その他

【日向坂46】 1st Album「ひなたざか」詳細決定!

ひなたざか

決まりましたね!

2020年9月23日発売の”日向坂46”の1st Album「ひなたざか」の詳細です。

個人的には、特典映像を楽しみにしてましたけどね。

種別は3種類です。尚、★が新曲、初収録曲、リメイク曲です。

初回仕様限定盤(豪華版)TYPE-A CD+Blu-ray 5,445円

01.Overture★
02.アザトカワイイ★
03.青春の馬
04.ドレミソラシド
05.この夏をジャムにしよう★
06.キツネ
07.ソンナコトナイヨ
08.こんなに好きになっちゃっていいの?
09.キュン
10.ホントの時間
11.My god
12.Dash&Rush
13.誰よりも高く跳べ!2020★
14.日向坂★
15.JOYFUL LOVE

特典Blu-ray
『アザトカワイイ』Music Video
「日向坂46デビューカウントダウンライブ!! in 横浜アリーナ~けやき坂46 LAST LIVE~」

初回仕様限定盤TYPE-B CD+Blu-ray 4,909円

01.Overture
02.ドレミソラシド
03.ナゼー
04.NO WAR in the future 2020★
05.ただがむしゃらに★
06.アザトカワイイ★
07.Cage
08.どうして雨だと言ったんだろう?★
09.川は流れる
10.こんなに好きになっちゃっていいの?
11.キュン
12.ソンナコトナイヨ
13.キツネ
14.青春の馬
15.JOYFUL LOVE  

特典Blu-ray
『アザトカワイイ』Music Video
「日向坂46デビューカウントダウンライブ!! in 横浜アリーナ~日向坂46 FIRST LIVE~」

通常盤 CDのみ 2,545円

01.Overture
02.キュン
03.ドレミソラシド
04.こんなに好きになっちゃっていいの?
05.ソンナコトナイヨ
06.JOYFUL LOVE
07.ときめき草
08.Footsteps
09.キツネ
10.まさか 偶然…
11.青春の馬
12.アザトカワイイ★
13.My fans★
14.See Through★
15.約束の卵 2020★

<初回仕様限定盤共通封入特典>
「スペシャル応募券」1枚封入
※スペシャル応募詳細に関しては、後日オフィシャルサイトにて発表

”けやき坂46”時代のリメイク曲は歌唱メンバーだけの入れ替わりでしょうか、勿論、全メンバー歌唱で”影ちゃん”も新三期生も参加してます。

『日向坂』※こちらは音楽番組で披露済ですね。
井口、潮、柿崎、加藤、齊藤、久美、美玲、高瀬、高本、東村、金村、河田、小坂、富田、丹生、濱岸、松田、宮田、渡邉、上村

『アザトカワイイ』



潮、影山、加藤、齊藤、久美、美玲、高瀬、高本、東村、金村、河田、小坂、富田、丹生、濱岸、松田、宮田、渡邉、上村、髙橋、森本、山口

さて新曲の参加メンバーです。

『My fans』全メンバー
『ただがむしゃらに』全メンバー
『どうして雨だと言ったんだろう?』加藤、齊藤、美玲
『See Through』金村、小坂
『この夏をジャムにしよう』三期生曲(上村、髙橋、森本、山口)

純粋な新曲とするとアルバムリードトラック『アザトカワイイ』を入れても6曲です。初音源化が『Overture』と『日向坂』ですね。それで8曲。あとはリメイク曲が3曲ですので、実質初出し音源は11曲ですね。まあまあのボリュームじゃないですかね?

リメイク曲と書きましたが、正式にはリテイクと書いてますので、歌唱パートのみ入れ替えで再録した感じでしょうか・・・。どうせならアレンジも変えてくれたりしても良いけど、それならリミックスって表記するかな? どちらにせよ、楽しみですが、このパターンで昔”乃木坂46”の『気づいたら片想い』で”松井玲奈”さんの声が入ったバージョンが配信限定リリースされた『気づいたら片想い with 松井玲奈ver.』というのがあったけど、ほぼ原曲との差が見出せませんでしたが、今回はどうでしょうか?

まあ一番気になるのは新曲ですよね。

仲良しの”こさかな”と”おすし”の曲と新三期生を交えた三期生曲は楽しみかな! 全メンバーでの2曲も気合の入ったタイトルになってるし、期待したいね。

それよりも何よりも昨年のデビューカウントダウンライブの収録が良いよね~。僕は参戦出来なかったので、超楽しみです。歴史的な意味合いもあるライブだし・・・ま、これか「ひなくり2019」かなと予想はしていたんだけどね。(本当は「ひらがなクリスマス」が良かったけど、そうすると”日向坂46”のアルバムに入れるには微妙だしね)

最後に新曲でMV公開もされている『アザトカワイイ』について、一言コメントをします。

”けやき坂46”のアルバム以来となる”みーぱん”センターの曲ですが、曲自体は明るいアイドルポップですが、これまでの表題曲とは違うイメージを持ちましたね。それは”みーぱん”の声が中心になっているのか、メロディラインなのかはこれから聴き込みたいと思います。

でも曲よりも美しい映像のMVのほうが好印象かも・・・。全員を上手くフューチャーしていくのも良いんじゃないかな?

『キュン』よりも『アザトカワイイ』のほうがデビュー曲としては相応しかったのかも? なんて思っちゃいました。(映画「3年目のデビュー」とシンクロさせてる?)

メンバーも少し入れ替わったりもしましたが、新生”日向坂46”の躍進はこれからだと思えるような、充実した曲に期待したいね!

いやー楽しみです。

P.S.特典映像が欲しいので、Type-AとType-Bを購入予定です。通常盤の新曲はダウンロードかな?











【日向坂46】 「日向坂46ドキュメンタリー映画 3年目のデビュー」

3年目のデビュー

ようやく観に行きました。

↓ 予告編



評価としては、期待が大きすぎた反動もあると思いますが、「★★★」~「★★★★」くらいかな~。

これから観られる方は、ネタバレ注意ですので、ご注意ください。

結論的には”けやき坂46”~”日向坂46”の現在までを描いた、純粋なドキュメンタリー作品だと思います。

その意味では先輩の”乃木坂46”の1作目のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方」に近い作りでしょうか?

「悲しみの忘れ方」は主要メンバー5名に的を絞って製作し、感動的な作品に仕上げてましたが、それとは違い、全メンバーに出来る限り、スポットライトを当ててあげようという監督の優しさが滲み出ていたと思います。

逆に言うと「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」のような新規ファンにアピールするような奇抜な作りではないので、観ていて安心感はあります。

【映画】 悲しみの忘れ方
http://burning.doorblog.jp/archives/44721082.html

【乃木坂46】 「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」 DVD&Blu-ray
http://burning.doorblog.jp/archives/46035729.html

【乃木坂46】 「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」
http://burning.doorblog.jp/archives/53570308.html

でも安心感がある一方で、重要な節目の場面での深堀はなく、サラッと流れていき(特に前半)、既視感のある映像が多い印象(それでも涙は流れるんですけどね)で、新鮮さはさほど感じられなかったのが残念でした。

過去の節目となるライブにもいくつか参戦していて、映画監督を務めた”竹中優介”さんが手掛けた「セルフ Documentary of 日向坂46」も全て見ている僕にとっては、特にそうでしたね。

【日向坂46】 「セルフ Documentary of 日向坂46」
http://burning.doorblog.jp/archives/53867897.html

それこそ改名後の”日向坂46”を好きになった人、ライトなファンには最適な作りになっている映画なのかもしれません。

個人的に、一番印象に残ったのは、卒業した”長濱ねる”さん、”柿崎芽美”さん、”井口眞緒”さんのメンバーへ卒業を告げる場面からの流れでしょうか?

この辺りは初出し映像だったこともありますが、凄く惹きこまれましたね。

「坂道シリーズ」の卒業発表は、ブログでサラッと発表して、その後、卒業ライブやイベントが何かしら行われるのがデフォルトですが、ブログ発表前であろう、メンバーへの卒業発表のシーンはかなりグッときましたね。

”長濱ねる”さんの発表を聴き、泣き崩れるメンバー、”柿崎芽美”さんの発表については、メンバーの何とも言えない「もやもや」した空気もリアルでしたし、メンバーの何とか卒業を阻止したかった想いが痛烈に伝わってきたような気がしました。(親友の”まなふぃ”のコメントもリアルでしたけどね)

”井口眞緒”さんのスキャンダル謝罪、休業をメンバーに告げる場面もリアルでしたね・・・。「ダンス練習しろ!」、「痩せろ!」と、こういう場面で明るく、温かい声を掛けられるのが、”乃木坂46”とはまた違った”日向坂46”の「絆」ではないでしょうか?

僕にとっては、このあたりのシーンが観れただけで満足でしたけどね。

残念だったのは、ライブ映像を「悲しみの忘れ方」のように、象徴的な曲に絞り込んで、ワンハーフくらいはしっかり聴かせて欲しかったところですね。(ワンハーフやったのは『青春の馬』、『約束の卵』くらいじゃないかな?)

せっかくの良い素材を欲張りすぎて詰め込んだ結果、逆に勿体ない使い方をしているようにも感じました。

でも、節目となるライブ前の円陣の風景を必ずと言っていいほど、挿入していたのは、個人的には良い演出だったと思います。

視聴後、映画評論サイトもチェックしましたが、NHKが作ったドキュメントのようだとか、インタビューが薄いとか、いろいろと批判的なコメントもありましたが、評価の数字自体は、そんなに悪い評価になってなかったのがこの映画を物語っているように思います。

そもそも、2時間の枠で表現するにはあまりに壮絶な物語ですし、改名くらいまではかなりのハイスピードで展開していったのも、歴史を全て伝えるドキュメンタリーとして考えると致し方ないかな・・・。(二期生募集のフライング告知なんかは一切出てこなかったのには驚きましたけどね)

全てを伝えたいという監督の想いが、僕には消化不良になってしまったように思います。

でも”日向坂46”愛は凄く伝わってきましたね。

「苦労したからこその礼儀正しさ」(挨拶は他のグループには負けない)

「メンバーの絆、チームワーク」(卒業メンバー、休業した”ひより”ちゃんへの関わりとか)

改めて、”日向坂46”は良いグループだなと思ったのも事実です。スタッフの皆さんの愛も伝わってきましたね。”今野”さんも久々でしたが、良いサポートの仕方をしてるなと思いましたね。(”小坂”不在時のライブのフィードバック、紅白決定の発表とそのメッセージ)

ファンの皆さんには勿論、オススメです。

特に最近、”日向坂46”が気になっている人、気になりだした人にはちょうど良い映画だと思いますので、是非、映画館に足を運んでみてください!

改めて思いましたが、彼女たちの魅力の集大成は「ライブ」ですね。改めてライブの映像作品化に期待したいと思いました。

先日の無観客ライブ「HINATAZAKA46 Live Online, YES!with YOU!」が過去ベストになった感はあるけど、2017年のツアーファイナルも良かったし、2018年の「ひらがなくりすます」はホントに凄かったし、2019年の「ひなくり」も甲乙つけがたい出来でした・・・って、彼女たちはライブで過去最高を更新し続けているんですよね~。

【欅坂46】 けやき坂46 「ひらがな全国ツアー2017 FINAL!」@幕張メッセイベントホール
http://burning.doorblog.jp/archives/51237826.html

【けやき坂46】 「ひらがなくりすます2018」(二日目)
http://burning.doorblog.jp/archives/52805621.html

【日向坂46】「ひなくり2019 ~17人のサンタクロースと空のクリスマス~」二日目
http://burning.doorblog.jp/archives/54139904.html
 
【日向坂46】「HINATAZAKA46 Live Online, YES!with YOU! ~“22人”の音楽隊と風変わりな仲間たち~」
http://burning.doorblog.jp/archives/54878843.html

アルバム特典映像が楽しみです。是非、ライブ映像でお願いしたいね!

P.S.アルバムそろそろ概要発表して欲しいね。






【日向坂46】 影山優佳 活動再開!

影山優佳

朗報ですね。

************************
”日向坂46”公式ブログより

影山優佳 活動再開のお知らせ

2018年8月より活動を休止しておりました影山優佳ですが、本日よりリモートとはなりますが、活動を再開致します。
皆様引き続き応援のほどよろしくお願い申し上げます。
************************

これでようやく全員揃い踏みですね。

2019年の改名、シングルデビューからの快進撃において、”柿崎芽美”さん、”井口眞緒”さんの卒業による離脱はありましたが、”濱岸”の体調不良による休養からの復活、そして今回と、ようやく”日向坂46”のピースが全て揃った格好になりましたね。

明るく、元気で、それでいて聡明で、グループ内では年少組ながら、ムードメーカー的な存在でもありましたし、新たな風を吹き込んでくれるんじゃないでしょうか?

「坂道シリーズ」のコロナ禍での快進撃が”乃木坂46”を皮切りに進んでいきそうな気がしてます。

【乃木坂46】 乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」開催決定!
http://burning.doorblog.jp/archives/54634446.html

【乃木坂46】 新曲『世界中の隣人よ』MV公開!!!
http://burning.doorblog.jp/archives/54661832.html

記事にはしませんでしたが、東京ドーム公演のLive配信もありましたね。”桜井玲香”さんの登場も今となってはOG参加の新曲への前フリだったんでしょうね。

しかし、『世界中の隣人よ』のMVは何度見ても涙が滲む・・・。最近は、毎朝聴くのが日課になってます。



そういえば、ようやく”欅坂46”にも新たな動きが出ましたね。

5月29日(金)、5月30日(土)YouTubeプレミア公開「欅共和国2017」鑑賞会 実施決定!

両日とも20時からの放送予定とのことです。

5月29日(金)第一夜
MC:菅井友香、守屋茜

5月30日(土)第二夜
MC:菅井友香、守屋茜

欅坂46オフィシャルYouTubeチャンネルにてプレミア公開!
https://www.youtube.com/channel/UCmr9bYmymcBmQ1p2tLBRvwg

メンバーからのコメントもあるようですので、週末は要チェックですね。個人的にはBlu-rayを持ってますが、「欅共和国2018」よりも「欅共和国2017」は選曲もオススメなので、観れてない人は是非、観てくださいね!

レビューもしてますけど、本編のオープニングからの表題曲三連発というスタートも潔いけど、ユニット曲コーナーも最高に楽しいし、『語るなら未来を…』、『エキセントリック』は身震いするほど強烈なパフォーマンスでしたね。

でも何と言ってもアンコールですよね。『誰のことを一番 愛してる?』からの『不協和音』にトドメを刺される感じです。いやー思い出しただけでアガる。

【欅坂46】 「欅共和国2017」レビュー
http://burning.doorblog.jp/archives/52505207.html

”欅坂46”ファンは勿論ですが、ちょっと気になっている音楽ファンは是非、観て欲しいな。

下手なロックバンドのライブよりも遥かに打ちのめされますよ!

東京ドーム公演も良いけど、観客のノリがより鮮烈な『不協和音』に酔いしれて欲しいね。

男性アイドル界トップのジャニーズ事務所もいろんな施策を展開してますが、「坂道シリーズ」も巻き返してくれそうですね。

緊急事態宣言も解除され、いよいよ良い初夏を迎えられそうですね。

ますます期待したいね!

P.S.そういや”影”ちゃんって、東大受かったのかな?(なんか気を遣う・・・)

【日向坂46】 井口眞緒 卒業発表!

井口眞緒

”井口”、マジか~。

********************
【井口眞緒に関しまして】 2020.2.12

現在活動自粛中の井口眞緒ですが、この度グループから卒業することになりました。
卒業の時期に関しましては、具体的な日程が決まり次第改めてご案内いたします。

尚、振り替えが発生している井口眞緒の個別握手会参加券をお持ちの方におかれましては、追ってご案内をさせて頂きます。

それまでは個別握手会参加券をお持ちになって、お待ち頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

Seed & Flower合同会社
********************

本人からのブログコメントも出てます。

********************
【いつも応援して下さっているみなさまへ】 2020.2.12

井口眞緒です。

何度もたくさんのご迷惑とご心配をおかけしてしまいすみません。

自分の心の弱さでたくさんの人を裏切ってしまったこと後悔しています。

本当に申し訳ありませんでした。
言葉でどんなに謝っても足りないです。

活動自粛期間中に外から日向坂46を見ながら自分のことを考えて

私はアイドルとしての活動に区切りをつけて次の道に進もうと思いました。

私は日向坂46を卒業します。

アイドルとしての目標だった個別握手会全完売させていただきありがとうございました。
全完売を知ったときすごく嬉しかったです。
本当に本当にありがとうございました。
ひらがな推しでスナック眞緒のコーナーをさせていただき嬉しかったです。
オードリーさんとお仕事できて嬉しかったです。
日向坂で会いましょう大好きでした。
SHOWROOMで色んなことをしてファンのみなさんと交流できて楽しかったです。
SHOWROOMでたくさん応援してくれてありがとうございました。
SHOWROOM大好きでした。
日向坂46のみんなと一緒に活動できて本当に楽しかったです。
アイドルになって日向坂46で活動できてよかったです。

ファンのみなさんと出会えて、周りの方々に恵まれて、たくさんのことを乗り越えて、アイドルになる前の私とは、価値観や考え方が変わりました。
アイドルとして過ごした時間は、私にとって貴重な経験でした。

本当に本当にありがとうございました。
たくさんのごめんなさいとありがとうでいっぱいです。

いつも応援してくださったおひさまのみなさん、日向坂46のメンバーのみんな、スタッフの方々、
がっかりさせてばっかりでごめんなさい。

卒業後は、企業で働こうと思っています。その中で、あれもやりたい、これもやりたいと色々考えています。

みんなのことが大好きな気持ちに嘘はありませんでした。
みんなのことが今でも大好きだし、一緒に過ごした思い出は一生の宝物です。
本当にありがとうございました。
********************

とりあえずは3rd Singleの個握の活動は残ってるんだね。

うん? 企業で働く???

芸能界絡みの企業で働くんでしょうか?

芸能界引退で芸能活動はしないってことですかね?

これだけのコメディエンヌはなかなか探しても見つからないのにな~。

大喜利力も高かったし、ほとぼりが冷めたときに、シレっと戻ってきてほしかったな~。

まあ、彼女のアイドルとしての可能性というのは限定的だろうし、ライブでのパフォーマンスで辟易したこともあるけど、憎めない存在だっただけに勿体ないな~。

”ひよたん”が戻ってきただけに・・・残念だな。

運営には、良い形で彼女の最後の場を作って欲しいですね。

P.S.「スナック眞緒」は「ひなましょう」でもレギュラー化して欲しかったな。
最後にもう1回やりません?

【日向坂46】 『ソンナコトナイヨ』、『青春の馬』MV公開中

”欅坂46”の激震に未だに動揺してますが、少し明るい話題も書きたくなったので、昨年に引き続き、2020年も順調な活動を続けてくれそうな”日向坂46”の新曲の記事を書きます。

【欅坂46】 激震
http://burning.doorblog.jp/archives/54253325.html

【欅坂46】 カップリングベストを語ろう
http://burning.doorblog.jp/archives/54231110.html

公式HPでは、シングルの詳細が発表されてますね。

初回仕様限定盤TYPE-A CD+BD
01.『ソンナコトナイヨ』(4th Single選抜メンバー)
02.『青春の馬』(4th Single選抜メンバー)
03.『好きということは…』(一期生曲)
04.『ソンナコトナイヨ』(off vocal ver.)
05.『青春の馬』(off vocal ver.)
06.『好きということは…』(off vocal ver.)

<特典映像>
01.『ソンナコトナイヨ』Music Video
02.『青春の馬』Music Video
「日向坂46 大富豪No.1決定戦」予選 ~前編~

初回仕様限定盤TYPE-B CD+BD
01.『ソンナコトナイヨ』
02.『青春の馬』
03.『窓を開けなくても』(加藤、齊藤、久美、美玲、小坂、富田、渡邉)
04.『ソンナコトナイヨ』(off vocal ver.)
05.『青春の馬』(off vocal ver.)
06.『窓を開けなくても』(off vocal ver.)
 
<特典映像>
01.『ソンナコトナイヨ』Music Video
02.『窓を開けなくても』Music Video
「日向坂46 大富豪No.1決定戦」予選 ~後編~

初回仕様限定盤TYPE-C CD+BD
01.『ソンナコトナイヨ』
02.『青春の馬』
03.『ナゼー』(東村、河田、松田)
04.『ソンナコトナイヨ』(off vocal ver.)
05.『青春の馬』(off vocal ver.)
06.『ナゼー』(off vocal ver.)

<特典映像>
01.『ソンナコトナイヨ』Music Video
02.『ナゼー』Music Video
「日向坂46 大富豪No.1決定戦」決勝&ご褒美ロケ

通常盤
01.『ソンナコトナイヨ』
02.『青春の馬』
03.『君のため何ができるだろう』(二期生・三期生曲)
04.『ソンナコトナイヨ』(off vocal ver.)
05.『青春の馬』(off vocal ver.)
06.『君のため何ができるだろう』(off vocal ver.)

謎の組み合わせのユニット曲がありますが、聴かんとわかんないですね。3rdはユニット主体のカップリングでしたが、2nd以来の期生ごとの曲が収録されているのは良いんじゃないかな~。

「大富豪No.1決定戦」は絶対面白いでしょう、ご褒美ロケまで収録とはね、やっぱり”日向坂46”はバラエティに振り切ってる感があるね。

”日向坂46”の4th Single『ソンナコトナイヨ』のリリースは2月19日ですが、既にMVが公開されていますので、簡単に感想を書いてみたいと思います。(ちなみにMVで2回ほど聴いての評価です)



僕はこの曲好きですね。

”日向坂46”の過去の表題曲の中ではトップになるかも・・・。

ブレイク前の”AKB48”のロック調の楽曲(『言い訳Maybe』等)に近いのかな~。メロディの作りはシンプルで青春を想起させるようなストレートでスピード感もあって、好印象です。

MVではまんべんなくメンバーをフューチャーしているのも良いんじゃないかな。

メンバーの楽しそうな表情がキラキラしてて救われる感じです。

合わせてドラマ「DASADA」の主題歌でもある『青春の馬』もMV公開されているので、こちらもコメントしておきますね。



こちらもスピード感のあるポップナンバーですね。

サビのマーチっぽいリズムからのメロディ展開が特に良いね。二番のAメロではストリングスを使い、メロウな流れを作ったりと工夫されているのも良いね。

ドラマ主題歌なので何度も聴くごとに味わいが出そうな感じがしますね。

いずれにせよ、正式音源を聴き込んだうえで評価はしますが、これは期待できそうなシングルになりそうですね。正直、去年の”日向坂46”については表題曲は『ドレミソラシド』は良かったけど、それ以外は僕にとっては残念な出来だったし、名曲『耳に落ちる涙』、『まさか 偶然…』がなければ、もっと厳しい評価になったように思ってます。

曲調がガラッと変わったとか、方向転換したということではありませんが、僕には良い変化が感じられましたね。実はまだ「DASADA」は観れてないんですが、それはそれで記事を書きたいと思います。

3月の幕張の全握ミニライブも楽しみです。









最新コメント
メンズスタイル
DMM.com
バイク
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ