの”が本格参戦するであろう2ndは更に期待かもね。GWの全国握手会が楽しみ!

キュン(TYPE-A)
日向坂46
SMR
2019-03-27


キュン(TYPE-B)
日向坂46
SMR
2019-03-27


キュン(TYPE-C)
日向坂46
SMR
2019-03-27


キュン(通常盤)
日向坂46
SMR
2019-03-27

最新コメント
メンズスタイル
DMM.com
バイク
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ