その他

【日向坂46】 4th Single『ソンナコトナイヨ』について

ソンナコトナイヨ

前回の「日向坂で会いましょう」(略称は「ひなましょう」で統一ですかね)にて、4th Single『ソンナコトナイヨ』のフォーメーション発表がありました。

”欅坂46”と同様に”日向坂46”が選抜制を導入するまではこのパターンでのフォーメーション発表になるんでしょうね。

<4th Single フォーメーション>

久美 濱岸 高本 上村 高瀬 宮田 美鈴

潮 渡邉 丹生 河田 松田 富田

齊藤 金村 小坂 東村 加藤

フォーメーション発表以前に告知がありましたが、まずは”濱岸ひより”の復活を喜びたいですね。(パチパチ)

”ひよたん”は二期生最年少で、身長も高いし、スタイル抜群で、バラエティでも活躍できる良いキャラクターだし、将来に期待しているメンバーの一人です。

その一方、学業での休業が長引いている”影山優佳”のことが気になったのでネットで調べてみたら、どうも東大合格を目指しているようですね。(そういや番組企画でも言ってたよね)

今週末からセンター試験も始まりますし、彼女にとってはこれからが人生の大きな本番になるんですかね。しかし現役東大生アイドルの肩書を獲得すれば、マスコミ露出を考えると個人は勿論、グループ全体にとっても大きな武器になるね。

話をフォーメーションに戻しますが、センターは4作連続で”小坂”となりましたが、これは皆さん概ね予想通りじゃないでしょうか?

”欅坂46”は”平手”が不動のセンターとなり、9th(いつ出るの?)までその役割を務めてます。またセンター入れ替えを頻繁に行った”乃木坂46”でも「乃木坂の顔」と言われた”生駒里奈”さんが5thまでセンターを務めていますので、僕自身も5thくらいまでは”小坂”で間違いないと思ってます。”けやき坂46”時代は頻繁にセンターを交代させていたので、どこかでセンター入れ替えをするんだろうなとは思ってましたが、エースであり、センターでもある”小坂”を引っ張っておいて、それから動かすのは、運営はかなり難しい判断を迫られると思います・・・。

今回のフォーメーションについては、ポジションの上げ下げがポイントかなと思います。

まずは初のフロント昇格となる”東村”、”金村”ですね。

”東村”はユニット曲『Cage』ではメインを務めてますが、表題曲では”けやき坂46”時代を含め、二列目にほぼ固定されてましたので、本人も嬉しいんじゃないですかね。曲も可愛い路線なんですかね?

”金村”は『キュン』では三列目ポジでしたが、『ドレミソラシド』で二列目に上がり、2nd収録の二期生曲『Dash&Rush』でセンターを務めたの記憶に新しいですが、4thで初のフロントですね。トントン拍子って感じじゃない? 仲の良い”小坂”と並ぶのはビジュアル的にも良いんじゃないかな?

二列目昇格では”潮”、”富田”も初ですね。

”潮”について言えば、”けやき坂46”時代はそもそも人数が少なくて二列しかなかったし、『それでも歩いてる』では一列目も経験してますが、”日向坂46”になってからは三列目のみでしたね。バラエティではインドネシアを活かしたトークで盛り上げているし、「聖母」キャラも浸透してきてますよね。

”富田”は推しでもあるので個人的にはかなり嬉しいですね。身長も高いし、三列目ポジは合ってるし、「セルフ Documentary of 日向坂46」でのインタビューでもそんなにポジションを意識しているような発言は見られなかったのでどうなのかは分かりませんが、嬉しいのは間違いないでしょう。”松田”の横に置き「花ちゃんず」で並びを作ってるのも上手いですね。

上がった人がいる一方で下がった人もいる訳ですが、初の三列目となった”美鈴”と”高本”は衝撃ですよね~。

”高本”は『ハッピーオーラ』で三列目経験はあるんですが、人気などを考えると三列目はキツイ印象です。

更にキツイのは”美鈴”ですよね~。”けやき坂46”時代にセンターまで務めて、『キュン』ではフロント、その後は二列目でしたが、3rd Singleでは裏センターっぽい位置で存在感あったんですけどねえ・・・。

”けやき坂46”時代のセンター経験者”加藤”、”齊藤”が”日向坂46”改名以降フロント固定されているのに比べるとちょっとね~とは思いますね。

高身長だし、W佐々木で”佐々木久美”とシンメの位置に置くのは悪い選択ではないとは思うんだけど、運営は”美鈴”をジョーカー的にエースポジションに入れて温存しているようなイメージだったので、僕にとっては驚きでした。

その意味でも”欅坂46”の全員選抜時の1st~4thあたりの全員にフロントを経験させるような動きに近くなっているのかもしれませんけどね。

”日向坂46”の躍進のためには、デビュー以来、不動のセンターとなっている”小坂”をメインにするのは勿論ですが、”加藤”、”齊藤”、”美鈴”といったセンター経験者を上手く使うのがポイントだと考えています。

次のセンター候補を育成している段階だとは思いますが、これまでは”上村”に一気に飛ぶ印象でしたが、安定感の出てきた”丹生”・”河田”コンビでWセンターも面白そうだし、”金村”あたりも選択肢になるだろうし、フロント経験のある”渡邉”も虎視眈々とその座を狙ってそうだし・・・。

いずれにせよ『ソンナコトナイヨ』が良い曲であることに期待したいね。

P.S.『イマニミテイロ』との関係性はあるんですかね? そうだとしたら、センターを務めた”美鈴”がなぜ三列目なんでしょうか?





【日向坂46】 ”上村ひなの”のお笑いセンスが凄い件

上村ひなの

”日向坂46”の冠番組「日向坂で会いましょう」はみなさん観てますか?

先日の初の1時間スペシャル「そろそろ若様のご贔屓メンバーを決め直しましょう」は面白かったですね。
 
結局、ご贔屓メンバーは元々贔屓だった”高本”、”小坂”の2名に”金村”が加わっただけというオチがつきましたが、その未収録分を先週放送してましたが・・・。

いやー敗者復活戦での”上村ひなの”の「大喜利力」にマジで寒気がするほど感動しました。

僕は関西出身でお笑いにはこだわりを持ってますが、この回答のキレ、しかもお題が出てから回答を出すまでのスピード(編集もあるので正確には分かりませんが)にも仰天しちゃいました。

そういや「HINABINGO!」でも、ギャグ、モノボケなどで”こやびん”師匠からも笑いを取ってましたし、お笑いの才能はあると思ってましたが、この敗者復活戦での大喜利のキレっぷりには驚かされましたね。

僕自身の”日向坂46”の推しは”けやき坂46”時代から遡ると”柿崎芽美”さんから、”富田鈴花”、今は”上村ひなの”と変遷してきてます。

上村ひなの2

「坂道合同オーディション」で合格し、”けやき坂46”の三期生メンバーとして、唯一1名のみ参加したわけですが、「earth music&ecology KANKO Label」の ビジュアルキャラクターに起用されたのも納得の可愛さです。

CD特典映像で”かとし”、”こさかな”と一緒にセンターについてのトークをしちゃってるのも凄いよね。

二期生をすっ飛ばしてのソロ曲抜擢も凄いっす。



現在15歳でアイドルとしても十分な素質を持ってますが、僕はこのお笑いの才能を活かす場を作って欲しい想いでいっぱいですね。

それこそ「IPPONグランプリ」でも良いし、「R1」でも良いと思います。

バラエティ力も高く、芸達者揃いの”日向坂46”のメンバーの中でも、お笑いの才能は飛びぬけているように見えます。

”小藪”さんからは「HINABINGO」で「上村さんだけ1週間に1個ギャグ考え続けて3年くらい貯めた方がいい」、「上村ギャグ10連発とかに入っててもおかしくない」、「ギャグとはこういうことです」と言われてます。

”若林”さんの「上村すごいな」「じきに見つかるだろうな、忙しくなるぞ~」という言葉は僕も完全に同意です。

「ハッピーオーラ」を実現できる”上村ひなの”が”日向坂46”のセンター、エースになる日は勿論、お笑い界を席巻する姿を見てみたいな~。

ちょっとした芸人をなぎ倒せるだけのお笑いセンスあると思います。

いやー「坂道合同オーディション」は凄いですね。これだけの個性あるメンツを3グループ分、一気に採用できているんですからね。

その中でも、お笑いセンス抜群の”上村ひなの”、最上級の明るさでいつもキラキラしている”清宮レイ”をはじめ、これからの伸びしろを考えると末恐ろしいですね。

こりゃ坂道研修生にも注目しておかなきゃな・・・ですね。

P.S.BRODY買ったけど、まだ読めてないです。



【日向坂46】 「セルフ Documentary of 日向坂46」

title-752

公式HP「セルフ Documentary of 日向坂46」
https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/v2776/

TBSチャンネルで放送がスタートしたのですが、得意のバラエティではなくメンバー同士がインタビューで個性を掘り下げていく“セルフ”ドキュメンタリーというのが面白いですね。

メンバーが3人登場し、2人が1人をインタビューし、役割をローテーションしながら、進行していくんですけど、個人的にはかなり興味深かったですね。

第1回はキャプテンの”佐々木久美”、”高本彩花”、”東村芽依”でした。

僕は”高本彩花”のインタビューが非常に面白かったですね。

ひらがな時代からの様々な出来事を振り返っていくんですが、凄くリアルな感想を語ってて、”おたけ”って、こんなに俯瞰で客観的に物事を見れるんだな~と感心しましたね。

実際の発言をそのまま拾ってないので、こんなニュアンスだったと捉えて読んで欲しいですが・・・。

「ひらがなクリスマス」の時は凄い楽しかった、それはデビューと言う目標があったから

お姉さんグループの”乃木坂46”も”欅坂46”もファンじゃない人も惹き付ける魅力がある、私たちはそうじゃない、歴然とした差がある

”日向坂46”になってから目標が見えてない、定まっていない

僕が漠然と楽曲を聴いたり、全国握手会ミニライブに参加して感じていた、何とも言えない「物足りなさ」を”おたけ”が代弁してくれた、解説してくれたような気がしたんだよね。

とはいえ、まだデビュー1年目の新人であり、既にキャリアもあるトップアイドルとの比較はキツイよね。僕もその意味で期待し過ぎていたところも反省しなきゃいけないかもね。

あと伝説の初回「Mステ」でとちった話も面白かったです。

他の二人のインタビューも面白かったけど、僕は”おたけ”がダントツで良かったし、ちょっと好きになっちゃったな~。

彼女は看護師を目指していた、なるものと思ってたなんて話もあったけど、常に目標を置いて、取り組む真面目で努力家なんだなとも思いました。

バラエティではなく、こういうシリアスタッチな企画はファンには嬉しいんじゃない。よりメンバーに深く感情移入できそうだし、これは毎回楽しみだね。

放送は毎月1回で最終の日曜日の午後10時30分から1時間、全6回または全7回を予定しているそうなので気になる方はチェックを!

P.S.そういや「坂道テレビ」は定期開催してくれないのかね・・・。メンバーが忙しくて出れないなら、研修生を使ってでも良いからさ。

あ、今日、3rd Single発売ですね。週末は頑張ってレビューアップしますね!











 

【日向坂46】 3rd Single『こんなに好きになっちゃっていいの?』公開中



記事を書くのが遅くなり、すいません。

悩みまくった上で、今の自分の気持ちに正直に書きたいと思います。

”日向坂46”の3rd Single『こんなに好きになっちゃっていいの?』の収録曲のMVが全て公開されています。発売日までもうすぐなので動画サイトでフル視聴できるのは今だけですよ!

さて、デビュー後、『キュン』、『ドレミソラシド』とブリブリのアイドルポップをリリースしてきた”日向坂46”ですが、今回のシングルではメロウでオシャレ感のあるバラードで来ましたね。

正直言うとそんなに印象は良くないです・・・。

MVはかなり出来が良いと思いますし、”こさかな”の表現力、佇まいとか醸し出すオーラが凄くてね。でも曲自体はメロウで耳馴染も良いんだけど、メロディが僕には予定調和的で普通の出来に聴こえたのが残念です。(特にサビ前の「Infinity~」あたりがね)

改めて正式音源でしっかり音作りも確認してレビューをしたいと思ってますけどね。

僕は”けやき坂46”時代の楽曲が大好きで1st Album「走り出す瞬間」の素晴らしさに完全にノックアウトされ、昨年のベストアルバムにも選出させてもらったくらい愛聴しているんですけどね。

正直、その感動を最大限に満喫できた昨年冬の「ひらがなクリスマス」は凄かったし、そこから今年に入ってからの改名、念願のシングルデビューという流れまでが僕にとってはピークになってます。

『キュン』を聴いてからテンションが下がり続けているような感じです。全国握手会ミニライブやCS放送などで見たライブはいつも最高なんだけどね・・・。(冠番組『ひらがな推し』も抜群の面白さだったんだけど、最近は少し・・・面白いのは面白いんだけどね)

【けやき坂46】 全曲レビュー①「走り出す瞬間」(新曲編)

【けやき坂46】 「ひらがなくりすます2018」(二日目)
http://burning.doorblog.jp/archives/52805621.html

期待しているんだけど、最近は少し裏切られ続けている感じですかね。重要なのは楽曲のクオリティの問題とライブ不足が大きいと思うんですけどね。

”乃木坂46”が素晴らしい楽曲をリリースし続けてくれていて(特に24thは過去最高の楽曲クオリティ!)、ライブも感動的だったのと比較しているのが大きいかもしれませんけどね。

MVは表題曲以外は1回ずつ見ました。『ホントの時間』は爽やかでメロディ展開が面白いポップソングで悪くない仕上がりです。今回”上村”のソロは期待してたんだけど、ロックのテイストを少し感じるデジタルポップで”鈴木愛理”のデビューシングルを思い出しました。”りまちゃんちっく”も期待してたんですが、期待を上回るほどではなかったかな~。もうちょっと聴き込まないと評価が難しいかもしれません。その他の曲は聴けてないです。

いずれにせよ、グループに期待はしているので王道アイドルをやるならやるで貫いて欲しかった気もするし、方向転換するにせよ、今ひとつ曲のクオリティに課題を感じました。最近、グループ自体が迷走気味に見えるのは僕の気のせいであってほしいです。

今回のシングル概要も発表になってます。

<Type-A>
01.『こんなに好きになっちゃっていいの?』(全員)
02.『ホントの時間』(全員)
03.『まさか 偶然…』(富田、松田)
04.『こんなに好きになっちゃっていいの?』 off vocal ver.
05.『ホントの時間』off vocal ver.
06.『まさか 偶然…』off vocal ver.

<特典Blu-ray映像>
01.『こんなに好きになっちゃっていいの?』MV
02.『ホントの時間』MV

~ひなたの休日~
・井口眞緒
・高本彩花
・金村美玖
・河田陽菜
・丹生明里
・宮田愛萌

<TYPE-B>
01.『こんなに好きになっちゃっていいの?』(全員)
02.『ホントの時間』(全員)
03.『一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない』(上村ソロ)
04.『こんなに好きになっちゃっていいの?』 off vocal ver.
05.『ホントの時間』off vocal ver.
06.『一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない』off vocal ver.

<特典Blu-ray映像>
01.『こんなに好きになっちゃっていいの?』MV
02.『一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない』MV

~ひなたの休日~
・潮紗理菜
・加藤史帆
・齊藤京子
・佐々木久美
・東村芽依
・松田好花

<Type-C>
01.『こんなに好きになっちゃっていいの?』(全員)
02.『ホントの時間』(全員)
03.『ママのドレス』(潮、加藤、齊藤、久美、高本:りまちゃんちっく)
04.『こんなに好きになっちゃっていいの?』 off vocal ver.
05.『ホントの時間』off vocal ver.
06.『ママのドレス』off vocal ver.

<特典Blu-ray映像>
01.『こんなに好きになっちゃっていいの?』MV
02.『ママのドレス』MV

~ひなたの休日~
・佐々木美玲
・高瀬愛奈
・小坂菜緒
・富田鈴花
・渡邉美穂
・上村ひなの

<通常盤> 
01.『こんなに好きになっちゃっていいの?』(全員)
02.『ホントの時間』(全員)
03.『川は流れる』(全員)
04.『こんなに好きになっちゃっていいの?』 off vocal ver.
05.『ホントの時間』off vocal ver.
06.『川は流れる』off vocal ver.
 
昨年のライブの盛り上がりは本当に凄かったし、「坂道シリーズ」で最も大好きなグループになっていただけにデビュー1年目にこんなネガティブな記事を書くことになるとは僕自身も想像もできなかったんですけどね・・・。

こないだの『Dash&Rush』のようにライブで化ける曲も多いので・・・それならライブをガンガンやって欲しいんですけどね。今年はシングル3枚リリースに、写真集に、歌番組もほぼフル出演ですし、スケジュールがかなりタイトっぽいし、無理っぽいけどね。

期待しているだけに頑張って欲しいな。

P.S.”欅坂46”以上にテコ入れが必要な気もするけど、”乃木坂46”の初年度もそんなに冴えなかったからね~。期待が大きすぎるだけかもね。











【日向坂46】 柿崎芽実 卒業発表!!!

柿崎芽実卒業

いやービックリして、記事も書けなかったな~。

******************
【公式ブログ】

こんにちは、お久しぶりです。
柿崎芽実です。

今日は皆様にお伝えしたいことがあります。

突然になってしまい申し訳ないのですが
1stシングルの活動をもちまして、
私は日向坂46を卒業します。

4月頃から心と身体のバランスがうまく取れない事があり、お仕事をお休みさせていただくことが多くなってしまいました。

応援してくださっているファンの方や、日向坂のメンバー、関係各所の皆様にたくさんご迷惑、ご心配をおかけしてしまい、本当にすみません。

お休みさせて頂いている間に、今までのこと、将来のことなど、たくさん考えました。

周りの友達も大学など進路を考えている中で、
私も自分の人生を考えて
卒業という選択をしました。

卒業後の進路は、これからゆっくり考えていきたいと思います。

中学3年生でけやき坂46に加入して、
気づけばもう今年で高校3年生です。

あっという間だった気がするけど、
どこを切り取ってもぎっしり思い出が詰まっていて、夢の中にいたみたいです。

楽しかったことも、辛かったことも、すごく大事な人生の経験になりました。

3年間、一緒に走り続けてきた
大好きで家族みたいなメンバーのみんなも、
一生の宝です。

けやき坂46を作ってくれたねるも、
欅坂46さんも本当にありがとうございました。
これからもずっと大好きです。

ここまで応援してくださった皆さん、
皆さんがいたから、こんなに素敵な時間を過ごすことができました

本当にありがとうございます。

私はアイドルが大好きで、
好きなアイドルからパワーや元気を沢山貰っていたので、私も誰かにとってそういう存在になれていたなら心から嬉しく思います。

ずっと側で私たちを支えて
ここまで育てて下さったスタッフさん、
関係者の皆様にも感謝してもしきれません。

関わって下さった全ての皆様にありがとうと伝えたいです。

今後の活動に関しては、決まり次第、スタッフさんの方からお知らせがあると思います。

残り少ない時間ですが、最後までアイドル人生を全うしたいと思います。

これからも、日向坂46の応援をよろしくお願い致します!

柿崎芽実
******************

エース級のメンバーの卒業はいずれにせよ、ファンにとっては大きなダメージになるけどさ。これはイカンね。

改名の際の反応が一人だけ違ってたのは明白だったし、最近は休業だったりで心配だったけど、いつの収録かは分かんないけど、秀逸なぶりっこ芸に安心させられたのも束の間、こんなタイミングでの発表になるとはね。しかも『キュン』で最後って・・・キツイな。

うーん。

僕が初めて”ひらがなけやき”のライブに行ったのが2017年の幕張メッセでのツアーファイナルなんだけど、その際に買ったのが”かきざきめみ”と書かれた薄い緑の推しメンタオルで、それ以来、漢字、ひらがなのイベントには常に持って行ってたんだよね。

【欅坂46】 けやき坂46 「ひらがな全国ツアー2017 FINAL!」@幕張メッセイベントホール
http://burning.doorblog.jp/archives/51237826.html

あのライブの直前に骨折してアンコールで登場した時の歓喜も忘れられないし、あのスピーチは感極まったな。

”欅坂46”の全国握手会で握手したのも良く覚えてます。本当にお人形さんのようにキラキラしていた彼女が必死に”ひらがなけやき”をアピールしていたのが今となっては切ない・・・。

「ひらがなクリスマス」ではグループの成長が凄くて、このところの個人的ベストライブなんですが、この時も彼女は主役の一人だったし、嫌でも目がいったな~。

【けやき坂46】 「ひらがなくりすます2018」(二日目)

”日向坂46”での彼女は一歩引いているような感じではあったけど、存在感はあったし・・・でもいろんな複雑な思いを抱えていたんだろうね。

敢えて、今回の記事は”長濱ねる”との2ショット写真にしたんだけど、やっぱり「歪み」って、こういう形で出てくるんだと改めて感じたからです。

最終オーディション辞退で終わっていた”長濱ねる”を特例扱いで加入させたことも「歪み」だし、”欅坂46”のデビュー前に「ひらがなけやき」のメンバー募集をしたのも「歪み」ですよね。

そんな中、最年少で”長濱ねる”とWセンターを務めた”柿崎芽実”はどんな想いだったか、親友である”平手友梨奈”が絶対的センターとして君臨する”欅坂46”がスターダムにのし上がる中、不遇を経験し、葛藤しながらグループを引っ張っていったんだよね。

そんな中、新メンバー募集、”長濱ねる”の漢字専任、初の全国ツアーでの負傷を乗り越え、漢字の振替扱いだった武道館公演でアルバムデビューを勝ち取り、念願のシングルデビューを掴んだところでの改名発表、更に”長濱ねる”の卒業発表・・・。

小さな身体で「ひらがなけやき」の主人公として頑張ってきた彼女にとっては、ようやく掴んだシングルデビュー直後から、キツイ出来事が重なったのが精神的に大きかったのでしょうね。

「歪み」から生まれた「ひらがなけやき」がアルバムデビュー、シングルデビュー、改名と「日向坂46」は今、最も勢いのあるアイドルグループとして上り坂の真っ最中なんですけどね。その意味で運営は上手くやっているんだけど、この過程でエース2名を失う結果となったのは痛いね。

『ひらがなけやき』

『誰よりも高く跳べ!』



『僕たちは付き合っている』



この3つの名曲のWセンターは二人とも、もうすぐいなくなっちゃうんだね。

しかも”柿崎芽実”はまだ17歳だからね。このブログを読む限り、芸能界で残ってやっていくというイメージがあまり湧かないのも辛いね。彼女には可能性しか感じないけど、どんな形になっても、新たな彼女の人生の道を心から楽しんで欲しいな。

二期生、三期生加入で逸材揃いとなった”日向坂46”にとっても、この卒業はインパクト大だけど、勢いを切らさないように前向きに頑張って欲しいな。

精神面で心配だけど、卒業ライブは何としてもお願いしたい!

P.S.ひよりちゃんも心配だけど、復帰の意志があるからこその休業発表だと信じたいですね。卒業のタイミングをズラしただけだったら、あまりに寂しすぎる。
最新コメント
メンズスタイル
DMM.com
バイク
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
グアム旅行
体験者様の生の声
ムームードメイン
  • ライブドアブログ