選抜発表関連

【日向坂46】 『アザトカワイイ』フォーメーション発表

『アザトカワイイ』

2020年9月23日リリースの”日向坂46”の1st Albumのリードトラック曲『アザトカワイイ』のフォーメーションが冠番組「日向坂で会いましょう」で発表されました。

<三列目>

影山 高瀬 山口 高本 久美 宮田 森本 濱岸 高橋

”影山”の復帰に、新三期生の3名が選抜入りですね。4thの三列目だった”ひなの”と”みーぱん”が二列目以上になるんでしょう。全員選抜継続を貫くのは良いんじゃないでしょうか?

<二列目>

富田 松田 河田 丹生 渡邉 上村 東村 

”上村”が初の二列目ですね。4thでフロントだった”東村”が下がりましたが、それ以外は4thの二列目と同じメンバーですね。さあ、一列目です。

<一列目>

齊藤 加藤 美玲 小坂 金村

”みーぱん”センターですか・・・。ここまでシングルではセンター固定していた”小坂”を敢えて、変えた理由は何でしょうかね?

個人的には”日向坂46”改名以降の”小坂”のセンター固定については、「危うい」と以前からも書いてましたが、ここでやるとは思いませんでしたが、ま、アルバムのリードトラックですからね。

5thではシレっとセンター復帰させるのかもしれませんけどね。

”けやき坂46”(ひらがなけやき)時代はセンターを目まぐるしく変えてきた経緯もありましたし、いろんなメンバーを試していくぞというメッセージなのかどうかは、まだ見えてきませんね。

”けやき坂46”のアルバム「走り出す瞬間」でも”みーぱん”はかなりの曲でセンターを務めてましたしね。最近の外仕事でも存在感を発揮してましたし、良いんじゃないでしょうか?

それにしても4thでの三列目には驚いたし、ここに来て一気にセンターへ浮上させたのもびっくりしましたね。

”かとし”、”きょんこ”、”みーぱん”、ひらがな時代にセンターを務めていた先輩がいる中で、選抜メンバーでの表題曲、カップリング曲に至るまで、頑なに”小坂”をセンター固定してきた経緯もあって、彼女は相当なプレッシャーを抱えていたのは容易に想像できますが・・・。

二人の涙が印象的でしたね。

”みーぱん”は喜びというよりは驚きが勝っているような涙でしたが、”小坂”は読みづらいね。

ホッとした、悔しい、二つの感情が絡み合ったような、複雑な涙に見えました。

さて、改めてフォーメーションを振り返ってみましょう。

<『アザトカワイイ』フォーメーション>

影山 高瀬 山口 高本 久美 宮田 森本 濱岸 高橋

富田 松田 河田 丹生 渡邉 上村 東村 

齊藤 加藤 美玲 小坂 金村

”影”の復帰と、新三期生の参戦で十分に話題になったはずですが、ここに来て、アルバムのリードトラックの選抜発表を敢えて、番組でやる意図は見えませんが、まあ話題作りと捉えるのが妥当でしょうね。

列の移動があったのも”美玲”、”上村”、”東村”の3名のみであり、そこまで大きな変化はないんですけど、センター交代はインパクトありますよね。

現時点では、”小坂”から”美鈴”へのセンター交代という風に捉えるのは時期尚早でしょうし、アルバムの話題作りがメインで、ここまでグループを牽引してきたセンターであり、エースでもある”小坂”の負担を減らし、外仕事でも頭角を現しつつある”美玲”をフューチャーしただけじゃないかな?

ひらがな時代と同様に、アルバムセンターは”美鈴”にした、という可能性もあるしね。

いずれにせよ、”日向坂46”は”乃木坂46”、”欅坂46”での運営の経験をフル活用し、人気グループにするための戦略はかなり緻密に組んでいるのは間違いないので、面白いね。

ライブも既に先輩グループに負けない、違った魅力を作り出しているし、アルバムで更にライブで映える強力な曲が出てくれば、盤石な状況で「ひなくり2020」を迎えられそうですね。

コロナ禍でライブ、イベントがいつ再開できるかは見えませんが、アルバムリリースからの全国ツアー、更に約束の地、東京ドームでのクリスマスライブで”乃木坂46”の背中がどこまで見えてくるかは楽しみだね。

P.S.アルバム楽しみですね。特典映像はライブ映像が良いな! さあ、映画観に行くか!(今日は難しいので、今週中には観て感想記事をアップしますね)




【日向坂46】 3rd Single フォーメーション発表

日向坂46 3rd

「日向坂で会いましょう」で”日向坂46”の3rd Singleのフォーメーションが発表されましたね。

リリースは10月2日ですので、1ヶ月以上前の発表なんですよね。

他にも8月28日には、グループの写真集「立ち漕ぎ」を発売、9月26日には”さいたまスーパーアリーナ”で3rdシングル発売記念のワンマンライブも決定としたりと・・・グループとしては話題には事欠かないのですが、昔の”乃木坂46”に近い感じで畳み掛けてる感じがしました。

ちなみに下記が”乃木坂46”のデビュー初年度のシングルリリースです。

1st ぐるぐるカーテン  2012年2月22日
2nd おいでシャンプー    2012年5月2日
3rd 走れ!Bicycle      2012年8月22日
4th 制服のマネキン    2012年12月19日

その後は年3回のシングルリリースを継続していますね。

僕自身は”今野”さんがかなり気合を入れ、「2019年はひらがなを売っていく」とコメントもされてたので、年4枚のシングルリリースもあるかもしれないとは思ってたんですけど、3rdのリリースから2ヶ月しかないので、流石に4枚はなさそうですね。

でも早め早めに次のシングルの話題が出てきたりしているのは元々シングル4枚リリースで考えていたような気がします。”柿崎芽実”さんの卒業、”濱岸ひより”の休業が影響している可能性もあるんじゃないでしょうかね?

いずれにせよ、今年は”日向坂46”としての世間認知度を高めつつ、楽曲を溜めていく時期なんでしょうけどね。ファンが期待しているのはライブだとは思うんですけどね~。”SSA”が決まったのは良いとして、本格的なツアーは2年目以降かな・・・。去年の僕のベストライブだった「クリライ」は期待したいけどね。

前置きが長くなりましたが、3rd Singleのフォーメーションを考察していきましょう。

<3rd Single フォーメーション>

久美 富田 井口 丹生 上村 河田 高瀬 潮 宮田

東村 松田 金村 美玲 渡邉 高本

齊藤 小坂 加藤

2ndでフロントを務めた”丹生”、”河田”を一気に三列目に下げたのは驚きましたが、それ以外は固い布陣だと思いました。どうせなら”東村”、”金村”など、新たなフロント経験者を量産しても良さそうなんだけどね。”かとし”と”きょんこ”の組み合わせはあまりに無難な選択のように思いますし、既視感も強いです。

”松田”はバラエティでの目立ち方等を鑑み、初の二列目は時間の問題と思ってましたが、本人は嬉しかったんだね。

1st Singleの特典映像の”宮田”の「Documentary」で初の二期生曲『半分の記憶』のフォーメーション発表のシーンを思い出したけどね。僕は今こそ、”日向坂46”は「日向坂で会いましょう」で選抜発表回をやるべきだと考えますね。最近は”乃木坂46”は忙しすぎるのもあるんだろうけど、20th以来やってないけど、”オードリー”司会でインタビュー形式でガッツリやって欲しいな。

全員選抜ではあるけれども、なんだかんだで選抜発表というのは大きなイベントですからね。(その意味でも二期生が参加する”欅坂46”の次のシングルの選抜がどうなるかはワクワクするけどね)

最後に下記が三作連続でのセンター”小坂”のコメントです。

「1作目、2作目の時よりかは選ばれたときに、やる気というか、頑張ってやってやろうみたいな感じの気持ちが湧き上がってきました」

先日は体調不良もあったけど、彼女は凄く頑張ってると思います。

正直言うと僕個人は”小坂”がセンターを務めている今の状態はグループにとっては「諸刃の剣」だと思っています。

エースを温存しながら、期待値も込め、センターを量産していったのが”乃木坂46”のスター作りの方程式だったのですが、正直、現段階では”小坂”がグループのエースであり、センターも務めているのはかなりの重圧になっており、グループとしては危険な状態でもあると思ってます。

勿論、”ひらがな”時代のセンター経験者は、”かとし”、”きょんこ”、”美鈴”もいるし、メンツは揃っているんだけどね。これからセンターを担う存在になるかというと何となく微妙な気もします。二期生エースがデビューから牽引してきて、そこから一期生が巻き返す流れが正しいようには思えません。

”生駒里奈”さんをセンターで固定し続け、6thでエース”白石麻衣”を投入し、テコ入れを図った歴史を考えると、今の”日向坂46”でセンターを担える次のエースが誰なのか?

”小坂”に勝てる、勝てなくとも並べるだけの存在感を持ち、次世代エースとしてのポテンシャル、伸びしろ、煌めき、魅力を併せ持つメンバーは、僕は”ひなの”しかいない気がします。

2nd Singleの特典映像での企画で”かとし”、”こさかな”、”ひなの”の組み合わせは運営の意図を感じたし、センター論を話題にさせたのも興味深かったですね。

この3名で回すのがグループの基本路線なら、僕はもっと”かとし”を上手く使うべきだったような気もします。なんだかんだでセンターは『ハッピーオーラ』だけだからね。7th『バレッタ』以降の”白石”に近い使い方なのかね?

アルバムリリース時に運営が推しまくっていた”美鈴”もセンター適性があるだけに、どこで上手く投入するかも今後のポイントになりそうですね。(彼女は身長も高いし、スタイルも抜群で存在感あるし、センター、エースポジションも似合うよね)

『それでも歩いてる』、『NO WAR in the future』でセンターを経験している”きょんこ”はメンバー随一の歌唱力を持ってるし、バラエティでの暴走も凄いけど、個人的には準エースっぽいイメージなんだよね。(常に良ポジで収まり続ける感じ「永遠の主力」ってやつですかね?)

いろいろと書きましたが、”日向坂46”に期待しているのは変わらないし、3rdの表題曲もアイドルポップで来るんだろうけど、メロウサイドの良曲が毎回収録されているので、カップリングにも期待だね。

【日向坂46】 2nd Single『ドレミソラシド』フォーメーション発表&MV公開中

先週の「日向坂で会いましょう」で7月17日発売となる2nd Single『ドレミソラシド』のフォーメーション(5-6-8)が発表されましたね。

久美 井口 潮 富田 上村 高瀬 濱岸 松田
宮田 美玲 金村 東村 高本 美穂
齊藤 丹生 小坂 河田 加藤

最も残念なのは体調不良が続く”柿崎芽実”の不参加ですね。エースの離脱は大きいですが、出来る限り早い復帰を期待するしかないですね。

ちなみに下記が1st Single『キュン』のフォーメーション(5-6-9)ですね。

富田 濱岸 高瀬 松田 上村 金村 井口 宮田 潮
久美 丹生 河田 高本 美穂 東村
美玲 齊藤 小坂 加藤 柿崎

グループの世間認知度を高める意味でも”小坂”の連続センターは妥当でしょう。”上村”が裏センターの位置を担っているのも変わらずですね。
 
列の変化を見るとポジションを下げたのが”久美”と”美玲”で三列目から二列目に上がったのが”金村”、二列目からフロントに上がったのが、”丹生”と”河田”となってます。

実はそんなに変わってないんですけど、やっぱりフロントの”丹生”と”河田”の抜擢は印象的ですね。

センター”小坂”を「HINABINGO!」のTT、ひーひー兄弟で挟み、グループの明るさが更に増した感じがありますね。

MVも公開されてます。



『キュン』と同路線のブリブリのアイドルポップですね。

曲の評価は正式音源を聴いたうえで書きたいと思いますが、個人的にはやっぱりこの路線で走るのねという感じですね。音楽的にはカップリングに期待したいね。

MVは”丹生”ちゃんに目が行っちゃうな。出来るだけメンバー全員をフューチャーしようとしていて、意外に”こさかな”ちゃんが目立ってないかも・・・。

公式HPでは既にシングルの概要も発表されてます。

初回仕様限定盤TYPE-A
01.『ドレミソラシド』(2nd Single参加メンバー)
02.『キツネ』(2nd Single参加メンバー)
03.『My god』(一期生)
04.『ドレミソラシド』 off vocal ver.
05.『キツネ』 off vocal ver.
06.『My god』 off vocal ver.

<特典映像>
01.『ドレミソラシド』MV
02.『キツネ』MV
はじめてペットシッターやってみた(東村 松田 美穂)
はじめて心霊スポットに行ってみた(井口 美玲 河田 濱岸)

初回仕様限定盤TYPE-B
01.『ドレミソラシド』(2nd Single参加メンバー)
02.『キツネ』(2nd Single参加メンバー)
03.『Cage』(ユニット曲:東村、金村、河田、丹生)
04.『ドレミソラシド』 off vocal ver.
05.『キツネ』 off vocal ver.
06.『Cage』 off vocal ver.

<特典映像>
01.『ドレミソラシド』MV
02.『Cage』MV
はじめて超高級寿司屋に行ってみた(加藤 小坂 上村)
はじめて魚釣りビンゴをしてみた(潮 久美 富田)

初回仕様限定盤TYPE-C
01.『ドレミソラシド』(2nd Single参加メンバー)
02.『キツネ』(2nd Single参加メンバー)
03.『やさしさが邪魔をする』(ユニット曲:加藤、美穂、上村)
04.『ドレミソラシド』 off vocal ver.
05.『キツネ』 off vocal ver.
06.『やさしさが邪魔をする』 off vocal ver.

<特典映像>
01.『ドレミソラシド』MV
02.『やさしさが邪魔をする』MV
はじめて全部凍らせて食べてみた(齊藤 金村 宮田)
はじめてホームランを打ってみた(高瀬 高本 丹生)

通常盤
01.『ドレミソラシド』(2nd Single参加メンバー)
02.『キツネ』(2nd Single参加メンバー)
03.『Dash&Rush』(二期生)
04.『ドレミソラシド』 off vocal ver.
05.『キツネ』 off vocal ver.
06.『Dash&Rush』 off vocal ver.
 
一期生曲、二期生曲、謎の組み合わせのユニット曲と収録される予定ですが、楽しみですね。特典映像も楽しそうだね。

全国握手会のスケジュールも発表されてますね。

2ndシングル発売記念全国握手会

8月17日(土)京都:京都パルスプラザ
9月16日(月・祝)千葉:幕張メッセ
9月22日(日)愛知:Aichi Sky Expo

アイドル界の王道を突き進む、”日向坂46”の今後にこれからも期待ですね! ライブもそろそろ発表して欲しいんですけどね。





【感想】 ひらがなけやき『ハッピーオーラ』フォーメーション発表

加藤史帆

昨日の「ひらがなけやき」にて、”欅坂46”の7th Single『アンビバレント』収録の”けやき坂46”による新曲『ハッピーオーラ』のフォーメーションが発表されました。

あ、番組でこんな形で発表されるんだと思いましたけど、どうせなら”乃木坂46”のアンダーなんかも同じように発表して欲しいなと思っちゃいましたね。

早速ですが、発表されたフォーメーションです。

 <『ハッピーオーラ』フォーメーション>

宮田 富田 高瀬 潮 久美 高本 井口 濱岸 松田

東村 丹生 柿崎 斎藤 美玲 河田 金村

渡邉 加藤 小坂

運営は”佐々木美玲”をもう少し推していくのかなと思ってましたが、アッサリセンターを変えてきたのは驚きでしたね。

しかも人気ナンバーワンでエースの”加藤史帆”を持ってくるとはねえ。結構、勝負掛けた感じがしますね。ますます『ハッピーオーラ』が楽しみになってきましたね。

いずれにせよ、”けやき坂46”はセンター固定ということはなさそうですし、誰しもチャンスがありそうなのはワクワクしますね。”乃木坂46”のアンダーセンターなんかももっと動かしていけば面白いのにね。運営はいろんな経験を踏まえ、”けやき坂46”ではいろんなことを試していってますね。まあ、今の”乃木坂46”、”欅坂46”でいろいろと変化をつけていくのは影響も大きいし、そもそも存在が大きくなり過ぎてやりづらさもあると思います。(スケジュールも過密だしね)逆に冒険しやすいのは”けやき坂46”だし、もっともっといろんな新しいことをやっていけば良いと思いますね。

またフロントには二期生の”渡邉”と”小坂”が起用されたのも興味深いですね。まあ、”小坂”は想定内ですが、”ベミホ”とはね。勿論、人気はあるけど、今回の組み合わせ的には”河田”のほうが合いそうな感じがしますけどねえ。

センター経験者を二列目の中央ポジションに並べたのは良いにせよ、キャプテンの”久美”が三列目の真ん中というのも驚きでしたけどね。

二期生はこれで序列が決まった訳ではないだろうし、ここからいくらでも変わるだろうから、ヘンに考えない方が良さそうかもね。個人的には”丹生”が推されているようなイメージで、”松田”、”富田”あたりは二列目ポジションでも良さそうに思いましたね。(バラエティ要員としても”松田”、”富田”のほうが”丹生”より優秀な感じがします、特に大喜利での”丹生”の回答はヒドかった・・・)

二期生への流れも作りつつ、センター経験者を増やしつつ、それでいてバランスも取っているのは采配的にはかなり上手いですね。

年内にはシングルデビューもありそうな気がしてますが、慎重な運営は機が熟すまでは急がないでしょうね。あるとしたら、坂道シリーズ合同オーディションの結果が出てからかな。

いずれにせよ、シングル『アンビバレント』、その中でも目玉になりそうな『ハッピーオーラ』を楽しみにしておきましょう!

P.S.「大喜利」企画は他の”坂道シリーズ”の番組でもやって欲しいね! いよいよ今週は『ジコチュー』の発売か~。MVもそろそろチェックしなきゃね。











最新コメント
メンズスタイル
DMM.com
バイク
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ